スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンボル-JUMBOR- 第29工程「重機人間ユンボル④」の感想

やっとこさ追いつきました。
前置き代わりに巻末のあれから触れていきます。
jumbor29 (1)
・・・おや!?HIROせんせいのようすが・・・・・・!(武井)
小学館から集英社への通信進化という可能性が微レ存。
というのも武・・・HIRO先生と言えばコロコロGでのダンボール戦機の外伝ですが、一昨年を最後にコロコロGの霊圧が消えてしまい、HIRO先生の活躍の場がなくなってしまいました。現在もダンボール戦機は大人気なので活躍の場さえあれば描けるとは思いますが、コロコロ系列に掲載誌を変えてまでやるのは微妙だよね。
となると次の活躍の場、コロコロ系列がダメとなると小学館の可能性は低く、他社の可能性が高い。

そこで白羽の矢が立つのが・・・そうです!
jumbor29 (4)
車×メカの超速変形ジャイロゼッターです!
武井先生といえばメカそして車でありその両方の要素を持つジャイロゼッターは武井先生の主要読者をターゲットにするロリショタ要素まで網羅しているまさに完璧な布陣。今回原作に突如現れた車は武井先生なりの、ジャイロゼッターの外伝を最強ジャンプあたりで描くよっていう伏線なのかもしれません。
この68年型マスタングシェルビーGT500が変形したらモロって感じだけど、エキゾチカとか天使隊とか武井作品には車にまつわるエトセトラがいっぱいあるのでオリジナルジャイロゼッターに選ばれるのは果たしてどの機体になるのか注目ですね。

また、注目したいのはそれだけではありません。仮に最強ジャンプで描くとなると「チョッパーマン」を連載中の武井宏文先生との武井兄弟夢の同時掲載が実現することになるのです。これは是非やってほしいですね。そういった諸々の理由も含め期待したいですね。


では本編へ。
jumbor29 (6)
ドカルト製もガリレル製もどちらも感情以外は製造法に大きな違いはないのかね。

jumbor29 (5)jumbor29 (8)
これ(左)がこう(右)なるだなんて、なんか時の流れって残酷だよね。
住処を高所に追いやられたネイティブアメリカンのトビ族の末裔だから高所作業の軽業師なんてことができたというわけでした。

ってのは軽すぎるからもう少し掘り下げます。
開拓という侵略から逃げ高所に追いやられ、遂に滅んでしまった一方で鉄とコンクリートを作り続ける自分に悩み葛藤するワイア。自然を活かす工事をすればいいとバルさんにアドバイスをもらい、それが今のワイアの工事の根底にあるんでしょうね。こういう葛藤は好きなんで今回は少年漫画的な熱さは少なかったものの心にグッと刺さる感じでよかったです。

jumbor29 (7)
で、一方でバルさんはというと震災で家族・故郷を失い、そこでヒゲのおっさん(ゲンバー大王)から家族を守る大切さを教えてもらった経験から大切なものを守る工事が根底にあるのです。
てかこのバルさんかっこよすぎて惚れそう。

意思と気合で形を変える形状気力合金的に考えるとこういう思いが根底にあったほうが強いのは真理なんだけど、そもそもゲンバー軍の根底にある物ってなんなんだろうね。クレンはドカルトの娘なんでゲンバーというよりドリルへの忠誠心で動いてそう。キリなんかはお嬢様だった自分を変えてくれたっていう恩返し的なのが原動力なのかなぁと。で、問題なのは他の面々。何が原動力なんだろうね。そういうのないとやっぱり物足りないよね。
でも実はこういう過去がありましたみたいなエピソードが来れば盛り上がるのでそういう展開が来るのを楽しみにしてます。

なんでこんな話になったのかというと、現在作中ではワールドザンド歴0010年で、今回の回想をするにあたり大解体前の暦が判明したことによりいろいろと繋がったことがあったとかなかったとか。
何が分かり何がつながるのかというと、過去編の時間軸が2028年でピッケルが生まれるということはバルさんは約30歳ということがわかります。※本編で16歳のシルト様と恐らく同い年のピッケルが生まれる事と、第一話でバルさんが36歳だったことから。

ここで重要なのが大解体前の時間軸とバルさんの年齢。17工程での学生服バルさんが「それから学校を終えた俺は」という文から中3が一番しっくりくるんですが、そうなると都合が悪いのでここでは中1の13歳ということにしておきます。その結果どうなるかというと、30歳で2028年なので17年となるとあの作中の震災が2011年3月11日に起こった東日本大震災と重なることになるのです。
関連:ユンボル-JUMBOR- 第17工程「進むべき道②」の感想
そもそも巻末コメとかでもそれとなく示唆してるし、当時からみんな気付いてたと思うけど、今回より確信に近づいたって話でした。

jumbor29 (3)jumbor29 (2)
終わってみれば結構あっさり目にまとめた感じのワイア編でしたが、重機人間ユンボルにはなかったガリレル製ユンボル等新要素もあり、一方でバル・クロウ組の過去も少し明らかになったりと意外と濃かったですね。

