スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の第0幕 機巧童子ULTIMO:0の感想

別に幻ってワケでもないけど、ジャンプSQ.Ⅱの創刊号に掲載された機巧童子ULTIMO:0(第0幕という扱い)の感想です。
何かおかしいと思ったらこの感想やってなかったのね。
でも、これ発売したの2008年の4月18日だし、そん時はまだブログやってなかったもん。

ならしょうがない。

P.S.最近「機巧童子ULTIMO」関連でウチに来てくれる方が非常に多く、それに伴って過去の感想の方を若干修正しました。
特に最新話の第6幕「殿寄合病棟」の感想は結構加筆修正したので良ければどうぞ。

それでは、機巧童子ULTIMO:0の感想をば。
ジャンプSQ.Ⅱの表紙のメインは「テガミバチ」に持っていかれましたが、それでも間違いなく今回の目玉であり、メインであり、核であり、主役は「機巧童子ULTIMO:0」だったと思います。
だって巻頭カラーが3Pもあって、スタン・リー先生を徹底特集した「スタン・リーthe Book!」が付いてきてる時点で他の作品は勝てないでしょう。
ちなみにこの時の巻頭カラーの部分がアニメイト限定版のカバーになっています(若干変更はありますが)。
「機巧童子ULTIMO」1巻の感想

舞台はダンスタン博士がウルティモとバイスを生み出した1000年後のウエストトーキョーファームレスシティー。
ウルティモが生み出されたのが12世紀(西暦1101年~西暦1200年)で再開したのが9世紀後の21世紀(西暦2101年~西暦2200年)。
ちょっと範囲が広すぎていつなのかわかりません。

そんなウエストトーキョーファームレスシティーにあるファームレスタワーに突如襲い掛かる「能」面。
「能」面
モンスターがタワーを襲うって言うと、デジモン無印でデスメラモンが東京タワーを襲った話を思い出しました。

そんな「能」面を倒すべくウルティモが登場して、サクッと倒します。
「能」力 拳獅子
特筆すべき点は、この時点では?機巧変化ではなく「能」力だったこと
そして「浄化」の力

この時の「能」面なんですが、
百鬼回向
第4幕に出てきた見開き「百機回向」にもそれっぽいのが映っており、さらに「悪」側には機巧童子よりも鬼や骸骨が多いことがわかります。
ちなみにこの「能」面はバイスが変化(恐らく「能」力だと思われる)していたもので、これはいずれそういったことに繋がっていくということなのでしょうか。

その後はバイスが「能」力 亀頭刃→ウルティモが「能」力 剣鶴→バイス「能」力 鬼鼓→ウルティモ「能」力 神花火と、「能」力のバーゲンセールで二人とも宇宙へ。
「能」力 神花火

この事件によって世間をしばらくこの話題でにぎわせたそうですが、やがて忘れ去られたようです(一部の人間を除く)
世間をにぎわせたということは、恐らくこの時点ではハゲはまだ眠っていたということなのでしょう。

そしてこの事件を忘れなかった一部の人間の存在。
1人目がファームレスポリスのダールマン署長。
田茄子警察の達磨田警部とは違う人物っぽいです。

2人目というかキョートにいる住職さん?と坊主二人。
この住職さんはなにやら色々と知ってるっぽく、
「恐れていた事がとうとう現実となってしまった
 あれらはこの世にあってはならん ただちにトーキョーへ向かうのです」
と坊主二人に言います。
双子の機巧童子フラグ?

3人目はセントラルトーキョーにいるひげを生やしたおっさん。
ひげがあるから入間とは違うっぽいけど、国会議事堂?みたいなところにいるっぽいので、そうとも言い切れない。

4人目がご存知「クソヤベエ」ことK。
クソヤベエ
ちなみにKはこの時点ではS.K.A.T.の隊員で、この事件で愛車を「能」面バイスに踏まれてぺちゃんこにされました。
その後、ウルティモに斬りおとされたバイスの腕を見つけることになり、今に至るんだと思う。

そして最後の5人目が、これまたご存知、現代で大和がウルティモと出会った場所でもある骨董屋「国分堂」の店主のジジイ。
骨董屋のジジイ
拾った場所はMt.FUJI(マウントフジ)。

こうしてみると「機巧変化」と「能」力という違い(それに伴った機巧変化「鶴伎」と「能」力 剣鶴といった違いも含む)が大きいということに尽きます。
「能」面の存在もね。

月刊ですがまだ6話。
今後これらの設定がどういった風に登場するのか、それ以前に繋がっているのかという疑問も若干ありますが・・・、信じて待つことにしましょう。
信じれば蜜柑も完全版になるしね。
(「重機人間ユンボル」も信じているので、もれなく救ってほしいです・・・。)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。楽しくブログを拝見してます。
セカンド買ってないのでブログで確認できたのはよかったです。ULTIMO:0は読み切り版ということもあって、多少の設定変更は仕方ないですよ。それでも本編に通じている部分はあるわけですから。
遅れましたが、よろしくお願いします。

No title

> さん

はじめまして。

>セカンド買ってないのでブログで確認できたのはよかったです。
ジャンプSQⅡというはぐれメタル的な存在なので自分の周りでも知ってる人は少なかったりします。

>ULTIMO:0は読み切り版ということもあって、多少の設定変更は仕方ないですよ。
>それでも本編に通じている部分はあるわけですから。
今になって読み直してみると、これを書いた当時では見落としていた点、本編に通じている点が非常に多く、書き直すか新しく書きたいくらいです。
ただ、浄化は残しておいて欲しかったなぁ、と。

>遅れましたが、よろしくお願いします。
こちらこそ拙いブログですがよろしくお願いします。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。