スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子ULTIMO 第三十五幕「告白鹿」の感想

「殿!百機回向ですよ、百機回向!」
あれ、アイマスよりシンケンジャーっぽくなってしまった・・・。

るろ剣復活だし、ワンピは言わずもがなだし、ウルティモ、ユンボルにマンキンまで始まって絶好調の和月組。
なのに、どうして和月先生のるろ剣が復活したのにそこ(ジャンプSQ)に和月組の武井先生がいないのだろうか?
でもウルティモがSQ19に移ってもユンボルのことを思うとSQ19の移籍は正解っていうか、ユンボルとウルティモを隔月連載で交互にしないとけっこうきついんじゃ?と思ってしまう。毎月読みたいけど作品のことを考えると難しいね。

てなわけで本編の感想。
前回は涙色のお通夜から秋津ちゃんICONスーツ&秋津・神鹿お披露目で終わり、今回は秋津VSルネから。
ULT35 (2)
読心使わなくても秋津ちゃんが傷つけようとしないことくらいわかるとドヤ顔のルネさんだったけど、一応善側だしね。好いてようと好いてなかろうと、刀持ってるしそこらへんは気をつけるわな。そして隙をついてジェラスに自分の心を読ませて同調し、ICON2になるとは。

男性陣初のICONスーツだけどやはり男性もスク水タイプなのか、それともこれはルネだからスク水タイプなのかはまだ判断しかねるところ。でもICONスーツがスク水タイプの方がT.M.Revolutionっぽいからいいけど。
ただ青梅パパとかフサ太郎のICONスーツは想像したくないし、いっそのことふんどしのほうが面白いんじゃないかなと思う。てか善も悪もICONスーツ及び名付きになるのは一緒なのね。

ULT35 (3)ルネ・鬼蜘蛛(ルネ・オーガジェラス)

やはりICON2になり名付きになるとICONの形体がパワーアップする模様。注目したいのは大きな肩?翼?よりも刀を持ってるところ。前に善側は武器持ってるみたいなこと書いたけど今回悪側で初めての武器。
関連:機巧童子ULTIMO 第三十四幕「つやゝ通夜」の感想


ULT35 (4)
「ルネ・鬼蜘蛛なんて禍々しい姿これが今の小平を具現化した姿だってのか・・・。」
というセリフから、そもそもこの名付きICON(ノーマルICONは除く?)は殿を具現化した姿、つまり秋津・神鹿が刀持ってるのは秋津ちゃんが剣道部だからで、真琴・新猿が筆持ってるのは猿=孫悟空=如意棒と記憶操作=記憶書き換えが合わさった結果だとして、じゃあルネ・鬼蜘蛛が刀持ってるのは一体何故ってことに?
蜘蛛もルネからも刀のイメージができないんだよね。まぁ善を殺すという思いを具現化したのが刀ってこともあるだろうけど、悪だし禍々しいなら鬼蜘蛛の時の腕の方が禍々しかったなぁ。逆に武器持ち=善フラグとか?
まぁここでどんなに妄想しても

ULT35 (5)
鹿鳴館ならぬ運命操作・鹿命完(ロックフェイトターン)で相討ちになっちゃったんだけどね。
運命操作はふりかかる厄災を無限に広がる世界線の中から最良の選択肢を持って回避するスロウの「能」で、「そういうことになっちまったか」ってことは秋津ちゃん及びスロウでもその運命は操作できない(世界戦を選べない)のね。だから猿刻のように善側は命と引き換えに究極の能があるのかと思ったけど、別に鹿の命が完(終わる)=命を引き換えというわけではないのね。でもそういうのあったほうが、善なのに使うのをためらうような能を持ってるって設定を際立たせられる気がするんだけど。逆に悪側も心を悪に染めて化け物化とか面白いよね。

ULT35 (6)
そしてクズ野郎の名を欲しいままにした秩父くん。確かに秩父くんはKの代わりにバイスの殿になりたいバイス至上主義者で、ルネはそれを利用しようとしてただけだから助ける義理はない。なんでボウガン持ってるのかは謎だけど、ルネと秋津ちゃんは互いに瀕死状態だし、パルドネちゃんは1発KO状態で秩父くんの一人勝ちの状況なのに不思議と絶望感みたいなのは全くない。所詮秩父くんもその程度なのだろうか?

