スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第352話「病人シボウデス」

最近「THE IDOLM@STER」にハマりまして。アニメ見ちゃうと最終回症候群で死んでしまうのでMADを中心に見てるんですが物語の後半は胸が痛くなるね。千早の「約束」を歌うところや春香さんの涙で終わる回、そして忘れちゃいけないのが最終話の765プロラストライブのシーンは作画のクオリティもあいまってホントすごい。特に短大卒のあずささんが中高生と一緒にパステルカラーなフリフリの衣装着て歌って踊ってる姿を見ると涙が出ると同時に勇気をもらえるので1日に10回くらい見るのが日課。
もうハマりすぎてDVD-BOX出たら買っちゃいそうだけどとりあえず今度出る画集は購入しちゃうかも。モゲマスことアイドルマスターシンデレラガールズもやらないようにしてるけどプリキュアみたいな千早がかわいすぎて社会人になったら金銭的余裕から課金厨になりそう。モバマス側のキャラにそこまで興味が持ててないので良いキャラが追加された時はだれか招待してください。

以上、ハヤテのごとく!第352話「病は気から。気を抜くと病気になるという意味」の感想でした。
ってわけにはいかないのでもう3月だけど以下新年一発目のハヤテ感想。

hayate352 (3)
「休載明けにじっとしててどーすんですか…!!」って連載中もじっとしっぱなしだったじゃないですか!
まぁ動き出したかと思えば右へふらふら左ふらふら伊澄さん状態の本編展開なのでじっとしててもらった方が読者は離れないのかなぁと。
てかハヤテがサンデーの表紙もらうときたいてい内容がないような気がするんだけどまぁいっか。

hayate352 (2)
なぜズボンの裾を掴まれたのにこの角度から敷地を飛び出しトラックに轢かれるほど飛んで行ったのか小一時間問い詰めたい。ギャグ漫画であれば腰の部分を掴んでズボンが抜けてパンツ一丁で飛び出す展開も理解できるがもう少し違う表現方法があったんじゃなかろうか。

今週のMFF(My Favorite a Frame=お気に入りの1コマ)
hayate352 (1)
連載明け一発目でこんなに表情が分からないほどフル装備な千桜さんだけど意外とこの5人が一コマに揃うってのは珍しいよね。結構千桜さんハブられたりするし。てか6月も終わりなのに風邪とはいえこんなに着込むほどってやばいんじゃない?

久しぶりだったので今回はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!第348話 銀の匙 Sliver Shovel

なんか某会長ブロガーさんがハヤテの感想記事を対象とした羅列ニュースサイトみたいなことをしてくれるとかしてくれないとかってうわさを聞きまして。ニュースサイトの真似事をしていた時はどこまでを取り扱うのか、例えばハヤテ単体で記事を書く人、サンデー(&マガジン)作品のひとつとして一言二言書いてる人、発売日に書く人、何週間遅れてでも書く人と多くの人がいるのでその基準を考えた時にめんどくさくて感想を取り上げるのはやめたのでどういったものをやってくれるのか期待ですね。最近は武井信者としての行動が多く、ハヤテブログの新規開拓なんてしてなかったのでそういった意味でもかなり興味があったり。

ハヤテのごとく!第348話「シェフ・マリアの夏野菜スペシャル第1弾」の感想です。


hayate348.jpg
マリアさんが何年もかけて丹精込めて作った土だからマリアさんの所有物という解釈なわけだけど、そういう理屈が通るなら、柱にも「土地があるなら有効活用」と書いてあるように誕生日プレゼントだったナギナギランドもナギの所有物なんだから一般客に開放して入場料なんかで小金を稼げばいいのにと思ったけど、今更ケレ・ナグーレとか出しても需要が無いか。特に描き手の畑先生に。

てかガーデニングの話なら京橋ヨミ出せよ!
園芸店の娘だしBSで4コマやってた当時はWEBで活躍させたいとか言ってたけど、4コマがうやむやになって結局本誌で下着持ってたくらいの活躍しかしてないんだし。(BS Vol.210より)
まぁ今更出てこられても需要が・・・というより明らかな供給過多なんでやっぱいらないです。

最後は久しぶりの
今週のMFF(My Favorite a Frame=お気に入りの1コマ)
hayate348 (2)
貴重な日常風景から。なんか千桜さんがナギ以外とムラサキノヤカタで絡む時ってごはん食べてるイメージなんだけど今回は歯磨き中。前にも歯磨き中のシーンがあったような気がするけど、まぁ要するに小物が多いと言うか。その代わり昔のような変なTシャツが減って非常に残念。


てか第1弾って来週は違う話だよね?

