スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去を振り返って 2008年編

去年一年いろいろなことがありました。シャーマンキングの完全版が発売されたりサイン会に行ったり、他にもたくさんのマンガが始まり、たくさんのマンガが終わってしまいました。中でも個人的にはブログを始めたことが一番の事件でした。

そんなわけで去年のこのマンガがすごかった2008をば。


スポーツ部門
『ダイヤのA』
『ベイビーステップ』
『エア・ギア』

『BAMBOO BLADE』は榊心の大活躍がよかったんですけど単行本的には見送りで。
『GIANT KILLING』も入れようか迷ったけど今回は見送りで。

『ダイヤのA』はマガジンにしては珍しく人(特に主人公)の成長シーンがちゃんと描かれている作品。個人的に一番印象に残っているのは薬師戦の雷市が最終打席でチームのために打とうとした話しです。あの話しには感動させられました。

『ベイビーステップ』はテニスというテーマのため、どうしても『テニスの王子様』と比較されがちですが、アレはギャグ・バトルマンガなのでスポーツマンガのこれとはジャンルが違います。最近はプロを目指すことを決め、強敵と出会い、勉強ではなくテニスでオールAを目指すというエーちゃんらしい感じで、実は今すごく面白い展開です。

『エア・ギア』は絵柄が変わりましたね。なんだかんだでもうトーナメントが始まってるし。今年も大暮ワールド全開の神展開と、綺麗な絵に期待しています。


料理部門
『華麗なる食卓』
『深夜食堂』
『寄食ハンター』


『華麗なる食卓』はテニプリをスポーツマンガにするか?と、同じくらいこれを料理マンガに入れるか悩みました。かわいい女の子が多くそしてエロいという、料理はおまけなのかという内容。おまけじゃないけどね。てか何気に絵がうまい。料理もおいしそうなんだけど、かわいい女の子にはやっぱり勝てないわけで。

『深夜食堂』は一晩寝かしたカレーや炙りたらこ、おかかごはんなどマイナーというか普通というか自分の乏しい語彙力じゃ表現できないジャンルの食べ物を、いろんな人の物語と絡めた一話完結型の作品。読んでると本当に食べたくなってくるし簡単に食べられるようなものばかりだから本当に困る。

『寄食ハンター』はレモンラーメンやくらげなど、頭のネジが足りないの?と言いたくなるような料理を、紹介そして実際に食べる一話完結型の作品。ハズレがほとんどですが、中にはあたりもあったりして、実際に食べたいというか挑戦したいものもあります。出てくる料理にも驚きましたが一番驚いたのはこれがヤングマガジンで連載していることです。


4コマ部門
『GA-芸術家アートデザインクラス-』
『WORKING』 (『末次タカシの憂鬱』『ハニカム』)
『そして僕らは家族になる』
『勤しめ仁岡先生』
『トリコロMW-1056 特装版』


『GA-芸術家アートデザインクラス-』は『ひだまりスケッチ』と同じ女の子の美術モノ4コマ。けどこっちは油絵や水彩画など絵の種類、技術、道具などに焦点を当てている。それでもちゃんと多種多彩なキャラがきっちり分担されていて、学校の芸術科という設定を活かし、授業風景などの話しを面白く描いてある。けどアニメになるとは思ってなかった。

『WORKING』は、というよりファミレス4コマが熱かった一年でした。『末次タカシの憂鬱』と『ハニカム』もファミレスを題材にした作品で3つとも全然違った内容です。『WORKING』はそろそろアニメになってもおかしくないと思うくらい面白い作品なんですが、マンガのアニメ化にあまり賛成でない派の自分としては複雑です。ちなみに『WORKING』では松本さんが一番好きです。

『そして僕らは家族になる』は彩子さんの行動全てがかわいく、しっかりしてそうでそうでないあたりも良かったです。他のキャラもちゃんと描かれていて、今年の大当たりだった作品の上位に入るほど面白かったです。

『勤しめ仁岡先生』は子供嫌いの数学教師が、教師という立場を利用して子供たちを陰湿に追い詰めていくハズだったマンガ。しかしそれを阻む「自称不良」で優等生の浅井さん(こけしちゃん)、子供大好き長身体育教師の河原先生、「自称チーマー」の今ポン、「自称今どきギャル」の上様、忘れちゃいけないロリコン校長。基本的に二岡先生が周りに振り回される日常が描かれているんですが、中毒性があり、スクエニを代表する4コママンガのひとつです。

『トリコロMW-1056 特装版』は主人公と母の住む家に女の子2人が引っ越してきて、さらにクラスメイト1人を加えたにぎやかな日常を描いた作品。芳文社からメディアワークスに移転して、今年のはじめの頃に未収録作品を収録した冊子つきの特装版が発売され話題になりました。にわちゃんのツンデレっぷり、そして百合っぷりが好きです。


新連載部門
『弱虫ペダル』
『生徒会役員共』
『マンガ家さんとアシスタントさんと』


『弱虫ペダル』はかなり話題になりました。ロードレースについてわかりやすい解説もあり、何より熱い。主人公のまっすぐな自転車や仲間への思いや、自転車でアキバまで通うオタクという設定が「OVER DRIVE」の自転車に乗れない→日本代表より面白くしているんだと思います。

