スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年を振り返って

今年最後の記事になると思います。
今年の一発目の記事で、2009年の抱負というか目標を立てたんですが、その一発目の記事から
予約投稿の時点でやる気が窺い知れるんですが、どうなんでしょうね。
今年最初の記事は

・なるべく更新する → ○
なんとか1日1記事でやってきたハズ。

・なるべく更新する曜日・時間を統一する → △
ハヤテの水曜更新(発売日更新)はなんとかキープでき、やおよろっ!も崩れずにいけた気がする。
今年1年でやっとバイトの日はなかなか感想系を書くのが難しいということに気付きました。
今は火・木・土の週3なんですが、月曜は学校があるからバイト入れられないのでこれもなかなか難しい。
となると金曜、日曜あたりにツケが回ってきて、ストックが無く時間が無い日は漫画の購入録でお茶を濁す感じ。
年明けはほとんどテスト位しかないので、新しい時間割が確定する5月くらいまでは安定するハズです。
ただ来年就活なんだよなぁ。

・なるべく読んだ漫画の感想を書く → ×
週刊誌すら追いつかず、天下のジャンプが止まったまんまなのに、読んだ漫画とか無理。
これについては今後も武井先生関連、エア・ギア、ハヤテ、マガジン、サンデー、クラサン系で行くと思います。
頑張っても来年度の時間割に余裕が持てればジャンプが復活するくらいでしょうね。

・なるべく文体を統一する → △
いまだ迷走中。
「です・ます」だとか「だ・である」とかそれ以前の問題。
なかなか客観で見れないのでわかりませんが、雰囲気というか空気・流れ的なものは固まったのかな。
「ウチっぽい」というのがいつかは出てくるはずです。

・なるべく上記のことを達成できるようにする → △
そんなもんだよね。
3段階評価の平均で中間の△ですが、数字で表したら40前後でしょう。


今年を振り返ると特に大きなことは無く、強いてあげれば12月に入って起こった
「ハヤテのごとく! 22巻 発売日」
「ハヤテのごとく! 22巻 限定版」
による検索テロ。
1.5~2倍くらいにアクセス数が増えたけど、数字はそんな気にしないのでいいんですが、
変なワードで飛んでくることが気になります。

個人的なことでいえば、ハヤテ界隈に関係なくお気に入りのサイトさんが閉鎖・停止したり、
マンガ読む時間が無いのにポケモン・テイルズとゲームに浮気したり、追い討ちかけるように
少女マンガのほうにも手を出したり色々ありました。
来年はどうなるんだろ。
ゲームはポケモンリメイク、テイルズオブグレイセスの完全版、新作テイルズ次第でしょうし、
お気に入りのサイト(巡回先)についてはなんとも言えないしねぇ。
少女マンガについては、一昔前の絵柄も何とか読めるようになってこれた感じ。
最近のについては全然問題なく読めますね。
というより、むしろ好きなタッチだということに気付きました。
★★独断と偏見まみれの近年少女漫画絵考察(ねたミシュラン)


さて、こんな感じでやってきた2009年なんですが、劇的な変化が期待できない2010年も
こんな感じでやっていくと思うので、こんなんでよければまたお付き合いください。
スポンサーサイト

コミケ77 3日目レポ

今回もなるべくリアルタイムでお届けします。
リアルタイムだったの列に到着したところだけで、他ずっとポケモンやったり、
移動してたりで全然更新しませんでしたね。

3:50 家を出発。
親の用事に便乗して車でビックサイトまで送ってもらうことに。
渋滞どころか車も全然走っておらず、順調に行き過ぎて途中で休憩を撮ったのにもかかわらず、
5時20分頃にはビックサイトの近くに到着。
時間もあったし暗すぎて場所がよくわからなかったので無かったので、適当に降りた場所が
ビックサイトを正面に見て右側のコンビニ奥の通りでした。

5:25 列に到着。
調度コンビニの近くで待機列を形成してて、一番端側のブロックの一番端をゲット。
思ったほど寒くは無かったけど暗くて心が折れそうでした。
隣の人が座るなり速攻で寝てたので、明るくなるまでは自分も寝ようとフード被って寝てました。

6時頃 明るくなってきたのでポケモン開始。
始発組が着始めたせいか賑やかになってきたため起きてポケモン開始。
列は8:45まで動かないのでこれといった動きは無いです。

9:10 列移動及び入場。
列移動直前、前回の夏コミの白トートバックよろしく、中にカントリーマアムが入っている
ベージュのおっさんくさいバックを探す人が現れました。
まぁ無事に見つかったのですが、それにしても並んでた場所を忘れるってのはどうなんだろう。

ようやく列移動が始まって、どこまで行くのかワクワクしてたら、なんとビックサイトに入場。
自分は東から回る予定だったので東側の列にホイホイついて行って、結局北コンコースの中間
くらい(西へ向かう東の2階の通路の荷物預かり所を左に曲がった所)まで行きました。
外と違い中はぜんぜん寒くなく、いつもは列が移動しても外のままだったので中で待てることが
これほど素晴らしいことなんだなと実感しました。

10:00 開場。
パチパチ拍手。

東123ホールから行く予定だったけど、東456ホール行ってからでも間に合うと判断して、456から
回っていき順調に目的の品をゲット。
今回は同人誌の購入のほかに、「超弩級少女4946」の東毅先生にサインをもらうこと、あわよくば
「やおよろっ!」のなつみん先生からもサインをもらおうという目的があったんですが、無事ゲット。
ただ、せっかく生東毅先生、生なつみん先生にお会いしたのに、緊張と疲れからか特に何も言えずに
そそくさと帰ってしまったのは少し後悔。

12:10 撤退。
買い逃しも特になく、流石に疲れたので家へ。
いつも東から帰るため、東の2階コンビニ横の喫煙所を突っ切って出るんですが、今日はいつにもまして
タバコの煙がすごかった。
そして何故か、コスプレ広場の上を通ってノコギリの見える中央広場まで行くいつもの帰り道が変更されて
いて、仕方なく下から駅へ向かいました。
なんかこれからコミケに行く人たちを尻目に中央階段を下りてないからか、帰ってる感じがしなかったです。



今回も「けいおん!」は相変わらず多かったですね。
2期も決まって来年の夏コミも人気は衰えそうに無いですね。
けいおん 二期制作決定きたあああ & 2ch本スレの反応(今日もやられやく)

他はなんといっても「ラブプラス」が奮闘してましたね。
次点で超電磁砲かな。
今回のハヤテ系は新しいサークルが増えた分、既存のサークルが他ジャンルに移った感じでしたね。
それのせいかいつもより空いてましたね。
個人的に普段見てるテキスト系のサイト様が今回は参加しなかったり、新刊が無かったりで少し物足りない
感じでしたが、その分普段見ない色々なところを回って見聞が広められたので良かったです。
とりあえず「会長はメイド様!」本を発見できただけで明日も頑張れる。

何はともあれ、自分は3日目しか行ってませんが3日間お疲れさまでした。
次のイベントは2/7開催予定のサンクリ46に参加予定です。

ハヤテのごとく!22巻購入特典~アニメイト編~

タイトル通りハヤテのごとく!22巻のアニメイト購入特典がいつものように
メッセージペーパーだということが判明しました。
しかし、現在アニメイトの通販サイトがリニューアル工事中でして、1/10まで
通販の方が見れない状態になっています。
まぁ例え見れたとしても、まだ画像は準備中だろうからどうでもいいんだけどね。
恐らくこれで2009年ハヤテ関係の記事は最後です。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

今週のマガジン4・5合併号の感想

マガジンは何かと話題になりますね。

「GE~グッドエンディング~」
まずこれについて触れないワケには行きません。
【GE】「ヒロインが処女じゃねーとかふざけんな!」ネット批判に「心折れた」 マガジン作家流石景のblog閉鎖
(ニュー速クオリティ)

