スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHAMAN KING REMIX TRACK:13 おー面

先日9/10(土)にFM AOMORIのラジオ番組「AOMORI 10」に武井先生が参加されたそうです。
青森のローカル番組なのでほぼ青森限定の人しか聞くことができず多くの武井信者がやきもきしました。
主な内容は作品よりも武井先生自身についてだったらしいけど、まぁそれだけでも普通に羨ましい。しかし、他にもいろいろと気になることがありました。まず武井先生はマンキン続編に意欲的なようで、またそれとの関係性は不明ですが来年3月に武井先生の作品に関連する何か発表があるそうです。 情報収集した結果をまとめるとこんな感じですが、実際に自分はそのラジオを聞いてないので必ずしもこの内容は事実とは限らないのですが、信じることをマンキンで教わった武井信者なら否が応でも信じてしまうでしょう。期待しつつも大人しく続報を待ちましょう。
前置きが長くなったのでこの辺で。

※先日拍手コメをくれたホロホロ溺愛者さんへ
コメントありがとうございます。こちらこそよろしくおねがいします。


以下感想。
SKR13 (2)
SHAMAN KING REMIX TRACK:13 おー面

元ネタはオーメンから。

「実録!!白鵠VS黒雛!?」マンキンリミックス12巻の次号予告から今回のタイトルは想像できませんがご安心を。
SKR13 (4)SKR13 (3)
中身はちゃんとハオwith黒雛と葉with白鵠です。
連載時よりスタイリッシュになった気がしないわけでもない。そんな白と黒の甲縛式OSを纏う2人がぶつかり合い白黒つける様子は原作では結局ハオwithグレートスピリッツに5人の戦士の一人としてスピリット・オブ・アース(S.O.E)と一緒に戦っただけなので、白鵠はおろかマタムネや阿弥陀丸すらいないお預け状態のままでした。なので今回のおまけは俄然期待が高まる一方で果たして7Pで収まるのだろうかという不安も抱えながらやっぱり期待せざるを得ない内容。


・・・まぁ結論を言うと今回も実現しなかったんだよね。
SKR13 (5)
なんと武井先生はこの葉とハオの白鵠と黒雛の対決を描いていなかったことを最近気付いたそうで、武井先生すらも理由が分からないという神のみぞ知る世界。てか武井先生の「HIROではない」にめっちゃ吹いた。これは少し前にコロコロGに掲載されたHIRO先生による「海道ジン外伝」のことを意識してのネタでしょう。
【HIRO】 ダンボール戦機「海道ジン外伝」感想 【コロコロG】

話を戻します。武井先生もこの葉とハオの白鵠と黒雛の対決をこのオマケのページ数で適当にやるわけにはいかないということで今回も?見送ることになりました。戦略的撤退ですね、わかります。そこで担当編集のおのッケンシ氏にページ数を増やしてもらうことを要求する武井先生はホントに読者想いだなぁと思う一方でマンキンが好きなんだなぁ、と。しかし、あと3巻でこのマンキンリミックスも完結を迎える予定なので無論そんな余裕はなく、「すべては思いの力ひとつ」と武井先生が反抗するものの、「現実の前にページ数は無力なんです」とおのッケン氏に無効化され・・・。

しかし、心が折れなければ何度だって立ち上がれる!そんな現場主義な武井先生がもうひとふんばり!
SKR13.jpg
「だったら別のメディアでというのもありですよ?」
「どうせなら動いてしゃべって音が出る対決とか」


これは映像化フラグと受け取っても良いのだろうか?
やっぱり前置きで触れた内容が内容なだけにこの発言は否が応でも期待してしまうでしょう。

この内容を踏まえた上で自分の希望は葉VSハオ(白鵠VS黒雛)をメインにしたマンキン完全版描き下ろし部分をリメイクした劇場版ですかね。来年から社会人なのでアニメだとリアルタイムで見れない可能性があって盛り上がったTLのあと一人で録画視聴するのは寂しいから嫌だけどこの際アニメでも・・・。また音が出てしゃっべって音が出る対決だと誰得だけどゲームキューブのソウルファイトやPS2のふんばりスピリッツみたいなゲームって可能性も無きにしも非ず。出たら買っちゃうけど。

てかフラワーズという奥の手も残してるし、「青の祓魔師」よろしく同じジャンプSQで連載してるULTIMOもストックはあるのでアニメ化は狙えるし、るろうに剣心やハンターハンターのようにマンキンだってアニメリメイクもいけるし可能性は無限大。

ただやっぱりマンキン絡みなのは間違いないんじゃないかなぁと。先日っていっても7月の話だけどワンダーフェスティバル2011では葉with白鵠のフィギュアが発表されて度肝を抜かされましたからね。この時期にマンキンがフィギュア化ってのはやっぱり何かあると思わざるを得ないわけで。
葉with白鵠の画像

他にも9/10に発売したアニメディア10月号にはアニメディア創刊30周年記念としてシャーマンキング(TVアニメ)のピンナップが付録になるなど、偶然にしてはできすぎでしょう。
SKpin.jpg


ここまで長々とダラダラ書いてきましたが、確定的に明らかなことは一つもないので決して鵜呑みにはせず、しかし信じることは忘れずに、これからもなにがあるかわからないので武井先生の動向に注目しつつ応援していきましょう。
次回は「たまおファイト」ということでたまOKAMIではなくたまおの話なのかな?葉×たまお派は必見かも?

オマケ:シャーマンキングになりたかった頃の話を聞いてくれ (VIPPER速報)
黒歴史が疼き出すくらい面白いのでぜひ読んでみて!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。