スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーマンキングFLOWERS 第1廻「つぼみ」の感想

物語は葉から花へ。
去る4/10に発売したジャンプ改5月号より満を持して始まった「シャーマンキングFLOWERS」の感想です。
ちなみにアニメイトでジャンプ改5月号を買うとマンキンフラワーズのポストカードが付いてくるので、まだ買ってない人も、もう買っちゃった人もアニメイトで買おう!
ジャンプ改5月号アニメイト購入特典


さて、感想の前にちょっと前置きをいう名の今の想いを少し。
ネットでは「マンキンって打ち切られたんじゃないの?」「プリンセスハオ(みかん)の続き?」など様々な意見を目にします。が、声を大にして言いたい!
「確かにマンキンは一度打ち切られた
でも、何度だって甦ってきたんだぞ!」と。

葉は若々しい緑も良いけれど、紅葉した葉もまた風流だし、花は散ってもまた咲くんだよ!マンキンだって何度も甦るんだよ!

だから打ち切りとかプリンセスハオの続きって言う人はまず、シャーマンキング完全版26、27巻(24巻も)だけでいいから読もう。そしてシャーマンキングを一度完結させよう。そしてマンキン完全版公式ガイドのマンタリテを読んで、できたらマンキン完全版を1巻から全部読んでほしい。というか26,27巻読んだら1巻から読みたくなるはず!流れ的にはこの後に廉価版に収録されたシャーマンキングリミックスを読んでほしいところだけど、現在入手方法がないのよね。まぁマンキン好き向けのおまけ内容だから、うちの感想とかネットや古本屋で探してみてね。そして、前回までジャンプ改で連載してた「シャーマンキング0-zero-」で葉たちの0ストーリーを読んで今回のフラワーズを読んでほしい。マンキン0については5/10に単行本が出るので、そこで補完できます。マンキンリミックスも収録されることを祈りましょう。

そして余裕のある人はジャンプSQ19で連載中の「機巧童子ULTIMO」、ウルトラジャンプで連載中の「ユンボル-JUMBOR-」に手を出してみるのもアリだと思うし、ゆくゆくはマンキン完全版も1巻から揃え、ウルティモ、ユンボル、仏ゾーンも全巻そろえて欲しいです。


前置きが長くなりましたが、満を持して感が伝わったところでいよいよ感想です。
SKF1 (1)シャーマンキングFLOWRES 第1廻「つぼみ」

リメイクと言えばリメイクだけど1話だけだし、「花の時代」だったあっちよりFLOWERS感が出てる内容になってるかな?読み比べると全然違う印象を受けるので是非そっちも読んでほしい。ちなみにジャンプ改5月号の特別付録の別冊冊子ジャンプ改+に掲載されてるものは、マンタリテに収録されてる「シャーマンキングフラワーズ~花の時代~」の再掲なので、小冊子がない人はそっちを参照してください。

SKF1 (3)SKF1 (2)
左がシャーマンキングFLOWERSの1P目で、右がシャーマンキング(無印)の5P目です。こういうのマンキン好きとしてはホントうれしいよね。そしてもはや恒例の竹山いじり。他にもバビロンとか2代目「木刀の竜」のドカルト博士っぽさとか小ネタ満載なので、マンキン(無印)と比べるとパロディ色というかギャグ色が強い武井ワールドを感じてほしい。


SKF1 (7)
舞台は13年後(花が中2なので)のふんばりが丘。花の生まれた設定等が変わってなければそのくらい。この13年間で葉たちはどんな道を歩んだのかについてはシャーマンキング完全版に収録されてる原色魂図鑑のプロフィールを読んでもらうとあらかた補完できるんだけど、最悪ウィキペディアのマンキン登場人物に目を通しておくだけでも違うと思います。特にたまおは見ておいてほしいです。

まだ1話目ということもあってどういう方向に物語が進むのか決め手に欠けるけど、花の根底にあるのは父である葉と違って、シャーマン能力を使う敵がいないということ。シャーマンキングを決めるシャーマンファイトは500年に1度だし、そもそもシャーマン自体少ないし。麻倉の血を引き、葉とアンナの子である以上シャーマンとしての能力は抜群だけどそれを揮える相手がいないという何とももやもやする感じ。青年誌っぽいテーマだよね。そんな折に現れた明らかな敵。バトルの香りもするし、そうじゃない香りもする。いいですねぇ。


そんな花を支えるふんばり温泉の面々。
SKF1 (10)
葉、アンナの代わりに花の教育をしつつ、ふんばり温泉の女将を務めるたまお。阿弥陀丸と一緒に子育て奮闘中だけど、ネックなのはやはり葉達と違ってS.F.が無いということ。OSできてもその力を出せる相手がいないということ。ただでさえ両親いないのに、OSもできないこんな世の中じゃ…。てかたまおかみがなんで中華包丁持ってるのかわからないけど、もしかして修験の極みの媒介だろうか?てか忘れがちだけど霊が見えるのって普通じゃないんだよね。霊禁止も仕方がないっちゃない。ところで仲居の花組は出ないのかしら。


SKF1 (8)SKF1 (9)
板長の竜さんとトカゲロウ。花の時代やリミックスではたびたび出てきてた竜さんだけどトカゲロウは何をしてるんだろ。そう考えるとトカゲロウって扱い的には地味にチョコラブ以下だよな。
ちなみにマンキンリミックスではたまおかみや、竜さん、まん太が活躍してるので、興味のある人は古本屋を探してでも読んでみる価値がある内容になっているので是非!