ヒロインの非処女問題といえば「かんなぎ」でしょうかね。
あっちはアニメ化もしちゃったし、ガチでヒロイン様だからにわか的にも騒ぎやすかったんだと思いますが、
こっちは言っちゃえば晶先輩は正ヒロインじゃない脇役だからね。
キスマークだけじゃんと思うかもしれないけど、純情系で一途のヒロインが主人公との約束(デート)を
ドタキャンするほどの相手は遊び人だし、これでヤッてませんとか逆に何で出したの?てことになる。

こうなってしまった以上、もうグッドエンディングになることはないんだろうなぁ、と。(ようは打ち切り)
こればっかりは作者様のプロ意識、仕事・作品に対する思い的なことなので、いくら読者が応援しようと
これを乗り越えれなければその程度だったというしかないですね。
頑張ってほしいです。

「FAIRY TAIL」
ギルドの掟というか暗黙の了解みたいな義理人情からか、そう簡単にギルドから別ギルドへの
移籍ができないのはわかるけど、仲間増やすのに毎回ギルド潰さなくちゃいけないってのは
どうなのかなぁ、と思う。
まぁレギュラー級の働きをしてくれそうなやつがノラってのもどうかと思うけど。

「A-BOUT!」
何気に調子が良さげな感じ。
ハナノアナことメガネ君がしたたかに天下を狙ってことに驚きました。
ただ速攻でやられちゃったけど。
まだ登場人物が少ないのでいまいちパワーバランスがわかりませんが、面白いです。
頑張ってほしいです。

「ダイヤのA」
焦らすなぁ。
追い込まれて次号へ続くわけなんですが、次号で決着つくんだろうか。
バットを振って当たったかどうか!?ってところでまた次号って展開になりそう。

「エデンの檻」
大森さんとミイナはどうでも良いのでやるならそっちでお願いします。
正直ミイナは大体仕事はやり終えたと思うんですがソロソロどうだろ。
とりあえず雪ちゃんさえ助かればみんな無傷でもいいや。

「ヤンキー君とメガネちゃん」
ヤンメガでパンチラ、ブラチラ(チラじゃないけど)って初?
なんか記憶に無いんだけど、いきなりどうしたんだろ。
打ち切りを心配するような感じじゃないと思うんだけど、テコ入れとか関係無しに
次回作向けにそういった方向を取り入れてく感じ?
とりあえずビックリしました。

「ベイビーステップ」
順位が・・・。
今回の時間飛ばしが打ち切りの準備のようにも思えてしまう。
試合が始まれば、また立て直すと信じてどうか生き残ってほしい。

「ティジクン」
次で最終回らしい。
パラパラっとしか見てなかったけど、終始同じ感じにしか見えなかった。
マガジンなんだし、少しくらいサービス的な描写があれば少しは違ったのかもしれない。

近況

コミケ始まりましたね。
1日目はどっちでも良かったんですが、昨日久しぶりにバスケをやったら全身筋肉痛になりまして。
この状態であの人ごみの中を生き抜けるか不安になったので今日はおうちでおとなしくポケモン
やってました。
で、巡回してて見つけたのがこれ。
中国の帰省ラッシュはキチガイじみてる(ハムスター速報)

なんかコミケが楽に思えてきますね。
中国の人にとってコミケが、自分にとってのサンクリみたいな感じかな。
それにしてもこのボヤ騒ぎはガチなんだろうか。
コミックマーケット77 スレ住人による簡易実況&まとめ(今日もやられやく)
コミケ開催中止だけは避けてほしいです。


話しを変えて2010年最初の話題になりそうな「迷い猫オーバーラン」の話し。
『迷い猫オーバーラン』 ラノベ絵と漫画絵比較 他(今日もやられやく)
【バレ注意】さすが俺たちの矢吹先生! 「To LOVEる」の“くぱぁ”に続き、新連載でアレをズームインスーパーwwww(プラティカルパ)
さすが矢吹先生。
ロザバンが不安になってくるくらい良い感じですね。
これで2010年もジャンプSQ.は安泰ですね。
1月4日が楽しみです。


一方肝心のバスケのほうはというと、(ボールが回ってこないように)ミスディレクション発動して、
一人で「黒子のバスケ」ごっこして10分間耐え抜いてました。
ガチで吐きそう☆

エア・ギア Trick:264の感想

リンゴ離脱ですか。
ただジェネシス戦から空達の方に行くだけですが、これで宙のラスボス化がより強いものに・・・。
キリク、ミカンといえど石&風は、正直リンゴでも厳しいと思ってるんで勝つのは厳しいでしょう。

で、奏音の謎の攻撃はリンゴを塔から連れ出すため。
必殺の無風状態によりA・Tがボロボロのイッキはただのライダー以下。
そんなイッキを助ける為なのかはアレですが、新しい棘の玉璽と一緒に嵐の玉璽を届けにいくために
セックス調律を我慢したうえに、あんなこと(音で服を丁寧に破く)した奏音の協力により、
眠れる森のお姫様は森を抜け出し敵陣へ。

イッキ、カズ君、アギト、ブッチャ、オニギリにリンゴを加えた小烏丸は果たして勝てるのだろうか。
空も宙の方も大暮先生的に考えて奥の手がまだまだたくさんあるだろうし、スレイプニール戦でほとんど
曝け出しちゃった小烏丸に、嵐の玉璽を手にするイッキと新しい棘の玉璽を手にするリンゴ以外に見所が
見つからない。
一応アイオーンが炎の玉璽を履いてるからカズ君にも活路はありそうだけど、ブッチャはもう無理だろうな。

逆に眠りの森も包帯の人、化け物スーツを操る人、宙とは違う道を走る元石の王キリク、ゴリラのミカンと
メカニックウメの道の正体が明らかになっていないので、そっちの方が気になる。
正体が明らかになってない率はジェネシス側のほうが高いんだけど、剣の道のガウェインとにわかのパーシヴァル
のこともあるから、武内兄弟(というか宙)以外はかませ犬の可能性も無くは無い。

いずれにせよ次号もも掲載されるのに、合併号なのが残念でならない。

プレイ日記~ポケモンHG~Vol.10

今更プレイ日記もクソもないんだけど、なんか「ポケモン 実践理論」とかで飛んでくる人が
多くなりましてね、こんな普通のブログ来ないでwikiとか行けよって話なんですけども、
それでも着てくれた人をそのまま返すのは忍びないので今日はポケモンネタ。

ポケットモンスターブラック/ホワイトキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!(暇人\(^o^)/速報)
よく言われてる話し。

ポケモンシリーズをいつ終わりにするのかによるよねって感じ。
いっそポケットモンスタービター&スイートとかにして、
ビターは、レベル4とか5の最初の方のトレーナでも努力値は振ってあって、ジム戦も
きりがふかい状態でピジョンが『はねやすめ/すなかけ/かげぶんしん/つばさでうつ』@ひかりのこな
ぐらいのガチっぷりで、次のジムもテッカニンが高速・守り加速バトンしてヘラクロスに繋ぐレベル。
逆にスイートは努力値とか無くして、ピジョンがかぜおこし使う今まで通りの感じ。
そんでスイートは固体値厳選が辛いとかそういったバランスをとれば良いと思う。

まぁ冗談はこのくらいにしておいて、次が出るのであればもう少し差がついたモノを出してほしい。
伝説を含むポケモンの出現率の違いとかじゃなくて、ジムとか町にも差をつけて、いっそのこと
同じVer.内でも分岐ルートとか作ってほしい。
確実に開発に時間がかかるだろうけど、ルビー&サファイアのリメイクはさんでくれれば待てる。

何れにせよ最後は原点に戻って炎、草、水の3Ver.にして、ラッタにいかりのまえば、ふぶき、
10まんボルト、みずでっぽうを覚えさせていた、ケンタロスで言えばふぶき、かみなり、だいもんじ
はかいこうせんを覚えさせた時代に帰れるような作品にして欲しい。
それではバトルタワーの時間なんでこの辺で。