ULT35 (1)
そうこうしてる間に清瀬が覚醒。ていうか演技でタイミングを見計らってたようにもとれるけど。パルドネの傷も一瞬で治す清瀬のパルドネへの愛とは?って感じで次号へ続く。
まぁ腐女子だしホモォ┌(┌ ^o^)┐ ならぬショタァ┌(┌ ^o^)┐ みたいな感じなんかね。愛も思い次第ってことでパッチソングみたいな妄想で強くなりそうだよね。つまり愛の強さは善の中じゃぶっちぎりくさいね。次点でおっちゃんセルヴィス。

さて次回はなんと表紙ですよ、表紙!まぁ武井フェスティバルをやる口実としてウルティモ、ユンボル、マンキンFが同時に表紙を飾ります。といってもユンボルとマンキンは今月(5月)もあるから次号(6月)が表紙なのはウルティモちゃんだけなんだけどね。
関連:武井フェスティバル開催!!

武井フェスティバルの情報もウルジャン、ジャンプ改に遅れを取るばっかりちょっと足引っ張っちゃってますが、このままジャンプSQ19の表紙ローテに割って入れるか頑張って欲しいところですね。
スポンサーサイト

機巧童子ULTIMO 第三十四幕「つやゝ通夜」の感想

祝!ジャンプSQ19隔月化!!
本来ジャンプSQの増刊であるジャンプSQ19は2,5,8,11月の季刊誌でした。
「表紙はToLOVEるダークネスのヒロインが6人勢揃いしています重大発表もありますので、乞うご期待下さい!!」との発表がありToLOVEるダークネスのアニメ化かと思われていましたが、実際は「表紙はToLOVEるダークネスのヒロインが6人勢揃いしています。」「重大発表もありますので、乞うご期待下さい!!」でその重大発表がジャンプSQ19の隔月化(偶数月)だったというオチ。

隔月化され偶数月(2,4,6,8,10,12月)の19日が発売日になり、同じく毎月19日発売のウルトラジャンプで連載中の「ユンボル-JUMBOR-」と隔月で同時発売することになりました。新しくなったジャンプSQ19は機巧童子ULTIMO、Ⓖえでぃしょん、ToLOVEるダークネスの番外編あたりを核としてやっていてほしいですね。まぁカラーページや表紙がほしいんだけど武井先生の負担にならないってのが前提で。


さて移籍後一発目のウルティモの感想。せっかくのカラーを白黒のお通夜シーンで使わなくてとりま一安心。
ULT34 (3)
でもお通夜から始まる移籍後一発目の今回は前半は1年くらい待ったエコさんのお通夜。お坊さんたちが無駄にウホッないい男だったこと以外は、大和がウルティモと契ったときの過去、現代、未来のビジョンの内現代のビジョン通りしめやかに執り行われました。

エコさんが死んだ原因でもある百機回向の元凶ダンスタンを倒すと決意し、そのためには全ての童子が必要であり知らなくちゃいけないこともたくさんあり、何より自分自身が「善」とは何かをもっと知らなくちゃいけないことを自覚した大和。狭山さんやレグラから善の大将なんだから堂々と構えてればいいと後押ししてもらって、大和ウルティモ組はとりま戦いではなくそういう流れに行くんだろうかね。

と、ここでちょっと気になった話。
ULT34 (2)
モミ山君の村あげ伸びた?
「ことを終えた暁にはきっと全てを元通りにしてみせる」という村山君のセリフ。
要するに百機回向を終えダンスタンを倒したらということだろうけど、全てを元通りにするのは誰なのか?倒されたダンスタンが百機回向と童子に関する情報すべてを消してくれるのか、それとも未来の時空警察的なところが記憶改変みたいなことしてすべてを第1話でウルティモに出会う前と同じようにしてくれるのか?
いずれにせよ、情報が消されたら未来から来た狭山さんは最初からいなかったことになるんだろうか?村山君はまぁ転校生だし…ね。そもそも大和たちがこの時代に生まれたのはミリューの能「転生操作」があってのことだから大和たちも現代からいなくなるのだろうか?それとも過去の盗賊のお頭大和ととの関係がなくなるだけ?百機回向を終えダンスタンを倒すということはこの作品の終末を意味してるんだけどその後のエピソード的な部分も気になるね。

そして前回大活躍して満を持しての
ULT34 (1)
KMT!(黒生狭山さんマジ天使!)
ちょっと体形がキュッキュッボンッ過ぎるけどきっとそういう喪服なんだよ。安産型なんだよ!
てか前回サンバイザー先輩を手玉に取っておいて、その後すぐにしれーっとお通夜に参加していることを大和も村山君も知らないのが面白くもあり、女って怖いなぁと。まぁそこが狭山さんの魅力なのだろう。

そして後半清瀬邸。
ブリーフ一丁の秩父君に油断しパルドネがボウガンで撃たれたところで秋津・スロウ組が助けに来たのが前回までで、今回はその状況説明を求める秋津に対して清瀬と一緒に(悪の)仲間にならないかと誘うルネ。秩父君が童子の情報を知っていたのはルネがネットで発信していたという事実が発覚するも殿たちの詳細なデータまで発信しているため百機回向どころか私生活もメチャクチャになる…ことがルネの狙いで、カオスは悪の味方をしジェラスの読心があればそれらすべてを掌握し操ることができると自信満々だけどこういう能力って、能力が暴走して声が聞こえすぎて本当の声が聞こえなくなり結果自滅するみたいなパターン多いよね?

