スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告・・・なのか?

男で免許がAT限定のやつって生きてて恥ずかしくないの?(VIPPERな俺)
男なのにAT限定でゴメンなさい。
でも家の車2台ともAT車だし、自分で車買おうとも思ってないのでAT限定で十分なんだよね。
確かに車学通ってた時に学科でAT用手帳持ってた男は自分くらいだったけど・・・。


みつどもえアニメ化!次はイカ娘をアニメ化しろ!(アルファルファモザイク)
謎の重大発表延期から1週間、早売り情報によりアニメ化が確定しました。
いまいちアニメ化の実感が沸きませんが、発刊ペースが速まってくれればなんでも良いです。
でも雌豚ことみっちゃんが戸松らしいのでどうなるか。


アニメ化が決定した『迷い猫オーバーラン!』を矢吹健太朗氏がSQで漫画化(こぼれ話)
これで勝つる!
「機巧童子ULTIMO」、「新テニスの王子様」、「貧乏神が!」、「ロザリオとバンパイア」の布陣に矢吹先生の「迷い猫オーバーラン!」が加わるとか豪華すぎる。

また、矢吹先生は週刊ジャンプ5.6合併号で読切が載るらしいので、ジャンプSQ2月号と週刊ジャンプ5.6合併号である1/4が楽しみすぎます。
スポンサーサイト

「宙のまにまに」7巻 柏原麻実先生

11/29に紀伊國屋書店新宿本店で行われた柏原麻実先生のサイン会に行ってきました。

前回の「宙のまにまに」6巻サイン会から7ヶ月。
池袋からリア充の街新宿に場所を移し、寒空の中リア充を掻き分けて心が折れそうになりながら会場へ向かう19の秋。


いつものように整理券をとったときの話からまいります。
まずは1週間前の20日まで遡ります。
10時開店だったので30分前到着を狙ったら、乗っていた常磐線の同じ車両で急病人が出て少し停止した影響で数分の遅れが発生。
野次馬がいなければすんなり搬送できたのに・・・。
それもあってか若干遅れましたが、駅から会場まではすんなり行けたのでロスを取り戻せたかな。

配布場所待機列につき、係りの人に案内され最後尾へ。
目測で50人くらいかなぁと思っていたら、実際は60人ちょいだったということが並んでいた人により判明。
アニメ化もあってか予想よりちょっと多くてビックリ。

で、開店して整理券貰って、駅まで帰ろうとしたら迷子になったわけですよ。
店を出て駅とまるっきり反対側にあるくこと数メートルで気付いたんですが、その間に何故かくねくね曲がった為元の場所(書店)まで戻れない。
まさにこんな感じ。
090315_1905~01

その後紆余曲折ありまして何とか駅までたどり着いたんですが、平日の10時過ぎということもあり、まだ人(主にリア充)が少なかったことがせめてもの救いでした。

そして時が進んで28日。
今回は14時開始で整理番号順にサインする形式だったんですが、全部で150人いて途中休憩があったため、64番だった自分は15:25~の回でした。
なので15時ごろ新宿についたんですが、前回出た出口と違う出口に出てしまったようで、右見てもリア充、左見てもリア充というなんとも心が折れそうな状況。
「笑っていいとも!」でお馴染みのスタジオアルタが東にあるのは知っていたので、何とかリア充を掻き分けて書店へ。
町中クリスマス色がではじめていて正直心が痛い。

で、書店に着いたんですが、サイン会の会場は整理券が配られた別館のForestという場所ではなく、その隣の紀伊國屋書店新宿本店だったことに気づくのに若干時間がかかり集合時間ギリギリに会場につき、待機列に着いたら自分の前後の番号の人同士が仲良く談笑してて気まずい。
しかも64番なのに第2部の2番目だったらしくまた気まずい。

時間がギリギリだったせいかすぐにサイン会のほうも始まりました。
自分の前の方がガッツリ話していて、来る途中に撮ったマクロス電車の写真を先生に見せたりとかなり盛り上がる。
それもあってか稀に見る微妙なテンションでのぞみ、微妙な感じで終わっちゃいました。
ちなみに選んだキャラは前回と同じく姫。
例によってケータイが壊れている為画像は無し。


そんなこんなで開始5分もかからずに終わっちゃいました。
お土産にメッセージペーパーを1枚貰いました。
前回はスタッフさんがやまねこ座たんのTシャツを着てわんさかいたんですが、今日は編集さん?が2人いたくらいで少し寂しい感じでした。

次回があれば挽回したいですね。
柏原先生お疲れ様でした。

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

BAMBOO BLADE 12巻
BAMBOO BLADE B 2巻
よつばと! 9巻
うらバン!浦和泉高等学校吹奏楽部 2巻
ゆかひめ! 1巻
ぱにぽに 13巻限定版


レゴでここまで再現できる!映画「マトリックス」の有名な弾避けシーン
レゴの可能性は本当に無限大だなぁ、と改めて思う。

そんなレゴといえばテレビチャンピオン。
義剛さんじゃなくても良いから、昔のテレビチャンピオンに戻してほしい。
【生キャラメル】 ついにハジケた田中義剛の花畑牧場バブル…東京の4店舗が閉店・札幌の工場も閉鎖(痛いニュース)
セブンに売ってた花畑じゃない生キャラメルを友達から一つ貰ったけど、そんなに騒ぐほどじゃなかったと思う。
本物はどうか知らんけど。
豚どんは旨いのだろうか。

エア・ギア Trick:262の感想

やっぱり武内空のいる場所へ向かうために超音速機を用意していたアイオーン。
ちゃっかり炎の玉璽を履いています。
まぁ才能さえあれば誰でも炎を出せるそうだし、旧眠りの森で元契の王・イネと一緒に小烏丸戦で外れたことを考えると炎の王は要らない子なのかも。
だからアイオーンが奪った炎の玉璽を他の重力子に渡さずに履いているのかもしれない。

一方ジェネシスサイドは大事な眠りの森との戦いを控えているにもかかわらず、二手に分かれている模様。
捕まったリカ姉を小烏丸に任せ、空達の要求を拒んで塔で待つ眠りの森を相手にするのは空一人で十分
らしく、他にはあぜ道カットことカエサルとぴょん中尉のみ?
5対5だろうからあと二人いると思いますが・・・、ウェルとシムカ?