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

卓球Dash!! 15巻
こえでおしごと! 3巻
声優かっ! 1巻
ただいまのうた 1巻
高校球児ザワさん 3巻
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 4巻
涼宮ハルヒの絢爛
そして僕らは家族になる 2巻
Aチャンネル 1巻
恋愛ラボ 4巻


バグがあったり完全版フラグがあったため、テイルズオブグレイセスを買わなかったので
ポケモンをやり続けているんですが、最近は役割理論から実践理論というものに移りつつあるそうです。
役割?実践?なんじゃそりゃ?って人は多いと思います。
自分の周りにもポケモンは赤や緑はプレイしたけど、金銀あるいはルビーサファイア以降は
全く知らないって人も多いです。

この役割理論って言うのは、簡単に言ってしまえばポケモン1匹1匹に「攻め」「受け」という
役割を与えることで、例えば「攻め」のポケモンは攻撃に全力を注ぎ、「受け」のポケモンは
攻撃を受け、逆に攻めを潰したり仲間の補助をしたりと奥が深いとかそんなレベルの話しじゃ
ないんですが、そういった育て方が主流でした。
そんな役割理論に変わるべく登場したのが実践理論だそうで、これは要するにポケモン赤緑の頃に
はかいこうせんやふぶき、かみなり、だいもんじをタイプ一致だとか、物理アタッカーだとか
そんなのを考えないで、レベルを上げ強い技を覚えさせていた時代に戻った理論です。
かなり極端な話ですけどね。

つまり昨今「攻め」が強すぎて、理論的に「受け」は4発(最低でも3発)分の攻撃を耐えないと
役割を果たせないことが多く、わざわざ引っ込めて受けを出すくらいなら苦手なタイプでも
攻撃して少しでもダメージを与えた方が効率が良いという結論に至ったのが実践理論らしいです。

奥が深いというか、これを小学生や中学生が理解できるんだろうか。
あの頃のただ強い技を打ち合ってた時代がまた来るのかわかりませんが、まだしばらくはポケモンを
続けることになりそうです。

第1回SNS人気投票の結果から見るハヤテ界隈

昨日12月24日にあった第7回はむ☆らじで第一回ハヤテSNS人気投票の結果発表がありました。
第一回ハヤテSNS人気投票結果発表!(そして僕たちは西へ向かった)

非SNS会員としては昨今のハヤテ界隈(SNS)の動向を掴む良い機会なので、結構気になっていたんですが
果たしてどういった結果になっているのでしょうか。

SNS人気投票結果
第15位 伊澄・虎鉄・神父・一条・京橋・エイト・薫・シャルナ・野々原 1票
第14位 愛歌 2票
第13位 雪路・紫子 3票
第9位 アテネ・美希・文 4票
第7位 マリア・千桜 6票
第6位 ハヤテ 7票
第5位 咲夜 9票
第4位 泉 12票
第2位 ナギ・ハム 13票
第1位 ヒナギク 18票

とりあえず本編で行われた第2回人気投票の結果を比較・参考基準にしながらいきます。
ハヤテのごとく!第218話今日の人気カウントダウンHYPER

1位のヒナと2位のナギは置いといて、同率2位のハムからまいります。
SNSの代表さんとハムFCの会長さんが一緒なので、何故か同属嫌悪しか出てこないんですが
それの逆の意味のヤツ補正でしょうか。
最近はエロ要員・咲夜のお株を奪う仕事っぷりで、原作内では誕生日が近いこともあり
まだまだ伸びそうです。

4位の泉は確実に自力がつきましたね。
ファンがようやく固まったんでしょうかね。

5位の咲夜は「マリアさんとハヤテが順位を落としたから」としか言いようがない。
というかそういう風にしか見えない。

6位のハヤテはSNS内の女性率の問題でしょうね。
恐らく多く見積もって8:2位だと思うので、普通に第3回やれば今まで通り票は
取れるんじゃないだろうか。
他が上がってくるので順位自体は下がるだろうが。

同率7位のマリアさんは謎。
誕生日補正が発動しなかったのもあるんでしょうけど、単純にSNSにマリアさんファンが少ないんだと
思います。
あるいは裏方に徹してる旅行編に愛想を尽かしたとか?

同じく7位で我等がハルさんが妥当な感じでランクイン。
完全に自力がつきましたね。
投票者コメントから、SNSには千桜コミュなるものがあるそうで、それが激しく気になります。
とりあえずコミュ立て乙です。

同率ですが9位の最近なかなかの活躍を見せていたアテネ。
第2回人気投票こそ初登場5位と言う大健闘でしたが、やはり正式な加入が遅かったせいか、
今までの嫁から乗り換えて「アテネが1番」という人が少なかったのかなぁ、と。
英霊とのすったもんだ次第ですかね。

同じく9位の美希は置いといて、今回もダークホースな文。
前回に続き安定してますね。
文編とかやっちゃったりしちゃったりしたら化けるかも・・・!?

SNS=ハヤテ界隈ではありませんが粗方そんなもんでしょう。
全体を通してみると特に大きな変化はこれといってなく、強いてあげるとするなら
アテネ勢が落ち着いたということくらいでしょうか。
マリアさんも取り上げるべきでしょうが、これは出番的な問題なんだと思うことにします。

ただヒナギクは相変わらず強いですね。
流れをぶった切って一人だけ生写真が出ちゃうのも頷けます。

ハヤテ界隈全体が落ち着いた感じで、誰か一人が下がったということは無かったようです。
残りの2009年はハヤテ的に特に動きはないと思いますが、原作もそろそろ日本に戻ってきますし、
2010年は1月から新刊発売と積極的に動いていくので、ある程度活性化されればなと思っています。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

やおよろっ!71人目!!蚊ちゃん その6

2009年最後のクラブサンデーは「やおよろっ!」で締めたいと思います。
まぁ締めたいも何もクラサンで今感想書けてるの「やおよろっ!」しかないんですけどね。

感想に行く前になつみん先生の冬コミについて。
新刊「ぼつよろっ!」という過去単行本に収録されなかった作品達の総集編だそうです。
こなた、かがみ、つかさという伝説の「らき☆すた」キャラたちにしか見えない回転寿司ちゃんや、
To Heart2のいいんちょうこと小牧愛佳にしか見えないティーパックちゃん達にまた会えると同時に、
あそこまで露骨なものはダメなんだなと言うことを教えてくれた作品ですね。
スペースは3日目「ヤ13a」で販売するそうです。
また、サンデー超枠ですが同じくクラブサンデーで「超弩級少女4946」を連載している東毅先生も
3日目「A24b」で参加するそうなので気になる方はぜひ行ってみましょう。

さて本編。
偶然にも配信日がクリスマスと被っている蚊ちゃんによるクリスマスネタ。
蚊ちゃんシリーズはやばいね。
見た目的には手芸部の部長さんのほうがドストライクなんだけどね。
多分性格も良い子だと思うし黒髪ロングだし。
12月25日という平日の朝からニヤニヤさせてもらいました。

1月18日に第2巻の発売が決まり、先生のブログによると今回もペーパーやその他おまけがついてくるそうです。
表紙も公開され懐かしい面々が表紙を飾っています。

次回は1月18日(金)配信予定です。
なんと第2巻発売日と同じ日です。
忘れずに買いに行きましょう。

お誕生日おめでとう!~マリアさんじゅうはっさい~

今日はバレンタインベイビーのマリアさんの誕生日です。
※一般に誕生日から10月10日遡った日が少子化対策施行日になり、奇しくも本日12月24日の10月10日前は
2月14日で、マリアさんのご両親はバレンタイン記念で少子化対策に励んだのだと思われます。

そんなマリアさんのお誕生日をお祝いしている記事のピックアップ
【イラスト】 ハヤテのごとく! マリア 「誕生日記念号2009」(かげろうの独り言)
マリアさん誕生日おめでとう。実際にBS Vol.266を使ってみた(太陽6000度で焼いた餅)

なんかナギの時と違って、ググってもヤホってもあんまり出てこないんですけど。
でか、昨日12月23日はゆっきゅんこと三千院紫子の誕生日だったんですが、流石に故人は祝いずらいのか、
全然書いてるところが無く、それ以前に触れているところもほとんどありませんでしたね。

