スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エア・ギア Trick:309、310、311、312の感想

これでようやく本編に感想が追いついたかな。
ただこれが維持できるか否か・・・。

Trick:309
ブッラク・クロウのメンバーに異変が起こったところで休載したのでこちらも新しい記事へ。
この異変は急に回路のスイッチ(鵺)を切ったため逆起電流が起こったことによる一時的なショック症状らしい。
鵺への負担を減らす為にパワー重視の直流ではなく交流で回路を組んでいたことで子供たち一人一人に逆起電流の
負担を背負っていたみたいだけど、冷静に考えると鵺パパが鵺の雷を相殺した結果だよね。
まぁそれでロリコンホイホイみたいな結果になったんだけど、俺はロリコンではない為うれしくもなんともなかったのが残念。

で、そんな空気の中KYキングのイッキがここぞとばかりに鵺にパンチの連打。
きっちり殺された9回分の借りを返し最後はタイマンで決着をつけようと雷の王対嵐の王による200mのRUNで勝負をすることに。

単純に考えれば恐らく雷の道は走るのに有利な道ではないよね。
雷の玉璽だってようは雷を発生させる補助みたいな役割だろうし。
でもワイヤー張り巡らせて走る妨害はできるから単純なダッシュではあれだけど・・・ってところか。

そんなわけでA・Tがボロボロのイッキはロリ子さんのフォッケ・ウルフ工房Ver.で擬似契の王の力で復活し、鵺もようやくデレて玉璽の核を組み込んでもらい次号本気の雷の王対本気の嵐の王・・・ではなく本気のイッキのRUN対決。
イッキは玉璽ないから厳密に言えば嵐の王じゃないんだよね。

Trick:310
イッキVS鵺。
流石に王と言えど体力的な問題でやはりイッキが優勢で、イッキの異常な成長の早さの前に悟った鵺は蜘蛛の試練を課す。
無数のワイヤーネットを前にイッキがどう突破するのかを見極めようとした鵺に対し
イッキは我関せずとばかりにつっこんだと思ったらワイヤーがフワッと離れ、一気に振り切って勝利。
その秘密は次号で明かされちゃったので次。

Trick:311
見事鵺に勝利したイッキは早速鵺を奴隷化するもみんな晴れ晴れとした表情で一件落着。
良いムードの中ここでKYキングをしのぐほどのKYブッチャが勝ったよ!と登場で次の舞台へ。
船が後10分しか持たない中で本来の目的であるリカ姉の救出に向かわなければならないイッキ。
雷の玉璽を鵺から譲り受け、イッキは調律するために船の核に向かい、他のモブはリカ姉救出に向かうことに。
風の玉璽と轟の玉璽をあわせたのが嵐の玉璽なわけじゃん?
でそこに雷の玉璽を組み込むわけだけど、雷の玉璽って他の(現時点で判明してる)と違って組になってない単体品なのにどうやって組み込むんだろ。
イッキも鵺みたいに背中につけることは絶対しないだろうから、動力部分のブースとパーツとしてどうにかするのかね。

で、ここで鵺のワイヤーを突破した種明かし。
イッキは特別なことはしてなくて全力で走って全力で止まってその反動で大ジャンプしただけという本物の基礎力。
キリクと空にしか出来ないそうですが、トップスピードからの急停止ってそれなんて牙・・・。
こういうとき主人公補正と簡単に片付けるよりも、不良だとケンカとかで筋肉とか体が出来てるから少しだけ現実味があってこういう設定は実は好き。