で、もう一つの狙いが善側に比べて頼りない悪側の殿の代わりを見つけること。その一人が秩父君なんだろうけど百機回向前にやられちゃったスマ子先生あたりは変えられちゃいそうだけど、殿の変更って童子の意思だけでできるんだろうか?それとも殿が死ねば枠が空くからそれを狙ってる可能性もあるか。でもデジルの殿はスマ子先生以外考えたくないなぁ。悪側の童子はまだ個性が強いけど出番の少なさゆえに謎が多いから早々に退場はさせないでほしいね。

そして話は秋津&スロウ対ルネ&ジェラスの百機回向4回戦へ。
ULT34 (5)
君の本気を丸裸にしてやるよ!!!とどや顔だったルネさん(鬼蜘蛛)に対してまさかのICONスーツ着用済みで全裸回避という高等テクニックを見せ、まさに秋津△□×(さんかっけーしかくなし)。

注目したいのは狭山さんとは違い透明のサンバイザーではなくカチューシャを着用している点、足がサポーターではなくニーハイブーツ状になっている点ですね。これにより胴体部分はおそらく同じようなデザインでそれ以外は同時によって差があることが分かったわけですが、秋津ちゃんはスカートよりもズボン派っぽいのでその辺が反映されているんでしょう。
関連:機巧童子ULTIMO 第三十三幕「その娘」の感想


そしてICONスーツということはもちろん名付きにアップデートされた
ULT34 (4)
秋津・神鹿!
エコさんと狭山さん以上にマチとのICONとは姿形がかなり違う印象で非常に興味深いですね。
関連:機巧童子ULTIMO 第十九幕「タチ鬼」の感想

特に気になるのはマチの時は特徴的だった鉤爪が折りたたまれ刀を持っている点。これも先ほどのICONスーツ同様に秋津が剣道部に所属していることが反映されているのでしょう。狭山さん同様STEP2に移行していることもあってか自信満々な秋津ちゃんに性格には不似合いなほど追い込まれているルネ。ルネのことを密かに好きな秋津ちゃんやアバロの殿と親子関係にあるひばりはそこを突かれて寝返るんじゃないかとも思われたけど、まさかSTEP2になってたとは。でもこのくらいの逆境を平気で跳ね返す展開ができるのも武井先生なので油断はできませんが、ルネが秩父君連れて撤退する展開が無難だろうか。でもめっちゃテンパったルネも見てみたい。

今回も油断していつも通り速攻でやられたパルドネだけど清瀬もSTEP2になっているのだろうか?てか自分の怪我は身体操作じゃ治せないのかね?でも治せるならソピアも治してあげれば…。でも身体操作は厳密には細胞の活性化だから回復・治療という意味では童子には効かないとかはありそう。

で、また気になった話。前回の真琴・神猿もそうだし、エコさんとの神猿、村山君・ソピアの神虎はみんな何かしら武器を持ってるんだよね。(真琴・神猿:筆、神猿:筆、秋津・神鹿:刀、神虎:刀2本)
善なのに複雑で使うのをためらうような能だったりもそうだけど、善なのに武器を持ってるってのも重要になってそうだよね。まぁ悪側もICONあるいは名付きになると武器を持つ可能性はあるけど、そういうことを踏まえると可能性は低いね。あってもマチとの神鹿みたいな鉤爪のようにモチーフゆえの牙であったり爪や鎌止まりだと思う。




次号は隔月化に伴い4/19発売予定。正直リアルでは社会人になっている予定なのでどうなるかわかりませんが武井信者なのは変わらないので遅れてでも感想は書くつもりです。

機巧童子ULTIMO 第三十三幕「その娘」の感想

あけましておめでとうございます。2012年はシャーマンキングフラワーズ、そして来春(今春)のBIGプロジェクトも控えているので、2012年も武井先生の年になること間違いなし!今年も武井信者としてふんばっていくのでよろしくお願いします。あ、例の件(ジャンプSQ19への移籍)については感想の最後の方で触れます。
それでは今月の感想へ。