つい先日6年目に入った「ハヤテのごとく!」ですが、久しぶりの限定版が懲りないヒナプッシュで賛否両論、
原作の展開は個人的にナギの株急上昇だったんですが、これらは全て2004年12月24日にハヤテとナギが
出会ったから始まったわけです。
こういう機会なので、たまには1巻から読み直してみてはいかがでしょうか?
自分はこれから「ONE PIECE」の冬島編読んできますけどね。
※チョッパーも12月24日が誕生日です。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

「エスプリト」4巻 筒井大志先生サイン会

12/19にマグマニ秋葉原店で行われた筒井大志先生のサイン会に行ってきました。

今年最後のサイン会です。
今年だけでサイン会に14回行ったので月1ペースですね。
来年は大学3年生になるということもありあまり行けそうにありませんが、機会があれば行きたいと思っています。
とりあえず1/23・24に開催するWHFの後藤隼平先生のサイン会に行きたいと思っています。


さて、何気に皆勤賞のエスプリトのサイン会。
前回の3巻が10/10、2巻が5/16、1巻が1/18だったので、2009年だけで
同じ先生のサイン会に4回行った事になりますね。
「エスプリト」3巻 筒井大志先生サイン会
「エスプリト」2巻 筒井大志先生サイン会
「エスプリト」1巻 筒井大志先生サイン会

今回の開催場所はオープンしたばかりのマグマニ秋葉原店ということで、人生初マグマニでした。
ビルの4回に店を構えるマグマニ秋葉原店なんですが、階段で4階まで上がっていくと何故か各階に
流し台があって、階段に消臭剤が置いてあったとらのあな以上のインパクトかつ斬新な感じがしました。

今回のサイン会は開催場所こそ秋葉原店ですが、整理券配布場所がマグマニ秋葉原店とマグマニ千葉店の
2店舗だったため、毎回店員が100人なので店舗ごとにいくら用意されてるのか見当もつかない上に、
整理券配布日だった12/10は1限目からすごく大事な講義があって最悪参加できない可能性がありました。
不安要素が重なりましたが、結局無事にゲットできたんで良かったですけどね。

で、サイン会当日。
参加するのやめようと思うほどの不幸なことがあったんですが、何もできることがないので
サイン会に行くことに。
当日は14:00集合、14:30開始で、尚且つ13:55までに「サイン会の順番を決める整理券」を受け取る
という段取りだったんですが、この「順番を決める整理券」の受け取りについてコミックスを買ったときに
もらった整理券には特に記載が無く、マグマニのホームページにしか書いて無いという大問題が発生。
自分はサイン会に何度か参加していますが、基本的に対象商品を買ったときにもらえる券が参加券であり
整理券になっていて、サイン会の順番も整理券の番号順か並んだ順であることがほとんどです。
しかし今回のサイン会は対象商品を買うことでもらえるのはサイン会の参加券で、その参加券に書いてある
注意事項を店員さんに言われたとおりよく見ても、「その後順番を決める整理券を受け取る」ということは
書いてないので、これはマグマニやっちまったな、と。
また、順番を決める整理券はくじを引いて決めるんですが、そのくじが使いまわしで、恐らくこれからも
この方法でサイン会をやっていく感じだと思うので、これから先マグマニで開催されるサイン会に参加される方は
気をつけてください。

ちなみに自分は40番で、開始時間までに来たのが70人くらい、そのうち整理券を受け取っていたのは
半分の40人くらいで、残りの20人くらいがそのことを知らずに会場に直接来た人たち。
列を整理する前、整理してる間もなんとなく不穏な空気が漂っていて、そこで発覚した驚愕の事実が
スタッフの人が整理券受け取りの記載がないことをそこで知ったっぽいということ。
なんとか騒動など起こらず無事に開催しましたが、こんなことがもう起こらないようにして欲しいです。
まぁ自分は関係なかったんだけどね。

そんでいよいよサイン会が開始。
列が番号ごとに縦に並んだため、40番の自分は必然的に最後尾で、全然先生達が見えない。
見えてる人たちも盛り上がってないから、見えない自分は更に盛り上がれない。

開始して40分ちょいで自分の番がきたんですが、案内役のスタッフさんが突然いなくなる。
なんか慌てて、1人1分ペースなんだから別にまく必要もないしなんなのかさっぱりだったんですが、
なんと既にサインが終わった人の名前にミスがあってそうで急遽書き直しが目の前で入り、どういった
テンションで行けばわからなくなり終始だんまり。
なんか申し訳なかったんですが、でもあそこで明るく質問するなんてできないです。


ちなみにサインはロッテの大人Ver.を描いてもらいました。
サイン終了後はそそくさと家に帰り、その後は別件の不幸によりずっと鬱でした。
なんかこういう日ってよくないことが続きますね。
次の5巻は5月に発売するそうで、次回も参加できたらと思っています。

筒井先生お疲れ様でした。

昨日とかその前に買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

一瞬の風になれ 5巻
エア・ギア 27巻
けいおん! 3巻
あきそら 3巻
神様のパズル 3巻
KING GOLF 5巻
ヤンデレ彼女 2巻
鋼の錬金術師 24巻
バカとテストと召喚獣 1巻
生徒会の七光

もう数日経ってしまいましたが、18日は「けいおん!」を買いに、19日はサイン会のために
秋葉原に行ってきたのですが、平日だった18日の方が休日である19日より(店の中が)混んでた件。
「けいおん!」特儒でしょうか。
9時前に着いたら、ゲーマーズは既にレジが長蛇の列で、とらのあなも店の前に50人位並んでて、
何故かアニメイトにも列が出来てたけど理由は不明。
エロゲ発売日と被ったせいか、1階(新刊売り場)と3階(エロゲ売り場)に分かれたお陰で、
レジの列はそんなに長くなかったです。

その後開店10分前位にメロンブックス行ったら3階の半分位まで列が出来てましたが、
列、レジの対応が予想以上にスムーズだったため直ぐに買えました。
でも本当は「エスプリト」も買おうと思っていたんですが、店入って同人側に誘導されてしまったため
取ることが出来ず、買い終わってから又並ぼうと思っていたんですが、ドンドン列が増えていくので諦めました。


なんだかんだで今年もあと1週間ちょっとになりましたね。
冬コミという最後の山場がまだ残っていますが頑張っていきましょう。

ハヤテのごとく!第253話 ちょっとおひまをいただくニャン!!

タイトルは守る強さをしるRPGでお馴染みのテイルズオブグレイセス関連で行こうと
一日中考えていたんですが、感想書く前に少し巡回したら
『テイルズオブグレイセス』2週目以降に発生するバグが酷すぎてやりこむ気にならん(はちま起稿)
こんなことがあったので、ちょっと控えました。

ハヤテのごとく!第253話「Proof」の感想。

前回が合併号だったため2週間ぶりになるんですが、正直22巻限定版騒動で忙しか
ったうえに、本編よりも生写真の内容の方が気になって気になって・・・。
ハヤテのごとく!22巻発売日決定
あのハヤテのごとく!22巻に限定版があるかもしれないとう話
……おや!? ハヤテのごとく!22巻の ようすが……!
ハヤテのごとく!22巻限定版の正体は生写真だったらしい
ハヤテのごとく!22巻限定版の生写真の正体はヒナギクだったらしい

5つも記事書いたけど結果わかったことは
1/16(土)に桂ヒナギクの生写真付きハヤテのごとく!22巻限定版
が発売されると言うことだけ。
次は毎度毎度のお楽しみ購入特典ですね。
しばしお待ちを。

さて本編の感想。
ナギが王玉をぶち壊した前回。
「お金の代わりにお前(ハヤテ)が守ってくれ」と、一番守りたい人から言われるハヤテ。
そういえば前回の話で、王玉を破壊したものが三千院家の遺産を相続するんだから
壊したナギは遺産相続できるんじゃね?でもハヤテは倒してないから云々で関係各所が
盛り上がってたみたいだけど、別にどうでもよくなってきましたよ。(主に限定版騒動で)

抱いてやったんだから一晩だけ浮気させろとアテネを助けに行くハヤテ一味。
伊澄さんは良いとしてやはり邪魔に感じる咲夜。
バトル展開はしばらく無いといっていたことを踏まえると楽しみが結構減るんですが、
どこにたどり着くんだろうか。
前回の感想に珍しくコメントを貰ったのでそこで答えたんですが、自分は

いつかはバトル展開があるとするなら英霊はアテネから出て
振られたてのヒナギクに憑くのが何気に良い流れだと思っています。

ハヤテのごとく!第252話 まずはそのふざけた王玉をぶち壊す!


