スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ改】シャーマンキング0-zero-「ニュー・シマネ・パラダイス」の感想【マンキンisBACK!!】

シャーマンキングが帰ってきました!
週刊少年ジャンプでの連載を終えたあと完全版としてよみがえり、つい先日までは廉価版シャーマンキングリミックスとして再びよみがえり、そして今回の「シャーマンキング0-zero-」になるので実は3度目のよみがえり。
あのハオ様ですら2度の転生しかしてないので、つまり3度目の今回は巫力125万以上の面白さ!
なんかもうもれなく救われすぎてゲンバー大王より働く武井先生が怖い。

今回のシャーマンキング復活の件は恐らく先日のアンナ役の林原めぐみさん本人による「恐山ル・ヴォワール」で知ったって方が大半かと思いますが、完全版読んでないよって人やリミックスなんて存在すら知らないよって人も読める内容になっているので、週刊少年ジャンプ版を知ってる読者は本屋へ今すぐふんばりダッシュ!

ちなみにアニメイトまたは有隣堂でジャンプ改Vol.5を購入するとそれぞれ別の特典が付いてきます。
左がアニメイトの購入特典、右が有隣堂および一部の大型書店(紀伊国屋や渋谷TSUTAYA等)の購入特典
JAMPX5.jpgJAMPX5(2)

有隣堂はまだ手に入れてないのでHPで直接確認してください。
集英社『JUMP改』VOl.5「シャーマンキングブロマイド」プレゼント.
手に入れ次第アップします。アップしました。

さて感想。
SKz1 (6)
シャーマンキング0-zero-「ニュー・シマネ・パラダイス」
元ネタは「ニュー・シネマ・パラダイス」から。

「人間なんかみんなほろぼしちゃう」とか言ってるけどこれはハオじゃなくて葉だからね!そんな幼少期の葉がどういう心の変化があって今のユルい葉になっていったのかが今回のお話。「葉が葉になる前のちょっぴり切ない物語」とあるように1995年なんで葉が10歳の時の話なんで時系列的にアンナさんに初めて会いに行った恐山ル・ヴォワール編の前ですね。

SKz1 (3)
そして今回の話の鍵である死んでから50年間ずっと好きな人の事を待っているスズさん。
なんか武井作品には新鮮に感じるキャラデザなんだけど来年当たりジブリで映画化でもしてくれないだろうか。
まぁすったもんだあってこのおねえさんの好きだった人をキノの呼び出してもらい、葉が地縛霊だったおねえさんの気持ちを解放してあげるという、0ストーリーなだけに原作初期のころのような話だったのには感動しました。

SKz1 (4)SKz1.jpg
告知の段階でちょっぴり黒い葉が見れるってことだったけど、黒いってレベルじゃないし話は重いしもうね・・・。
てか葉の憑依合体童貞は島根のジョーこと島村丈太郎だったのかなぁって考えると・・・。マタムネ・・・。
まぁこの一件を機に自分の力の無さを知り修行して強くなることを、好きも嫌いも全部自分の心できめるようになったかはさておき、ここから恐山ル・ヴォワールへ繋がり葉がシャーマンキングを目指すようになるんだなって思うと感慨深いと言うか少しほろっとしますね。

SKz1 (5)
ところで葉のことを恐らく好きであろうあの女の子は一体何なんだろ?フラワーズには繋がらないだろうし原作は真の完結をしてしまった今答えは武井先生のみぞ知る世界に・・・。あ、今回活躍したドクガムシ君とかもう別にどうでもいいけど、強いて言うならお前ドーザじゃね?

追記:11/30に発売されたコロコロG冬号に掲載されてる「ダンボール戦機ブースト外伝」にシャーマンキング0より葉とドクガムシ君率いる同級生たちが一コマだけですが写っています。島根のジョーの一件で仲良くなったあとはこうして学校の外でも一緒に行動してるというシーンですが、どう考えても葉に付きまとってるだけだけどね。
【HIRO】 ダンボール戦機ブースト外伝の感想 【コロコロG】

SKz1 (2)
そして今回のヒロインだった葉の母・茎子さん。これで35歳とか天使過ぎて読むのがつらい。
てか葉明の髪が黒いんだけど、葉が青森へ向かう時は真っ白になってるとかどんだけハードは修行したんだよ。


さて、次回は超人気キャラの0ストーリーということで、次号予告ページにも「葉、アンナ、まん太、蓮、ホロホロ、リゼルグ、ハオ・・・・」とあるように順当に行けばアンナさんが主役?来年4月発売のジャンプ改からシャーマンキングフラワーズの連載が控えてるので、リミットは3月までということを考えると枠が足りないけど・・・。まぁ
順当に行っても行かなくてもこの中だと一番読みたいのはアンナさんの話だから自分はアンナさんを希望。
そんなわけで次回ジャンプ改Vol.6は12月10日(土)発売予定。また次回~。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

全然ジャンプ改が売ってない(;_;)
コミック化されるでしょうか?
しかもフラワーズ連載とか武井先生過労で倒れそうですね

Re: No title

>HOOさん

発売当日で既に完売した書店もあったみたいですからね。
その後も購入特典の付くアニメイトや有隣堂、その他一部書店以外でも完売が相次いでいるので
もしかしたら重版がかかるかもしれません。

また、マンキン0に関してはフラワーズまで今回のを含めて恐らく3月まで5話分掲載されるはずで、
十分単行本にできるページ数は足りるのでマンキン0全1巻で出るのを期待してます。そうなると
発売は3/10まで続いたとして5月でしょうか。しかし4月10日にはフラワーズが開始予定なのでそれに
あわせて武井先生のがんばり次第では4/4に出る可能性も・・・。恐らく5月でしょうけど。

月刊連載3本ですがウルティモは原作はスタン・リー氏、ユンボルは脚本を御上裕真氏とすべてを
武井先生一人でやっているわけではないので、いくらか負担は軽いはずですし休載もさせてもらえる
みたいだし大丈夫じゃないでしょうか?それと個人的にフラワーズはマンキンほど長期連載にならない
ような気もするので無理しない程度にユルくやってもらえればと思ってます。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。