ULT33.jpgULT33 (5)
ICON化したらすっぽんぽんになるんじゃないですか!
絶望した!ICONスーツに絶望した!
いや正直『ICON化したら服が破れて裸になる』って設定が出てからすごいwktkしてたのに・・・。でもがっかりしたのもページめくって裸じゃないことを認識した瞬間くらいですぐさま別の感情に変わりましたよね。
ICONスーツの狭山さん性的過ぎるだろ。
なんか逆にエロいよね!?スク水っぽい衣装に、ちょっと足細すぎて分かりにくいけど膝上と膝下にレッグカバー的なものを穿いてることや、ICONを戦闘スーツだと言い張るのにヒールサンダルだったりいちいちエロい・・・。
冬コミは終わってしまいましたが、夏コミ(C82)の応募はまだ間に合うので是非とも狭山さん本が増えることを願っています。もっと武井作品の同人誌増えていいと思うよ?


で、極めつけはなんといってもサンバイザーですよ!
ULT33 (7)
某透明のサンバイザー先輩に透明のサンバイザーをデザインしプレゼントしたのは狭山さんだけど、透明のサンバイザー先輩がホント不憫で滑稽でマジかませ狗先輩・・・。

ところで女性陣と男性陣、あるいは善悪、それ以前に個人個人でICONスーツに違いはあるんだろうか?仮にみんなあのデザインだとムサ山君とかICONスーツ着たらT.M.Revolutionの西川貴教っぽい感じになっちゃいそう。エコさんは金太郎のイメージになっちゃったけど、冷静に考えるとICONスーツってスク水だよね。

今月は内容てんこ盛りなのでここら辺で次の話題へ。
日高先輩には狭山さんに勝てない絶対の理由があるというところで前回は終わり、非常にやきもきさせられましたが、かなり基本的なことでしたね。ICONは大きな人形まぁようは巨大ロボットではなく、殿という操縦者がいる以上、その殿となる人間の身体能力を極限まで高める戦闘スーツであるという認識がなかったこと。大きく言えばこの一点に集約されますね。

戦隊モノのロボットやガンダムのようにレバーやハンドルなどで操作するのであれば、「ユンボル-jumbor-」のニッパー・トーラスよろしく操縦の腕さえあれば操縦者の力、この場合で言えば腕力なんかは必要ないけど、ICONでは感覚がリンクしていることもあり操作方法は操縦者の動きとリンクするものになっているため、「ICONが大きな人形ではなくその殿となる人間の身体能力を極限まで高める戦闘スーツ」であるという認識が大事になってくるというわけ。だから裸になるのが嫌でICONという力を使うのを渋ってる日高先輩は殿失格ということらしい。

「正しく力を理解して力を正しく使える者だけがやがて全てを支配する」それが殿の使命であり、百機回向の真の目的になる。ちょっと順番が前後したけど全てを知っている狭山さんの正体が
真琴・サーヤ・ダンスタンという未来の世界でのダンスタンの実の娘だったと言う驚愕の後付け設定事実が判明。こんな秘密を敵である日高先輩にペラペラしゃべっちゃうのはどうせ記憶を書き換えちゃうから教えるくらいどうってことないと言う確固たる自信からで、ホントもうかませ狗先輩・・・。

今までの狭山真琴は全て演技でこうしてたまに吐き出さないとおかしくなっちゃうかららしく、そんな理由で捌け口にされる日高先輩はホント良いかませ狗先輩なんだけど、正直これは大事件だよね。ダム子と容姿が似てるだけじゃなくその正体のインパクトまで似せてくるとは・・・って感じです。全く関係ないけどダム子と狭山さんの百合本が読みたいです。


ULT33 (9)ULT33 (8)
全て演技だったと言う言葉をそのまま受け取れば、涙色のビジョンを見て過去の記憶を取り戻したのも演技だったことになって、流石にあの時点で未来の記憶に関する画を入れたら台無しになっちゃうけど、百機回向の監視が目的なら少なくとも未来の記憶だけは現代でも持ってたと思う。

てか仏の教え(戒め)をよく守り、人間らしい正しい生活をするのが持戒で、記憶を改変してでもルールを守るためにってことから持戒のレグラの「能」が記憶操作になったみたいだけど、狭山さんの父・ダンスタンの代わりに百機回向の監視を任されてる、つまり持戒なのはやっぱり関係してるんかね。そうなると他の殿も六波羅蜜なら六波羅蜜らしい、七つの大罪なら七つの大罪らしい殿になってるはずなんだけど、悪側はそういった傾向が顕著かな。善側もわからなくもないよ?忍辱の清瀬は耐えることだけど本質は寛大な心で受け入れるところにあるから、同性愛も受け入れるくらい広い心みたいな。まぁそういったところを意識して読み直すとキャラの見方が変わるかもしれないね。