そして花の時代ではなかった新たな設定。ちょいちょい情報が出てたもう一つの麻倉ってやつね。結果は文字通り自称葉王様の血を最も麻倉分家。
SKF1 (6)
麻倉路菓(ルカ) 麻倉葉羽(ヨハネ)
どちらが路菓でどちらが葉羽かは明らかにされてませんが、流れから言って左がルカで右がヨハネかなぁ?でも葉の字が入ってるし葉羽が眼帯君で、路菓が黒髪ロングかなぁ?葉羽が黒髪ロングの方でしかも眼帯君の姉ならヨハ姉さんとか呼べるしいいなぁって理由だけでうちはルカを眼帯君、ヨハネを黒髪ロング姉さんという設定を推したい。推したいけど現実は無常だということをあとで書きます。

ちなみにルカにヨハネと言えば福音書を記した人物でもあり、福音書は他にマタイとマルコが記して…マルコ?
実はマルコも麻倉の血が流れてたってフラグか?いや、マルコ隊長とは別の第2第3の麻倉家のマルコかもしれないし、そもそもこのルカとヨハネの親がマルコとマタイって可能性もある。いずれにせよ可能性は無限大です。
福音書記者-ウィキペディア-


SKF1 (5)
そしてその持ち霊の不幸を呼ぶ流浪の剣士・朧 大凶。

冬次郎じゃなかったかぁ…。今のところ阿弥陀丸とも因縁は無さそうだし、ただ力を揮いたい系の侍なのかな?だからそれを利用し持ち霊にしたのか、逆に不幸を呼ぶということで実は朧大凶が二人を操っているのか、そういうところも今後鍵になってきそう?てか邪な力を持つとされている眼帯君に対し、不幸を呼ぶ侍とか実に王道な組み合わせですな。
関連:【新連載直前】シャーマンキングFLOWERSまとめ【ジャンプ改新創刊!】
てかハオ様を取り込む説は結構期待してたんだけどなぁ…。

SKF1 (4)
O・S 月詠鉾(ツクヨミ)
媒介と思われる傘っぽさも出しつつ尚且つかっこいいデザインに仕上げてるのはさすが武井先生ですね。阿弥陀丸の墓石を真っ二つに切ってたし恐らく朧大凶の刀?と傘のW・O・Sなのかな。
そして月詠鉾と言えばヴァンガードで武井先生がイラストを描いている満月の女神 ツクヨミ。その設定が「光の使者・神鷹と一体化したツクヨミの最終形態」となっており、先ほどの福音書記者のヨハネの象徴が鷲なんですよ。つまり眼帯君がO・S月詠鉾(ツクヨミ)の使者である鷲を象徴としたヨハネ(葉羽)ってこと。となると黒髪ロング姉さんが路菓に。ヨハ姉さん説はこうしてあっけなく否定されました。でもまだ諦めてないよ!
関連:ヴァンガード-武井宏之-

ちなみにルカは雄牛、マルコは獅子、マタイは人(天使)を象徴とされているそうです。てかマルコは天使じゃないのかよ!

葉やアンナさんはおろか三代目アンナも黽も出ないし、花はフツノミタマノツルギじゃなくて春雨持ってるし(花のO・Sは鬼兜じゃない?)、正直全然物足りない。だからこそこれからが楽しみなわけですが果たしてどうなる。

次回ジャンプ改6月号は5/10発売で、パートカラーでオリジナルピンナップ付き!ふんばりダッシュならぬふんばりプッシュ中なので是非次回も買って読みましょう。更に「シャーマンキング0-zero-」の単行本も同時発売。感想はまた土日になると思いますが必ず書きます。


最後に愚痴。
[シャーマンキング0-zero-]コミックス発売記念武井宏之先生サイン会のお知らせ

武井信者として武井作品普及のために日々汗水流して資金を稼いでるのに、その仕事のせいで整理券取れないとかホントにつらい。学生の時はちょいちょい講義さぼったりバイト休んだりして平日に整理券取りに行ったりもしたけど、さすがに会社休まずに茨城から大阪なんて論外だし、新人が業務中に私用の電話するのもねぇ。そもそも当日並んでる分で整理券完売だよね。電話分なんかないよね。ホント茨城県民じゃなくて茨木県民だったら良かったのに…。もし「整理券取れたけど当日行けなくなっちゃって譲ります!」なんて神がいたら、喜んで大阪まで取りに行くので是非ご一報ください。もうなりふり構っていられない…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

GJ!

初めまして。いつもこちらで武井作品の感想を楽しく拝見しています。
裏・麻倉家の二人はどちらがどちらの名前か、各所で両論が見られますが、イトケンさんの考察を読んで目から鱗が出る思いがしました。
次号で恐らく眼帯系男子な彼が花の前で名乗ると思うので明るみに出るのでしょうが…他の部分も謎が多いので今後の展開に期待したいところです。
もちろんイトケンさんのご感想も楽しみにしています^^

Re: GJ!

>アイレンさん

はじめまして。

裏麻倉家の二人は妄想、考察しがいがありますよね。
うちのもこじつけと言えばこじつけで、答えは武井先生のみぞ知る世界です。
メガネがルカで黒髪ロングがヨハネ、そもそもあの二人とルカとヨハネは別人と可能性はまだまだ無限大です。
だから次号が楽しみですよね。

まだまだ謎が多いですが、序盤ですし読者の興味を引くためにももっと謎めいてほしいです。
そして自分たち読者の想像を超える展開を期待したいですね。
こんなブログですが、これからもよろしくお願いします。

プロフィール

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。