スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHAMAN KING REMIX TRACK:16 武井じかけのオレンジ

先日のアンナさんによる恐山ル・ヴォワールの興奮冷めやらなぬ今日この頃いかがお過ごしでしょうか。
今この感想を書いている時点(10月28日12時)で再生数が60万超えということで、武井信者としてうれしい限り。
これを機に武井作品の感想を取り扱うブログや武井作品のジャンルで活動する絵師さんやサークルが増えるともっとうれしいです。とりあえず今日はコミケ81の当落発表らしいので受かったサークルさんにはペーパーだけでもいいから武井ジャンルで描いてもらいたいです。
関連:『恐山ル・ヴォワールを歌ってみた』を見た人向けの武井宏之まとめ

そんなわけで以下感想。
SKR16 (2)
SHAMAN KING REMIX TRACK:16 武井じかけのオレンジ

元ネタは「時計じかけのオレンジ」から。

今回は一言で言うなら11/10発売のジャンプ改Vol.5より始まる「シャーマンキング0-zero-」の告知廻。
ちゃんと武井イズム満載な中身のある宣伝になっているので、マンキン0のことを既に知っている人もきちんと楽しめる内容になっています。

舞台は前回に引き続きふんばり温泉。と言うか一コマも描写がない時もあったけど、一応1巻から一貫してふんばり温泉でまん太がパッチ族のパチモンi-Patchで動画を見てたと言う設定なのよね。そんな懐かしい動画を見ていた裏でせっせと家の手伝いをして貯めたお小遣いで念願の●-padを買った花。
SKR16 (3)
登場して早々引きこもり宣言してるけどこれでも彼、次世代の主人公なのよね。
てか内容が内容なだけに柱に「G.Sのジョブズに捧ぐ」とあり、ジョブズも生前はマンキン読んでたのかなぁ、と。

ちなみに今回は収録されている本編がなんと完全版の描き下ろし部分(プリハオ以降~最終話)と、なんとマンタリテから「シャーマンキング フラワーズ-花の時代-」の第1話という完全描き下ろし巻なので、完全版は読んだけどマンタリテまでは・・・って人にも配慮された形になっています。一応花はふんばりの詩で出てきてたけど、あれは花より5人の戦士のその後にスポットを当てた作品だし、後述するけどこの廉価版もといリミックスは「完全版を読んでない人」ってのがキーワードになってるのよ。

話を戻して。
SKR16 (4)SKR16 (5)
ようやく買った●-padに酷似したパッチ製のi-PatchだったらG・Sの全記憶を見ることができ、霊界と通信もできいつでも神様(ハオおじさん)に会えるというホンモノを超えたニセモノに切れる花。そりゃたまOKAMIの鬼のような教育を受ける中手伝いして買ったものがパッチのパチモンに負けるとか怒るわな。

で、ハオおじさんによる麻倉葉に関する重大な知らせというのが・・・
SKR16 (6)
11/10発売のジャンプ改Vol.5に掲載される「シャーマンキング0-zero-」の告知。詳細云々は既に書いているので
今回は割愛するので気になる人は下の記事へどうぞ。
関連:【ジャンプ改】シャーマンキング0-zero-【復活まとめ】

さて、ここで廉価版の話。
これもマンキンリミックスが出るにあたって書いた話と被るけど廉価版の本来の目的は安い値段でコンビニという手軽に広まるようにシャーマンキングを読んだことがない層や、高くて完全版は手が出せなかった人向けなのよね。だからぶっちゃけマンキン0や来春のBIGプロジェクトありきで、そこへ新規層やプリンセスハオで止まってる人を取り入れるのが本来の役目。だからジャンプやJC版だけしか読んでない層に向けてフラワーズも入れることで花の補完をして今回のおまけにつなげてるわけ。
でも、こんなすばらしいおまけマンガやほとんど触れてこなかったけど毎廻付いてくるUV仕様のポストカードが付いちゃうとか、JC版も完全版も持ってるような武井信者に狙われるのは当然の結果だよね。だからこの前のアンナさんル・ヴォワールでマンキンに興味持ち始めた人なんかに今回の最終巻は手にとって読んで欲しいところなんだけど、ホント申し訳ない。武井信者にとって悲しいけどこれ戦争なのよね。
ジャンプリミックスは重版がかかることもあるので手に入れられなかったって人は編集部に言うと良いのかも。


てか今尚プリンセスハオと共に語り継がれる伝説の阿弥陀流 無無明亦無という前代未聞の空白の見開き。
無無明亦無
それをセルフパロしてくるのはさすが武井先生。いやジャンプ連載時これを見たときの衝撃と言ったら・・・ねぇ?
プリンセスハオと無無明亦無は漫画史に残る出来事だったわけで後世に語り継がれていくと思います。


SKR16.jpg
最後は花が阿弥陀丸をフツノミタマノツルギにO.Sした鬼兜でi-Patchを叩き割り、長いようで短くもあった全十六廻におよんだ物語に終止符を打ち、まん太は帰り、それぞれの日常に戻るのでした。
てかまん太は何しにふんばり温泉に着たんだろうか?
1話の時点でしれっとふんばり温泉にいたけど葉もアンナさんも出てこないから絡んでないし。まぁ本編終盤はあんまり出番がなかったし、そもそもモノローグはまん太の仕事だからか。

そんなわけでマンキンリミックスの感想も以上で終わりです。
次回はもちろん11/10(木)発売のジャンプ改Vol.5の
「シャーマンキング0-zero-」でお会いしましょう!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。