スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子ULTIMO 第二十一幕「覚醒館」の感想

早いもので今日はUJ発売日で、ユンボルなんですよね。
最近はウルティモとユンボルで隔週なので油断してるとすぐこれだよ。

追記:11/4(木)に「機巧童子ULTIMO」5巻発売予定!


てなわけで取り急ぎ感想をば。
最近自分の中でストーリ流れを無視した部分部分の感想が意外と楽なスタイルだと気付いたので今回もそれで。
まぁ感想はその話を読んだという前提で見ると考えてるし、油断すると感想じゃなくてあらすじになっちゃうし。
で、今回主に触れるのは以下の4つ。
1、大和×ルネ&ジェラス
2、大泉のおっちゃん
3、七つの大罪 色欲のデジルの力です
4、狭山さん&松竹梅のビジョン

1、大和×ルネ&ジェラス
とりあえず掴みとして大和総受けの話から。
てか受けざるを得ない状況なだけで総攻めなのかもだけど、まぁいいか。

遂に自宅へと連れ込むことに成功したルネと、つい数時間?前に契ったばかりのジェラスのコンビの前で
あっという間にパンツ一丁にひん剥かれてしまう大和。
ジェラスは大和と契りたくて、ルネは大和が傍にいればいいという利害関係が完全に一致してる二人の前で
ウルティモもいない絶望的な状況の中で、レグラの猿刻(エングレイブ)により盗賊だった頃の大和に覚醒。

ここで気になるのは月光の君だったルネにはこのビジョンが届いてないということ。
契った時に過去のビジョンを見たから?と思ったけど、ジェラスの過去の殿は入間だしジェラスと契ったところ
で月光の君のビジョンは見れないだろう。
つまり月光の君として味方だった過去があっても、今現在悪の童子と契っている以上敵とみなすのか、そもそも
月光の君を大和がさらい、エコさんとであった後なにかがあったのか。
その何かにウルティモの暴走がかかわってるのかな。

ULT21 (6)
そんな二人の前に現れたのが、過去の時代で大和の盗賊グループにいた現達磨田警部。
このおっさんも猿刻によってビジョンを見た一人なのですが、やはりルネのビジョンが気になる。
ジェラスとの契りである程度見てたから耐性が付いて、そのうえで受け入れたのかもしれないけど。
そして覚醒中の大和に会わせたい人物とは一体誰なのだろうか。

2、大泉のおっちゃん
ULT21 (5)
今回の話の中で、なかなかのインパクトがあったのは大泉のおっちゃんでしょう。
誰もが既にやられたと考える中、颯爽と現れたかと思いきや、なんかスタイリッシュになってますやん。

よくこういうタイプは切れたりいざというときめっちゃ強いタイプみたいなことをむか~し書いた記憶があるけど
六波羅蜜の中でエコさんの次くらい、いや一番しっかりしてるんじゃないだろうか?
しかも実力も素でマチ、ヒロシ以上はありそうだし。
そしてうるさそうに見えたセルヴィスも空気を読んでか静かにしてるのにも驚き。
多分おっちゃんに怒られて静かにしてるんだろうけど。


ここで少し、重要な台詞が飛び出してるのでできるだけ触れ行きます。
まずは元々壊れてるというソピア。
この壊れてるというのは流れからするに大和が契る前、それこそ時間軸的にウルティモと出会う1話よりも前の
話と考えるのが妥当でしょう。
じゃあ一体それはいつどこで何故壊れたのか。
恐らく武蔵を未来から現代に移すにあたって、未来でダンスタンか誰かと一戦交えた結果壊れたと見るのが無難。
未来ではダンスタン、あるいは違う敵に対抗したのが武蔵1人だったのかいろいろ謎も出てきますが今回は割愛。

そして次に狭山さん&松竹梅の殿としての起用。
これは今回のメインなので後で触れますが、武蔵の口ぶりからすると以前から考えられてたっぽいのが気になる。
それは今回みたいなもしもの時ようなのか、それとも彼女達の方が強いからなのか。
ダンスタンのシナリオ通りなら何故最初から彼女達に童子を送らなかったのか。


3、七つの大罪 色欲のデジルの力です
ULT21.jpg
某twitterでは「七つの大罪 色欲のデジルの力です」としかしゃべらないことでお馴染みのデジル。
今までの活躍ぶり(能のキャンセル、スロウの首をはねる)からこんなネタキャラ扱いされるようなことになる
なんて思いもしませんでしたが、今回の人間ver.及びその殿であるスマ子先生の貢ぎっぷりときたら。
相手が先生だろうとお構いなし、これが七つの大罪 色欲のデジルの力なんですね。

とまぁこれで終わってもいいんだけど、物足りないのでもう少し。
よくこういったパートナーや契約を結ぶもので重要なのが、片方が死んだ時の対処方法。
まぁ大抵死ぬ時は両方いっぺんに死ぬのでどうでもよかったりしますが、ウルティモに関して言えば、
殿が人間であり転生してると言えど契った相手が死んでも自分さえ動ければ問題ありません。
それどころか入間を見限ったジェラス、そして今回の「見限られたくなければ」というデジルの発言から、
契るという行為はそこまで重いものじゃないっぽい。
ただ一度契った以上殿には死んでもらうか、それ相応の何かがないと簡単には関係が切れないと思うけど。