そしてリカ姉救出を頼まれた小烏丸が向かうのはジェネシス総本部である空母「カーネルサンダース」。
やはり海の上でしたか。
対小烏丸用に宙率いる外国の重力子陣がこのカーネルサンダースに残っているんですが、もうちょい塔に向かわせても良いんじゃね。

てか対空用の無風なのに行く先にいるのは空ではなく宙。
風も走れる石の王ですが、石のあの振動も風無しじゃできないのだろうか。

何れにせよ来週の1号は休載なので再来週の2・3合併号待ち。
ジェネシスVS眠りの森前にワンクッションどころかツークッションくらいはさみそうです。
イッキと南のおじさんの会話も気になるし再来週が待ち遠しいです。

やおよろっ!69人目!!埼玉ちゃん

いつもと雰囲気が違っていましたがたまにはこういうのもいいですね。

完璧故の無口系クール生徒会長が可愛い物好きというよくあるパターンですけど、最後はこういったものに落ち着くんだよ。
で、天然系?の子に攻められて・・・。
だから自分は東京ちゃん一択なんですが。
次点で神奈川ちゃん。

ただ埼玉ちゃんが神奈川ちゃんのことを神奈ちゃんって呼んでたのはなんか良かった。
あとは昼飯が埼玉だから草加せんべいっていうのも。


最後にずっと気になっていた私的クラサン擬人化。
なつみん先生、菅原先生、平手先生ときて誰先生が描くのかと思っていたら、まさかの担当O氏。
これはやっちゃった感が否めない残念な感じでした。


次回は12月11日(金)配信予定です。

恒例の近況報告

管理画面が見にくい・・・。
と思ったら使いにくくもあった。

迷い猫オーバーラン!:ツン美少女続々の人気ラノベがアニメ化 ジャンプSQでマンガ化も(まんたんウェブ)
なんか「迷い猫オーバーラン!」があの「To LOVEる -とらぶる-」の矢吹先生が描くかも?という噂があるらしい。
この作品、名前は知ってるけどラノベは読めないので内容のほうはサッパリわからんです。
矢吹先生が描くことになるなら、気になるのはやはりお色気要素があるのか否か。
期待して待ってます。

漫画にしかできないこと(アルファルファモザイク)

やっぱり擬音かなぁ。
漫画(小説にも当てはまる)の良いところは、アニメや映画と違って読み手側が自由に受け取れることだと思ってます。
キャラの声やセリフなんかを自分の思うように、好きなように想像でき、コマからコマへ行く際にも自分の好きな間を取れるのが良い点。

だから自分のイメージと違う声だったりと、受身にならざるを得ないアニメや映画はあんまり好きじゃないです。
ほとんど原作がマンガや小説の作品限定だけどね。

ハヤテのごとく!第250話 アテネ買い出し紀行

中3だった自分は大学2年生に・・・。

ハヤテのごとく!第250話「終わる日の始まり」の感想。

なんかスッゲー短いと思ったら、今回の第250話、1号の251話、2・3合併号の252話、4・5合併号の253話の計4話で1つのまとまりだかららしいです。
何故大掃除シーズンに雑誌を取っといてね♪
という無謀なことを・・・。
※自分は1~2クール分溜まったら捨ててます。

さて、今回の「終わる日の始まり」というタイトルなんですが、意味深で良いですね。
旅行最終日という意味での終わる日
あるいはこのナギやマリアさん、ヒナやハムたちと平穏に過ごしていた
日常との別れという意味での終わる日
前者はナギを選んだ結果、石を守り抜くコースですね。
後者はアテネ救出失敗ルート、というかバッドエンド。
少年漫画的王道で行けばアテネを助けて、ナギも遺産相続できてめでたしめでたしなんだろうけど・・・。

個人的には昨日書いた妄想が最近のお気に入りだったりします。
ハヤテが「シャーマンキング」でリゼルグが突如葉たちの前から消えたようにハヤテが消え、セルゲームのような王玉争奪戦をはじめれば、姫神君や、愛歌さんの許婚を結構ナチュラルに登場&活躍させられてると思うんですけどね。
それに新学期になって東宮君出てきたじゃないですか。
で、その執事の野々原がイギリスに執事留学に行ったのも全てこの王玉争奪戦のフラグ。
当然王玉=三千院家の遺産相続の権利である以上、お金が絡んでいるのでヒムロ&タイガ坊ちゃんや、雪路&薫先生、シスターも参加できます。
そうなると一流の執事が持つ超必殺技の設定も活かせるしなかなか良いんじゃないかなぁと。

尚且つ金あるところにこの親あり?かはわかりませんが、
ハヤテの両親も参加させることができ、同時にハヤテ兄の参加も可能。

まぁこんなリボーン並のシフト変換されても需要なさそうだし、何より今までの250話がこのバトル編の為の前座にするってのは目にゴミが入ってるレベル。そして頭にボールがゴシュッ!!

そんなわけでちゃんとした感想は畑先生の言うとおり第253話までを読んでからやろうと考えています。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテニュース

【マニアなんです】矢口真里のガイドライン(日刊スレッドガイド)
「子供の頃からニュースサイトが大好きで、はっきり言ってオタクレベルです。
最近好きなニュースサイトはズバリ!かーずSP、カトゆー家断絶、ゴルゴ31です。」

自分は嵌らなければすぐ飽きますが、この貪欲さは見習っていきたいです。
というわけでニュースサイトの真似事です。


「はむ☆らじ」第6回無事放送終了。(そして僕たちは西へ向かった)
ハヤテSNSについてと、今のハヤテのごとく!(ハヤテ原作のGWの超展開の感想や考察など)に興味があったので、自分は最初から最後までポケモンやりながら聞いてました。

SNSができた当初はそれとなく興味があったんですが、今はこのビッグウェーブに乗っておけば良かったな、とたまに思うくらいです。
掲示板に誰が書いたかは忘れたんですが、要約すると自分も全く同意見でした。
・絵師でもないし、SS作家でもないし、感想はこっちで書いてるから、何をしていいのか分からない
・ハヤテ以外の話題を快く思ってない人が、少なからずいるだろうから、あまり関係ないこと書くのはタブーとまでは行かなくても、悪い気がする

ラジオを聴いていると、ハヤテSNSはハヤテが好きな人が集まるというのが核になっているそうですが、『ハヤテ以外のことも書いても良いよ』ってことをもう少し広めてほしかった。
なんか閉鎖的なイメージが強く、新規参入しづらい感じが払拭できると変わってくるのかもしれない。
でもオープンにし過ぎるのも荒らしとかアンチ系が入ってくる要因になるので、そこらへんが難しいところですね。

春風千桜がどうも4Verに分かれるらしい件(アスまんが)
ハルさんの代名詞になりつつもある「スキだらけ」がハルさんの新しい顔ですか。
カードは収集癖があるせいかコンプリートしたい衝動に駆られるのでなかなか手が出せないため、情報が疎いです。
ちなみにスキだらけVerのハルさんはハヤテのごとく!!TCGブースター第10弾「秋のナイショ」の中の1枚らしいんですが、1箱買えば当たるんだろうか。


ハヤテはアテネとナギのどっちを選ぶのか、つまらない理由で予想してみる。(しっぽきり)
アテネを選ぶのかナギを選ぶのかによって王玉の行方が決まってくる最近の展開。
各地で色々な妄想が飛び交ってますね。
うちは愛歌さんの王玉を使ってさっさと日本に戻ってきてほしいと考えていますが、アテネとナギのどっちを選ぶのか?と言われたら個人的にはアテネを選んだ方がネタとして面白いと考えてます。