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!第344話 この世のすべてをナギ倒せ!

※この感想はフィクションです。実在の人物、ブログなどにはいっさい関係ありません。

まぁそんなことは置いといて。
感想だけで見たら前回がちょうどカユラの初登場回だった336話なので約2ヶ月ぶりですか。ホントご無沙汰です。まぁこれには深いわけがあるのを推して知って欲しいんだけど・・・。

ハヤテのごとく!第344話「剣野カユラ、かく語りき(3)」の感想です。

感想を書いてない間にすったもんだあってナギのアドバイザーを「だが、断る」だったのが前回までのお話。んで今週はカユラが何故断ったのかから始まるわけだが、まぁ初対面の人にアドバイザーなんて言われてもね。そりゃ断るわ。そしてそこから始まる怒涛のカユラ論。語るってレベルじゃねーぞ!

要するにヒナを否定しそれに乗っかったルカも否定してなかなかすっきりしたんだけど、要するにカユラは
hayate344 (2)
お前の信じるお前を信じろ!
ってことで、1兆人に読んでもらえるように読者に媚びるんじゃなく、読者の方から歩み寄ってくるような、
1兆人の読者すべてを面白さでねじ伏せるようなマンガを描けばいいじゃないかとというヒナとは相反するもの。

劇場版で歌ってもらうためだけにたもうプッシュしたルカよろしく、カユラもプッシュと言えばそうなんだけど言ってることは久しぶりにスカッとしたのでこのままナギにはロケットのように突き抜けてほしいですね。

さて、残る話題はあと一つ。

hayate344 (3)hayate344.jpg
ハヤテいる?

ただアタフタしてたり、主人が困ってるのにToLOVEる起こしてライバルのお世話係をかってでたりとか、ね。
なんかこの同人編での存在意義が・・・。まぁルカプッシュしなきゃいけなかったから仕方が無いとはいえ
hayate344 (4)
確認したらまだメカ執事13号とかの方が優秀だったねって話でした。

気が向いたら来週も書くよ!ってことで今週はここまで~。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!第336話 犠牲になったのだ

新キャラ祭りで同人編なんてなかったんや!
いや、未来に繋がる締め方でよかったんだけど、そもそもこの同人編があれなのでちょっと今回は終わりよければ全てよしとはいかないかなぁ。劇場版の公開がもっとあとで畑先生のスケジュールなどがきちんと調整できてればもう少しマシになったんだろうけど、ルカプッシュや後述するカユラも劇場版ありきだから仕方ないのかもね。

ハヤテのごとく!第336話「ROCK OVER JAPAN」の感想です。

新キャラ祭り一人目。
hayate336 (9)
劇場版に先行登場した剣野カユラが原作初登場。劇場版見てない人は鉄仮面被ってた中の人って認識でおk。

思ったよりも早く出たと言う印象が多いけど、10/18発売予定のハヤテのごとく!30巻限定版で付いてくるドラマCD「ナギとカユラのHEAVEN IS A PLACE ON RADIO」を出すにあたって劇場版を見てない読者に配慮しないといけないし、夏コミまであと2ヶ月で、カユラがヒナを含む生徒会の面々と出会って且つ、「ルカは犠牲になったのだ」と言われるくらいナギと仲良くならないといけないわけで。
むしろ今回の同人編(過去)から興味の対象がこっち(未来)に向くのならベストタイミングでしょう。
ハヤテのごとく!30巻限定版にドラマCDが付いてくる!

ただ、ワタルが白皇を辞めてからぶっちゃけ2週間も経ってないハズな上に、ハヤテのように編入ではなく中途半端な6月に飛び級枠の補充っていうのはいかがなものか?普通に文とかと同学年って設定でも良かった気がするけど。気になるのは劇場版で出てきたときと全く同じ格好してるのは貧乏設定とかでもあるのかね?単純に服変えて「え、だれ?」ってなるのを避けるためだと思うけど。
正直劇場版じゃコスプレイヤーくらいの印象だったけどまぁナギや千桜さんと同じくらいのディープなオタクなのだろう。ただカユラは何でもズバッと言う印象もあったので、ズバッと言ってくれる人が少なく特にマンガに関して言える人材ってのはいないので良い存在になってくれそう。ただ話が面白くなるかはまた別問題だけど。
とまぁこうして、ただでさえ少ない学園男子の一人だったワタルは犠牲になったのだ。