本編の感想という形で書くのは今年はこれで最後になります。
色々お世話になりましたが2010年もよろしくお願いします。

※明日以降もハヤテ以外は普通に更新します。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!22巻限定版の生写真の正体はヒナギクだったらしい

さんざん賑わせてきた初回限定特別版には「桂ヒナギク部活中の生写真」が付くことが発表されました。
『ハヤテのごとく!』22巻は“生写真つき”特別版が同時発売!(サンデー公式)

またこの生写真は畑先生描き下ろしで、肝心のヒナギクのイラストは発売されてのお楽しみ!なんだそうです。
なんかお正月だからなのか知りませんが、特別版を買ってくれた人には待ち受け画像+着ボイスもプレゼント
してくれるそうです。
つまり通常版より140円高い今回の22巻限定版はその140円で
・描き下ろしヒナギク生写真
・待ち受け画像
・着ボイス
の3点が付くそうです。

絵柄については恐らく来年になればどっかから出回ると思うので、限定版関連について今年はこれが最後かな。
今度からは購入特典の情報が入り次第お知らせしていくので、適度に期待しながら待っていてください。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

機巧童子ULTIMO外伝「機巧童子ULTIMO ULATE」の感想

なんだこの違和感のある扉絵は。
思わず海原雄山のように「この扉絵を描いたのは誰だぁ!!」と叫ぶところでした。
注意してよくみると、
Original
STAN LEE
HIROYUKI TAKEI

Comic
JK
と書いてあり、今回のこの外伝には武井先生は原作側のみ(あるいはメイン)で作画は別の方っぽいです。
もし「機巧童子ULTIMO」がアニメ化されたら、作画はこんな感じになるんだろうか。

本編の方は小学5年生の大和が狭山さん達とクリスマスパーティーをするって話なんですが、
絵のせいなのか内容のせいなのかわかりませんが
ルネのヒロインっぷりがヤバイ。
大和、ルネ、狭山さん、ひばり、清瀬、秋津の男二人に女四人のはずなんだけど、
ルネが一番女の子してて、逆に秋津がただの目つきの悪い意地悪な男子になっています。

ちなみに狭山さんは可愛く描かれており、胸も増量されて、何よりミニスカ×ニーソ?が最高に素晴らしく、
メガネっ子の清瀬はこの時点で既に大和×ルネ、もしくはルネ×大和の公式が出来上がっていて、図書室で
「BとL」といういかにもな本を読む立派な腐女子で安心しました。
ただ一言だけ言いたいのはアゴに癖がつきすぎていて、なんか「生クリームでも搾ったんですか?」って
感じでそれが非常に残念でした。

内容自体は本編が次号で第1部完ですがそこまで進んで無いし、外伝ということなので付かず離れずと言うか、
特筆するのであれば大和の狭山さんに対する思いを知りながらも大和を思うルネ、25歳の時はフリーターで
小5の狭山さんに一目惚れしていたKくらいですかね。

来たる1月4日に発売されるジャンプSQ.2月号で本編が第一部完になる「機巧童子ULTIMO」。
そのままジャンプSQ.3月号からすんなり「機巧童子ULTIMO」第二部が始まるのか、それとも間が空くのか、
もしくは「シャーマンキング フラワーズ―花の時代―」を連載するのか、あるいは「重機人間ユンボル」を再連載するのか!?

武井先生の今後については以前ウルトラジャンプに掲載された「ユンボル-JUMBOR-」の感想で書いた通り、
今の連載(ウルティモ)に余裕ができたら「シャーマンキング フラワーズ―花の時代―」を連載し、
ウルティモか花の時代が終わり次第(もしくは又余裕ができたら)「重機人間ユンボル」を再連載もしくは
「ユンボル-JUMBOR-」として新連載させるという考えのままです。
ユンボル復建~「ユンボル-JUMBOR-」の感想~


武井先生はご存知の通り週刊で以前は連載していたので、月刊2本くらいなら描けると思います。
ましてや「機巧童子ULTIMO」は原作をスタン・リー先生が担当しているので、通常の月刊2本よりは多少楽なハズ。

そうなってくるとジャンプSQ.は例えウルティモがしばらく休載したとしても花の時代、もしくはユンボルが
変わりに乗ることは無いので、ウルトラジャンプに新しい連載の場所を作るのだと思います。
ウルトラジャンプであれば読み切りで「ユンボル-JUMBOR-」を載せたことがあるのでやりやすいでしょうし。

何れにせよ、ジャンプSQ.2月号で明らかになる「機巧童子ULTIMO」の今後(第二部)次第、ということになるので、
期待しながら待つことにしましょう。

ハヤテのごとく!22巻限定版の正体は生写真だったらしい

ハヤテのごとく!22巻に限定版があるとお伝えしてから数日が経ちましたが、
未だに22巻関連での検索はとどまることを知らないようです。

この「ハヤテのごとく!」22巻限定版に生写真が付くって事を知ったのは
↓のサイト様の記事なんですが、一応22巻発売日とかで検索するとうちに来る恐れがあるので・・・。
でもウチはグーグル先生に嫌われているのでそんなに心配しなくても良いんですけどね。
ハヤテのごとく!22巻には「生写真付き」の特別限定版仕様があるようです!!
(じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~)


自分はこの限定版について小学館と一応ハヤテ公式を見ていたんですが、
あみあみとか通販サイトは完全に盲点でしたね。
ハヤテのごとく! 第22巻 特別限定版 生写真付き(書籍)[小学館]《仮予約商品01月発売》(あみあみ)

さすがニュースサイト様でございます。
アニメイトの特典も通販が先だったりするので、今度からはそっち方面も頭に入れておこうと思います。

で、気になるのは生写真の内容ですが、これについてはまだガチでマジでわかんないです。
正直限定版が生写真だって言うのも早売りサンデーかと思ったくらいですし。
それでも今年中にはわかるとは思います。

個人的に生写真の内容についてはやっぱりハルさんを推したいところですが、
描き下ろしであれば正直クラウスでも良いや。
引き続き22巻限定版、22巻の購入特典について何かあれば更新はするつもりですが、
過度な期待はしない程度にお付き合いください。

てか、しばらく更新できないかもとか言ってましたが、
泣き疲れてやること無いんですよ。
でも明日(今日)更新できるかは微妙。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

お知らせ

今まで1日1回は何かしら記事を挙げようとやって来たのですが、都合により暫く更新できないかもしれません。
ストックしてある分も挙げれそうに無く、気持ちにゆとりが出来たら一言程度であれば更新しようとは思っていますが、どうなるかはわかりません。

又、原因が不幸系の事になるので、このしばらくが2、3日なのか1週間なのか1ヶ月なのかはわかりませんが、必ず戻ってきます。。

見に来ていただいた方には大変申し訳ありませんが、ご理解よろしくお願いします。

今週のマガジン2・3合併号の感想

「FAIRY TAIL」
内容的に2番目でもカラーくらいあげれば良いのに、なぜ「はじめの一歩」が巻頭なのだろう。
まぁ今週は特に「ONE PIECE」ぽかったんですけどね。
結局捕まってしまったジェラールですが、なんだかんだで出てくるんだろうなぁ。