※以下妄想注意。
アテネを選ぶとハヤテは三千院家の執事を解雇されますが、同時にアテネの執事になる道ができます。
元主のいる白皇学院は通いにくいでしょうから辞めて、海外で王玉をめぐる能力バトル編でもやれば良いと思う。
そうなると今まで250話もかけてやってきたナギたちはどうするんだ?って話しになりますが、ただの前座じゃアレなのでナギ&マリア、伊澄&咲夜、ヒナ&ハム、愛歌さん&許婚、ワタル&サキさん、姫神&ハルさんあたりがこのバトルに参戦すれば問題ない気がする。
ハルさんの出番がなくなるのでやっつけで姫神をチョイスしたのは反省してる。
で、ハヤテが自分じゃなくアテネを選んだのにナギ、ヒナ、ハムをどうやって参戦させるんだ?って話しだけど、ナギを救うためアテネに着いて行ったとか、「いきなり自分達の前から消えたハヤテの本当の気持ちを知るために」みたいな感じにしておけば、ホイホイ参加してくれるんじゃないかなぁと思う。

BSで、
このアテネのシリーズの後のシリーズは展開
……というか構成的に物語の時間がサクサク進むシリーズになる
はずなので……ご期待ください。

ってあったけど、争奪戦参加のきっかけさえやっちゃえば修行パートみたいなのとか飛ばして、そして数ヵ月後みたいなのもありかなぁと思う。

まぁハヤテのみぞ知るセカイなので、wktkしながら待ってましょう。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

今週のマガジン49~51号の感想

何がクニだよ クンニしろオラァァァ
マガジン50年の歴史に、また新たな1ページが加わりましたね。

「エデンの檻」
「何がクニだよ クンニしろオラァァァ」 【今週のマガジン】(ニュー速VIPブログ)
今までの国創りはこれのためだったんですね、わかります。
来週以降の展開が激しく気になります。

「ダイヤのA」
見事に抑えましたね。

そして今度は青道の攻撃。
投球数が100球を超えそうな上に、前の回に思いっきり三振とられてご機嫌斜めですからね。
若干寝不足で不調フラグもあるのでここは追加点は確実でしょう。
問題はどこまで取れるのか?成宮を引っ込めるのか?
1点だけ逆転して何とか守り抜いてほしい。

「FAIRY TAIL」
ジークがナツに対して攻撃したのは炎を与えてナツを回復させるためだったんだけど、普通に喰らってますやん。
で、滅竜魔法の最終形態ドラゴンフォース発動。
終わりがまだまだ見えないのに滅竜魔法の最終形態とか、ご冗談を。

そんななか瀕死状態のルーシィのもとに双児宮のジェミニが登場。
魔水晶を壊すだけなら別にルーシィに変化する必要ないと思うんですが、変身すると変身した人の力使えるんだっけ?

話し戻ってナツ対ゼロ。
滅竜奥義紅蓮爆炎刃というテイルズシリーズの秘奥義と見間違えるような必殺技で次号へ続く。
もうウェンディの能力くらいにしか興味が無いのでサクッとやられてほしいです。

「ベイビーステップ」
サーブが重要であることがわかったエーちゃん。
サーブは身長も力も無いと辛いです。
硬式のカットやスライスがどれだけ曲がるのか、「テニスの王子様」のおかげで全然わかんないんで、恐らくコントロール重視で磨き上げるのかな。

「ヤンキー君とメガネちゃん」
葉は一個下でしたか。
何とか解決しましたが、イマイチすっきりしない終わり方でした。

いくら花さんに弱いとはいえ、秋田は何故最後まであのままだったのだろうか。

今週のサンデー49~51号の感想

く…目にゴミが……
サンデー50年の歴史に、また新たな1ページが加わりました。

「MAJOR」
メジャーの主人公が死亡した件について(VIPPERな俺)
普段書かないけどこういうときだしね。
『悲劇再び…?!』とか煽ってるけど、700話以上も続いた作品がこういった終わり方するのは悲劇ってレベルじゃないだろ。
ファンの方はプリンセスハオ級の絶望を味わったことと思います。
お悔やみ申し上げます。

「マギ」
こいつはやべぇ。
今まではアラジンがウーゴ君を召喚して、ウーゴ君が殴って攻撃してただけでしたが、アリババと同じように精霊が憑依した武器を持っていた姫様達の戦い方が大好きな設定でした。

精霊が憑依した武器を恐らく眷属器って言うのかな。
で見た感じ精霊には属性か能力があるっぽい。
そんでこれは使用者の魔力(まごい)を必要とする。

能力者バトルフラグですね。
合流したアリババ君の能力が今から気になりますが、モルジアナをどうやって話しに絡ませるかの方が気になる。

「神のみぞ知るセカイ」
将棋好きの少女は他校生。
やっと学校を飛び出し、攻略対象が他校生に。
次は無いだろうケド。
好きなタイプじゃないんで、早めの展開を希望。

「いつわりびと◆空◆」
アーティストアクロが飛ばされてある程度経ちましたが、次はオニデレかこれが飛ばされるんじゃないかとドキドキの毎日です。
アクロが飛んでなければ金剛番長だったんだろうけど、これはアクロが終わるのに間に合わなくて本誌で終わりそう。

今回はいつもの雰囲気と少し違った話だったけど、まぁ良かったと思う。
ただバトルを入れないと薬馬と閨がいらない子になっちゃうのを早くどうにかしないと、この先厳しいと思う。

「KING GOLF」
優勝かぁ。
小坊主君もなんだかんだで個人8位らしいけど、イマイチ強さが伝わってこない。
というか周り(敵)が小物ばっかなので、ライバルとまでは行かなくても良いけど強敵がほしい。

次号から新展開みたいですが全日本編にでも突入するのだろうか。
とりあえず霞にミニゲームでいいから一度負けてほしい。
克服する為の練習→試合で勝利という今回と全く同じパターンになっちゃうけど。

「電脳遊戯クラブ」
引き続き迷走中。
これからどうすんだろ。

プレイ日記~ポケモンHG~Vol.9

『ポケットモンスター 金・銀』今日で発売から10周年! 渋谷にミュウも登場!!(電撃オンライン!)
HGとSSではミュウが少し早く配信されてますが、マックに行くたび親子連れが周りを囲んでいるため未だにもらえずにいます。
先行配信明日までだから一般配信待ちかなぁ。

というわけで今日はポケモンHGの感想でございます。

その前に今日見たヤツ。
ポケモン黙示録カイジ(SLPY)
絶賛孵化作業中だったためか>>57がツボった。


さて久々のゲームプレイ日記。
家でマンガは読めずとも、外出時は積極的にゲームしてます。

前回の感想が見事に一ヶ月前ですね。
霰パ作りたいとか言ってましたが、メンバーが全然決まんない。
なんと言うか最近受けにハマってまして、どうしてもパルシェンを使いたいんですが、これがなかなか良い型が決まらない。

気分転換にカバとガブがいたんで少し砂パに浮気してみたんですが、ツンデレのクチート、エアームド、フォレトス、ドータクン、ヌオーを作ったまでは良いんだけど、他が決まらない。
てかそれ以前に受けばっかってどういうことだよ。
しかも今ユレイドルの固体値厳選中だし。

てか最近はいかりのまえば、いたみわけのせいで、受けが不遇な気がする。
とりあえずクロバットにいかりのまえばを速攻で覚えさせたけどね。

果たしてどんなパーティーができるのか?
待て、次回!

