スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーマンキング完全版 最終公式ガイドブック マンタリテの感想

物凄く今更感がしますが、やっと書ける余裕が出来たので、発売から1ヶ月以上たってしまいましたが感想でございます。
流石に1ヶ月以上たっているのでネタバレとか知りません。

さて、このマンタリテとは何ぞや?ってのを簡単に。
まずは武井先生描き下ろしの最新作
『シャーマンキング BONUS TRACK SNAKE'S LEGS
『シャーマンキング フラワーズ―花の時代―』
の2話も収録されています。

次に『A2判の巨大ポスター』、そして『O・Sシール』。
そして『原色魂図鑑 SHAMAN FILE』の最終章も掲載され、『S.F.I.T2000公式プログラム』というシャーマンファイトを振り返る時に欠かせない1冊、そして堂々完結の『DIE LastWords.』まで収録した超企画集。

それでは中身に。
まず表紙を飾っているのが花。そしてカバーに蜜柑。
この蜜柑はピンズコレクションの第3期のシークレットになりました。
花と葉
ちなみにこの表紙は、シャーマンキング完全版の1巻表紙と同じ構図になっている為、カバーを付け替えることが可能です。

ページをめくるとシャーマンキング完全版 最終公式ガイドブック マンタリテ 万霊ポスター
THEN IN SHOOT GO
があります。
完全版に収録されていた原色魂図鑑 SHAMAN FILEのキャラたちが勢揃いしています。

勿論このマンタリテで原色魂図鑑に新たに追加されたキャラもいて、その追加されたキャラというのがダム子だったり、ラザホーの中の人だったり、活躍の場がなかったその他のガンダーラの皆さんと、
西岸サチ
サティ様=西岸サチ(仏ゾーン)だということは、この完全版とマンタリテの情報でほぼ確定なんですが、公式に確定しないところがにくいです。
いつか繋がることを信じています。
後は真っ白だった天使達のベース車輌カラーVer.がお披露目されていて、なかなかかっこいい?です。

そして今回の目玉である武井先生描き下ろしの最新作ですよ。
まずは『シャーマンキング BONUS TRACK SNAKE'S LEGS』の感想から。
内容は、『S.F.I.T2000公式プログラム』への繋ぎで、その名の通り蛇足でもあります。
その『S.F.I.T2000公式プログラム』、これは言わば各チーム、各キャラのデータ、裏話がメインで、100P以上。
これはある程度以上のレベルの人が読んで楽しめばいいと思います。

で、もう1つの描き下ろし作品が『シャーマンキング フラワーズ―花の時代―』。
こちらもその名の通り、花が主役のお話ですよ。

『シャーマンキング フラワーズ―花の時代―』第1廻「あざなわる世界」
舞台はとある夏の日のふんばり温泉。
補修をサボった花の前に現れた黽。
激突する2人のO・S鬼兜とO・S超馬龍(チャオマーロン)。
2人とも既に甲縛式O・Sをマスターしているあたり、才能の凄さがわかります。
そんな花の才能は阿弥陀丸曰く葉を軽く上回るレベルだそうです。

花のO・S鬼兜はどことなく葉の甲縛式O・Sスピリット・オブ・ソード白鵠を思わせます。
それに対し黽のO・S超馬龍(チャオマーロン)はその名の通り龍のような馬を思わせるO・Sなんですが、少し大きすぎな気がしないわけでもない。
ちなみに黽は母・メイデンの持霊・シャマシュも使えるのでこれはかなり手ごわいです。

その後は仲居となった花組の面々と女将代行のたまお、板さんの竜さんも登場。
たまおは修行によりサティと葉賢の修行を受け神クラスになり神霊・大天狗を譲り受けましたが、高校時代(S.F終了後)は葉とアンナが旅に出て、竜さんも修行中のなか花の世話をしつつも、言うことを聞かない花組にブチ切れて、葉が置いていった春雨を持ってヤンデレ化した過去があり、それが今に繋がっているそうで。