ユンボルホーンが抜けたので機能停止したワイアを果たして次号どうするのかってのがまず気になるところ。
さすがに片方しか抜けてないからまだ動けたとしても封じられてた感情が漏れているし攻めてはこないでしょう。となると姫の言うとおりユンボルホーンを確保して旅を続けるのか、ガリレル側のユンボルあるいは部下、またはドカルト側のユンボルが回収にくる展開もありそう。
いずれにせよユンボルも武・・・HIRO先生も今後の展開に注目ですってところでまた次回。
スポンサーサイト

ユンボル-JUMBOR- 第28工程「重機人間ユンボル③」の感想

前回最新話前に更新したはずなのに気づいたら1話遅れになってました。
あ、舞城王太郎×大暮維人のバイオーグトリニティ面白いです。わけわかんないところが。

jumbor28 (5)
あれがこんなゴロロみたいになっちゃうのか・・・ってのは次の話なので割愛。
でも次の話読む限りだとこんなシーンはななったんだろうなぁ。

jumbor28 (4)
オリジナルの個体から吸い出したデータがユンボルホーンにあってそれをユンボルで使っているわけだけど、
技術レベル的には全部吸い出して全部使ってるドカルト博士の方が、全部吸い出して感情を封印して使ってる
ガリレル博士よりも劣ってる可能性が微レ存。

jumbor28 (1)
結果的に感情を欠いているワイア様は工夫もできず、バルさんに負けてしまうわけだから頭脳的にはどカルト博士の方が上回っているんだよね。その点ガリレル博士には是非とも地獄の底から舞い戻った感じで技術で物を言わせた無感情の化け物を作ってもらって復讐しに来て欲しい。

今回は特に思いの強さ、感情で勝負する武井作品っぽさが出ててそんじょそこらの少年漫画よりも少年漫画しててジャンプの代わりにウルジャンを週刊にしてもいいんじゃないかと思ってしまいました。

jumbor28 (2)
容量のほとんどを質量限界に当てられたっていうのは、質量は最小限だが他の能力が高いユンボルも存在するってことだよね?マンキンで言うOSを一点集中型にして身体能力でカバーしてたラジムみたいな感じの。
質量限界MAXって厳密にはイメージとは違うけどハオ様タイプ?どっちかというと倒されても何度も復活したVSラキスト1戦目のマルコの方が合うか。これも違うけど。

jumbor28 (3)
ユデンの園掘削隊「J7」決定戦があるのか単純に結果7人残ってしまうのか。そもそもユデンの園計画自体をぶっ壊す展開もあり得るけど。でも現時点でドカルト製が12体でガリレル製が3体と偏りすぎだしまだまだ少ないのでどういう展開にしてもユンボルをもう少し増やしてほしいですね。

次回は決着&回想です。

ユンボル-JUMBOR- 第27工程「重機人間ユンボル②」の感想

最新話前に更新したかったのでサクッと言いたいことだけ。

jumbor27 (1)
ユン・ボール!!!
やるなら先月号でやれよって話。
jumbor27 (4)
パイプ・フィニッシュ!!!
サンポールだけだったらアレだけど、パイプユニッシュならぬパイプフィニッシュはもうこれは確信犯でしょ。
てかなんでワイア様はトイレ掃除ネタ要因なの?

jumbor27 (7)jumbor27 (8)
jumbor27 (3)
G型には感情はもとより、ユンボルになる前の記憶もないことがほぼ確定しましたね。
結構大事な部分だけど、工事戦士としての工事力だけ抜き取って元の肉体に記憶が残されているのか、あるいは記憶等も一緒に抜き取ってあるけど、ユンボルホーンで記憶を抑えてるだけかで結構変わってくるよね。
記憶を抑えられてるだけだと簡単に仲間になりそうでそれは嫌なので、博識無口系キャラみたいに元の肉体にあるであろう記憶を取り戻しに行く流れがいいです。とりま今回は敵同士のまま終わって欲しい。


jumbor27 (5)
テツグンテED祭り。
バルさんの意味深な鉄パイプの位置も狙ってますよね。

jumbor27 (6)
ユンボルの戦闘シーンはそんじょそこらの少年漫画より少年漫画してて熱くなるんですが、今月のテツグンテEDなバルさんとワイアのこの見開きは震えましたね。やっぱ武井先生はうまい。

ワイアに対しテツグンテEDで劣勢なバルさんですが、それでもバルさんが勝つと言うドリル様。
ではどうやって勝つのか?そうです!
jumbor27 (2)
テツグンテは形状記憶合金ならぬ形状気力合金だから、
想い(気力)の力一つでどうにでもなるという少年漫画の王道展開ですよ!!

