スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンボル-JUMBOR- 第20工程「OH!JUMBORS -働く悪魔-」の感想

6月に武井作品が各掲載誌で表紙を飾るそうで、それを記念して武井フェスティバルを開催するらしい。つまり、
予告先発ならぬ予告表紙ですよ!
注意して欲しいのは5/19発売のウルトラジャンプ6月号は表紙ではありません。でも巻頭カラーだけど。6月に表紙なので6/19発売のウルトラジャンプ7月号が表紙になります。
関連:武井フェスティバル開催!!

さて本編。
バルさんがテツグンテEDなのにグラップルのバイス、そしてゲンバー大王の登場によりデビルペンチならぬデビルピンチだったのが前回まで。今回はその続きから。
jumbor20 (4)jumbor20 (12)
「君がいると聞いて、たまらず余もこちらに来てしまったよ」から漂うホモ良い男臭がすごい。そんなゲンバー大王に俺の家族をバラバラにしやがったなあ!とテツグンテEDのまま殴りかかるバルさん。少年誌だったらここで覚醒してテツグンテED治るんだろうけど青年誌だし何より武井先生だし、そんなことはなく。ゲンバー大王も誠心誠意それに応え、大地を揺るがす地球(ほし)掘る力「螺旋大掘削(ボルテクスエクスカベーション)」でバルさんを一発KO。てかゲンバー大王もユンボル工法使うんだね。WJ版では話数の都合で省かれたけど、修行パートに入るのだろうか?ユンボル工法の達人みたいなのが出てきたりして。そしてその達人がピッケルで・・・ってのは流石にないか。

デビルピンチはまだまだ続き、実はゲンバー大王が招集をかけていたようで
jumbor20 (11)jumbor20 (10)jumbor20 (9)jumbor20 (8)jumbor20 (7)jumbor20 (6)jumbor20 (5)
ユンボル全員集合!ってあれ?ドリル様は?
1名欠席じゃないのだろうか?てかドリル様ってポジション的にはどうなってるんだろ。クレンとか一部のユンボルは知ってるけど他は存在を知らないとか?でもショベルが知ってるってことはユンボルならみんな知っててもおかしくないよなぁ。ドリル様はユンボルだけどユンボルにはカテゴライズされない理由があるのかなんなのか?まぁ今回は普通にバルさんにやられたから治療中なんだろうけど。

とまぁ注目したいのはそこだけじゃないのよね。今回は何といっても1話以来の、さらに10年後のユンボル総出演(ドリル様お休み)だというところに注目したい。特に背景にモデルとなった重機が写ってるのが今回一番の見所。
関連:ユンボル-JUMBOR- 第1工程「スクラップ アンド ビルド」の感想

まぁ見所といっても言いたいことは2点。一つ目、クレンはちょいちょい出番あったけどやっぱり可愛い。てかバイスが「クレンねーちゃん」って言ってるところがバイス×クレン派には堪らないんじゃないだろうか?個人的にバイスはどうでもいいけど、クレンの姉属性を実感させてくれてありがとうと言いたい。

そして二つ目、今回ユンボル総出演の中で一番の収穫は何といってもキリだということ!左手のダイナマイトのテツグンテは初公開じゃないでしょうか?これはキリの出番が待ち遠しくなりますね。そして背景のあの重機はなんて言うんだろ。


jumbor20 (3)jumbor20 (2)
バルさんはテツグンテEDだしちょっと激しく気を失ってるし、連れてかれそうだし、ニッパは相変わらず隠れてるしで超デビルピンチな状況。ゲンバー大王とバイスだけだったらなんとかなったかもしれないけど、全員登場だし何よりバルさんの誘拐が目的とかこれは次号が楽しみすぎる。
でも一番デビルピンチなのは今月はウルティモもあったせいかページ数の割に大コマばっかだったこと。いやユンボル全員登場にはすごい満足だったんだけど、もしかして毎月連載だけど隔月のものを2つに分けてるだけじゃ・・・という疑問は拭えないわけで。ウルティモとユンボルを隔月でやるという選択肢はなかったのかなぁと思う一方で、毎月読みたいし、マンキン終わるまではゆっくりでも進めばいっかというのも本音。困ったものです。

最後におまけのEM立体化情報。
jumbor20 (1)
ショベルカーモードの詳細な画像初公開ですね。25日のホビージャパンではこれをカラーで掲載予定らしいので、25日は仕事終わりに本屋へふんばりダッシュですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

管理人さん更新お疲れさまです。
ユンボル20工程読みました。クレン様とキリ様の美貌にあてられ、思わず本を閉じてしまいました。この二人が登場した今回の方が『破壊の天使』というタイトルに相応しいのではないか?!
そして個人的にはこの難工事的状況に居合わせるであろう姫がどう対処するのかが気になりますね。もちろんスルーという可能性もありますが。
次回が巻頭カラーと言う事は20工程までが4巻の収録話になりそうですね。待ち遠しいです。

キリのモデルとなった重機を調べてみたのですが、『ロックドリルの世界 地底世界の超機械巨神』というDVDの表紙になっている「ホイール式ドリルジャンボJTH3RS-190EX」に似ている事から、ドリルジャンボではないかと思います。

ユンボルの記事にコメントするのは場違いな気もしますが、「恐山ル・ヴォワール」当選おめでとうございます。同じ雑誌を複数買うという傍迷惑な荒技をした甲斐あって私も当選しました。家宝にします…

それではまたの更新楽しみにしています。

Re: No title

>まさかりシェフさん

破壊の天使はダイナマイトという観点からキリに一番似合いますね。

姫が出てきてバルさんを華麗に奪っていく、あるいはゲンバーが姫に免じて見逃してくれるような展開はありそうで、逆に主人公不在でニッパと姫の二人旅編もいいかもしれません。

4巻も6/4発売予定だし楽しみですね。
ユンボルはちょうど4話ずつ収録して4回に一回くらいUJの表紙もらっていいペースなんですけど、最近ページ数が少ないので今後収録話数に変化があって刊行ペースが崩れそうなのが怖いです。

ドリルジャンボ調べてみました。
確かに似てますっていうかドリルジャンボで正解だと思います。参考になりました。

恐山ルヴォ当選おめでとうございます。
コメントはどの記事に何を書いてもらっても大丈夫ですよ。
自分もiTunesに落として速攻でしまって大事に飾ってます。

これからも時間を見つけて更新していくのでよろしくお願いします。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。