スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第258話 謝ろうと決めた日

体操着の下にはブラも造形!レジーニャ!「ハヤテのごとく!! 桂ヒナギク」のPVCサンプル(moeyo.com)
店の人と俺しかいない程空いていたけど、流石にそこまで見れる雰囲気じゃない@WHF。
イベントのメインが小学生~中学生なので若干浮いるしね。

ハヤテのごとく!第258話「永遠のために君のために」の感想。

先週の話から一転してお外組は敵に囲まれてピンチ。
マキナの中にあった白桜に導かれてヒーローが疾風のごとく駆けつける。

てかマキナの力の正体は白桜だったのね。
で、その力はアテネの神様の真似事によるものだから、英霊に支配されかけたアテネでは制御ができずに
ボッコボコにされた、と。
そうなるとあの蛇も白桜の力によるものなのか。
これと遂になる黒椿も同等の力があると考えられるわけなんですが、果たして
黒椿は今誰が持っているのか?

個人的に最有力候補として挙げられるのが姫神君。

恐らくは帝に利用されていたとはいえスキあらば王族の力を独り占め使用と考え(これについては帝、
アテネも同じだと思う)おとなしく利用されていたのに、王族の庭城への道が消えてしまい、帝(アテネも含む)
に期待できなくなって、姫神君一人で、あるいは帝級の力を持つ人物と手を組んで王族の力を手に入れるために
王玉を奪おうとしてクビになったのかなぁ、と。

ハヤテのごとく!第241話 神達のみぞ知るセカイ
過去の感想で書いたのと大体同じ感じでアテネや帝たちとはそりが合わなくなったか、あるいは誰か(ハヤテの父)
の陰謀によってアテネたちから離れ、その姫神君を止める為にアテネと帝は王族の庭城(ロイヤル・ガーデン)に
行きたかったんじゃないかなぁ、と。
アテネも帝も各々王族の庭城に行く別の理由がありますが、これも一つの理由ということで。
無理やりですが妄想だからね。

ですが、アテネがマキナという盾を持っているということを考えると、姫神ではないにしろ何か大きな力を持つものが
いるということが十分に考えられ、そこら辺がHayate the combat butlerというサブタイトルに繋がってくるのでは
ないでしょうか。


で、空飛ぶ妹を尻目に姉はデートの続き。
薫先生の「それよりも………」が何かに対してのツッコミなのか、告白なのかが激しく気になる。
てか先週ハムの衣装を雪路が着てたんだけど、それってハムと雪路が会った可能性が極めて高いわけで。
それに気付いたのが感想書いた次の日だったからとりあえずこっちに書いてみた。
この旅行終わって学校が始まっちゃうとハムの出番が減ると思ってましたが、ハムには雪路との繋がりも
ありましたね。
個人的に旅行後の展開次第ですが、寄り道が許せればそこら辺のエピソードも読んでみたい。
本筋に係わってくるのなら、それに越したことは無いんですけど。

そして話を中断されていた今週の本編。
ボロボロのハヤテとアテネを自分に取り込み始めた英霊、ぞろぞろ沸いてくる妖怪、自分を犠牲にしようと
するアテネ。
そしてそこに現れるヒーロー。
潜在能力を極限まで引き上げる鷺ノ宮家の宝具「木刀正宗」を受け取り、動けるようになったハヤテ。
白椿の方が絵になるけど、アテネの力がないと使えないから仕方がない。

えーと、作者的にはかなり途中というか
とりあえずこの辺のネームというのは
最後まで一気に描いたのを毎週のページ数に合わせて
ぶつ切りにしている感じなので
とりあえず決着がつくまで見守ってくれるとありがたいです。

最後まで見守りますが、出口が見えないってのは結構きつい。
「かなり途中」が指す意味は5合目なのかなんなのか。
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!258話「永遠のために君のために」

正義のため、助けるため、剣を振るう。 それがヒーローの役目だから。 どうも、彗星です。 今日はカラオケに行ってきました! 宇宙...

ハヤテのごとく!第258話「永遠のために君のために」感想

「シ」抜きで いや、死ぬ気で! で、初動合計7万らしいです・・・。 ・<化物語>BD4巻 約4万8000枚でテレビアニメ史上最高...

原作第258話~永遠のために君のために~

危険が迫る中、ヒナギクは歩にハヤテのことを話した。 歩の一言、姉の言葉に心が救われた矢先に・・・。 第258話「永遠のために君のために...

その時少女は涙をこぼして。 第258話「永遠のために君のために」

こんばんは、とろんべであります♪ 模試(英語)・・・ぶっ飛びました。 4択だったので、カンでも当たる可能性はあるから嬉しいものの、や...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

今回のハヤテで、英霊がハヤテに向かって、
「お前に・・切り落とされた腕の恨み・・」
と言っていましたがどうゆうことなんでしょうか?
そんなことありましたっけ?なんか気になりました。
だいぶ終盤な気がしますが、まだ途中ですか。長いですね~。

No title

>銀竜さん

こんにちは。

>今回のハヤテで、英霊がハヤテに向かって、
>「お前に・・切り落とされた腕の恨み・・」
>と言っていましたがどうゆうことなんでしょうか?
>そんなことありましたっけ?なんか気になりました。

あぁ、これ触れてなかったですね。
「お前に・・切り落とされた腕の恨み・・」 という言葉ですが、 22巻の扉?
目次の裏のページで英霊(ガイコツ)が右腕を誰かに剣でやられてるんですね。
恐らくその時の相手と、ハヤテを勘違いしてるって言うのが一番可能性が高く、
ハヤテと勘違いするってことはハヤテ兄の犯行ということに。

一応ハヤテが10年前に英霊をオーバーソウルしたアテネと戦った時は、
腕を切られたような描写は無いし、あの表現で実はあの時腕を切られてました
ってのはかなり無理がありますね。

とりあえずここら辺については、あとで追記か新記事で詳しく触れて見ます。

>だいぶ終盤な気がしますが、まだ途中ですか。長いですね~。

ここに至る過程を考えれば短いんだろうけど、ゴールまでの距離がわかって
ないとペース配分が上手くできませんからね。
やっぱり長いですね。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。