何で青年漫画雑誌でもブレずに少年漫画してるのに、少年漫画雑誌で打ち切られたのか理解に苦しむってところでまた次回。

ユンボル-JUMBOR- 第26工程「重機人間ユンボル①」の感想

今週は頑張って働いたし更新してもいいよねってことで久しぶりにユンボルの感想です。
更新が途絶えてるあいだにあったことといえばニッパが活躍してたり、武井先生のサイン入りTakei祭りの複製原画が当たったりと、1クール以上あったのでいろいろありましたね。
関連:武井先生のサイン入り武井フェスティバル複製原画が当たりました!

早速本編の感想に入ります。
jumbor26 (4)ユンボル3G クランプのワイア
このUJでユンボルが始まった時から待ち望んでいた展開の一つが「重機人間ユンボル」では登場しなかった新キャラならぬ新ユンボルなんですが、ようやく叶いました。本当は前回が初登場だったんだけど、更新してないし本格的に登場するのは今回だしいいよね。


jumbor26 (5)
伝説のバル・クロウ組の一人で究極の足場ニストのトビー・マクワイア。彼を含めバル・クロウ組はゲンバー大王に拉致られて研究施設送りになってたのね。ロシン・ノシュクロ研究所にバルとニッパ、ボリングさんが収容され、サカニアにあるドーマ強化人間研究所にはハッパーさんが収容されていて、恐らくマクワイアと最後のバル・クロウ組のロックボルもこちらに収容されていた可能性は高い。個人的にロックボルはユンボル、EM、オーガ以外に関係のあるポジションでの登場がいいなぁと思うけど、ユンボル枠がバルとワイア、EM枠がニッパとボリング、オーガ枠がハッパーさんとなっているので、この構図から行くとゲンバー側のオーガ枠なのかなぁ。しかも五大博士の一人の新型オーガマスターみたいな。なんにせよ期待は膨らみますね。


話を戻して。
ユンボルは以前から出ていましたがそれは全Dr.ドカルトが作ったもので、今回のワイアはDr.ガリレルによって作られたもので、気になるのは当然D型とG型の違い。
jumbor26 (3)jumbor26 (1)
ドカルト博士に反対し同じ五大博士の一人であるガリレル博士が作ったのがG型で、姫に言わせればドカルト博士と比べれば人道的らしい。そもそも人間が頭にネジ打ち込まれて手と足が合金になってる時点で人道的も何もあったもんじゃないと思うけど・・・。

ここで引っかかったのはワイアの「技は血に刻まれる」というセリフ。そしてハリー・キャハン先生の「・・・しかしいくらユンボルとなったとはいえ今のワイア様は・・・せめてDナンバーでも与えてもらえばよかったもののなぁ・・・」というセリフ。また、ユンボルとなったバルさんは仕方ないとして、同じバル・クロウ組のニッパやハッパーさんにも気付かないところを見ると、ここから導かれるのは生前の記憶や工事力などを引き継いでいるD型に対し、いっそのこと記憶をなくし生前の工事力のみを抽出したほうが今のバルさんみたいに苦しまなくて済むという考え方からなのか、工事力のみが抽出されたG型という結論になる。生前の記憶を持ったままユンボルとしてゲンバーの下で生きていくより、記憶をなくした方がいいという考え方をすれば人道的と取れなくもない。
ただバルさん同様もとの肉体は研究所にあるはずだからこのワイアの中にマクワイアがいないだけで戻る可能性はあると思う。

もうひとつ気になるのは3Gというからには1Gと2Gがいてそのうちのどちらかに顎を砕かれたわけなんだけど、そいつらは今どうしてるんだろ。恐らくガリレル博士に反抗したってことはゲンバー側にいるとも限らんから今後味方になってくれる展開も十分考えられる。

jumbor26 (2)
テツグンテ3GCL01「ハードクランプ」CODE:ハイオーダー パイプオブチーフ
太陽の御柱(サン・ポール)!!!
正直俺のショベルの方がスゲー名前の必殺技な感じがするけど、それは置いといて次号からワイアVSレジスタンスな展開。ニッパーはこの前活躍したし、バルさんは万全じゃないしで活躍的にまだ地味なハッパーさんあたりに活躍してもらってなんとかこの場を切り抜けて欲しい。ただ逃げれたとしてワイアが仲間になりそうかって言ったらそれはまた別だけど。

そんな次回は11月19日発売予定。あの大暮先生がUJに帰ってくるそうなので今後のUJに胸が熱くなりますね。

ユンボル-JUMBOR- 第21工程「OH!JUMBORS-モノ言う重機-」の感想

EM立体化計画のガラはいつになったらカラーで公開されるのだろうか?

