スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれはハヤテ兄だと考えていた時期が俺にもありました

各地で話題になっている、ハヤテに似ていることからハヤテの兄説が多いゆっきゅんの旦那様。
さて、今回はこの議題で話を進めます。

まずはゆっきゅんについて。
ゆっきゅんが亡くなったのが8年前(12巻5話)です。享年は28歳でした。
ナギが今13歳なので、22,3歳で生んだことになります。

次に情報がほとんどない、ハヤテ兄について。
10年前に、十中八九ゆっきゅんだと思われる人に対して
「じゃ、今度こそ気をつけて帰るんだぞ。」と言っています。

セリフの内容からすると、二人は何回か会っていることがわかりますが、それがその日より前なのか、同じ日なのかはわかりません。しかし、ここで大事なことはセリフの内容より会っていると言う事実なのです。

何故ならナギは13歳、この出来事があったのは10年前。
つまりハヤテ兄とゆっきゅんが会っていた18巻3話の時点でナギはもう産まれています。
と言うわけでハヤテ兄説がなくなりました。

実はナギが産まれたあと離婚して、ゆっきゅんの
「うん ありがと(ハート)
通りすがりのヒーローさん(ハート)」
は、元夫のハヤテ兄に対するいやみの類なのかも、とか考えましたがゆっきゅんはそんなことをするような人ではないだろうし、夫はナギが物心つく前に亡くなっているので、ハヤテ兄との10年前には亡くなっていることでしょう。

まぁ一番の理由はハヤテとハヤテ兄は髪型が違うとこなんだけどね。

じゃあ一体あのハヤテに似たやつは、一体誰なんだ?って話になるわけなんですけど、ハヤテ家は多分関係ないと思います。ハヤテとナギが血縁だったら咲夜とも繋がりますし、もしかしたら愛歌さんやイスミ、ワタルなんかとも繋がるオーバーフロー的展開になりかねないからです。

というわけで結局誰かわかりませんが、ハヤテの兄ではないと思います。


別に主要キャラの右の肋骨が一本欠けているとかそういう設定でもいいんだけどね。
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

他にも・・・。

実は、アーたんと帝さんが関係ありなのもちょっと気になる展開でした。

私の考察と致しましては、白皇学院をつくったのは帝さん。

それはロイヤルガーデンの跡地に作られた物で、アーたんのセリフより

棺(キング・ミダスが入ってると思われる物)ですが、それがロイヤルガーデ

ンへの道。 等々を考えていくと、実はナギともそのうち出遭ってしまうので

はないかと私は思います。 勝手な考察で申し訳ありません。

No title

>千桜さん

棺を抜けるとそこは別世界、あると思います。

勝手な考察は全然問題ないですよ。
自分もヒナギクの育て・産みの親もなんかあるのでは?とか妄想の毎日です。

アニメが始まればサイトを始める人が増え、こういった考察(自分の場合は妄想ですが・・・)がたくさん見られると思うので楽しみです。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。