「ダイヤのA」
純さんかっこよすぎるだろ。
そして哲さんの見開きは鳥肌ものでした。

1点差で迎えた8回表2アウト満塁という場面に、4番として最高の仕事をしてほしい。

「A-BOUT!」
今週の松下がまさかのかませ犬だったとか、かなり良い仕事しましたよ。
他にも説明係のメガネなのに意外と(ケンカが)できる瀬下とか何気に良いキャラだし。
3話目だからまだ順位が上の方にいるけどこいつはもしかしたら化けるのか?
「ティジクン」の二の舞にならなければ良いのだが。

「エデンの檻」
最後の「アキラグループ残り31人」っていうのが良いと思う。
てかはじめからこれがあったら良かったのに。

「ヤンキー君とメガネちゃん」
やっぱりお嬢様キャラだったんだ。
会いたいから会えない姫路をどうやって連れ戻すのか。

「ベイビーステップ」
新キャラ清水さんの登場でここにきてエーちゃんを取り巻く関係に変化が訪れようとは。
なっちゃんのテニスのライバルから、エーちゃんの恋のライバルにもなってしまうのか。

「GE~グッドエンディング~」
謎のチャラ男はやっぱりいとこでした。
でも一方通行系だったのは予想外でしたね。

エア・ギア Trick:263の感想

Active 活発
Industrial 産業
Revolution 革命
Technology 技術
Repair 修理
Earth 地球
Carbon 炭素
Knock off やめる

英語嫌いなんでさっぱりわからんのですよ。
「地球のために産業発展に炭素を使わない革命技術」
と無理やり繋げてみましたが、わかったようなわからないような。
とりあえずこのA・T技術を独占しようとしてる悪者(空)がいる、と
エミリと入れ替わってるオマハ大統領が全世界に対し公言しました。
これにより空(達)の動きにいくらか制限がかかりそうですが、あまりダメージはなさそう。
でもこれが最終バトルのときに効いてくれれば、それだけで十分なんですけどね。

舞台が変わってチーム道具屋(トゥール・トゥール・トゥ)編、もといサービス編。
良い人なのに地味な子・鈴木あみにチーム1のハッカーという新しい称号がつきましたがやっぱり地味。
連絡係から昇格できるのだろうか。

一方嵐の玉璽製作チームはまだ轟の玉璽を再加工中。
完成は早くても明日の朝になってしまうらしいんですが、契の玉璽発動して裸祭りに突入。
全身をウスィー膜のようなスーツで覆ってるから首に線描けば裸じゃないのが素晴らしい。
というか縞々なのにニーソじゃなくハイソなのが非常に残念でならない。
何気に名無しの新キャラが増えて百合具合が格段にアップしたように見えるのは気のせいだろうか。

最後に舞台がまた変わり、リンゴ対奏音戦へ。
ルーン曰くバトルはもう始まっているそうですが、ただのオープニングソロといってる奏音。
前哨戦的なものなのか、それともリンゴだけを足止めして戦力分散が狙いなのか。
変形ギターをかき鳴らす奏音のみぞ知る世界なんですが、ギターの音?で攻撃しているあたり、
奏音は轟系なのだろうか。
一方リンゴも調律中とかだったら今履いてるのは玉璽じゃないから圧倒的に不利です。

奏音の狙いはなんなのか、眠りの森とジェネシスは今どうなっているのか。
4・5合併号が待ち遠しいです。

ハヤテのごとく!SS 超アンソロジー大作戦!!の感想

最初に書いたときはまだ発売から1ヶ月程度だったんですが、いつの間にか3ヶ月で過ぎていました。
合併号のため原作の感想が休みなのを良いことにこっそり更新。
そんなわけで、今更感のあるラノベ版ハヤテのごとく!第4弾「ハヤテのごとく!SS 超アンソロジー大作戦!!」
の感想です。
果たして前作と比べてどうなっているのか。
「ハヤテのごとく!③ めざせ情熱クリエーター 三千院ナギの流儀」の感想。

超アンソロジー大作戦!!ということで、築地俊彦さんのほかに今回は新井輝、長野聖樹、七月隆文、
水城正太郎の4人を迎えて計5人の著者陣。
イラスト陣も畑先生は勿論の事、前回に引き続き「らき☆すた」の美水かがみ先生、そして新たに
「ぱにぽに」の氷川へきる先生、ハヤテの同人やTCGでも活躍中のあらきかなお先生を加えた計9人と
人数がとても多いです。
正直面子だけ見たらコミケの「小学館・サンデーGXブース」で売ってほしいような感じがする面子ですね。
てかそっちで売ってほしい。

と言うのも今回は普通のラノベというより、読んだ事ある人もいるかもしれませんが、
左へ行くなら10ページへ、右へ行くなら15ページへ、というような感じで進んでいく
ゲームブック?という形式で、本を読み慣れていない自分には正直めんどくさい画期的で、
そういった意味で同人誌としての方がよかった気もします。

今回はアンソロジーということで上記の執筆陣がそれぞれ別々の独立した話を書いているんですが、
なんだかんだで一つに繋がっているんですね。
厳密に言うと上記のゲームブックの性質上一つに繋がらざるを得ないと言ったほうが正しいのかもしれません。
構成としては導入部分の話が合って、新井輝、築地俊彦、七月隆文、長野聖樹の4人それぞれの話があって
エンディングの話となっています。
そして、このエンディングを見る(読む)ためには条件をクリアする必要があって、
それをクリアするには上記執筆陣の話を全て読まなくてはいけなくて、結果的に一つに繋がるんですよ。
また、エンディングもノーマル(ハッピー)エンド、個別エンドと複数用意されていて、
当然読んでいる途中でバットエンドに行くこともあります。

それでは本編に触れてみます。
まずは導入部分。
この話には何故か「生命点」や「アイテム」「必殺技」、さらには「戦闘方法」を知る必要があり、
読むときにサイコロが必要にます。
初っ端からポルナレフ状態で既に今回もごらんの有り様臭がしてきます。
ちなみにこの一連の説明を神様ことオルムズト・ナジャがやっています。

『プロローグ』
今回の話は「仮面ライダーディケイド」ありきなのかわかりませんが、その設定を基本としていて、
この設定は今回のゲームブックに上手く合っていて、このパロは良かったと思う。
ハヤテがディケイドとして4人の話(世界)を旅するって流れになります。

『新井輝の世界』
「仮面ライダー響」+「遊戯王」のパロ世界。
聖徒怪鳥になった響役のヒナとアユム少年がデュエルするんですが、結局「狂戦士の魂(バーサーカーソウル)」
が使いたいだけにしか見えない。
てかそれだけで話し終わっちゃったし。
4つの中で一番酷かった。

『築地俊彦の世界』
前回の出版社買収騒動で懲りたかと思ったら、今度はフィギュアに手を出したナギの話。
前回と違い自分にとって模型業界は未知の世界だったので新鮮でしたが、結局やってることは
ナギの無駄な暴走と、それに対する冷静と言うか無頓着なハヤテとマリアのやり取り。
ただ今回のハヤテは不自然なほど冷静で、今迄で一番つまらなかったかも。

『七月隆文の世界』
前半は監禁調教メイドモノのエロゲと、和服美少女モノのピュアラブ健全ゲーをワタルの部屋で
見つけたサキさんとワタルの話。
この部分が今回のなかで一番面白かったと思う。
特にサキさんの「なんで伊澄さんだけ全年齢なんですかああぁぁ――――――――――っっっ!!」にツボった。

後半は「咲-Saki-」の世界でハヤテが池田、ヒナが久部長、理沙が藤田プロ、咲夜が咲で池田状態。
前半がよかっただけに完全に蛇足ですが、久部長を出す点は評価できた。

『長野聖樹の世界』
この4つの世界はどれから読んでも良いのですが、一応この話が締めみたいな感じなので一番内容重視。
迷子になった伊澄さんを探して黄泉の国でいろいろ起こります。
黄泉ということで、勿論あの人なんかも出ます。