てか全部知ってるのに大和のこと「おかしら」とか呼んじゃう狭山さんかわいい。なんか「スパイラル-推理の絆-」の結崎ひよのみたいですっごいやばい。なんか正体を知って読み直すとガラッと印象が変わるキャラが好きみたいです。

話を戻して、問題なのはレグラの「あの坊さんには本当に世話になったからな・・・それに相当な無理にもこたえてくれた おめーの正体も何もかも全てを知った上でな」と言うセリフからもわかるように、過去の世界でサヤだった時には未来の世界の記憶はあり、それをレグラ及びエコさんは知っていた。そして現代の世界で狭山真琴としてでも恐らく未来の世界の記憶はあったんじゃないかなぁと思う一方で、未来人の狭山さんはともかく、
エコさんやレグラはジェラスの読心はどう回避していたのか?
現代でも過去の記憶、つまり狭山さんから教えられた未来の記憶を知っていたはずのエコさんとレグラ。ジェラスに読心使われたら殿じゃない状態の狭山さんはもちろん、松竹梅や火男、達磨田さんたち殿候補を消されたり、早い段階でICONスーツを手に入れられていた恐れもあるからね。考えられるのは読まれる度にジェラスの記憶を改変することだけど、あんまり合理的じゃないよね。逆に悟られないように自分を記憶改変してたのかも?狭山さんも未来の記憶だけを持ち現代では過去の記憶を猿刻で取り戻したのは本当で、未来の技術かエコさんたちが記憶操作してくれたのかなぁ。ここら辺はちょっと気になりますね。


ULT33 (6)
で、前回はエコさんとの差別化を図るために便宜上狭山さんの名前が付けられていたと思われた「真琴・神猿」でしたが、上級者の狭山さんは初心者陣とは違い名付きにアップデートしていたため、「真琴・神猿」が正式名称になるそうで。また、童子の意思と95%以上合致することでロックが解除されSTEP2としての装備ICONスーツが与えられ使えるようになるらしい。
このICONスーツは感覚リンクをする際に体にコードを接続する負担がなくなり、半径50m以内なら遠隔操作ができるようになり、無線LANのような機能があるみたい。気になるのはやはり「無線LAN」という例えだけど普通に殿と童子が50m以内なら自由にICONできると捉えればいいんだけど、他の童子も殿無しICONできるとかあるのかね?流石にICONスーツ持っててもやっぱ自分の殿がいないと力でないし無理か。

仮に他の殿と童子が名付きになったらどうなるのかっていうと
大和・神童、真琴・神猿、武蔵・神虎、洋一・神雀、秋津・神鹿、ひばり・神猪、清瀬・神蝶
K・鬼面、了・鬼狗、ルネ・鬼蜘蛛、フサ太郎・鬼牛、MIZHO・鬼蟷螂、スマ子・鬼兎、戒造・鬼鼠、花・鬼熊
ダンスタン・天竜
(新・神猿、マチ・神鹿、ヒロシ・神猪、小雲・神蝶、智光・土蜘蛛)

フサ太郎・鬼牛はフサ太郎の時点でじわじわ来るね。他はKとか了が個人的に面白い。逆にエコさんなんかはいろんな意味でしっくり来ると言うか新って名前がなんかヤバイ。

そして後半清瀬邸。
ULT33 (3)
秩父君を助けた狙いはバイスの殿にしようとしたわけだけど、読心でここまで読んでたのね。悪の中の悪という秩父君に対して無能のK。無能という何も生み出さずただ消費するだけという絶対的破壊力が究極の悪のパワーと考えてるバイスさんだけど、秩父君に何かを見出している可能性があるのも事実。いろいろあるけど最後はというか実は最初からバイスさんと秩父君の方向性の違いで秩父君には可能性が無かったって展開がいいです。
てか、ルネさんさらっとBL学園読んでるとか清瀬と話し合いそうだけど実際は合わなさそう。

ULT33 (2)
そして助けられた秩父君にボウガンで撃たれるパルドネちゃん。恐らくネットの情報なのだろうけど童子の弱点が体内にある霊だということを知っていたんだけど、情報ってどこまで漏れてるんだろうね。霊の存在はウルティモとバイスさんが初めて戦った時にやじ馬してた奴らが書き込んだとしても、裏切り者とまではいかないけど関係者からの協力がないとあそこまで詳細なデータは得られないでしょう。意外と青梅パパあたりが部下にやらせてるなんてことは・・・ないか。建設会社だけど童子開発中でこれが未来の世界でのアレに繋がるとか面白いけど青梅パパがそんなことするわけないか。でも改心してって展開なら・・・?

