スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちーちゃん・ハルさん誕生日おめでとう! ~現在・過去・未来~

普段はクールですが実はスキだらけで、最近はドジっ子の属性も付くとか付かないとか・・・。
COOL.jpg
そんな千桜さんのこれまでの軌跡をみてみましょう。

1988/08/30 どこかで生まれる
このマンガにおいて出身地的なものは、特に重要ではないので明かされることはなさそうですが、恐らくジモッティさんだろうな。
仮に田舎出身だったらイメージ的に東北系っぽい感じがする。
そして自分はまだ生まれてない。

2004/10/06 サンデーにて「ハヤテのごとく!」連載開始
この頃はまだジャンプしか読んでませんでした。

2007/04/25 原作第125話「自分で買うのはイヤだけどもらうと一番嬉しいものはなんですか?見つけにくいものですか?」にて春風千桜として初登場
このときバックステージVol.128にて、名前と生徒会の書記である事が明かされる


この頃はもうマンガにハマって、その過程でサンデーを買ってハヤテも読んでました。
このときは確かクール系、メガネ、ポニーテールとハヤテでは比較的珍しかった属性を持った子だなぁ、と。
まだ情報が少なく、もしかしたら軽い無口系なのかな?とか思っていました。

2007/07/11 原作第135話「ローゼンメイド。ローゼンが作ったメイド。ジャンクにしてあげない」にてメイドとしてハルさん初登場
メインヒロインであるマリアさんを悉くスルーしつつ第3のメイド・ハルさんにライトを当てた回。
個人的にメイドという一面が周りにバレたらアウトっていう設定がストライクで、普段はメガネなのにメイドの時はメガネを外していることも見事にストライク、更に普段はポニテでメイドの時は髪を下ろしているのも実にストライクで、空振り三振でした。
要するにこの回で好きになったわけですね。

2007/09/05 原作第142話「正体がバレると動物にされるって設定はよく考えると怖いよね」にて、初メイン及びメイドになった理由が明かされる
この話と原作第218話「絆の石」で春風家の家庭事情が少しだけ明らかになり、いろいろと話題になったと個人的には思ってる。
ただ西沢家の家庭事情の暴露ぶりには勝てないとも思ってる。

2007/11/14 原作第152話「いらない萌えと、いる勇気」にて、羽織っていたパーカーが消える事件が発生
<Before>
パーカーbefore
<After>
パーカーafter
恐らく学校指定か何かの服装だとは思うけど、なにゆえ脱がしたのか?
パーカー陣の割合が多かったから調整の為だろうか。

2007/11/21 原作第153話「遠き山に日は落ちて谷も落ちて」にて、腐女子疑惑浮上
まぁ男のオタクと違って、女子でオタク=腐女子みたいな風潮もあるからいつかはあると思った。
ナギがあそこまで腐女子だったことには驚いたけど。

2008/05/14 原作第175話「人生に必要な人とはだいたい出会うようにできている」にて、メイン及び咲夜との出会いが明かされる
ふらっと前を通ったメイド喫茶でバイト始めたり、見ず知らずの子と一緒にゾンビを倒すゲームをやったりと何気に行動力はすごい。
こういった行動力を隠せてないのにクールキャラを演じるハルさんが好き。

2008/09/17 原作第192話「スキのある女の子がスキというダジャレを言うのはダレジャ」にてメイン及びナギと初めて本格的に絡む
やっとプロのニートと本格的にオタ話をした回。
クールなようでスキだらけなところが好き。

2008/01/28 原作第209話「限定グッズは作る方も実は大変」にて、メイン及びナギと2回目の絡み
俗に言うバイト編ですね。
アニメイト秋葉原店が忠実に再現されていて驚きました。
アニメイト側もここぞとばかりにハヤテに出ましたってPOP作ってましたし。

ナギとは2回目の絡みで、またもや意見が合いませんがそこが二人の仲の良さを表現しています。
またナギの「お前もこんなことしたことあるのか?」というつっこみにあせるハルさんのリアクションが良かったです。

2009/04/01 原作第218話「絆の石」にて発表された第2回人気投票で初登場第9位を獲得及び膝に貼ってある絆創膏からドジっ子疑惑が浮上
9位という事実に驚きと喜びが入り混じった回。
そしてナギと旅行に行く、恐らく1話以上になるであろうメイン回の存在が明らかになり、膝に貼ってある絆創膏の理由も明らかになるはずなので更に出番が増える予定。
いつになったら日本に帰ってきてくれるんだろうか。

そんなわけでサクッと振り返ってみました。
ここで少し流れを変えて、占い系といえば欠かせない「うそこメーカー」さんから、ご存知「脳内メーカー」で、千桜さんの隠れたその内側に迫ってみたいと思います。
harukaze-chiharu-nounai.gif

ほうほう。
つまり書記モードからメイドモードへの変身秘密にしていることをネタに淫遊して欲しい、と。
書いててゴメンって思ったけど、なんか同人のネタでありそうだなぁって思った。
でも愛歌さんとの関係を考えるとあながち間違ってはいない感じもする。

上記の通りいじめられたがりというかMであることは明らかなハルさん。
イジめられる
メイド時はSという声も聞きますがやっぱりMにしか見えない。
現にSキャラは同期の愛歌さんがいますし。

しかしそんなM全開なハルさんの核となるのはやはり
可愛くて物凄い人のサポートのようなことをするのが好き
という部分なのです。

このマンガは珍しく家族構成まで設定されていて、畑先生のことなので設定した以上はそのネタをどんな形でもいいから使うために設定したと思われます。
そんな千桜さんの家族は父、母、祖母で構成されていて、父、母のみであればごく普通の一般家庭だったのですが、祖母という設定があるためこの家族構成に特別な意味が出てきます。
恐らく千桜さんはおばあちゃん子だったのではないかなぁというのが自分の考えで、大好きなおばあちゃんに褒めてもらうために幼少期から家事の手伝いや勉強を頑張ったり、おばあちゃんの世話をしていたため今の千桜さんがあるのかなぁ、と。

それが現在では咲夜のメイドに繋がり、他にも作中ではこんな感じで随所に
心配症心配症2
他者のことを気にかける描写があり、右の絵ではこの後文を生徒会室まで案内してあげます。


ただこの考え通りに畑先生が家族構成に祖母を加えたとしても、これが作中あるいはBSやその他で語られる日が来ることは恐らくないと思われ、もし語られるような日が来る頃には30巻くらいは余裕で出てるのかなぁと思います。
しかし、語られるその日が来たとしたら、幼少期のロリ千桜さんが出てくる可能性が極めて高いので、期待して待っています。


それよりも早くBSなんかじゃなく作中であの太陽のような明るい笑顔を見られる日が来るのを待っているんですがねぇ・・・。
ホントいつになるんだろ。
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。