『エンディング』
今までの流れを考慮すると、無難っちゃ無難だけど良かったと思う。
ただ「金色のガッシュ!!」で清麿が「ふざけるな!」って言ったらザケルが発動した
みたいに綺麗で自然な流れであればよかったんだけど、バルスのために、
「そんなことないですってば。留守にしてもらっては困ります」という台詞が
無理やりすぎたのがすごく残念だった。

今回はアンソロジーでありゲームブックがコンセプトという、企画の時点で既にネタに走っていて
試合に負けて勝負にも負ける結果になってしまいました。
恐らく普通にアンソロジーとして個別に話を作って独立させていれば七月隆文先生、長野聖樹先生あたりは
良い話しになっていたのでは?と思います。
現にサキさん+エッチネタは鉄板になると思うので、できたらもう少しページ数を確保して、こっちを
メインにしたちゃんとしたものが読みたかった。

てか今回はそれ以前にハヤテ、ナギ、マリアさんをメインから外していたのが
七月隆文先生の前半部分のみ、っていうのが良くなかった。
せっかくいろんな作家さんがハヤテを書くんだから、ハヤテ、ナギ、マリアのメインキャラ3人
から離れたものを読んでみたい。

流石に万が一、億が一、兆が一次があった場合、ふつうのSSが読みたい。
というかゲームブックとかネタ系に行くなら畑先生にSS書いてほしい。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

……おや!? ハヤテのごとく!22巻の ようすが……!

おめでとう! ハヤテのごとく!22巻は
ハヤテのごとく!22巻限定版に しんかした!

昨日?まで
小学館プラス・アンコミックス / ハヤテのごとく! 22 / 畑 健二郎 / ¥560 / 2010/01/16
だったんですが、さっき覗いたら
小学館プラス・アンコミックス / ハヤテのごとく! 22 限定版 / 畑 健二郎 / ¥560 / 2010/01/16
に変わってました。

限定版の内容は未だわかっておりませんが、限定版の発売はほぼ確実になりました。
続報待ちなのは相変わらずですが、引き続き期待して待っていましょう。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

ちはやふる 7巻
彼はトモダチ 6巻
アオイホノオ 3巻


【漫画】 「このマンガがすごい!2010」 ランキング発表
「このマンガがすごい!2010」
▼オトコ編
1 バクマン。 大場つぐみ(原作)小畑健(マンガ) 集英社
2 ONE PIECE 尾田栄一郎 集英社
3 青春少年マガジン 小林まこと 講談社
4 星守る犬 村上たかし 双葉社
5 モテキ 久保ミツロウ 講談社
6 高校球児ザワさん 三島衛里子 小学館
7 鋼の錬金術師 荒川弘 スクウェア・エニックス
8 聖☆おにいさん 中村光 講談社
9 トリコ 島袋光年 集英社
10 弱虫ペダル 渡辺航 秋田書店


「バクマン。」が1位とかご冗談を言わさんな。
「ONE PIECE」は今年に限ったことじゃないし、今年で2位なら
「このマンガがすごい!2011」だと1位確定になっちゃうんですけど。
クライマックスに入ったらしい「鋼の錬金術師」も今年7位とか来年、
再来年どうすんだ?ってことになりかねない。


そんなわけで「このマンガがすごい!2011」は
「ONE PIECE」、「鋼の錬金術師」、何故か未だに挙がってる「聖☆おにいさん」
1巻が瞬殺した「めだかボックス」
めだかボックス1巻 品薄&ヤフオク高騰  アキバも完売(アキバBlog)
青樹嬢に調子こいた中井さん効果で「バクマン。」
「何がクニだよ クンニしろオラァァァ」の「エデンの檻」
「く…目にゴミが……」の「MAJOR」
あたりが入るんじゃないかなぁと。
あとは来年次第かな。

1月の気になるマンガ

どうやら「ONE PIECE」零巻にはセリフ違いで2種類存在するそうです。
(ジャンプ掲載が通常版?でセリフ違いがレアらしい)
更に各Ver.に金ロゴと赤ロゴVer.もあるそうで全4種・・・。
ちなみに自分は2冊ともジャンプVer.でした。
く、悔しくないもんね。


そんな1月の気になるマンガです。
4日
機巧童子ULTIMO 2巻
PSYREN-サイレン- 9巻
バクマン。 6巻
SKET DANCE 11巻
黒子のバスケ 5巻
8日
GAMBLE FISH 15巻
9日
ひらめきはつめちゃん 1巻
ぽんてら 3巻
12日
未満れんあい 3巻
S線上のテナ 7巻
13日
君に届け 10巻
15日
生徒会役員共 3巻
GE~グットエンディング~ 1巻
ダイヤのA 19巻
FAIRY TAIL 19巻
彼女とキスする50の方法 4巻
ヤンキー君とメガネちゃん 15巻
16日
ハヤテのごとく! 22巻
ハヤテのごとく! 22巻限定版?
神のみぞ知るセカイ 7巻
18日
やおよろっ! 2巻
タッコク!!! 2巻
19日
天上天下 21巻
ノノノノ 9巻
華麗なる食卓 35巻
22日
GIANT KILLING 13巻
27日
とらドラ! 3巻
キルミーベイベー 2巻



変則的ですねぇ。
個人的には矢吹先生の新作「迷い猫オーバーラン!」が掲載されるジャンプSQ.2月号と
「機巧童子ULTIMO」2巻が発売される4日が1月の最大の山場であり、2010年度最初の山場なので、
これさえ乗り切れば後はなんとかなる。
ウルティモはまたアニメイト限定版とかあるんだろうか。


ハヤテの22巻限定版に関しては情報を鋭意捜索中です。

あのハヤテのごとく!22巻に限定版があるかもしれないとう話

今月の頭にハヤテのごとく!22巻発売日が決定したことをお伝えしました。
おかげさまで最近物凄い勢いで
「ハヤテのごとく 22巻 発売日」
「ハヤテのごとく 22巻」
「ハヤテのごとく 22巻」
みたいなワードで飛んで来る方が増えてます。
ちなみにこのワードは、主にヤホーさんからウチに飛んでくるワードトップ3です。

で、あまりにも飛んでくるから少し手直しとかしたほうが良いかなと考えて、
貼っておいた小学館のリンクをクリックしたら目が飛び出た。

小学館プラス・アンコミックス / ハヤテのごとく! / 22 / 畑 健二郎 / ¥560 / 2010/01/16
ちなみにいつもみんなが買ってるやつはこれ↓
少年サンデーコミックス / ハヤテのごとく! / 22 / 畑 健二郎 / ¥420 / 2010/01/16

html詳しくないので、表みたいにできれば見やすいんでしょうが、小学館さんのサイトに行くのが
一番わかりやすいので見難いと思う人は飛んでください
小学館1月のコミックス発売予定表

ハヤテのごとく!22巻限定版が発売されれば、12巻以来の限定版です。
次は32巻だろうか。

さて、恐らくまず疑問に思うのが「小学館プラス・アンコミックス」でしょう。
これは小学館の限定版シリーズみたいなもので、単行本が限定版になる場合、
ハヤテであればSSC(少年サンデーコミックス)ですが、限定版は「小学館プラス・アンコミックス」
というジャンル扱いになります。
最近で言うと「ぼくらの」の小冊子付きとか、「おやすみプンプン」のぬいぐるみ付きとかが該当しますね。


この限定版ですが、残念なことにいつ更新されたかは把握してません。
サンデーの公式と、ハヤテの公式を確認したところ、まだ更新されておらず、
限定版の文字はありませんでした。

また、限定版といえば思い浮かぶのがハヤテ名作劇場が付いた「ハヤテのごとく!」第12巻。
あの時は値段が通常版が410円だった当時で、税込み780円。
それに対して通常版が420円になっている今回の限定版は税込みで560円


果たして140円で何ができるのだろうか?
前回の12巻が370円でした。
ちなみに「とある科学の超電磁砲」で打ち止め(ラストオーダー)のストラップが付いた時は
通常版に300円プラスしたくらいの値段でした。
「GUNSLINGER GIRL」に小冊子が付いた時も通常版に300円プラスしたくらいの値段でした。
「エア・ギア」にピンズが付いた時は全て980~1000円くらいでした。