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

ハレルヤオーバードライブ! 1巻
ハチワンダイバー 13巻
べしゃり暮らし 9巻
ノノノノ 8巻
釣りチチ渚 1巻
宙のまにまに 7巻
Kiss×sis 5巻
論理少女 3巻
マクロスF 5巻
未来日記 9巻
あきば浪漫ス! 4巻
アニコイ 2巻
ハックス 3巻
神はサイコロを振らない 1巻

画像が無いとこの記事は寂しいですね。


昨日は「宙のまにまに」サイン会の整理券を取りに新宿まで行ってきたんですが、普通に迷子になりました。
しかも駅の中じゃなく外で迷子になりました。
それも整理券を受け取って駅に帰る時に迷子になりました。

行きは迷わず行けたのにね。

エア・ギア Trick:261の感想

脇さんになら掘られても良い。ゴメン嘘。

試合はもう終わったと思ってたら完全には終わってませんでした。
そんな今週の一発目はオニギリがどうやってフレイヤさんを時間差で倒したのかについて。
まさかこれに触れるとは思わなかったのでめちゃくちゃ嬉しい。

で、どうやって倒したのかというと、何も入っていないビンに垂らした髪の毛を揺らすのはどうすれば良いのか?という例がヒントに。
正直電車の中で読んでたので最初さっぱりわかりませんでした。

ビンに対し一方向からの打撃を与えても、便そのものを動かすだけで内部には伝わらず、髪の毛は揺れません。
けど、周囲全てから振動派を受ければ、中で「波」は乱反射して定在波を生み、それが髪の毛を揺らします。
そこにオニギリの腐臭の道(スメロード)”霧の暗殺者(フォッグ・アサシン)”により、フレイヤさんの体内深く(主に肺)にオニギリの分身毒蒸気を侵入させ、アギトとカズ君の炎の牙の衝撃と山塊の王ブッチャの反射波にはさまれた時に肺の中で定在波が生まれて中にいるオニギリの毒蒸気(毒ニギリ)が暴れまわったためやられたと言うわけなのでした。

何がすごいってオニギリが毒蒸気なんてのを出せることより、出せることを前提で炎の牙とそれの反射波で極北神の息吹(ニブルヘイム・ブリザード)だけでなくフレイヤさんまでを攻撃対象にしていたキリクの作戦。
眠りの森とジェネシスの対決が近いせいか、かませ犬レベルを急激に上げてきてますね。


一方やられてしまった旧スレイプニールの面々。
気絶しているフレイヤさんとそれを助けにいったウートガルザロキの二人を救助しに行ってるのに、ノートダグとトールが無風が解除され風が吹いたことによって発生したパンチラをガン見してるのは何か良かった。
彼等は脳基移植をした際に、元の人格が消滅しちゃったから、ゲームのキャラの人格をダウンロードしていてそれ以外の情報は何も知らないんだけど、本能には逆らえなかったと言うわけで。
この後彼等は初めて「飲み」に行くそうです。


で、お待たせしました。
カズ君がブッチャの行方を心配し、自分とカズ君の合体必殺技が直撃しているから即死しているハズ、と何故か嬉しそうなアギト。
そんな二人をよそに、気絶したブッチャを抱えた”虎喰い”ワッキーがパラシュートで終わりてきました。
チームの勝利よりも、炎の牙の直撃を受け反射させて散ったブッチャを助けることを選んだ漢・脇ノ坂孝一。
何がすごいってここまで残ってたことがすごい。

そんなわけで、今度こそ本当に小烏丸対JIGGY(旧スレイプニール)が終わりました。
小烏丸の成長と重力子の謎が明かされ、大収穫のバトルでした。
それも今回はここで終わりではなく、眠りの森とジェネシスの試合が控えているので休む暇がありません。
休載も無さそう?なので、このまま試合が終わるまでは突っ走っていってほしいです。


今週何故かちょこっとだけ出番があったアイオーンとメイドさん。
結局間に合わなかったんですが、何しにきたんだろう。
やっぱり眠りの森とジェネシス戦の場所まで届けに?
情報が少な過ぎるので次号を待つしかないようです。

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

いつわりびと◆空◆ 3巻
はじめてのあく 3巻
★★★のスペシャリテ 5巻

携帯が自主的に電源を切るようになりました。

ジャンプ早売りでデジモンアラウンドなるデジモン新シリーズのアニメが来年春に放送開始らしい(今日もやられやく)
この前書いたやつの正体が判明。
「デジモンアラウンド」というデジモン新シリーズのアニメが来週から放送されるそうです。
またこのアニメとWiiとDSが連動するそうで、グダグダにならない程度に頑張ってほしいと思います。

来年の映画は歴代の選ばれし子供達全員集合が良いなぁ。

ハヤテのごとく!第249話 冷静と情熱のあいだ

何も知らない、何もできない故に冷静な咲夜と、英霊打倒に情熱を見せる伊澄の間で、アテネとナギの間で揺れるハヤテ。

ハヤテのごとく!第249話「究極の選択」の感想。

世界平和という新たなステージになってから1週間。
あの第1話に出てきたサンタクロースの正体は帝だったことに驚いた。
というかあれはハヤテの夢じゃなかったことの方に驚いた。
それでも、世界平和には負けるけど。

原作が6年目に突入するより一足早く、三千院家の執事としての適正試験という新たな舞台に突入。
それに伴い、このステージでやることが明らかに。
少年漫画の王道であれば遺産及びナギを守り、英霊を倒してアテネを救ってハッピーエンドなんですが果たしてどうなるのか。


ハヤテが選べる選択肢は大きく分けて3つ提示されました。
1つ目が王玉を守り抜く所謂ナギルート。
王玉を守ることは、ナギと一緒にいることを選び、アテネと英霊は恐らく融合するでしょう。
ただ、アテネと英霊の融合が加速的に進んでいる今、バトルがしばらくないことを考えるとどうなんだろ。