そして舞台はクラスのアイドルこと石渡さんもとい石の王ニケ対オニギリ編へ。
てかニケを裸ワイシャツ+ネクタイにイメージできるオニギリ△。
俺も修行が足りないな。

Trick:312
初っ端から白熱するニケVSオニギリ。
緋翠の道が解放と銘打つだけあってニケも石と風の合わせ技でオニギリを攻める。
しかし、オニギリがここまでやるとは誰が予想しただろうか。
風で飛ばした破片はエロパワー粘液(単純に汗か?)で滑らせることで無効化し、石の道の十八番である水晶振動周波(クリスタル・クオーツ)の原理を利用した超振動も床に広がった粘液が吸収。
ついに顔が濡れたアンパンマンよろしくキモ過ぎて力が出ないニケにオニギリ必殺の乳首陥没ハートブレイクショットが炸裂。
乳首陥没したらガチでハートブレイクするよね。

しかしそうは言っても重力子であり現石の王であるニケもこのまま黙ってやられるわけにはいかないわけで。
ここまで技を受けていたニケはオニギリの道の正体が窒素(有機窒素化合物)であることが分かり途端に粋がる。
そして仕舞いにはオニギリが全力(窒素)を出すのを待っていたと言い出す始末でそれを風で吹き飛ばし・・・たかと思いきや、うちのチームには嵐がいるんだぜ、と換気口を利用したトリックで依然としてオニギリ優勢。
てか妄想MAXで戦レベル360とかこれって一種の脳基移植者(ブレインチャージャー)だよね?

で、こっからの展開が神だったと思う。
前述の通りオニギリの道はEP(エロスパワー)が源の窒素が全てなので、腐海の道と風は相性が悪くニケや空と戦うことになることを想定し、イッキを相手にして最悪のシミュレートをしていたらしい。
EP(エロスパワー)とは漢の力の源であり毒蒸気を使いこなせば風で毒蒸気が飛ばされようがEPを維持できる。
まぁそうは言っても風との相性が悪いのは確かで、EPが無いオニギリは生きる意味が無いだろ、と。

しかし、ここでオニギリさんの今週の名言が飛び出す。
女の子ってよ・・・・・・カワイーじゃん?スベスベしてて丸っこくて・・キレーで・・・・柔らかくてよ・・・・
こんなもんがこの世にあんのが信じらんねーつーか・・しかもよ・・・・アイツラ笑うんだぜ?
笑ってる女の子ってそれだけで既に奇跡だろ
その笑顔が一つでも増えるんなら俺の人生100回分でもおつりがくるさ
だからテメェはッ!!千回死ねッ!!!

オニギリさんがかっこよすぎてやべぇ。
豚カツか!?という煽りもガチであるかも?と思えてくるもんね。
でも大暮先生だしこのままニケにオニギリが勝っちゃう展開が無きにしも非ずで怖い。
勝つまでとは行かなくてもオニギリ優勢のままでニケが最終手段を出そうとしたところでイッキ到着か船が駄目でニケが消化不良のまま撤退の流れくらいはありそう。
そして進化したブッチャ、ニケと良い勝負したオニギリ、明らかになったアギト、嵐の玉璽を手に入れたイッキに対してただ捕まって何も出来なかったカズ君という構図になり影の薄さに拍車がかかるみたいな。

でもアイオーンと白ブッチャ戦でアイオーンが負傷してカズ君が炎の玉璽を託されて名実ともにやっと炎の王になる展開にも期待してる。
そして小烏丸全員パワーアップ完了で、眠りの森戦を終えた空との最終決戦へ~みたいな。
次の休載までにどこまでいけるだろうか。
スポンサーサイト

エア・ギア Trick:305、306、307、308の感想

本編に追いつけ追い越せと言うことでサクッと感想へ。

Trick:305
というわけでリンド(アキト&アギト)とのリベンジマッチとはならなかった"海の魔龍"オルカと過去個人戦においては
あまり良い成績が残せていない山塊の王ブッチャの対決。
リカ姉の鍵をかけて海底までチキンレースをしようと既に陸上の試合で相手にならなかったのに、まだ自分の方が
上だと思っている可愛そうなオルカに対し、オニギリのエロ目的の修行が役に立ったブッチャ。
仏茶ラッセル悟りモードで底を目指す一方で、オルカが自分の息が切れるのを待っていると勘違いしていたら
水Verのパイルドライバーの如く、水圧をブッチャにぶつけるオルカ。
相変わらずブッチャには慢心やおごりが付きまとうんだよなぁ。

