スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第246話 絶対無敵ミダスンオー


久々に出てきた八葉六式。
ニコニコに「伊澄さんは大変な八葉六式をしていきました」って言う動画があるんで、一度見てみてはいかがでしょう?

ハヤテのごとく!第246話「最強vs無敵」の感想。

古くから人々はさまざまなことで争ってきました。
貧乳と巨乳、年上と年下、ロングとショート、黒髪と金髪、究極と至高、etc…。
そして今回、新たに最強と無敵で争うわけなんですが・・・

最強が伊澄さんで無敵がアテネでいいんだよね? 

ここ最近のBSの内容
・このアテネのシリーズの後のシリーズは展開……というか構成的に物語の時間がサクサク進むシリーズになるはず
・このアテネのシリーズが終わるともうしばらくこういう少年漫画的バトルシーンは予定にない
を見るに、何となくこのバトルの方向が見えてきたような、こないような。

とりあえず今週の展開で一番言いたいことは伊澄さんの同様の仕方に違和感を感じる。
普段はこんな感じだから
あ・・・ズルい・・・

動揺して13歳の素に戻ればこんな感じにもなる
伊澄動揺

って言われたらそれまでなんだけどね。
でも普段の伊澄さんからはちょっとイメージできない感じでした。
なんか最近、例えば王玉取られたときのハヤテとか違和感を感じることが多い気がするけど、自分の固有イメージが固まりすぎてるんだろうか。
でも固有イメージが固まるってことは、原作のキャラがマンネリ?だっていうことでもある。
ここは少し距離をとった方がいいのかな。
ハルさんも出てないし。
でもラブってコメる時のアテネは見ててニヤニヤできるからあぁ・・・。


で、今週の気になったセリフ。
アテネ優勢
「もしかしてあなた…今まで自分より強い力を持った者に…出会ったことなかったのかしら?」
このセリフから察するに、アテネは自分より強い力を持った者に出会ったことがあるということになるんですが、誰のことだ?
既出キャラであれば帝くらいだと思いますが、帝じゃないまだ見ぬ帝、アテネの敵が該当しそう。

後はアテネの後ろの骸骨が悪霊ではなく英霊だと指摘した伊澄さん。
やっぱりミダスさんですか。
先週の感想で千本桜景厳じゃなくて、王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)にしといてよかった。



来週で終わるんだろうかこのバトル。
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原作第246話~Crazy Power フタリ・ハ・ムテキ~

キング・ミダスの再来によってピンチになったハヤテの前に、 伊澄と咲夜が立ちはだかった。 第246話「最強vs無敵」 タイトル・・・...

ハヤテのごとく! 第246話「最強VS無敵」感想

…姫神は? 伊澄が最強(たぶん)でアテネが無敵(おそらく)なら、コイツの位置付けは何だろう?まあ、当分登場しそうに無いんで考える...

ハヤテのごとく! 246話 最強VS無敵

緊急参戦した咲夜と伊澄。不幸の最中、ハヤテに舞い降りた2人の天使。神出鬼没のライセンスは2人とも取得済みなのですね分かります。マキ...

最強じゃ敵わない。ならばムテキをねらえっ! 246話「最強vs無敵」

こんばんは、とろんべであります♪ ついに終わりました、体育大会が! ウチの科は7科ある内で4位・・・だったはず。 ちょうど真ん中、良く...

ハヤテ第246話「最強vs無敵」の感想

これくらいの霊的攻撃はすべてはね返せます。 対するアテネの攻撃 「あ・・・ズルい・・・」

ハヤテのごとく! 第246話「最強vs無敵」

 アテネ強えぇぇ!!!  伊澄さんも別格の強さを持ってたけど、これじゃもはや常人

今週のアテネ その18 色んな意味でどうなるんざましょ…

 降臨 満を持して。  電王ネタが多いのは、新しく出た電王の映画DVDを観たからなんだ。影響されやすくてごめん…。

ハヤテ246話  うう~ん…

   お前倒すけどいいよね?  答えは聞いてない♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。