スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンボル-JUMBOR- 第15工程「取り壊しダム~DE 決心~②」の感想

再来週の金曜日はユンボル3巻の発売日!
ということでようやくユンボルの感想は追いつきました。俺たちの戦いはこれからだ!


前置きはこの辺にして第15工程の感想にまいります。
工事力濫用暴行陵虐犯としてショベルに止めを刺されてしまったボリングさんはダムの水底に沈んでいきました。
自分の目の前で息子が仲間に手を出したと言うことに対し「そんなふうにお前を育てた覚えはねえ!!!」というバルさんに「この空白の10年間僕もあなたに育てられた覚えはない」と言うショベルのやりとりが、もうなんか心臓つかまれると言うか抉られるというかホントやばい。心臓が抉られるほど面白い!

jumbor15 (3)
工具は人に向けて使うのではなくモノを造る魂だということを知らないなら教育してやる!というバルさんに対しリベッタ姫率いるレジスタンスからユンボルである父バルさんを力ずくでゲンバーの下へ連れて行こうとするショベル。ユンボルとして生まれたばかりとは言え名だたる工事戦士であったバルさんは本能で工事しているので壊れたテツグンテもジバタビも使いこなすのはお手のもので、最強のE・Mショベリウスと言えど一ひねり。その圧倒的工事センスに息子ショベルも成すすべがなく・・・。かと思いきや実はこの現場に駆けつけていたドリル様が登場。

jumbor15 (2)ユンボル12Dアースオーガのドリル
Dシリーズ最後にして最強のユンボルであり、元はもちろんユンボルの生みの親であるDr.ドカルト。姫が勝手にバルさんを目覚めさせたため、ドリル様も目覚めざるを得なかったので若い姿でロールアウトしたとのこと。そんなわけで生まれて間もない不完全なドリル様は気力がまだ少ないのかアースオーガトルネード2発でもう動けないらしく、ユンボルとしては大先輩のユンボル1Dのクレンが変わりにバルさんの相手をすることに。

jumbor15.jpgKMT (クレン マジ 天使)
やっぱり容姿はアンナさんに似てますね。現時点でユンボル唯一のテツブーツ使いのクレンの工事っぷりは1話以来ですが強いですね。バルさんをあっという間にダムに磔にする工事力の秘訣はクレーンの伸縮の早さでしょうか。13km位伸びるのかなぁ。

一瞬にして形成が逆転してしまったバルさん及びレジスタンス。ショベル本来の目的であるボリングの処理、そしてドリル様の目的であるショベルとバルさんの再会は達成されたので撤収しようとするゲンバー軍。去り際にドリル様から「北の街トタンを目指せ そこにお前達も良く知る人物が働いている筈だ」とRPGのような展開で今回は終わり。

お前達ってことは姫もバルさんもと考えるのが妥当で、二人がよく知ってる人物となると相当限られるんだけど該当しそうな人物が見あたらない。候補としてはニッパやボリングさん以外のバル・クロウ組の人たち。そしてバルさんの奥さんバケッタさんと娘ピッケル。あとはタビル王くらい?流石に他のユンボルはバルさんが知らないしね。可能性というか個人的希望はピッケルが修理士みたいな仕事してくれてるのが一番かなぁ。鋼の錬金術師のウィンリィみたいな感じで。そしてゆくゆくはバルさん×ピッケルと言う禁断の・・・流石に近親相姦はまずいか。

まぁそれは置いといて敵になってしまった息子の次は現在ゲンバーにもレジスタンスにも属していない言わば中庸の娘に会わせるってのが良いんじゃないかなぁ。ここでニッパが付いてきてくれるならピッケルがニッパ用のEM作ったりとかニッパ×ピッケルとかね。

そんな感じで次回は単行本発売記念でユンボルが表紙!乞うご期待。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

春風さん,こんにちは.
いつも楽しく記事拝見させて頂いております.最新のウルジャン私も買いました.いろいろ見どころがありましたがバルとドリルの覚醒が連動してたという部分が地味に気になりましたね.

今回コメに踏み切った理由はこの情報をお伝えしたかったためなのですがこのことは知っておられたでしょうか?某情報ブログサイトやらおん様の紹介記事なのですが……


ニコニコ動画に投稿された『恐山ル・ヴォワールを歌ってみた』の歌手が林原めぐみさん本人?
ttp://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-4792.html

今後も応援しております.それでは失礼します.


No title

>名無しさん(春風さん?)

こんにちは。
Dシリーズ最強のユンボルであるドリルを予定より早く目覚めさせなければならないほどバルさんは脅威と言うことでしょうね。きちんと覚醒していた場合の2人が気になります。

アンナさんによる恐山ル・ヴォワールには自分も驚きましたね。まだ本人確定ではないとは言え、やはり読者としては本人であることを期待してしまいます。

今後も当ブログをよろしくお願いします。

No title

考察&感想、毎回楽しみに拝読しておりますv クレンマジ天使。
バル親子のすれ違い、どっちにも感情移入できるだけに、本気で痛いですよね…こういうもどかしさは本当に巧い。

次回ピッケルはどうなんでしょうね?
早く見たいのは山々ですが、中庸=ゲンバーから自由な立場で無事に生存してるなら、姫が「お前の『家族』はもう居ない、諦めろ」なんて言わないと思いますし、「今のあやつには耐え切れぬ」という言葉もないような…(ゲンバーと無縁にピッケルが生き延びてると知ったら、耐え切れないどころか確実にバルは喜びますよね)
というか、姫ってバルの家族と面識ありましたっけ?

個人的には、バル・クロウ組の誰かなんじゃないかな?とは思ってます。(希望はロックボルですね、原作では設定のみだった嫁さんと一緒に)
さもなくば、子供たちを捨ててorゲンバーに売り渡して再婚したバケッタさん?(うわ、これは最悪のパターンw)

ニッパ×ピッケルは、今後の展開ではあり得そうですよね!v
少なくとも16歳ピッケルを先生が出さないわけがない!と勝手に信じております。

長文乱文、大変失礼しました。では!

Re: No title

>KMT!!KMT!!さん

バル親子のすれ違いやバル隊長とボリングさんの関係など青年誌だからこそと言うべきか、もどかしくもありだからこそ面白いと言うか。

ピッケルはどうなんでしょうね。
原作にはない設定なので未知の展開ですがピッケルを人質にされショベルがゲンバーの下にいるってのは可能性が高いですね。仮にピッケルがゲンバー側でないとしたら記憶喪失辺りが関の山かな。

姫とバルさん家族は、面識があったとすればお互いにバル組の工事の現場に居合わせたくらいでしょうか。
本編内ではそういった描写は特にないので候補というか可能性で、そういった意味ではバル・クロウ組≧バル家族になってきますね。
まぁ現時点だとバル・クロウ組であればロックボル、バル家族であればピッケルが濃厚ですが、全くの新キャラって可能性が残ってるので油断できません。

とりあえずバケッタさんは失礼だけど誰得(今後の姫→バルさん展開で邪魔)なので一番俺得なピッケルを自分は希望します。

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。