で、漢は常に背中を見せよという親父の言葉を思い出し、ようやく本気の悟りバンプアップVr.3(体中の血液を
両腕に集めて、血液中の鉄分の重みで潜水能力アップ)で反撃開始。
陸の上では圧倒したかもしれないけど、本来数段格上でしかも相手のホームである水の中なのになんで最初から
これを使わないのかというツッコミは慢心の一言で片付いちゃうから置いといて次回へ。

Trick:306
バンプアップVr.3によりオルカに追いつき叩き潰したかと思いきや、まさかの自滅。
自分は石ころで岩となりいずれ山塊となってダイヤですら押し潰すとか思い上がっていたらダイヤはもっと
強い圧力の中で生まれるんだよと、オルカは無傷のまま。
絶体絶命かのように思われたその時、海水を飲み込み(タラソテラピー)一気に吐き出しジェット加速。
海水を大量に取り入れることで筋肉を活性化させて微細動で振動を生み宙やキリクと同じ水晶振動周波
(クリスタル・クオーツ)の原理を利用した石の道の片鱗を見せ見事オルカを押しつぶして勝利。

ここにきてブッチャが山塊(笑)から石よりになってきましたね。
ようはミカンの風爆や緋翠の道みたいに8本のオリジナルの道の亜種ってところで、石を軸とした道なのだろう。
ただアイオーンも同じこと(水晶振動周波)ができたし、相手の動きをとめる炎の道からするとカズ君もできるよね。
今回足が速くなっただけと潜水強化くらいしか増えてないから結局ブッチャはまだ山塊(笑)の王のままか。


Trick:307
見事オルカに勝利し鍵をゲットしたブッチャ。
しかし正直戦レベルは100程度だろう(実際は200くらいと予想)。

舞台は変わってイッキ+αVS鵺戦。
ロリ子さんの炎やファルコの牙をサイクロプスハンマーで威力を上げたり押し始めるイッキチーム。
しかし負けるわけにはいかないのは鵺も同じであり反撃をしようとしたその時、ここにきて首吊り男(ハングドマン)
の正体が明らかになり、鵺の雷を相殺。
確かにキリクにも名前の知られているライダーで実力は相当なものだということは分かっていたけどまさか、
鵺パパこと旧・眠りの森雷の王ブラック・バーンだったとはね。
弖擂鑼超電導(テスラコイル)により位相反転(アンダーサスペンション)し鵺の雷を相殺してたため、鵺は力が
出せなかったらしい。
とりま詳しいことは次にいってから。

Trick:308
無機ネット戦、つまり旧眠りの森時代のブラック・バーンとはとても同一人物とは思えない飲んだくれの
アル中野郎だけど流石に重力子だけあって実力は本物。
自分の雷で鵺の雷の電位差を相殺することで電流がほぼゼロの静電気と同じようにしていたらしい。

そして回想へ。
鵺のチームにいる重力子第二世代は南博士たちが生み出した、ようはなりそこないをブラック・バーン及び
鵺に預けていたらしい。
てことはつまり鵺もなりそこないの一人ってことだよね?

で、更に鵺は今まで雷の玉璽の核を使っていなかったらしい。
厳密に言えばこのときは雷の玉璽をキリクが壊しちゃったから使いたくても使えなかったんだけど、南博士が
修理し特別仕様にVer.アップさせ核はあるのにそれを受け取ったら一生自分の足で立ち上がれないと受け取る
ことを断固拒否。
第二世代として重力子の研究に利用されていた身として、ここで雷の玉璽の核を受け取ったら自分のモルモット
っぷりに拍車がかかるからね。
そこらへんはやっぱり重力子といえどガキだね。

そんなこんなで鵺が意地張ってる間にブラッククロウのメンバーに異変が。
次に続きます。

エア・ギア Trick:301、302、303、304の感想

気付いたらまた滞ってたよ!

