スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代ワールドホビーフェア’10Winter 後藤隼平先生サイン会

1/24に幕張メッセで行われた後藤隼平先生のサイン会に行ってきました。

2010年最初のサイン会は次世代ワールドホビーフェア'10Winter内のサンデーブース企画の一つ
として行われ、初めてのWHF、6年ぶりの幕張メッセにwktkでした。
また今回のサイン会は普段行ってるサイン会とは違い事前応募と当日の抽選によるものでしたが、
これがまた何とも言えない感じにさせてくれました。

自分は事前応募組だったんですが、締切の当日(消印有効)の朝に思い出したかのように書いて
ポストに入れたのがまさか当たるとは思ってもいませんでした。
事前応募は30名だったことを踏まえるともしかして物凄く応募者が少ないのかなぁと心配になったん
ですが、後述しますがガチで少なかったです。

当日は事前応募当選者集合場所が一般参加者の待機列とは別にあったので、9時集合に対し8時に
海浜幕張駅到着で行ったら、一般参加者の存在をすっかり忘れててメチャクチャ込んでました。
親子連れをはじめ、消防・厨房のみの集団がうじゃうじゃいて混雑する駅のホームを走る走る。
でも改札を出た後はゆっくり歩くのは何故なのだろうか。

地図に書いてある集合場所付近に着いたのが8時10分頃で、おはスタやベイブレードとか他の事前応募系は
既に長蛇の列ができていて、看板もしっかり立っていたので人目でわかったんですが、人数が少ないせいか
サイン会の列が見当たらない。
仕方がないのでスタッフに聞いたんですが、「あの列の辺りにいるスタッフに聞いてくれ」と言われて、
言われた辺りにいるスタッフに聞くと「あの列の奥にいるスタッフに聞いてくれ」と言われ以下ループ。
たらいまわしにされ俺は役所に来ちゃったんだろうかと思いながら、ウロウロすること20分
なんとサイン会の待機場所は会場内であることが判明し、サイン会参加者は並ばずそのまま会場に入ること
ができ、その入場場所が2番目に聞いたスタッフのすぐ近くだったことも判明。

「6時7時ごろから並んでる人もいるんだろうなぁ、大変だなぁ」等と思いつつ、並んでる人を横目に
知らない人が見たら悪質な割り込みにしか見えませんが無事入場。
入口でカードやハイパーヨーヨーを配布していましたが無視して集合場所へ。
ところが地図を持ってないので会場内の配置が全くわからず、「とりあえず右折」したら早速迷子。
配置からして入り口に近い側が人気のブースらしく、まだ準備中で一般の参加者は9時入場なので空いていて、
(この時まだ8:35)ウロウロしながら何とか集合場所のサンデーブースへ到着。
同人イベントの開始前とかこんな感じなんだろうなぁとか考えると、サークル参加って良いなぁ、と。

スタッフの人に参加権のハガキを見せ、首からさげる参加証をもらい「9時半にまたここに着てくれ」
と悪魔のような一言を言われるも時間が潰せない。
基本的に9時開場・開始なのでイベント的なものはまだやっておらず、何故か始まってる物販をウロウロするも、サンデーブース、ハヤテブース共に特に興味なし。
次世代WHF10 コスパ出展情報!「ハヤテのごとく!!」新作グッズ販売!

ただ、物販のコミックコーナーでコミックスを買うと、色紙とは別にコミックにもサインをもらえるという
AKB48程ではないが、悪徳商法にホイホイ乗っかり、ハヤテ22巻限定版と一緒に購入。
ちなみにサインは色紙にされるのにもかかわらず、何故か発売日に購入していた「銀塩少年」1巻を勝手に
持参していたんですが癖なんだろうか。
購入したコミックも初版だったんで、まぁ何でも良いんだけどね。

その後9時半まで時間を潰して集合場所へ。
スタッフが少ないせいか事前応募者を放置して当日抽選者の対応をするスタッフに対し不安を感じ始める。
集合時間から10分が経過したところで、サイン会の会場が作られ事前応募者が用意された席へ案内される。
サインはステージ上で行われ、1番目の人からステージ向かって右から順に座っているハズなんだけど、何回
見ても10人弱くらいしかいない。
ちなみに自分は3番目でした。

すぐに事前応募者の案内が終わり、事前応募者が座る目の前でスタッフが持つ缶に入った割り箸を引いて、
あたりの赤かハズレの白かという確立50%の当日参加者の抽選が始まったんですが、割り箸は2本しかないので
前の人の結果からあたりの割り箸が容易にわかり、スタッフも引いてもらった割り箸を缶に戻して、とりあえず
不正防止で缶を振るんですが意味が無く、時間がないのと予想以上に多い当日参加券(30~40?)を捌けさせない
とサイン会が始まらないのでほぼデキレースみたいでした。
また、後藤先生のほかにお昼から「電脳遊戯クラブ」の小笠原真先生のサイン会もあったんですが、それの当日券
も一緒に配布していて、当たった人がどっちが良いかを選んでいるので流れが悪い。