新キャラ祭り2人目と3人目。
hayate336.jpg
左のキャラはアニメ1期で既に先行登場してるらしく新キャラかと言われるとまぁ新キャラなんだけど、厳密に言うと名前(進級時)と後姿(ハヤテ編入時)は原作でも出てたけどそのレベル。だからアニメは1期の2クール目くらいから見てないのでぶっちゃけこのキャラよく知らないのよね。wiki見ると名前は葛葉キリカで執事の暮里詩音と百合ってたらしい。となると右の人は男性変身能力のある暮里詩音ということなんだろうか。
まぁぶっちゃけどうでもいいっちゃどうでもいい、が!詩音は愛歌さんや千桜さんに散々バカにされているらしいのでその点は非常に気になる。


そんなわけで新キャラ祭りに隠れてしまった同人編の締めは落ち込んだナギに再び火をつけようとナギを戦場ビックサイトに連れて行き、偶然会ったルカにリベンジ宣言して・・・ってナギが勝手に真泉君と勝負してただけで実際ルカはナギと勝負してるつもりは無かっただろうし、30部売っただけで自分が完勝してたとは夢にも思ってないだろ。それよりもヒナがコミケのこと全く知らなかったみたいだけど、マンガの勉強して今回は同人誌なんだからそういった勉強もしてるはずなのに夏コミ知らないって・・・。

hayate336 (7)hayate336 (8)
まぁそんなことよりも今週はスカートがヒラっとしてて良かった。スカート派が多いなか基本的に記号としてのスカートだったのでこういう動きのあるスカートは珍しいなぁと。もしかしたら見落としてるだけで普段から動きのあるスカートが多かったらごめん。でも記号から進歩した程度で動きのある描写としては微妙な部類だよね。それはスカートに限った話じゃないけど。

それともうひとつ気になった点。
hayate336 (6)hayate336 (5)hayate336 (4)hayate336 (3)
今週は特に手を腰に当てるポーズの多かった千桜さんだけど、これには何か意味でもあるんだろうか。実は小学生のときクラスで一番小さくて前ならえのポーズが癖になっちゃったとか・・・そんなわけないか。ただの立ち絵じゃ画が持たないってのは禁止ね。

最後に。
今週のMFF(My Favorite a Frame=お気に入りの1コマ)hayate336 (2)
責められる千桜さん。
これはナギが悪い。というより畑先生が悪い。足橋先生の件も踏まえると先週までの展開から今週のナギの落ち込み具合が微妙に繋がらないから。てかそもそも執事なんだからそういうのはハヤテが・・・。
まぁ落ち込んだナギを励ますのは浮気野郎のハヤテではなく最近は千桜さんの役割になってるので、今後も安定してお仕事がもらえるとありがたいのだけど。

来週から本編はまた一話完結になるそうですが、果たして何週持つのか?千桜さんが絡めるような話だといいんだけど無駄遣いはして欲しくないという二律背反を抱えながら毎週どきどきする日々が始まりそうで実はちょっと楽しみだったり。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!第335話 ナギとルカ、どうして差が付いたのか...慢心、環境の違い

10月18日(火)発売予定のハヤテのごとく!30巻にも限定版がありますよって話をしてるのでよければどうぞ。
ハヤテのごとく!30巻限定版にドラマCDが付いてくる!

そんなわけでさっそく今週の反省k・・・感想いきます。
ハヤテのごとく!第335話「サンタの教え」の感想です。

率直な感想としてキャラクターの絵が死んでる。いや、劇場版もあって忙しかったせいなのか最近そうなんだけど特にデフォルメじゃないときの絵が動きとかそういったものが一切感じられない「記号」以外の何物でもない感じがするのが多々ある。これで話が良ければ絵を気にせず読み進めることができるんだけど、残念なことにそうも言ってられない展開だし、劇場版も30巻限定版のドラマCDも流石に擁護できない・・・。

んで、そんな内容な今週の話。
まずはルカサイドだけどルカのマンガは正直ヒナギクが言うところの20点を50点に上げている最中だと言うことを踏まえれば、着実に万人向けにはなってるしヒナの物差しでは及第点だと思う。でも面白いかと言われれば面白くないし、今回については3ページ丸々載せる意味は全く無かったと思う。普通にハヤテがナギに手渡してナギがそれを読んで吹き出すだけの描写だけで十分だと思う。だって20点を50点に上げている最中なんだから。そんなマンガをドヤ顔で載せられても、ねぇ?
ところで受賞履一切無しの畑先生が「とりあえず、あれだけ描けたら普通に賞は取れるでしょうな。」とBSで言ってたのは渾身の自虐ネタだよね?