更新してないのに何故か最近アクセス数が以前と変わらなくなってきまして、有り難いけど複雑な今日この頃。
地力が上がったのかと思いながら先日発売したエア・ギア31巻を読んでいると、サロメお嬢様も出てるし
シャーロットは絶好調だし、なんてったって大本命のガゼルの出番もあるわで「あ、そういうことか」と。
過去最大級に滞っているのでネタバレで書きにくくなってるけど、ある程度まとめて書いていこうね。


Trick:301
一応だけど流石に野山野博士と南博士は夫婦じゃないよね?
そうなると野山野博士の娘であろうリカ姉とリンゴたちとは血のつながりがないのにイッキが姉弟に・・・。

で、問題なのは当時最高傑作だったガゼルが空と宙に負けた時のミスを修正したのが流れ的にイッキっぽいこと。
つまりイッキも脳基移植者のような能力がある可能性でてきたってことだよね。
身体能力の高さは漫画の世界だし主人公補正でどうとでもなるけど、遂に主人公の力が解放されるのかな?

一方ガゼル&海人サイド。
アーサーとシャーロットコンビを見事倒したように見えましたが、シャーロットがやられたことで遂にアーサー
が本気になり、なんと海人に鉄骨を突き刺し反撃。
普通の漫画であればあの長い回想明けで謎が解明された二人の前に敵はなく、普通にシャーロットとアーサーは
倒されて次へ行くはずですが、そこは大暮先生。
倒れてないどころか海人に致命傷を負わせるとは・・・。
これじゃ海人はここでリタイアするしか・・・、いや、意外と誰かがトリックで幻影を使ってアーサーと同じような
ことはこっちもできるんだぜみたいな感じで圧倒的な差を見せつけ完全勝利の流れかと思ってたのが7号。

Trick:302
で、そういかなかったのが8号。
リンドの強さの秘密は何度も出ているように”はじまりの翼”ガゼルの能力と記憶を受け継いでいるからだけど、
荊のしなやかさは初代だから当然として、「牙」のキレと破壊力は生前のガゼルが半年特訓しただけで、
アキトとして生まれた後は海人が教えたのだろうけど、それでもオリジナルの牙を海人は知らないわけじゃん?
その後○風Gメンとして眠りの森と接触してファルコの牙を知ったのだろうけど。
まぁそこら辺全てひっくるめて脳基移植者の能力なのだろう。

で、シャーロットが犠牲になり爆発エネルギーから逃れたアーサー。
誰かの代わりに自分が傷付けばいいと思っていたが、その自分が傷つくことでシャーロットが傷ついていたことを
知っていたアーサーは遂に轟の王として本気を出し、鏡でリンドを密閉し塔の中心部を再現。
高気圧下でその真価を発揮する荊の道で自分を殺せ!と荊&牙と轟が大激突。

Trick:303
いつぶりの巻頭カラーだろうか。
ここまで来たら表紙も欲しかったけど、次に表紙になるの最終話とかホントにありそうで怖い。

そんなわけでリンドとアーサーの一騎打ち。
アーサーの轟の壁が厚く強化であったが故に、ガゼルの放った牙が分散・蓄積され轟の玉璽が限界を迎え・・・。
結局は始まりの翼(Virgin Blade)ガゼルの翼をリンドとして受け継ぎ、それをアキトとアギトが繋げて
完成した6枚の翼の前では重力子といえど足元にも及ばなかったと言う。
それにしても飛ぶ機能を犠牲にした牙に6枚の翼が生えてるってのは・・・。

Trick:304
見事勝利したリンドだけど、エネルギー消費が半端なくしばらくは使えない様子。
忘れがちだけど中学生なわけだし成長期だから無理すると玉璽の調律もずれちゃうだろうし、そこらへんを
考慮するとこの先ニケ戦まであれば残ってるメンバー的にアギトの出番はそこまで無いかな。