2つ目は王玉の破壊。
王玉を破壊することにより、恐らくアテネは英霊から開放されるでしょう。
これにより晴れてアテネが大々的にハヤテに対しベクトルを向けることになり、ハヤテをめぐる争いの方が更に熾烈なものになるでしょう。
個人的にはそういった話がハヤテの中では一番好きなので、この展開を一番望んでいます。

しかし、王玉の破壊は三千院家の遺産相続の放棄、つまりハヤテとナギの関係の破壊を意味します。
これを解決しないことには、俺が望むような展開にはなりません。
遺産が相続できなければナギは生きていけません。
そうなると遺産無しで、ハヤテが執事としてナギを全うな一般人にでもさせるのか。
可能性が一番高いのは別の王玉を手に入れる話しになる展開。
ハヤテのごとく!というタイトルにあっているような展開ですがそれはなんか違う気がするのでノーサンキュー。


最後の3つ目が王玉の譲渡及び奪われること。
譲渡は2つ目後半の感じですが、これでアテネが開放されるかは微妙。
逆に融合→完全体になって、これを倒してアテネを救う話しに変わりそう。
でもこれは奪われる展開の方が確率が高そう。


ここから感想の本編。
個人的にまとめ、希望する展開としては、遺産相続のほうは何とかするとハヤテが決め、とりあえず王玉をアテネ及び英霊に譲渡、あるいは奪われ、なんだかんだで相手側に王玉が渡ります。
その後、何とか遺産を相続できないか一人で悩んでいるところに、ひょんなことで愛歌さん、あるいはワタルのどちらかが王玉を所持していることを知って譲ってもらうも、姫神に盗られる。
そして姫神編の始まり。


結論から言うと
愛歌さんかワタルの王玉を使えば良いんじゃないの?って話し。
でも、なんだかんだ叫んだって言っても結局
これからの展開にハルさんが絡めるなら何でも良いです。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為画像無しでお送りいたします。

さよなら絶望先生 19巻
ベイビーステップ 10巻
ダイヤのA 18巻
FAIRY TAIL 18巻

正直今使っている携帯はもうダメかもしれん。
3月頃まで変えるつもりはないので、恐らくそこまで画像は無しかなぁ。
記事が寂しい感じがします。

ただ、
児童ポルノ「製造・販売」禁止から「単純所持」を新たに禁止へ。児ポを所持保管しているだけで逮捕(痛いニュース)
これが怖いので、ホイホイ画像載せなくなって良いのかもしれない。

12月の気になるマンガ

クリスマスが今年もやってくる・・・。
そんな12月の気になるマンガです。

4日
ONE PIECE 56巻
あねどきっ 1巻
ぬらりひょんの孫 8巻
貧乏神が! 5巻
紅 kure-nai 4巻
8日
みつどもえ 8巻
卓球Dash!! 15巻
弱虫ペダル 9巻
9日
がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 2巻
碧海のAiON 4巻
10日
エスプリト 4巻
11日
ちはやふる 7巻
彼はトモダチ 6巻
アオイホノオ 3巻
17日
エア・ギア 27巻
一瞬の風になれ 5巻
18日
あきそら 3巻
KING GOLF 5巻
けいおん! 3巻
22日
鋼の錬金術師 24巻
ヤンデレ彼女 2巻
ながされて藍蘭島 16巻
25日
はなまる幼稚園 7巻
こえでおしごと! 3巻
26日
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 4巻
バカとテストと召喚獣 1巻
おやすみプンプン 6巻
マンガ家さんとアシスタントさんと 3巻
そして僕らは家族になる 2巻
恋愛ラボ 4巻
28日
ワールドエンブリオ 6巻

ワンピが出て、けいおんも出て、ハガレンも出る。
個人的にすごく楽しみな作品も出るし今月はすごいなぁ。

月末にはコミケも控えてますし、定期的にやってるバスケも月末に控えてます・・・。
これを乗り切れば、1月の後期試験やってまた長期休暇になるので、もうひとふんばりです。

エア・ギア Trick:260の感想

小烏丸との試合前の回想から始まる今週のお話。
風を待っていればいつかはきっと吹いてきてくれることを信じて、今日の試合で風が見つからなければ解散して旅に出るというウートガルザロキ。
既にスレイプニールから脱退したくせに。

そして舞台がバトルに戻り、無風状態の空中バトルはどちらが先にパラシュートを開くかのチキンレースへ。
少しでも上へ行く為イッキとウートガルザロキは飛行機ではなく実況のヘリを目指します。
まぁイッキが初っ端落ちた時もパラシュート開いてないし、海にも落ちてなかったし、橋はセーフだったからもう何も言わないけど・・・。


イッキが走れば風が起こるように、自分も手を動かせばそこに風は生まれる。
技もA・Tもいらない、自分達の探していた、自分の中から風は吹いていたことを知ったウートガルザロキ。
灯台下暗しってやつですね。
そしてバトル終局へ。

ブッチャは定在波の影響でもうやられてる?ため実質イッキVSウートガルザロキとフレイヤさんの2対1。
援護を頼もうとしたウートガルザロキが見たのは墜落していくフレイヤさん。
オニギリはフレイヤさん一人くらいならすぐに倒せたそうですが、今回は一対一のキューブではなくチームでのエアであるため、ここまでフレイヤさんを残しておく必要があり、それが今回の勝負の肝でありました。
ただフレイヤさんを脱がしただけじゃなかったのね。

自分の後ろにいると思っていたフレイヤさんが急にいなくなった為、ウートガルザロキに生まれた隙。
その隙にイッキは上へ、逆にウートガルザロキはフレイヤさんを救出する為に下へ向かいパラシュートを開いて遂に決着。
今回のキープレイヤーであるオニギリは一足先に勝利の美酒(スカラベのまたの隙間)を味わっていましたが、しっかりと麗王さまにやられていました。


長かった小烏丸VSJIGGYのバトルが遂に終わりました。
マジで脇さんの出番なしには少し残念な気もしますが、それ以上に早く先に進んでほしいので、今回は時期が悪かったということで。

恒例の近況報告

『とある科学の超電磁砲』OPがオリコンで3位に入ったがMステランキングでスルーされました(今日もやられやく)
正座で待ってたのに・・・。

そんなことよりこのニュース。
マリオ箱○独占きたあああああああああああああ!!!+その他(はちま起稿)
Wii デジモン (仮題) 発売日未定 価格未定

内容が確定的に明らかにならないと何とも言えませんが、果たしてどうなるのか。
DSであればデジモンストーリーの最新作、プレステであればデジモンワールドの最新作かなぁとか思ったんですが、今回のハードはDSでもプレステでもなくまさかのWii。
ナンテコッタイ・・・。
まぁ箱○じゃないだけ良かったと捉えるべきでしょう。(箱○は持っていません)

それにしてもWiiですか。
ジャンルだけで良いから早く明らかにして欲しい。
個人的に、なんとなく10周年を記念して無印~セイバーズまで(映画も含む)のキャラ総出演の「テイルズオブバーサス」や「ディシディアFF」みたいな対戦モノのような気がしたんですが、それならWiiよりPS3で出してほしいので、デジモンワールドかデジモンストーリーのどっちかのシリーズの延長かなぁ。
てか無印~セイバーズまで(映画も含む)のキャラ総出演してくれればジャンルは何でも良いや。

やおよろっ!66人目!!空気ちゃん&67人目!!ピーマンちゃん&68人目!!マージャン牌ちゃん

「まんがタイム」で短期連載決定
おめでとうございます!



