スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子ULTIMO 第十幕「おのこのこ心中」の感想

いとをかし。
今回は新キャラ祭り。
そんな第十幕「おのこのこ心中」の感想です。

ルネとジェラスが出会ったシーンから始まり、契ってそこから回想へワープ。
時は12世紀、京都にいる月光の君(16)のもとを乱暴流牛乳作「光択(カウンタック)」というブラックシクル×3匹が引く牛車に乗って訪れたこの国の最高権力者であり婚約者の骨壷帝(31)無職。
骨壺帝

こいつはいつの時代も無職なのか。

で、骨壷帝というかKをいときもしと思う月光の君が契ろうとしているところに貴族を倒しにきた大和一派が登場しKを成敗。
そこで月光の君を奪い、やがて結ばれるんですが、このときのウルティモはまだ生まれたばかりからか、知識が少なく大和から貴族=悪と教えられていた為貴族の娘である月光の君をあまりよく思っていませんでした。
月光の君

そしてこのときの月光の君の大和に対する思いは、時を超え小平ルネという男に生まれ変わってからも変わっていませんでした。
これは今年の冬コミはマンキンよりウルティモの方が熱くなりそうです。
大和×ルネ、大和×ウルティモ的な意味で。

話は現世の大和&ウルティモVSルネ&ジェラスのシーンに戻り、契ったことにより全てを思い出しているルネは、鬼蜘蛛状態で神童状態の大和に愛の告白。
焦る大和。
全てを見ていた狭山さんとその友達たち。

その隙にルネは八臂縁電槍で攻めます。
文字通り一体化している神童(ゴッドウルティモ)状態のときは、神経も繋がっているそうでウルティモへのダメージは中にいる大和へも与えられるそうです。
優勢になったルネは「ウルティモは契った時に全てを大和に見せていない」と、今度は言葉で大和の動揺をさそいます。

確かに第5幕で少し触れたようにウルティモは修羅になった過去があるそうで、大和もこれを思い出します。
第5幕「修羅月光塔」の感想

心が揺れた一瞬を狙われそうになる大和の元に田茄子警察の達磨田警部が現れ、この隙に大和はルネと一緒に富士の樹海までワープ。
何故か大和に対し「おかしら」と言ってしまった達磨田なんですが、なぜ過去の記憶を思い出しつつあるのか?
達磨

気になるといえば過去の世界では大和の手下として一緒に貴族を倒した盗賊団の仲間と、現代でウルティモの元に集まった六波羅蜜のメンバーに繋がりがなさそうだということ。
火男

盗賊団のメンバーのポジションは一体なんなのだろう。

で、富士の樹海に移動した大和とルネですが、心を読めるルネに時空操作の力がもう使えないことを読み取られ、依然不利な大和。
童子との合体で一番大事なのは互いの波長で、ルネのセリフでウルティモを疑いそれが崩れた。・・・しかし今のルネよりウルティモの方が信用できるからと建て直し、逆に六波羅蜜全員集合で形勢を逆転します。
六波羅密

持戒のレグラはエコさん、忍辱のパルドネは石神井、残りの禅定のゴーグ、精進のスロウ、布施のセルヴィス、智慧のソピアは誰が殿なのか。
過去の感想を参考にすると、禅定のゴーグは大泉、精進のスロウはマチ、布施のセルヴィスは久米川、智慧のソピアは武蔵と予想、というか希望。
第6幕「殿寄合病棟」の感想

そして童子と言えばもう一つ重要なものがあります。
パルドネは蝶、あるいは蛾なんですが、六波羅蜜最古参キャラのレグラはまだ明らかになっていませんでした。
今回遂に明らかになったんですが渦巻きのような模様がなにを意味するのか。
長い舌的な意味でカメレオン?
でも、レグラの能力は「他人の記憶を操作する」というものなのでカメレオンとどう言う関係があるのだろうか。
そもそも能力と動物に関係があるのかすらわかりませんが、ここは恐らくあると考えて間違いはないでしょう。

話を戻して、ゴツイ系のゴーグは角の様な模様と豚の鼻の様な模様から猪と予想。
怪しい呪術師のようなスロウはそのまんまの鹿でしょう。
そしてジェラスの能力で大和の心を読んだ内容と違うことがおこり焦るルネに対し、大和が言った「六波羅蜜の中に相手の能力を狂わす能力を持つものがいる」はスロウの能力と思われます。

そして特に目だった特徴がないセルヴィスは残念ながら名前で隠れてます・・・。
しかし無限の模様(∞)のように見えます。
まぁ∞だったとしても何を意味してるのかさっぱりなんですけどね。

そして最後にソピア。
これはそのまま虎模様の虎ですね。
この中では能力が一番気になります。

しかし、せっかく全員集合しましたが1対1で決着をつけるために、六波羅蜜には手を出させないようにするため、彼等の能力・殿はお預けです。

そして最後に唐突に出てきたダンスタン博士と前回出てきた謎の機巧童子ミリュー。
第九幕「契ノ儀」の感想
ミリュー&ダンスタン

ミリューと言う名前がわかっただけでも大きな収穫ですが、ふんどし?部分には八の字を描く龍の姿を確認。
これは大収穫です。

となると気になるのが、前回のあの龍はミリューとダンスタン博士が合体した姿なのか?ということ。
龍

形状が人型ではありませんが、神童(ゴッドウルティモ)は手を扇に変えましたし、鬼蜘蛛も背中から蜘蛛のように手を出したことを考えると、合体した後に変形した姿なのでしょう。

で、これは希望であり妄想ですが、やっぱりミリューは愛の機巧童子なんじゃないかなぁ、と。
煽りの愛・憎・善・悪入り混じり!!の愛はルネから大和への愛をさしていますが、このタイミングで出てきたことを考えると、憎を嫉妬のジェラス&ルネ、善はウルティモ&大和、悪はバイス&K、そして愛がミリューを指すことになります。

何れにせよ善の童子たちが動き、ダンスタンも動いて、次回はバイス率いる悪の童子たちも動くことでしょう。
7つの大罪と殿が出てきてくれるのが一番ですが、今回が新キャラ祭りだったので次回は設定の説明がメインかな。
それはそれで楽しみなので次回も期待してます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。