これを踏まえると140円でできることがかなり限られていることがわかります。
個人的には限定版は特別仕様カバーを希望します。
具体的に言うと絵柄ではなくカバーの材質を変える感じ。
絵柄は別に同じで良いんだけど、畑先生のことだからBS書けないくらい忙しくても別の絵柄を描きそう。

でもこの時期に何故カバーを変える限定版を出すのか?と聞かれると反論できない為、
無難に白皇学院の校章ピンバッチか缶バッチあたりが妥当かなぁ。
小冊子もちゃんとしたヤツじゃなくて、質素でペラい(4Pくらい)ちゃっちいヤツなら140円でも出せるはず。
何れにせよ続報待ちなんですがこういうときに限ってサンデーは合併号・・・。


珍しくもう一個ハヤテネタ。
好きな作品がBlu-ray Disc化されるかもしれない「あなたの力でBD化プロジェクト」
知っているだろうか。
この前「true tears」がBD化を決定した企画です。
その第2弾に「ハヤテのごとく!」第1期がエントリーしてます。

個人的には1期のBD化より、今のテレ東に3期やってもらうほうが嬉しいな。
【アニメ】テレビ東京でパンチラ解禁(日刊スレッドガイド)
アニメイトの話以外ハルさんの出番なくても、旅行編ならこの際許す。


まぁBD化なら最近のアニメより、「デジモンアドベンチャー」をBD化してほしい。
10年経ったし、「デジモンアラウンド」もやるし期待しても良いよね。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

どうなるTOG

発売から数日経ち、もう1週目を終えたなんて人も出てきている今日この頃。

Wii『テイルズ オブ グレイセス』初日11.3万本、MW2は初日で合計10.6万本(今日もやられやく)
初日こそWiiの前作ラタトスクに負けましたが、これから増えるから大丈夫だろ、と
「おなのこが全員大当たりでヒャッホイな新テイルズ!」(アキバBlog)
なんだから余裕だろ、と信じていた矢先に起きたあの悪夢。

前例があるから疑わざるを得ない!?
『テイルズ オブ グレイセス』のちょっと不自然な立ち位置
(今日もやられやく)


どうしてこうなった・・・。
個人的にはソフィとシェリアの間に一人と、おっさんの右下に一人追加されたら神ゲーになると思う。
ヴェスペリアでフレンとパティが増えたみたいに。

OP見たり、秘奥義集見たり、戦闘見たりしてたら我慢できなくなってきたけど、
今回の完全版フラグ見たらもっとほしくなってきた。
あの戦闘のスピーディーな感じはヤバイ。

良い子にしてれば大学生にもサンタは来るのだろうか。

近況報告

「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」見てきました。
マジでガチでメッチャヤバイ。

ワンピース0巻値段高すぎワロタwwwwww(働くモノニュース)
こういうことは予想してたし、「欲しいなら見に行けよ」って言いたいけど、
熾烈な「0巻」争奪戦…映画『ワンピース』初日の全上映回が12ヶ所で完売
今回ばかりは行ったところで空いて無いという。

自分が行った所も初回9時開始だったのに8時の時点で既に満席。
そんな自分も8時で2回目の11時の回にギリギリでした。
ちなみに11時の時点でその日5回目の18時の回まで満席でした。

朝早くから来た親子連れもたくさんいたのに、泣いてた子もいたのに。
とりあえず自分は2冊ゲットしたんでどうでも良いんですけど。

単純計算で各映画館に1万冊ずつ配本されてるらしい(並んでた時に聞いた話)ので、
恐らく都会じゃなければ土日じゃなくならないと思うので、諦めずに見に行きましょう。
俺も2回目見たいし、3冊目欲しいですし。
でも実際映画の方は零巻がなくても、もう一回見たくなる内容なので、
時間があれば見に行くことをオススメします。

やおよろっ!70人目!!埼玉ちゃん その2

冬コミ3日目「ヤ13a」でなつみん先生が参加するそうです。
今回は3日目しか行かないので確実に行きたいと思います。

さて本編の感想。
前回から引き続き埼玉ちゃん。
今回は取り巻きの浦安ちゃんと木更津ちゃん引き連れた新キャラ千葉ちゃんが登場。
ていうか
千葉ちゃんが「M・S DOLLS」の八乙女にしか見えない。
いや、それを言ったら埼玉ちゃんも「夏草ホームベース」テイストなんですが、それ以上に今回は直球でした。
それにしても落花生のシャーペンと落花生のペンケースって・・・。
外部の人が見たら千葉=落花生というイメージになりかねない。
というか遠くの人にとって千葉のイメージって何があるんだろ。
と言ってもすぐ上の茨城に住んでるのに東京ディズニーランド、幕張メッセ、木更津キャッツアイくらいしか浮かばないけど。

それにしても茨城ちゃんは出るのだろうか。
てかこれ感想じゃないな。
まぁそれだけ千葉ちゃんのインパクトが強かったってことで。

次回は12月25日(金)配信予定です。

今日買ったマンガ

※携帯のカメラの調子が悪い為、引き続き画像無しでお送りいたします。

がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 2巻
碧海のAiON 4巻
エスプリト 4巻


木曜だったのが功を奏したのか、無事にサイン会の整理券取れました。
講義が長引いたり、電車にギリギリで乗れなかったりで、予定してた時刻より
30分以上遅れた12:10過ぎに秋葉原に到着。
マグマに行くの初めてだったんですが、場所がわかりやすくて今回はすごく助かった。

まぁそんなことよりも、何故マグマニ秋葉原店でサイン会をするのに、
マグマニ千葉店でも整理券を配ったのだろうか。
これのせいでかなり不安でした。

サイン会は基本的に予約制のアニメイトが一番楽ですね。

ハヤテのごとく!第252話 まずはそのふざけた王玉をぶち壊す!

コミケは3日目だけの参加になりそうです。
そんなことよりエスプリトのサイン会の整理券が取りにいけそうに無い。
正確に言うとどんなに早くても11時半過ぎじゃないとマグマニに行けない。
皆勤賞だったのに・・・。
残ってることをひたすら祈るしかないなぁ。

ハヤテのごとく!第252話「ここから先の未来」の感想。

ナギ▲。
そういえば「王玉」は「絆の石」とも言うんでしたね。
文字通り執事ハヤテとその主ナギの絆を試す石でした。

最近ハヤテに元気が無いことの原因が、王玉にあることを気付いていたナギ。
ハヤテが遺産相続のことをナギにポロっと言っちゃいましたが、そんなハヤテをよそに
右手の王玉殺し(クルミブレイカー)で王玉をぶち壊すナギ。

ハヤテの物語になっていた最近の流れに割り込みしたね。
王玉の話に関しては、はある程度のところに行くまで完全にナギの与り知らないところで
進行させるものだと思っていたので、今回は良い意味で裏切られました。

で、ナギの
「この石さ、なんか貴重品らしいんだよ。世界にもういくつもないっていう・・・」
というセリフが気になる。
「もういくつもない」ってことは、現在と比べ過去の方がたくさんあったことを意味し、
これだけなら「三千院家が所有してたものが減った」と、とれなくも無いんですが
「世界に」となると意味が変わってきます。
つまり今現在王玉はハヤテのが壊れた為、ワタル、愛歌さんの2つしか確定してませんが、
全9個で減ったと仮定すると2個位は無くなっているのが妥当かな、と。
あとは恐らく帝とハヤテ父あたりが持っていると思われ、残りの不明な王玉はこれからなんだろうね。
で、そのうちの1個をまたハヤテが手にする、と。


ナギとハヤテの絆が試された今回。
絆の石をナギが持っていたのならこれで終わりなんですが、残念なことに所有者はハヤテ。
つまりまだハヤテとアテネの絆が残っています。
ハヤテの王玉がなくなった今、アテネを救うのはハヤテの自力くらいでしょうか。
まさかこのままアテネ放って置いて日本に帰るなんてことは・・・しないよね。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。