「まんがタイムきらら」とか「まんがタイムきららフォワード」じゃなくて「まんがタイム」ですか。
自分はきらら系のほうが好きなんですよね・・・。


で本編の感想。
クラサン擬人化も3回目となり、なつみん先生、菅原先生ときたので、今回平手先生がくるのはわかっていたんですが次回は誰だろ。
アイドルの紗綾?をモデルにしたそうですが、正直あの人嫌いなので・・・。

気を取り直して本編その1。
空気ちゃんですか。
妄想し甲斐のあるキャラですね。
しゃべりすぎるキャラはあんまりすきじゃないんですけど。

本編その2。
ピーマンちゃん。
自分も小さい頃は苦いから嫌いでした。
そして一緒に出てる女の子がきてる「ももーい」Tシャツがすごく気になる。
オチの水に浮いちゃったのはなんかメッチャ面白かった。

本編その3。
机からマージャン牌ちゃんがぞろぞろ出てきたが可愛かった。
俺も先生と同じくマージャンはさっぱりですけど、攻撃されたからリバース罠発動みたいなノリで、ロンされたから国士無双が面白かった。


なつみん先生が冬コミの3日目に出られるそうで、おめでとうございます。
そうか、もうそんな時期なんだなぁ。
一年って早いですね。
今回はやおよろっ!本はあるんだろうか。

次回は11月27日(金)配信予定です。

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為画像はまた後で。

惑星のさみだれ 8巻
おたくの娘さん 7巻
町でうわさの天狗の子 5巻
トランジスタティーセット~電気街路図~ 2巻
そふてにっ 2巻
瞳のフォトグラフ 2巻

2、3冊買うときならたまにあるんですが、6冊は流石に珍しいな、と。
何が?っていうと上の6冊が見事に出版社がバラバラだって言うただそれだけなんですけどね。


何回聞いても飽きないアニソンって何よ(VIPPERな俺)
飽きないアニソンは勿論デジモンアドベンチャーOPの「Butter-Fly」。

ただ、自分は定期的に、主に改編期毎に出てくる新アニメOP・EDを一通り聞いて、その中で良かった1~2曲をエンドレスループしながら巡回とかするので結構あったりする。
ちなみに今は巷で大人気の「とある奇術の超電耳砲」こと、とある科学の超電磁砲のOP「only my railgun」を絶賛ループ中です。

ハヤテのごとく!第248話 金のカミと銀のカミ

王玉の破壊か譲渡かの選択からイメージして出てきたのイソップ物語の「金の斧」。
斧を落とした男をハヤテとした場合、ハヤテが選ぶのは金の髪(王玉を渡す=アテネ)か、銀の髪(王玉の破壊=伊澄さん)か、はたまたハヤテの意思か。

ハヤテのごとく!第248話「彼女の選択」の感想。

銀髪化
上巻を使い鷺ノ宮家の秘術「強制転移の法」を使い、力を使いすぎて髪が白くなった伊澄さん。
やっぱり黒髪の方が良いな。


で、そんなことより伊澄さんと咲夜のお風呂トーク。
サービス248

咲夜の「伊澄さんの神世七夜が効けへん相手・・・初めて見たわ・・・」と言う台詞から、以前にも神世七夜を使った、それも咲夜の前でということがわかります。
恐らく家業の妖怪退治の類でのことでしょうが、次の伊澄さんの台詞、「上巻の術が破られたの・・・私も初めてだったわ・・・」では、咲夜の前ではないにしろ、複数回、それも神世七夜と同程度の強さを持つ「別天津神」と最終奥義の「大神」も使ったことがあることが分かります。

何故あんなものを、それも最終奥義まで使う必要があったのか?
ここら辺は恐らく、帝やアテネ達から王族の庭城への道を奪った者が関係してるんじゃないかなぁ、と。
で、行く行くはそいつを倒すためにアテネ達と伊澄さんが協力するような流れに持っていって、またバトル展開へと繋がるんじゃないかと予想。

で、もう一つ気になった点が。
咲夜のポジションは一体何なの?
本編でも何回か妖怪退治に同行してますし、今回の台詞から伊澄さんの力も大方理解してるっぽい。
けど、咲夜自信にはこれといった力はなさそう、というか絶対ないと思う。
実はこんな能力が使えましたとか、今更感があるし、あったとしてももう邪魔以外の何者でもない。
となると単に話を進めやすくするだけのリアクション、解説、エロ(おっぱい)要員って感じなんだろうか。


そして伊澄さんの考察によるアテネについて。
アテネの力と繋がることによって無限に力を供給され、恐ろしく強化されていると考えてるわけなんですが、その力とは一体何なのか?
正直憎悪が一番しっくりくるんですが、力を最大限まで引き上げるなんらかの能力、つまり王族の庭城で使っていた神さまの真似事、ハヤテの歪みや淀みを矯正したあれを指すとなると、なんな違和感を感じます。

で、何故アテネに英霊が取り憑いているのか?
10年前のハヤテとのいざこざの際、或いはそれより前から潜んでいたものが、ヒナの一言で具現化した、と。
そんでこれを知ったヒナが責任を感じ晴れて戦闘員になる感じなんだろうな、先週のようなバトル展開が必要な流れになるのなら。


また、アテネと英霊の共通の目的がオリジナルの「王玉を手に入れる」ことなわけなんですが、何故英霊も王玉を必要とするのか?
で、そのあとの「石を手に入れる」のが目的の人に、石を渡して返してもらうという発想が出てくる流れの理解に苦しんだんですが、何れにせよ、王玉を破壊するのか否かの選択を強いられるハヤテ。
力を使いすぎた伊澄さんも風呂に入って、ちょっとゆっくりしただけで髪の色が戻ったのである程度の力は使えるのでしょう。

まぁそんなことよりも、いつのまにか少年漫画らしく、世界の危機がかかわるまで話が大きくなっていたことに驚きました。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