おさらいしておくとジェネシス側がぴょん中尉、シムカ、ゴーゴン、リカ姉で、現在戦闘中なのが
鵺とイッキ&ロリっ子メイド+α、ニケとオニギリ、ウェルとブッチャ、モリガンとベンケイ、マーリンと奏音
白ブッチャとアイオーン(+カズ君)で、小烏丸側でフリーなのがアギト、リンゴ、大統領、枢&トゥール・トゥ。
ニケのところにみんなが合流するか、海人さんの言うとおり船が沈没するならその前に退散するだろうから
ニケと合流して倒すor倒さずに終わるか船沈没orリカ姉関連(救出or洗脳完了)で撤退の5パターンかな。

リカ姉が洗脳完了となると戦うのは当然リンゴたちでしょう。
流れとしては嵐の玉璽の完成阻止。
あとはニケがシムカを一応王としてカウントしてたのがやっぱり気になる。
ぴょん中尉もよくわからんけど強いのだろう。

まとめると戦闘が終わり次第リカ姉救出に向かい人によってはニケ側とリカ姉側に分かれる形かな。
でもみんな満身創痍だから流石にここまでチームで戦ってきたのに・・・ってのはあるからニケとの決着は
また次回(眠りの森戦が終わった空と合流したあと)になりそう。

エア・ギア Trick:297、298、299、300の感想

「300話を目前にしてそろそろ休載が入りそうで怖い」とか言ってたら俺が休載するという。
実は意外とこの過去編は書きにくいからまとめて書きたかったって言う方向でどうか一つ。
というわけであらすじという名のおさらいをしながら重要なところだけ拾っていきますか。

Trick:297
まずパンツ履かずに空と宙にボコボコにされるガゼル。
起死回生とばかりにチェーンで二人の足を止め波動砲発射。
てかリンゴのと比べてもこのチェーン相当長いよね。
しかもチェーンOFFって切り離しちゃったけど荊的に大問題じゃないのだろうか?
疑似玉璽であるリンゴの棘の玉璽は後輪のチェーンウィールが核だけど、オリジナルである
荊も核は後輪のチェーンウィール部分じゃないの?
そうじゃなかったとしても鞭だって特殊なもので棘を出しやすい奴なんだから、ねぇ?
まぁ玉璽<命だしね。


そして恐らくここ最近で1,2を争うくらいの重要度である空と宙のコンビによるコクピット攻撃のシーン。
空のエア・トレックにバグラムが組み込まれてるのが一目でわかりますが、
宙のエア・トレックにもバグラム入ってるよね?
パッと思いつくのは3パターン。

・空と宙が分け合って使ってるよってパターン
重力子といえど子供だし玉璽の力が強すぎるから、空は左足、宙は右足と片方ずつに分けてるよってやつ。

・宙のはバグラムじゃないよってパターン
同じ風の道を走っている以上玉璽が似通った物になるのは至極当然だけど、バグラムは空のだからあれは
宙専用の言わば「≒バグラム」だから違うよってやつ。

・単純にバグラムは二つあったんだよってパターン
もうそのまんまの意味で宙の分のバグラム、というか王の道は亜種だろうがなんだろうが結果8本なんだから
風に近いヤツは全部バグラムが玉璽だよってやつ。

気になるのは双子双子といっておきながらずっと空の影だった宙だけど、この時の幻影は双子の悪魔。
これがいつの間にか空を光に、宙が影になったんだから何もないわけがないよね。

Trick:298
ヨシトの頑張りにより何とか空と宙から逃げ切れた海人とガゼル。
海人がロシアに密航するため着々と準備を進める一方で、来るべき空と宙との戦いに備えて
自分の荊とファルコの牙をあわせようと密かに練習するガゼル。