続いてナギサイド。
hayate335 (2)
予想と言うか希望通りナギの同人誌がゴミ箱に捨てられてたのは良かった。でも欲を言えばナギの同人誌に全く興味を示さず捨てるシーンをナギが見るって言うちゃんとした描写が欲しかった。てかそこにもっと力を入れないと「バラで売ってないんですか」のようにちくちく責められた結果累積レッドカードみたいで、この前の足橋先生の件も踏まえるとなおさら意味の分からない展開になっちゃうじゃん。

それと1時間で30部とか仮に6時間あったとして、このあと大手を買い終わった人が着ても400もいかないだろう。でもせめて数字では勝って欲しかった。そもそも開幕ダッシュ並みの勢いで島中に買いに来てたあの描写で実は1時間でようやく30部とかおかしい。だって数字でも負けたらマーケティング、お金の天才であるナギが惨めになるだけでナギに何にも残らないし、せめて数字(販売数)では勝ってた方が、ハヤテから完売を聞く→数字では勝ってるからまだ慌てるような時間じゃない→ナギのマンガが捨てられてそれはやっぱり自分の力ではなかったという展開で効率よくナギを追い込めたんじゃないかなと思う。

そして個人的には一番意味の分からなかったハヤテのターン。
hayate335 (3)
「あんな短期間」でってナギのサイト作りの才能を褒めているのに、その時間も「ルカはただひたむきにマンガだけを描いていた」って、ナギと一緒になって遊んでヒナギクに怒られたのに?しかも自分の力ですごいことをしたいという自分本位な考えだったルカを「お客様に喜んでもらいたい一心で」がんばっていたとまで言う始末。もし本当にルカが最初からそう思っていたとしてもその描写が少なすぎて後出しじゃんけんにしかなってない。やっぱり劇場版にあわせるために展開早めたのが原因だよなぁ。別に劇場版やるために原作でやったことって西ハムさんがアキバのロイホでバイトしてただけじゃん?それとワタルの同人ショップ。でも同人ショップのフラグは既に立ててたし、劇場版も西ハムさんがロイホでバイトしてなきゃいけないわけでもないからあそこでそのエピソード挟む必要は無かったよね。まぁその2,3話使えば満足にルカの設定を読者に植えられたかと聞かれるとそれでも足りない気がするけど、無いよりはマシだったと思う。


最後にいつもの。
今週のMFF(My Favorite a Frame=お気に入りの1コマ)
hayate335.jpg
ホント千桜さんは大地に咲く一輪の花やでぇ。(サクラ繋がりだよ)
もう最近の展開は千桜さんいなかったら乗り切れないもん。でもその反面中途半端に使われるこのシリーズに巻き込んで欲しくなかったっていうのもある。出番が増えるのはうれしいんだけど作画が微妙なコマも結構あったし。
長かった誰得同人編も来週で一区切り。しかし千桜さんの「このままでは・・・終われんだろ?」から夏コミでリベンジって展開に持ってくんでしょうね。

劇場版組はカユラの存在知ってるからある程度希望が持てるからいいけど、それでもどの段階でカユラが出るのか?がわからないのでゴールがわからないってのは一緒か。
また劇場版ではアテネに戻ってたアリスの存在から、8月末までにはその辺のゴタゴタも一段落していることになり、また屋敷にタマがいたり、クラウスが荷物が届いたとナギにわざわざ連絡しているあたり、その頃までにムラサキノヤカタから屋敷に戻ってるかもしれないとかいろいろと推測できるネタもあるのでその辺はぜひ劇場版を見て確かめてもらいたい。

アリス・王玉・法仙夜空の方にも千桜さんが絡むと夏コミ編までも安定して出番が増えるけど、正直作画崩れたり無理して出すくらいなら海外編みたいにお留守番でもいいよ。どうせカユラ絡みだしたり夏コミ編になればまた嫌ってほど出番あるだろうし。とりあえず再来週が楽しみです。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。