体調不良その3

また調子が悪化しました。
考えられる理由としては、
1、マンガ買うついでに学校行って講義受けた
2、講義休んだくせにマンガ買ってバイトに行った

以上の2点。
明日はとりあえず1限だけ受けて様子見ながら一日過ごそうと思います。
サンデー買わなきゃいけないし。
感想も様子見て書きます。

今日買ったマンガ

09/11/09
PSYREN-サイレン- 8巻
よくわかる現代魔法 2巻
GAMBLE FISH 14巻
弱虫ペダル 8巻
キミイロフォーカス 1巻

とりあえず買い逃した分と噂の「りぼんファンタジー増刊号」を購入して、残りは明日。

少女漫画版デスノート <パクリマンガがネットで話題に>(カナ速)
173が言ってるように同じ出版者なんだし大目に見てやれよ、と。
「LOST BRAIN」だって小学館と集英社なんだからすごく大目に見れば・・・。

ただ秋田書店の作品を小学館でやるのはダメだと思う。

体調不良その2

なんか鼻水の感じとかその他諸々完全に調子が悪い時と同じ感じです。
ゲームしたいけど頭痛いし、マンガ読みたいけど頭痛いし、巡回したいけど頭痛いし。
とりあえず回復の方向に向かっているので火曜か水曜あたりには治るんじゃないかなぁと。

とりあえず明日はマンガ買わないと禁断症状がでかねないので、1時間だけ学校行ってきます。

体調不良

タイトルの通り風邪あるいはインフルエンザっぽい。
正直マンガが読めない(買いに行けない)方がつらい。

機巧童子ULTIMO 第十幕「おのこのこ心中」の感想

いとをかし。
今回は新キャラ祭り。
そんな第十幕「おのこのこ心中」の感想です。

ルネとジェラスが出会ったシーンから始まり、契ってそこから回想へワープ。
時は12世紀、京都にいる月光の君(16)のもとを乱暴流牛乳作「光択(カウンタック)」というブラックシクル×3匹が引く牛車に乗って訪れたこの国の最高権力者であり婚約者の骨壷帝(31)無職。
骨壺帝

こいつはいつの時代も無職なのか。

で、骨壷帝というかKをいときもしと思う月光の君が契ろうとしているところに貴族を倒しにきた大和一派が登場しKを成敗。
そこで月光の君を奪い、やがて結ばれるんですが、このときのウルティモはまだ生まれたばかりからか、知識が少なく大和から貴族=悪と教えられていた為貴族の娘である月光の君をあまりよく思っていませんでした。
月光の君

そしてこのときの月光の君の大和に対する思いは、時を超え小平ルネという男に生まれ変わってからも変わっていませんでした。
これは今年の冬コミはマンキンよりウルティモの方が熱くなりそうです。
大和×ルネ、大和×ウルティモ的な意味で。

話は現世の大和&ウルティモVSルネ&ジェラスのシーンに戻り、契ったことにより全てを思い出しているルネは、鬼蜘蛛状態で神童状態の大和に愛の告白。
焦る大和。
全てを見ていた狭山さんとその友達たち。

その隙にルネは八臂縁電槍で攻めます。
文字通り一体化している神童(ゴッドウルティモ)状態のときは、神経も繋がっているそうでウルティモへのダメージは中にいる大和へも与えられるそうです。
優勢になったルネは「ウルティモは契った時に全てを大和に見せていない」と、今度は言葉で大和の動揺をさそいます。

確かに第5幕で少し触れたようにウルティモは修羅になった過去があるそうで、大和もこれを思い出します。
第5幕「修羅月光塔」の感想

心が揺れた一瞬を狙われそうになる大和の元に田茄子警察の達磨田警部が現れ、この隙に大和はルネと一緒に富士の樹海までワープ。
何故か大和に対し「おかしら」と言ってしまった達磨田なんですが、なぜ過去の記憶を思い出しつつあるのか?
達磨

気になるといえば過去の世界では大和の手下として一緒に貴族を倒した盗賊団の仲間と、現代でウルティモの元に集まった六波羅蜜のメンバーに繋がりがなさそうだということ。
火男

盗賊団のメンバーのポジションは一体なんなのだろう。

で、富士の樹海に移動した大和とルネですが、心を読めるルネに時空操作の力がもう使えないことを読み取られ、依然不利な大和。
童子との合体で一番大事なのは互いの波長で、ルネのセリフでウルティモを疑いそれが崩れた。・・・しかし今のルネよりウルティモの方が信用できるからと建て直し、逆に六波羅蜜全員集合で形勢を逆転します。
六波羅密

持戒のレグラはエコさん、忍辱のパルドネは石神井、残りの禅定のゴーグ、精進のスロウ、布施のセルヴィス、智慧のソピアは誰が殿なのか。
過去の感想を参考にすると、禅定のゴーグは大泉、精進のスロウはマチ、布施のセルヴィスは久米川、智慧のソピアは武蔵と予想、というか希望。
第6幕「殿寄合病棟」の感想

そして童子と言えばもう一つ重要なものがあります。
パルドネは蝶、あるいは蛾なんですが、六波羅蜜最古参キャラのレグラはまだ明らかになっていませんでした。
今回遂に明らかになったんですが渦巻きのような模様がなにを意味するのか。
長い舌的な意味でカメレオン?
でも、レグラの能力は「他人の記憶を操作する」というものなのでカメレオンとどう言う関係があるのだろうか。
そもそも能力と動物に関係があるのかすらわかりませんが、ここは恐らくあると考えて間違いはないでしょう。

話を戻して、ゴツイ系のゴーグは角の様な模様と豚の鼻の様な模様から猪と予想。
怪しい呪術師のようなスロウはそのまんまの鹿でしょう。
そしてジェラスの能力で大和の心を読んだ内容と違うことがおこり焦るルネに対し、大和が言った「六波羅蜜の中に相手の能力を狂わす能力を持つものがいる」はスロウの能力と思われます。

そして特に目だった特徴がないセルヴィスは残念ながら名前で隠れてます・・・。
しかし無限の模様(∞)のように見えます。
まぁ∞だったとしても何を意味してるのかさっぱりなんですけどね。

そして最後にソピア。
これはそのまま虎模様の虎ですね。
この中では能力が一番気になります。

しかし、せっかく全員集合しましたが1対1で決着をつけるために、六波羅蜜には手を出させないようにするため、彼等の能力・殿はお預けです。

そして最後に唐突に出てきたダンスタン博士と前回出てきた謎の機巧童子ミリュー。
第九幕「契ノ儀」の感想
ミリュー&ダンスタン

ミリューと言う名前がわかっただけでも大きな収穫ですが、ふんどし?部分には八の字を描く龍の姿を確認。
これは大収穫です。

となると気になるのが、前回のあの龍はミリューとダンスタン博士が合体した姿なのか?ということ。
龍

形状が人型ではありませんが、神童(ゴッドウルティモ)は手を扇に変えましたし、鬼蜘蛛も背中から蜘蛛のように手を出したことを考えると、合体した後に変形した姿なのでしょう。