てかこれでパルドネちゃん死んだらってか機能停止したら通算で三度目の瞬殺?でも幸か不幸か霊の色は善のままだから、最悪の事態は免れたってところだろう。それよりも全童子の中で一体しかない治癒能力を悪側に引き入れようみたいな悪い考えを持ったやつはいないのか?てか回復経路を絶つことから始めた蓮はマジ悪だったのね(ふんばり温泉対THE蓮より)。


そして最後。
ULT33 (4)
ジャンプSQでの連載が最後なのに出番が最後の1Pしかなかった主人公コンビ(しかもウルティモは人間体の上に顔は隠れてると言う・・・。てかデジルみたいな髪形になってるのは狭山さんがやったのだろうか?)もあれだけど、既に去年の時点でネットでは出回っていましたが、やはり画像右下にも書いてある悪夢のような一文・・・。
機巧童子ULTIMOは次回よりジャンプSQ19に移籍して連載します。

移籍理由について言及はありませんが、現在ジャンプ改で連載中の「シャーマンキング0-zero-」が終わると「シャーマンキングフラワーズ~花の時代~」が始まることが全く無関係ってことはないでしょう。4コマやショートギャグものとかならまだしも、月刊3本(約120P)はやはりきついのでしょう。てかお通夜から始まる移籍一発目ェ・・・。

さて、新しい連載誌であるジャンプSQ19は季刊誌となるため2月19日、5月19日、8月19日、11月19日の年4回の発刊となります。また、ウルティモは1巻で4話分収録しているのでちょうど年に1冊って形になりますね。恐らくウルティモ8巻が3月2日発売で先月号の32幕まで収録されると仮定すると、ウルティモ9巻は4話分溜まるのが8/19のジャンプSQ19Summerの後になるので10月4日でしょうか?そうすると11月19日のジャンプSQ19Autumnの掲載分(第三十七幕)に追いつくので晴れて今まで単行本派を強いられていた人も本誌派になることができます。否、本誌派になることを強いられてるんだ!
さらに、現在ジャンプSQ19ではGえでぃしょん、あるいはToLOVEるダークネスの表紙率が高いですが、これからはジャンプSQとは違い、また季刊にかわったことで表紙や巻頭、センターでのカラーが多くなる可能性は十分に高いと思われます。てかジャンプSQ19の看板といっても過言ではないよね!?

さて、連載誌は変わりますが自分は武井信者のままなので、これからもお付き合い願えればと思います。
そんなわけで次回は2/19発売予定のジャンプSQ19冬号でお会いしましょう。
※2/19は日曜日なので恐らく土曜日の2/18が公式発売日になると思うけど、まぁ気にしないでね。

機巧童子ULTIMO 第三十二幕「思惑交差天」の感想

ちゃんと数えたら先月描いた漫画が143ページありました。+カラーとか。達成感ぱない。<武井>
また律儀にダンボール戦機足してますやん・・・。
ユンボルは休載なのにウルティモは休載しない・・・。どうして差が付いたのか?慢心、環境の違い・・・。
ページ数に融通の利くユンボルの方が休みも取りやすいのかなという結論。


ULT32 (2)
さて今月の感想ですが、分かってたけど秩父君がパルドネの「能」身体操作により復活。問題はバイスが殺し損ねたことにより、殿としての可能性を見出してるというバイスの変化。これも分かってたけどどこら辺までがダンスタンの計画通りなのか?先日の百機回向開会宣言では善童子が入れ替わった状態が真のスタートだったかのような印象を受けたけど、そこから先童子との戦いで先のエコさんたちのように戦線離脱する可能性もあるから、スタートは善悪合わせあの15人だったけど、秩父君が今後介入することも計画通りですべてダンスタンの掌の上なのかね。

もう一つ気になることが。
パルドネの「能」身体操作で治したものをデジルの「能」能殺で無効化できるのか?
能殺の能力が曖昧なのでなんともいえないけど、仮に発動を無効化するだけならこの疑問は解消されるけど、発動中、発動後にも干渉できるなら例えば今回の秩父君を治したのは「能」の力だから無効化したらまた瀕死状態に戻るのか?ってこと。もし可能なら神猿の猿刻で蘇った過去の記憶を能殺で無効化すれば善童子のムサ山君とおっちゃん以外はまた契ってても一般人に戻るわけだから戦略が広がると思うんだけど。多分百機回向前日の大集合のときに時空操作で止めてたのにそれを能殺してたし大丈夫だとは思うけど、どこまで干渉できるかは愛チャージ量に依存してくるのかな?
この「能」に関しては今月もう一つ気になることがあるのでそれは後半で話します。