こんな話題もこれから触れる狭山さん&松竹梅に関係してます。


4、狭山さん&松竹梅のビジョン
さて、今回の話の本題に参ります。
エコさんとレグラの神猿による猿刻。
命とひきかえに術者の記憶を任意に選出した対象へ上書き
同時にその件に関する全ての記憶を呼びさまさせる


つまり過去の記憶がビジョンとなり頭の中に流れてってこれまんまシャーマンキングのグレートスピリッツ
見たときのビジョンと同じじゃん。
ところで涙色のビジョンを見た後にも魚とバナナのスープが良いんだろうか。

これにより狭山さん&松竹梅が一般人側からこちら側の世界に引きずりこまれそうになり、慌てる了。
もう悪側はどうでもいいからビジョン見た狭山さんたちだけ触れていこう。


ULT21 (2)ULT21 (3)ULT21 (4)ULT21 (7)


それぞれが見たビジョンを見る限りだと、まずは松竹梅の松こと松本清瀬から。
清瀬が見たのは時代背景が大正?明治?頃の女学生時代の自分と、パルドネだよなぁ。
腐女子だしそういう意味では体の構造を松竹梅の中では一番知ってるだろうから、マンキン理論を引っ張って
くると、ゴーレムにやられた葉がやろうとした治癒を身体操作でってことなんだろうか。

そして次に松竹梅の竹こと大竹秋津。
彼女が見たのはスロウとゼロ戦?
清瀬もそうだけど戦争前後の時代だよね。
秋津は零戦のパイロットなのかなぁ。
そうなると運命操作で百発百中にできるよね。

で松竹梅最後の梅こと青梅ひばり。
寅さん?風のゴーグさんと、なんとも形容しにくい服装のちょっと大人なひばり。
ガンガン進んでく系のひばりだと、見守ってる系のゴーグさんが一番いいのかな。

そんでお待たせしました狭山さんのビジョン。
狭山さんの正体が実は大和盗賊団のあの女の子だったのは予想はできていたので驚きませんが、ただどの段階で
童子を所有していたのか。
考えられるのは月光の君奪還からエコさんに出会った後のまだ触れられていない部分、あるいは清瀬たちと同じ
戦争前後の時代でしょう。
そしてもう一つ大事なことはどの童子を所有していたのか?

上記のビジョンとそこに至るまでの流れを踏まえたベストメンバー的に考えれば、
大和×ウルティモ、エコさん×レグラ、武蔵×ソピア、清瀬×パルドネ、秋津×スロウ、ひばり×ゴーグとなり
余ってるのがセルヴィスなんだよね。
個人的には狭山さんには新童子(究極の愛の童子とか)がベストなんだけど、意外とミリューでも面白いかも。
でも、じゃあセルヴィスは?ってなるんだよなぁ。
達磨田警部が余ってるからセルヴィスは達磨田さんでいいか。
この際火男でも可。
まぁ実際達磨田さんたちは所有してたとしても未来の量産型童子だろうなぁ。


さて、状況は猿刻により一転しそうで、実は大和をはじめちゃんと動ける殿と童子のペアが大泉のおっちゃんと
セルヴィスだけの善に対し、狭山さんと松竹梅を人質にとったままの日高とオルグレオ、大和を追うスマ子と
デジル、そして恐らくいつでも準備OKな残りの7つの大罪組(ルネ&ジェラスを除く)という、依然悪いまま。
しかし悪の総大将バイスもエコさんの命がけの一撃を食らっているので無傷と言うわけにはいかないのかなぁ。
ここは無能の真価が問われる場面。


果たしてどこまでがダンスタンのシナリオ通りなのか!?
あと3話で第二部は無事に終わるのか!?
11/4(木)発売予定の次回へ続く。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう何て言っていいのやら・・・。
詰め込みすぎなんじゃなくて書き込みすぎなんだよね!うん、きっとそうだ!(人のせいにしてばっかですが自分の理解力が乏しいと気付いたなう)

ていうかイトケンさんの読み込み具合が深いので助かります。
いちいち「ああそうだったっけ?」みたいな事が多くて・・・。一つ一つ拾っていけて凄いですね!

今回もいい意味で期待を裏切りまくる話でしたが、やっぱり武井先生も突っ走りすぎで不安があります。。。センターカラー的な意味で・・・。(汗
毎号凄くなっていきますが次はどこまで明かされる事になるのか。次号楽しみです!

No title

>ラスカルさん

月刊ですから一回毎の情報量は相当多いですよね。
それと自分の読み込み具合は恐らく普通ですよ。

毎回良い意味で裏切ってくれる武井先生は、確かに不安ですが、面白くなると言っていた第3部からが勝負なので、そこまでいけば問題ないと思います。
てかそう信じたい。

第3部にどう入っていくのか、それを考えるとこの後の情報量も多くなること必至ですね。

No title

初めまして、ルナといいます。

ウルティモ毎回毎回ハラハラドキドキで面白いですよね!今月も面白かったです^^
イトケンさんのツイッタ―の方も、いつも見させてもらってます♪

No title

>ルナさん

はじめまして。
ウルティモは毎回いろいろな意味でハラハラですね。
だからこそ面白い。

ツイッターはウルティモ(武井作品)ばかりじゃなくてすいません。
地方との発売日の差からネタバレを考慮したり・・・。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。