この時点で初めて牙と組み合わせたのね。
しかもこれは自分で考えて出した答えってわけだから流石は脳基移植者ってとこだろうか。

で、身を潜めてたのがバレ、舞台を海上へ移し決戦へ。

Trick:299
南博士からせっかくもらった翼を犠牲にする大爆発を仕掛けるもあっさりとかわされ、竜巻の巨人まで
でてくる始末。
逃げられないけど、逃げることしかできないガゼルが銃でまさかの自殺。
てか今回と前回の内容、合併向きじゃないよね。


Trick:300
記念すべき300話なのにカラーすらもらえないとは。
時が経ち見事東大の文Ⅰに合格した海人とその仲間達。
あの時のYELLOW RAINが今の○風Gメンだったのね。

ガゼルが自殺を図ったあと、空と宙にガゼルの玉璽は回収され、更にそれを梨花姉に使わせる流れに。
てか、このガゼルの「バックアップ」っていうのは梨花姉のことでいいのかしら?
確かにいくら才能があったとしても重力子と同等の力を普通の人間が持つってのはちょっとおかしいモンね。
ってことは宙は軟禁中の梨花姉の中にあるであろうガゼルの脳基移植者を起こそうとしてるのか。
でも先代の荊の王と言えどお腹の中に赤ちゃんはいるし、脳基移植を使っても結局体は普通の人間だから、
そこらへんが後々のバトルで効いてくるんかね。


そしてこの長かった過去編で最大の重要度且つずっと謎だったアキトとアギトのなぞが明らかに。
要するにガゼルが自殺したけど幸いにも凍てつく海だったため冷凍保存されてて、お腹の中の赤ちゃんは無事に
蘇生できたけど、治療とかなんやかんやで成長しちゃったよってことか。
うん、成長しちゃうのはおかしいけど今更そんなことには驚かないよ。
そんなわけでアキトの正体は実は海人とガゼルの子供でした。

いやぁ、いろいろありすぎてどう何からどう整理したらいいのかわからないけど、結論として
ガゼルかわいいよガゼルな過去編でした。

エア・ギア Trick:296の感想

毎回そうだけど「ガゼル 画像」とかで検索かけられても・・・。
まぁその検索ワードに引っかかるウチもあれだけどね。
そもそもエア・ギアの絵描いてるサイトってあるの?
内容が直球過ぎるせいかコミケでも腐向けサークルさんしかいないし、検索しちゃうのはわかるよ。
だから、もし良いサイトがあったら教えてね。

そんなわけで今週のエア・ギアの感想。
高機動形態と有人戦闘形態ってことはマクロスあたりをもとに作ったんだろうけど、デザインが意外と
ダサいのは時代が時代だからだろうか?
もうちょっとオシャレなのを期待してたんだけど・・・。
時代も科学も進んだし○風合体とかしてくれないかな。


さてガゼルVSニケ。
前輪が2つあるだけで普通のA・Tかと思ったけど普通に棘を隠してただけなのね。
これが荊の玉璽なのかな?
そうなると荊も棘とほとんど変わらないことになるけど、現ガゼルを見てると棘に牙の要素を取り入れた
のが荊っていうのが俺の中での棘と荊の認識の違いなんだけど、牙の道の存在意義が・・・。
補足しておくとアキト&アギトが牙の道なのはガゼルが荊の道だからってこと。

てかガゼルちゃん上半身(おっぱい)は隠してるけど、下半身は絶賛公開中なんだけど
冷静に考えると人が空飛んでるとかどうでもよくなるくらいヤバイよね。
ガゼルちゃんマジ天使。

そんなガゼルにニケは劣勢が続くも空と合流して状況一転。
ニケの捨て身と空の渾身の一撃でダウンするガゼルだけど、果たして海人は間に合うのか!?
そして既に下半身丸出しなのに、空の攻撃を受けても腕の部分しかボロボロにならないこのコートの運命は!?
300話を目前にしてそろそろ休載が入りそうで怖い。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。