感想中盤戦ということで透明バイザー先輩。
ULT32 (3)
すっかり悪者の顔になっちゃった日高先輩だけどサラッと重要な証言を。日高先輩曰く
「ICON化すると力が暴走し理性がどんどん遠ざかる」
要するに頻繁にICON化したり長時間使用すると\くそやべえ/ってことなわけだけど、これは悪童子だからなのか、はたまた善童子も共通なのか。ICONになるデメリットがエネルギー消費の多さや裸になることくらいしかないのはおかしな話だけど、この話題が出るってことは誰かがICONに飲み込まれるってフラグですね。今思うと入間なんかは結構飲み込まれたのかなぁ。

プロゴルファーで有名人なのに付き人の速度超過が警察に見つかっちゃってしかも速攻で日高了だとバレるあの展開は様式美でした。神の読みじゃこういう展開までは読めないんだね。

で、ようやく判明したオルグレオのモチーフ。
ULT32 (4)
鬼狗(オーガオルグレオ)
なんかウルティモのwikiでは全部の童子が登場したあたりから既にオルグレオはどや顔でライオンになってたからうちもライオンにしてたけど実は狛犬だったという・・・。編集したやつは全力で反省して欲しい。


そして今月の本題。
ULT32 (5)
狭山さんマジ天使
黒のライダースーツでしかも胸が心なしか増量してる気がするけど、こんな挑発的な子だったとは。しかもこの状態でICON化したってことは帰りは全裸でバイク確定じゃないですか!日高先輩にはぜひともサクッとやられて欲しいところ。ちなみに日高先輩も全裸確定なのでスポーツ誌の一面は日高先輩の全裸が飾るでしょう。

で、遂に善側が殿を一新してから初のICON化。
ULT32 (6)ULT32.jpg
エコさんとのICONと比べて変化はあるものの、入間とルネ程の差は無いのね。
さて本当の私をあなたは知らないから私には勝てないと日高先輩がかつて無い程の負け犬フラグを打ち立てられ、本当の狭山さんについてはとりあえず置いとくとして、日高先輩が勝てない理由ですよ。
モチーフだけで考えたら犬猿の仲(鬼狗と神猿)の二人ですがそこは大して関係ないでしょう。となると童子ではなく殿のほうに問題があるのかな?

パッと思いついたのは某BLEACHよろしく記憶操作で狭山さんを日高先輩の大事な人と言う設定に記憶を改ざんすることで日高先輩の攻撃を躊躇わせるだけでなくあわよくば服従させるという「すべて月島さんのおかげ」ならぬ
すべて狭山さんのおかげ作戦
この百機回向で大事なのは一つ一つの勝ち負けよりも最終的な霊の色なので再起不能にする必要はなく、またただでさえ1体少ない善側は破壊は善悪と言う意味も含めタブーですからね。それにオルグレオも狛犬だし童子と殿そろって主人に従順な犬(狗)ってことでおさまりもいいし。ただ、そんなことできるなら悪童子一人一人に同じことしちゃえば百機回向終わるんだろうけど、やっぱり霊の色はそう簡単には変わらないんだろうね。また、倫理的にどうなのか?って話にもなる。善側の「能」は複雑ゆえに善としてどうなのか?っていう能力だから。それでも初の敗北者になるって啖呵を切ってる以上霊の色はどうあれ勝ってくれることを期待してます。

さて次回ジャンプSQ2月号は1/4(水)発売ということで、2012年最初の武井作品はウルティモと言うことになりますね。ちなみに2011年最後の武井作品は12/19発売のウルトラジャンプ1月号のユンボルは休載のため、12/10(土)発売のジャンプ改Vol.6に掲載されるシャーマンキング0-zero-の第2弾になります。2011年もあと少しなんでもうひとふんばりしていきましょう。

機巧童子ULTIMO 第三十一幕「善悪論」の感想

ウルティモ読者の皆さんお久しぶりですね。
前回が第二十四幕なので約半年ぶりの感想ですが、空白の期間は追々埋めていこうと思ってます。
なのでまずは最新話の感想から。

ULT31 (2)
空白の期間含めいろいろあったけどなんだかんだで百機回向が始まり早くも善と悪の総大将が激突。百機回向本番でもいきなり主人公と悪の親玉をぶつけるのは武井流だけど、そもそも善の陣営でまともに動ける面子がまだいないし、大将自ら動かないとね。
そんなわけで今月号の前半はウルティモ&大和(神童)とバイス(鬼面)による機巧変化の大技合戦。