『生徒会役員共』は連載自体は2007年からですが、去年から週マガに移ったのでここで選びました。やっぱり氏家先生は4コマだなと改めて思う。『女子大生家庭教師濱中アイ』も好きですけど。下・エロネタが『妹は思春期』より減ってはいるが、その代わりにお金持ちのお嬢様や、ちびっ子の身長ネタとレパートリーが増えている。会長がエロネタでちゃっかり恥ずかしがってるところが良い。

『マンガ家さんとアシスタントさんと』はヒロユキ先生自身がモデルじゃないかと思う主人公とそのアシスタントのゆるい日常を描いた笑いあり下ネタありのマンガ家コメディー。足須さんがかわいい。てか絵が何かエロい。


完結部門
『妹は思春期』
『スパイラル・アライブ』
『ドージンワーク』
『金色のガッシュ』


『妹は思春期』は氏家先生の代表作でもあり、下ネタ系4コマの代名詞でもある作品です。てか4コマで10巻はそれだけですごいです。エロネタをどれだけ使おうと、頑なにパンチラだけは一切やらなかった氏家先生が、最終話で遂に解禁。全てパンチラという歴史に名を残す最終話でした。


『スパイラル・アライブ』は本家『スパイラル ~推理の絆~』の数年前のお話しを描いたもので、同時連載じゃなければ、また違った内容になったのではないかと思う。てか伊万里の扱いがかわいそ過ぎる。逆に同時連載が成功してたら本家のほうの内容も変わっていてそれも見てみたいと思う。来年あたり外伝の小日向くるみの挑戦をマンガ化してほしいです。できたら小説のほうも。


『ドージンワーク』は本編が5巻で完結し、6巻がまるまる番外編という構成。本編のほうはキャラ同士の絡みがシンプルで良い。絵柄もシンプルなのが良い。番外編のほうはジャスティスの出番がないというところに不満があったりするのですが、女子中学生が陵辱系エロ同人の大手サークルという設定は良かった。ただ本編と比べると全体的に物足りない感じがするけど、番外編はこのぐらいがちょうどいいのかも。

『金色のガッシュ』これは言いたいことが多すぎて困る。最終回までの流れが王道らしくとても熱い展開で、このときはまさか最終回後にあんなことがおきるとは思っていませんでした。
個人的に好きな話しは、キッド退場、レイン退場、バリー退場です。



1巻完結部門
『ラッキー Are you LUCKY?』
『FRIP-FLAP』
『番線』


『ラッキー Are you LUCKY?』は犬のロボットと小学生の男の子の日常を、命や優しさなど深くも重いテーマを上手く扱った作品。一度に5文字だけという制限のかかった意思表示機能を持つという設定がこんなに上手く機能するとは。初期型ロボットであるラッキーは替えの部品がなく、バッテリーが消耗し、残りの時間がどんどん減っていくというロボットだからこその設定もすごく上手い。普通のペットとは違う別れは涙無しでは見れません。

『FRIP-FLAP』はピンボールというなんともマイナーなゲームをネタにしたもの。絵柄に特徴がありマンガが好きでない人には受け入れにくい感じがしますが、読んでみると山田さんの表情がツボにハマったり、ピンボールがやりたくなったり、独特な熱さがあったりと妙に面白い作品です。

『番線』は本好きの日常をゆるく描いたエッセイコミックスなんですが自分は共感してしまうことが多く、面白かったです。写植職人の話や校正さんの話なんかもあったりで、本作りの裏側も知ることができる一冊です。



ジャンプ部門
『ダブルアーツ』
『エム×ゼロ』
『PSYREN-サイレン』
『SKET DANCE』
『ぬらりひょんの孫』

ある者は打ち切られ、ある者は生き延びる、そんな弱肉強食雑誌ジャンプ。『PSYREN-サイレン』『SKET DANCE』『ぬらりひょんの孫』には打ち切られた『ダブルアーツ』『エム×ゼロ』のぶんまで頑張ってほしいです。次回の打ち切り組は、女体化、擬人化にまで手を出した『ToLOVEる』や、終わりが近いらしい『ネウロ』がいつ終わるのか全くわからないので油断できませんが、多分確実な『アスクレピオス』と新連載組の中からになると思います。



2008年は全体的に『数学ガール』『理論少女』『宙のまにまに』『空色動画』『ハックス』など、数学や天体という専門的な知識がなくても面白く読めるマンガが多かった気がします。まぁ『宙のまにまに』はもっと前からですが。マイナージャンルというか同じジャンルのマンガがあまりないというマンガでここまで面白い話ができるのは本当にすごいことだと思います。


今回この記事を事前に何の計画も立てずに書いたため、予想以上に時間がかかってしまい、○○部門ではなく普通にノンジャンルでいくつか作品を挙げるかたちにすればよかったと反省。時間があれば百合やギャグ部門も入れたかったし、「恋愛ラボ」や「なきむしステップ」、「とろける鉄工所」、「べしゃり暮らし」、「はやて×ブレード」とかいろいろ入れたかったものがたくさんあるので、次回は計画を立ててじっくりしっかりがっつりやりたいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。