で、これは希望であり妄想ですが、やっぱりミリューは愛の機巧童子なんじゃないかなぁ、と。
煽りの愛・憎・善・悪入り混じり!!の愛はルネから大和への愛をさしていますが、このタイミングで出てきたことを考えると、憎を嫉妬のジェラス&ルネ、善はウルティモ&大和、悪はバイス&K、そして愛がミリューを指すことになります。

何れにせよ善の童子たちが動き、ダンスタンも動いて、次回はバイス率いる悪の童子たちも動くことでしょう。
7つの大罪と殿が出てきてくれるのが一番ですが、今回が新キャラ祭りだったので次回は設定の説明がメインかな。
それはそれで楽しみなので次回も期待してます。

エア・ギア Trick:259の感想

風がなくなり無風になったのではなく、戦場の全て風が飲み込まれて巨大な嵐になりました。
ご存知の通り嵐の中心は周りと比べ物凄く静ですが、まさか無風になる程とは。

いつの間にか解説キャラがすっかり定着してしまった前回大会2位「ライオンハート」のスカラベのセリフからするに、完全なる無風状態は風を無効化にでき、スレイプニールの風の技は全て封じられるそうです。
つまりスレイプニールは自分で風を起こすことはできない、あるいは風を起こせてもそれを技に繋げることはできないということになります。
風起こせるのに技ができないってことは少し考えにくいので、前者の風を起こすことができないが正解なのでしょう。

技が封じられた上に無風なので風をつかむことができないため空を走ることもできず、成す術がなくなったウートガルザロキはどうすんのかなぁと思っていたら・・・、反撃で普通に風を起こそうとしてました。
恐らくライオンハートとスレイプニールの差がひらいているため、ここまでの実力を出させる前にあっさりとやられたため知らなかったのでしょう。
しかし、その起こした風すらこの巨大嵐が飲み込み無効化。

フレイヤさんが傘を回して作った嵐を、炎の牙の定在波を利用してその嵐を軽く飲み込むほどの大きな嵐にかえた小烏丸、まぁ結局はイッキですがどうやってやったのかは未だ不明。
しかし戦レベル205のウートガルザロキの風すら無効化できるあたり、対空用の技としてはなかなかだったんじゃないでしょうか。
風の玉璽を履いていたスピット&アイオーン戦で既に空の戦レベルは300くらいだったので、風と轟が合わさった嵐の玉璽をイッキが履いて風無効化の嵐を使えば恐らく調度位になると思うんでけど、そこは大暮先生のことなんで効かない気がする。
多分空じゃなくて、石の王・宙がこれを突破してきそう。

シャーマンキングの巫力無効化のようなイッキの技に対し、空はどういった技を魅せてくるのかすごく楽しみです。

今日買ったマンガ

09/11/04
SKET DANCE 10巻
バクマン。 5巻
黒子のバスケ 4巻
べるぜバブ 3巻

ここに「ぬらりひょんの孫」と「PSYREN-サイレン-」(何故か見当たらなかった)を入れたのが、次世代のジャンプのメインになっていく作品になることを祈ってます。
「機巧童子ULTIMO」の感想は金曜日に書くつもり。


Vistaにて動作する、superspeed社のspeedcacheに類似したソフトをご存じの方おりませんか?
今日は「ジャッジメントですの!」でいこうと思ってたんですよ。
そんでその後に巡回してたら進研ゼミがやらかしているというのを見てしまって。

今の「進研ゼミ」付属漫画の女の子すげえwwwwwww(にゅーそくちゃん!)
困ったことにこの2つ、文末と語尾でネタがかぶってますスポポビッチ・・・。


昨日はめざましの占いが11位だったんですが、11位でここまでついてないことが起こるのだろうか?ってくらいついてなくて、国道で事故があって道が大渋滞してた上に、土浦で事故があって常磐線が遅延・運休。
それのせいで乗ろうとしてた電車がピンポイントで運休してて、仕方がないのでその間にマンガ買いに行ったら「PSYREN-サイレン-」は無いし「よくわかる現代魔法」も無くて・・・。

さらにはサンデーとジャンプSQの発売日が重なった為ハヤテの感想とウルティモの感想どっちを優先すべきか迫られる。
まぁこれについてはウルティモの方が書くのに時間がかかるのと、今回もまた色々とあったのでゆっくり書きたいからウルティモを後回しにしました。

こんな一日だったんですが、とりあえず火曜より筋肉痛がひどくなってて正直全部どうでも良い。

ハヤテのごとく!第247話 とある迷子の八葉六式

八葉六式と書いてハンドソープと読んでください。
ハンドソープ

ハヤテのごとく!第247話「天涯の力」の感想。
懐かしの2巻に載っていた伊澄さんのプロフィール。
そこに伊澄さんは僧侶、白魔法使いと書いてありましたが、執事とらのあな編でハヤテの毒を治したり、王玉の呪いを解くぐらいで、後は家業の妖怪退治と、正直、白魔法使いの要素が感じられず、畑先生の中の、というより「ハヤテのごとく!」の中における僧侶、白魔法使いはそのくらいなのかな、と思っていたら・・・

神世七代
バオウ・ザケルガ
龍飛び出しました。

召喚とか大好きなので、読んでて大興奮。
次のページで口が急にとんがったのは少しいただけませんでしたが・・・。
何はともあれ、やっと白魔法使いっぽくなってまいりました。
※自分は白魔法使い=召喚士のイメージが強いです。

この神々の力を使った術式・八葉上巻により召喚した神世七代。
この神世七代とは天地開闢のときに生まれた七代の神の総称のことで、

召喚の前の柱に書いてあったのは国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神(とよぐもぬのかみ)、、宇比邇神(うひぢにのかみ)、角杙神(つぬぐいのかみ)、大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)だと思われます。
この神々の力を持ってしても勝てなかったのが、マキナの奥の手
アテネと蛇マキナ

言ってしまえば日本神話がギリシャ神話に負けたことになったわけですが、機械の意味を持つらしいアイギスの盾ことマキナが蛇だったとは。
調べてみると

英雄ペルセウスが、目を合わせた者を石化させてしまう魔物メドゥーサを討伐し、その首を持ち帰ってアテナに捧ると、アテナはその首をアイギスにはめ込んだと伝えられている。メドゥーサの持つ、目を見た相手を石化させてしまう能力は首を斬り落とされた後も残り続けており、アテナはその首をアイギスに取り付ける事で、アイギスをより優れた防具にしたという。

ってみんな大好きWikipediaに書いてあったんですが、メドゥーサの力を持つ=蛇って感じ?
ということは全く関係なくはない。
バトルモノとして好きな設定がポツポツ出てきて、「もうバトルモノで良くね?」って思ってるんですが来週からしばらくバトルはお預けなので残念です。

とりあえず最後にこの流れ。
頑固者
伊澄さんは自分をしっかりモノだと思っている頑固者なんですが、頑固者って結構負けず嫌いと似てるよねって話。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。