ULT31 (3)ULT31 (4)
やっぱりICON化すると機巧変化もパワーアップするわけで鶴伎は大鶴伎に獅子口は連獅子口となり、対するバイスも鬼面となり亀鋸が鬼亀鋸となって反撃。ちょっと気になってるのは以前バイスさんが使おうとした狐口、そして今回使った鬼狐槌と狐をモチーフにした機巧変化があること。
現状各童子には一つ、ウルティモとバイスには2つのモチーフがあり各々そのモチーフの機巧変化をしています。悪の大将であるバイスさんは鬼と亀の二つがモチーフだったけどここに来て狐が加わったのかはたまた、モチーフ以外でも大将なら、あるいは無能のバイスさんなら関係ないのかは武井のみぞ知る世界。
モチーフの関係性、重要性ってのもまだ明らかになってないからそこらへん早く知りたいですね。なんでこのモチーフを選んだのかとか、何でこのキャラはこのモチーフになったのかとか。


そして大将同士の戦いは鬼面さんの除夜の鐘を受け
ウルティモ!膣内コックピット(なか)で出すぞ!
と、クリーンヒット寸前のところでウルティモが時を止め一転してバイスを倒す絶好のチャンスに。
ULT31.jpg
勝利こそ正義
「善」とは「悪」を倒すものなのです、とバイスを倒そうと持ちかけるウルティモに対し大和は卑怯なマネはその時点で「悪」に屈することになると人里離れた樹海にわざわざ寝たきりのKを置いて戦略的撤退。バイスさんは理解したようだけど自分は理解できずホント無能で申し訳ない。
てかバイスさんが鬼面を解除したコマがなんかアニメを意識したような感じがしたのは気のせい・・・だね。

やはり好戦的というか終わりよければ全てよしというウルティモと、秩父君の一件や最近少し丸くなってきてるバイスさんを見るに各々善と悪の大将であるにも関わらず似つかわしくない性格を持っているところが今後鍵になってきますよね。悪と善の大将2人とも心(霊)が入れ替わって「善」として戦うバイスさん対「悪」として戦うウルティモみたいな。


で、後半はパルドネを愛でる新しい殿の松本清瀬によるパルドネちゃんぺろぺろ腐女子の生態。
バイスさんに一蹴された秩父君をパルドネの能で治すべくルネが清瀬&パルドネに接触を図るという罠の香りしかしない行動にどう対応するのか?ってところが次回の見所だけど秩父君は今後どうやって立ち回っていくんだろうね。ゆくゆくは誰かの殿になるんだろうか。
そして清瀬はルネに心のスキを付かれて悪落ちしてしまうのか。一番めんどくさいのは悪堕ちしないでルネの操り人形として悪側に付くことだけど、百機回向はまだ始まったばかりだしルネは今回揺さぶれるだけでも十分であわよくば位にしか思ってなさそう。

でも清瀬からパルドネへはスマ子先生とはちょっと違うけど愛エネルギーじゃん?そうなると仮にルネに口説かれて悪落ちしても、欲エネルギーは高くなさそうだから回復要員は重要だけどその回復に使うエネルギーが少なそう・・・。逆にスマ子先生は愛エネルギーめっちゃ高いから善に改心したら持ち前の「能」能殺とあわせてバイスさん以外にはチート級の力を発揮しそう。

てか霊の色は童子が心を入れ替えたときに変わるんだよね?スマ子先生が愛しちゃってるのにデジルが改心してない点が根拠だけどまだ百機回向始まってなかったからノーカンっちゃノーカンだけど。そうなると今回ルネに口説かれた清瀬が悪側についてもパルドネさえ悪に屈しなければ・・・とかあるんかね?でもウルティモみたいに殿に従順になるよう設定されてば殿が改心すれば童子もそれに従うのかなぁ。そこらへんもやっぱり詳しく知りたいです。


次号は12/3発売予定。
来週はカラーで宣伝もあったようにいよいよシャーマンキングが帰ってきますし、再来週は3巻発売で表紙のユンボル、そして月末には武・・・HIRO先生によるダンボール戦機外伝と武井強化月間なのでふんばっていきましょう!

【ジャンプ改】シャーマンキング0-zero-【復活まとめ】
武・・・HIRO先生再び!?ダンボール戦機BOOST外伝掲載決定!

最後に。
とあるサイトでウルティモ8巻が12/2に発売予定となっていますが、集英社HPでは12月にウルティモ8巻の発売予定は無いとなっているので、公式発表があるまでもう少し待ちましょう。来春なので恐らく2月か3月頃かな?
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。