有り余るシャーマンの才能を使えず、イライラが溜まっていた花は家を飛び出し、神様に叫ぶ。
「呼んだかい?」とクールに登場する神様ことシャーマンキング・ハオ。
そんなハオおじさんは花に1つの試練を与える為にきたのですが、その試練というのが、ハオが知る限り過去最高のスペックを誇るシャーマンとの対決。
「あたしに勝ったらケッコンしてあげる」と強気の発言をする正体は、
初代アンナの一番弟子で、シルバの娘である
三代目イタコのアンナ

これは熱い展開ですよ。
シルバも麻倉の血が流れているので、花と三代目のアンナの間に生まれる子供はどんだけ麻倉の血が濃いのかわかりませんが、次のシャーマンファイトまでは497年もあるので今のうちから準備しておくことに越したことはありませんが・・・。

ちなみにこの話しなんですが、続くそうです。
次廻予告付きで、theLastWords.によると、今年後半ぐらいにはサプライズがあるそうで、
これは期待しちゃってもいいのでは無いでしょうか?
ただ連載するにしても週刊、特にジャンプは多分無いでしょう。
そうなるとヤンジャン・・・の方が無いだろうな。

個人的にはジャンプSQ.で「機巧童子ULTIMO」と「シャーマンキング フラワーズ―花の時代―」の2作品同時連載でやってもらいたいです。
まぁ、本当にサプライズがあるかすら分からないんですがね・・・。
でも、楽しみに待っていたいと思います。

そして最後に「DIE LastWords.」。
これは完全版の奇数巻、それも恐らく初版にのみ封入されていたる「theLastWords.」の完結編ですよ。
ここでは主に製作秘話を武井先生のインタビュー形式でやっていました。
その中でも特に気になっちゃうのが時系列ですね。
これも買った人だけが読んで楽しめばいいと思うので割愛。

長くなりましたが、これで「シャーマンキング」は本当の完結を迎えました。
長かったですね。
これは自分のマンガの原点とも言える作品なので終わってしまうのは寂しいですが、武井先生自身はまだまだ作品を描いていくので、出来るだけ追いかけていきたいです。
もしかしたら「シャーマンキング フラワーズ―花の時代―」に続くかもしれないし、続かないかもしれません。
それでも今は「機巧童子ULTIMO」があります。

同じ和月組の尾田先生、師匠の和月先生に負けないようこれからも頑張ってほしいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久です!
最近このサイトの影響もあってかシャーマンキングにはまり気味です。
そしてなぜか初心者(?)のくせしてマンタリテを買うという邪道行為に走ってしまい・・・。反省します。これから集める予定です。中二の財力じゃどのくらいかかるのやら。。。
でもフラワーズ続いて欲しいですよね。読んでますます深く同意です。

あ・・・あと余談ですけど仏ゾーン買いました。
ユンボルの方が欲しかったですけど、アマゾンでもどこでもダメでした・・・。中古高すぎますし。。。

いきなり長文失礼しました。

No title

>ラスカルさん

お久しぶりです。

>最近このサイトの影響もあってかシャーマンキングにはまり気味です。
>そしてなぜか初心者(?)のくせしてマンタリテを買うという邪道行為に走ってしまい・・・。反省します。これから集める予定です。中二の財力じゃどのくらいかかるのやら。。。
マンタリテまで行くとは、なかなかやりますね。
マンキン好きであれば読みごたえ抜群なので買って損はないでしょう。

>でもフラワーズ続いて欲しいですよね。読んでますます深く同意です。
夏から始まるユンボルより花の時代の方が連載して欲しかったんですが・・・。
でもユンボルの続きも気になるので、これはこれで嬉しかったり。

>あ・・・あと余談ですけど仏ゾーン買いました。
ユンボルの方が欲しかったですけど、アマゾンでもどこでもダメでした・・・。中古高すぎますし。。。
ユンボルは元々の値段が他と比べて高いですからね。
それに仏ゾーンは比較的手に入れやすいですし、マンキンを深く楽しむなら仏ゾーンは欠かせません。

>いきなり長文失礼しました。
なにかあればまたどうぞ。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。