何とか開始時刻の10時に間に合い、無事にサイン会がスタート。
1巻で先生の写真が載っていますが、後藤先生はなかなかのイケメンで、ブーツインしちゃう程のお洒落さんでした。
基本的に人前に出ることがない職業なのでガッチガチに緊張してましたね。
最初は司会のけしからんお姉さんと一緒に無難なトーク(作品紹介等)をして、その後事前に書いた質問を
先生がランダムで選んで答えて~みたいなのを30分近くやってました。
質問を読んでもらった人にはサイン付きサンデー手帳とやらがもらえたんですが、
「何故畑先生のアシになったのか?」なんて質問は読まれるはずも無く、絵が上手くなるには?みたいな質問
ばかりで終了。
ちなみにサンデーブースの企画の一つであるこのサイン会のタイムスケジュールが9時半~11時だったんですが、
間に合うはずがないのでそのあとどう進行したのかだけ気になります。

サイン会開始から30分ほどして、ようやくメインのサインがスタート。
サインを書く先生の隣に大きなカメラがあり、そんなに近くによる必要があるんだろうかってくらいの距離で
書いてる様子を、大型スクリーンで生放送してるんですが、昨今の個人情報保護の観点から考えると、本名を
大型スクリーンででかでかと映すのはあまりよろしくない気がしないわけでもない。
前述の通りサインは用意された専用の色紙と、コミック購入者にはコミックスにも書いてもらえ、色紙には
自分と先生の名前のみで、コミックはそれとヒロインのイラストがプラスされたものでした。
普通の書店でやってるサイン会が、対象コミックの購入が参加条件になっていることを考えると、コミック
を買わないのは損以外のなんでもないですね。

で、自分の番。
まず色紙の方にサインを書いてもらって、その後購入したコミックスにサインしてもらうんですが、コミック
にサインする場合カバーをはずして表紙の裏(1ページ目?)か裏表紙の裏(最後のページ?)にするためコミックと
同じ厚さのものを下に敷いて書きます。
しかしそんな準備は無く書き難そうだったんで、持参したコミックを下敷きとして提出したら、先生と編集さんが
驚いてました。
まさか完全に無意味だったコミックがこんなところで役立つとは思ってもいなかったんで、自分も驚きましたよ。
すぐに編集さんがスタッフの人に指示してたんでその後は何とかなったんだと思います。

そんで肝心の書いてもらってる間の様子なんですが、目の前と言う至近距離にもかかわらず会話が困難なほど
会場内がうるさく、前述のように諸々あったんでまぁ終始無言でした。
というか先生が緊張してるせいか喋りかけるのもアレかなぁ、と。

そんな感じでサインが終了。
一応「これからも頑張ってください」という形式的な挨拶だけして撤退。
サイン終了後は一応すぐにサインが写らないように入り口でもらっておいたチラシを挟んで、色紙をコミックを
買った時にもらった大き目の袋に入れてそそくさと家路へ。

この時既に10時40分頃で、開場から1時間40分経過していたのでかなり混雑していました。
コミケとの大きな違いとして、コミケはみんなそれぞれ目的を持って行動しているため、とりあえず流れてはいる
のに対し、WHFはガキ率が高く自分勝手に集団で立ち止まったり、小さい子も多い為下手に動きにくい。
また会場の端の方で戦利品をあけたり、カードバトルしたり、ベイブレードしたり、そういった止まった集団が
通路を余計に狭くして流れを余計に悪くしてましたね。
そういった点からコミケの方が全然楽なんだなぁと実感することができ、そういった経験ができただけでも
今回のサイン会は新鮮で非常に有意義でした。
もしハヤテのサイン会が当たってもこの経験を活かせるハズだし。
まぁ当たるかどうかは神のみぞ知るんですがね。

そもそも小学館はWHF以外他と比べてあんまりサイン会のイメージがないので、結構貴重だったのかな。
次回があればまた参加したいですね。

後藤先生お疲れ様でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

一日目の東先生のサイン会行ったのですが
やっぱり2日目も手際悪かったんですね…
今回のことも含めて次回良くなるといいんですが…

No title

>ひげの人さん

>一日目の東先生のサイン会行ったのですが
>やっぱり2日目も手際悪かったんですね…
>今回のことも含めて次回良くなるといいんですが…

あの対応は1日目からだったんですか。
他のブースのサイン会と違って参加者の年齢も高く、人数も少ない
ハズなのに、それを上手く対応できないのはちょっと不安になりますね。
次回あたり畑先生とか混雑が避けられない方がサイン会をやりそうなので、
対応が改善されないとあれはマズイですよね。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。