スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンボル-JUMBOR- 第4工程「歩く重機」の感想

いよいよ12月3日にユンボル-JUMBOR-の単行本が発売されます。
つい先日ウルティモの新刊が発売されたばかりなので嬉しい限りですが、ユンボルは12/3だけどジャンプSQは
12/4なんですよね。
どんな表紙になるのか?おまけページはあるのか?等気になることばかりなので、発売日が待ち遠しい。

さて、いろいろありまして更新できないうちにもう2週間が経ちました。
ここらで一回立て直さねば。
というわけで本編の感想。

jumbor4.jpg
遂に出たUJ版のEM(アースムーバー)。
WJ版ではあまりスポットを浴びないうちに連載が終わってしまいましたが、長期連載が約束されている今回は
果たしてどこまで活躍してくれるのか。
今回はEM使いを重機士(じゅうきのり)と言ったり、細いキャタピラのような足を無限軌道脚(クローラーレッグ)
と言ったり、まずはジャブ程度の紹介回。
この無限軌道脚は足場の悪い地形でも自在に設置面積を変え対応し、またジバタビの技術がフィードバックされ
ているということで、今後もそういった設定が出てくるのかと思うと楽しみで楽しみで・・・。
てか「あの脚ひとつにそんな設定があったのか」と考えるだけで、本当にUJで連載できて良かったと思う。


よし!本編の中の本編の感想にいこうか。
今月は詰め込んだ前回と打って変わって新単語発表回で、姫のお付の3人組(ジョンギ、ノギウス、ハカリナ)や
シルトさんの部下(クレイ、グラベル)の名前が判明しましたが、そんなことはどうでもいいのです
なぜなら
jumbor4 (3)jumbor4 (2)
姫が可愛いから。

今まで裸白衣、裸白衣と冗談で言ってきましたが、どうやらこの反応を見るにガチで裸白衣なのだろうか?
まぁ恐らくこのときの赤面は裸白衣による恥じらいだけでなく、バルさんに強く抱きしめられてるからってのも
あると思うと、これだけで明日からまた頑張れそうです。
そんな姫祭りだった今月の中で最も輝いていたのはなんと言っても

jumbor4 (4)
パイ羅武勇なのは言うまでもないでしょう。
これで晴れて姫のおっぱいは公式のものになりました。
これがUJの力なんだろうか。


そんなわけでハラペコ過ぎて力の出ないバルさんと、3体のEMの工事はバーのマスターの登場により
風向きが変わりそうですってのが今月の概要でした。
次回は11/19(金)発売でユンボル巻頭カラーで登場。
バーのマスターがどんな手を使ってこの状況を打破するのか!?

ニッパや生死が未だ不明のキャラたちはこれが落ち着いてから明らかになるのか!?
ほかのユンボルたちの今の姿は!?
まだまだ楽しみだらけで次回が待ち遠しい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。