まぁそれはさて置きユンボル4巻明日発売ですよ!今回はアニメイトで1巻以来の購入特典が付いてきます。なので、購入される場合は是非アニメイトで購入しましょう!それにしても今回はメッセージペーパーで良いんだけど、1巻の時のクレンのカードはなんだったんだろ。毎回ユンボルのカードを購入特典につけてくれるのかと思ってたらそんなことは全然なかったし。
関連:【武井祭り】アニメイトでTakei祭り開催決定!【購入特典まとめ】

てなわけで本編の感想。
jumbor21 (1)
次回が武井フェスティバルによる予告表紙なので今月は巻頭カラーなのですよ。てかカラーでユンボル全員登場は初めてかな?でもバルさんもドリル様もいないから全員ではないか。EMもいいけどこっちも立体化してほしいね。


ユンボルの紹介で終わってしまった前回と打って変わって、ユンボルの大技連発で今回は熱かったですね。てかゲンバー大王率いる11体のユンボル相手に一人で挑もうとするバルさん・・・にツッコんで隠れてたのがバレるニッパェ・・・。
jumbor21 (2)テツグンテD3DDD33「トリプルD」CODE:ハイオーダー「フィンガーファイア」
ストロベリー・ボム!!!


テツグンテ+ユンボルNo.「テツグンテ名」だとすると、今後二つのテツグンテを持つユンボル、あるいは汎用型テツグンテとか出てくるんだろうか。そしてCODE:ハイオーダーはテツグンテを変形させる重機の指定って感じなんだろうか。現に1話でヒマラヤ山脈貫いたときとは形状が違うし。そもそも1話の時は右手で今回は左手だから他のユンボルと違って左右のテツグンテがもともと役割が違うって可能性もあるけど。
ユンボル-JUMBOR- 第1工程「スクラップ アンド ビルド」の感想


そして仲間になるにあたりお互いの実力を知っておくべき、それが俺たち流の歓迎だと完全に上からなハブサス。
jumbor21 (3)
テツグンテD2TR50「ウィールズ」CODE:ハイオーダー「ビッグウィール」
ご無体なゴムタイヤ(メビウス・ウィール)!!!

武井先生らしさ前回な技名ですが、ハブサス曰く特技らしい。まぁタイヤ回転させてるだけだから必殺技ではないな。てかミニバンさえも踏み潰すってショボイくないですか。

jumbor21 (5)
「女ならまだしも男のてめーにゃやられっぱなしになる気はねーな」とメカメカしいのに紳士すぎるバルさんに止められ、返り討ちにあうハブサスさん。同じユンボルがミニバンと同じなわけないだろ・・・。てか無口系だと思ってたのにハブさすが結構しゃべるのに違和感が。

ハブサスがやられすかさずチェンとモンケンが連携プレイでバルさんに追撃。
jumbor21 (4)
テツグンテD9MK24「重鎮」CODE:ハイオーダー「大分銅」
テツグンテD8BC88「鎖拳(リエンチユアン)」CODE:ハイオーダー「無限鎖環(ウーシヤンリエンホワン)」

大仏殺!!!&打重鎖(ジャッキ・チェーン)!!!
鎖で動きを封じて鉄球当てにいったら、これまた頭突きで止められ返り討ちにあうモンケンとチェン。「大仏殺」は「だいぶつごろし」じゃなくて「だいぶっころ」のほうがよかったなぁ。でも何れにせよ「大仏殺」だから1話で奈良の大仏を襲ったのかと思うと、おぉと。でも自分の故郷をそれぞれ襲った感はあるよね。
てか何気にバルさん頭突き多いよね。重機人間ユンボルでもゲンバー大王倒したのは頭突きだったし。そして舐めきって返り討ちに合う男ユンボル陣・・・。

ゲンバー大王+11体のユンボルという絶望的な状況に対し、一歩も引かず怯まないバルさんに対しようやくコスプレじゃないと気づき始めたニッパ。仮にニッパがバルさんだと認めてもデビルピンチなのは変わらないわけだが、次号表紙でこの状況を打破していくのか!?注目ですね。個人的には今回全く出番のなかった姫に締めて欲しいけど。

次号は6月19日発売で何度も言ってますがユンボルが表紙です。また特別付録として武井宏之オールキャラステッカーが付いてきます。ユンボルだけじゃなくマンキンF、ウルティモの主要キャラのステッカーみたいなんでこれはユンボル読んでない人もこれを機にウルジャン買ってユンボル読むしかないですね!
プロフィール

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。