スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテニュース

【マニアなんです】矢口真里のガイドライン(日刊スレッドガイド)
「子供の頃からニュースサイトが大好きで、はっきり言ってオタクレベルです。
最近好きなニュースサイトはズバリ!かーずSP、カトゆー家断絶、ゴルゴ31です。」

自分は嵌らなければすぐ飽きますが、この貪欲さは見習っていきたいです。
というわけでニュースサイトの真似事です。


「はむ☆らじ」第6回無事放送終了。(そして僕たちは西へ向かった)
ハヤテSNSについてと、今のハヤテのごとく!(ハヤテ原作のGWの超展開の感想や考察など)に興味があったので、自分は最初から最後までポケモンやりながら聞いてました。

SNSができた当初はそれとなく興味があったんですが、今はこのビッグウェーブに乗っておけば良かったな、とたまに思うくらいです。
掲示板に誰が書いたかは忘れたんですが、要約すると自分も全く同意見でした。
・絵師でもないし、SS作家でもないし、感想はこっちで書いてるから、何をしていいのか分からない
・ハヤテ以外の話題を快く思ってない人が、少なからずいるだろうから、あまり関係ないこと書くのはタブーとまでは行かなくても、悪い気がする

ラジオを聴いていると、ハヤテSNSはハヤテが好きな人が集まるというのが核になっているそうですが、『ハヤテ以外のことも書いても良いよ』ってことをもう少し広めてほしかった。
なんか閉鎖的なイメージが強く、新規参入しづらい感じが払拭できると変わってくるのかもしれない。
でもオープンにし過ぎるのも荒らしとかアンチ系が入ってくる要因になるので、そこらへんが難しいところですね。

春風千桜がどうも4Verに分かれるらしい件(アスまんが)
ハルさんの代名詞になりつつもある「スキだらけ」がハルさんの新しい顔ですか。
カードは収集癖があるせいかコンプリートしたい衝動に駆られるのでなかなか手が出せないため、情報が疎いです。
ちなみにスキだらけVerのハルさんはハヤテのごとく!!TCGブースター第10弾「秋のナイショ」の中の1枚らしいんですが、1箱買えば当たるんだろうか。


ハヤテはアテネとナギのどっちを選ぶのか、つまらない理由で予想してみる。(しっぽきり)
アテネを選ぶのかナギを選ぶのかによって王玉の行方が決まってくる最近の展開。
各地で色々な妄想が飛び交ってますね。
うちは愛歌さんの王玉を使ってさっさと日本に戻ってきてほしいと考えていますが、アテネとナギのどっちを選ぶのか?と言われたら個人的にはアテネを選んだ方がネタとして面白いと考えてます。

※以下妄想注意。
アテネを選ぶとハヤテは三千院家の執事を解雇されますが、同時にアテネの執事になる道ができます。
元主のいる白皇学院は通いにくいでしょうから辞めて、海外で王玉をめぐる能力バトル編でもやれば良いと思う。
そうなると今まで250話もかけてやってきたナギたちはどうするんだ?って話しになりますが、ただの前座じゃアレなのでナギ&マリア、伊澄&咲夜、ヒナ&ハム、愛歌さん&許婚、ワタル&サキさん、姫神&ハルさんあたりがこのバトルに参戦すれば問題ない気がする。
ハルさんの出番がなくなるのでやっつけで姫神をチョイスしたのは反省してる。
で、ハヤテが自分じゃなくアテネを選んだのにナギ、ヒナ、ハムをどうやって参戦させるんだ?って話しだけど、ナギを救うためアテネに着いて行ったとか、「いきなり自分達の前から消えたハヤテの本当の気持ちを知るために」みたいな感じにしておけば、ホイホイ参加してくれるんじゃないかなぁと思う。

BSで、
このアテネのシリーズの後のシリーズは展開
……というか構成的に物語の時間がサクサク進むシリーズになる
はずなので……ご期待ください。

ってあったけど、争奪戦参加のきっかけさえやっちゃえば修行パートみたいなのとか飛ばして、そして数ヵ月後みたいなのもありかなぁと思う。

まぁハヤテのみぞ知るセカイなので、wktkしながら待ってましょう。
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。