スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏ハヤテのごとく!第258話 だれが切り落としたクックロビン

「お前に…切り落とされた腕の恨み…」についてのコメントをもらって、この前の感想で
これについて触れてないことに気付いたので、とりあえず自分の妄想想像をば。
ハヤテのごとく!第258話 謝ろうと決めた日

なんか思ってたより長くなったんで収納。
今日のメインはウルティモなんですいません。
何か表現がおかしかったところが多々あり、一応修正をしたので暇をもてあましてる方はどうぞ。
英霊さんことキング・ミダスがハヤテに対し言った「お前に・・・切り落とされた腕の恨み・・・」。
身に覚えのないことを言われ困惑するハヤテ。

で、これに対しては22巻の扉というか目次の裏のページのミダスさんが何者かに右腕を剣によって破壊
されている事を指しているんでしょうね。
逆にヒント無しで今更そんな事持ってこられても、メイン食べたあとにそれは食べれませんよ。

とりあえず10年前に英霊をオーバーソウルしたアテネと戦った時は、腕を切られたような描写は無く
(というかアレで実は腕切ってましたってのは相当感受性が豊かな人でも無理)、ここまでの過程で英霊の
腕に関する描写(例えばアテネが腕を痛がるとか)もない事から、腕を切ったのとハヤテは関係ないハズ。

もし22巻のアレが無ければ、ちょっと無理がありますがハヤテによって何らかの計画に支障が出たという
比喩的な表現としてもとれたんですけどね。
ただ10年前に出会ったのが最初で最後で、一人で城の中にいたアテネにハヤテという風が吹いたことが
結果的にアテネの負のエネルギーが上げ、憑依合体に成功したんだから、どちらかと言えばハヤテの存在は
ミダスにとって嬉しい誤算だったはず。
あるいは誰かの計画どおり。
となると、少なくとも恨んではいないので「お前に…切り落とされた腕の恨み…」というセリフは額面通りに
受け取って問題ないことに。

じゃあハヤテは誰と勘違いされたのか。
これも普通に考えればちょいちょい出てくるハヤテ兄(大穴でハヤテ父)くらいなんですが、ハヤテ兄は黒髪
なのに対し、ハヤテはくすんだグレー?髪なので、もし執事服の方で判断していたとすると姫神君の
可能性も無きにしも非ず。

しかし白桜は黒椿にも匹敵する、正義をなすための王の剣なので、あの剣を白桜とすると
個人的に姫神君は悪のイメージがあるので違和感がある。
ある理由のために悪側にいる、悪側に操られているとしても悪に代わりはないので、白桜より黒椿の方が
しっくりくるんですね。

それに執事服で姫神君と勘違いしたとなると、ナギの執事を辞めた姫神君が何故未だに執事服を着ているのか?
それは新たに誰かの執事をやっていると言うことを意味し、三千院家の奥義を使えるが姫神君が仕えるほどの
人物
がいるということになる。
それはそれで問題だけど姫神君がアテネ(ミダス)と敵対する理由がわからない。

なので、結局ハヤテ兄一択になっちゃうのかなぁ、と。

で、ここでまた謎が出てきます。
1、何故ハヤテ兄が白桜を持っていたのか?(あの刺さってた場所から抜いたのがハヤテ兄なのか)
2、何故白桜は今アテネの手にあるのか?(オーバーソウル マキナin白桜)

白桜は黒椿にも匹敵する、正義をなすための王の剣で、いわば
正義の味方の最終兵器とアテネは言っていました。
ハヤテの兄であれば、よほどの人物でない限り抜く事ができない白桜を抜くことも可能でしょうし、人助けを
よくしている事から正義でしょう。

しかしよほどの人物であるはずのハヤテ兄が正義の味方の最終兵器とまで言われる白桜を持ってしても、
腕一本切り落とすだけだったってのは、正直しっくりこない。

それに勇気だけでは目の前で泣いている人を守る事はできないわ。
戦う力を備えなくては…… そうすればいつか……
あなたもあんな剣を手にできるかもしれませんわ。

というアテネのセリフからするに、白桜を手にできる人物が少なくともこの時代には一人いたということで、
流れからしてそれは恐らく黒椿を持つ人物を指しているんでしょう。
となると英霊ミダスの裏にはその人物がいる可能性も考えられます。
そんな人物が一緒にいたんじゃ流石のハヤテ兄もミダスの腕一本切り落とすだけだったことにも納得がいき、
そこで結果的に敗れた?ハヤテ兄の白桜をアテネが回収したって流れにもしっくりするんですけどね。
何かバトルモノみたいですが。

ただ、英霊はハヤテがアテネと出会った10年前にアテネに憑依合体しはじめ、尚且つハヤテ兄とハヤテは10歳
近く歳が離れている事を考えるとハヤテ兄説はかなり高いことに。
でもそんなにハヤテに似てる感じはなかったんだよなぁ。

どちらかといえば第208話で出てきたハヤテに似ているゆっきゅんの旦那さんの方が可能性は高い気がする。
1991年に生まれたナギの物心がつく前なので1991~3,4年には亡くなっているはずですが、ハヤテがアテネと
出会ったのが10年前の1993,4年頃の出来事なので、ナギ父が腕を切った犯人という可能性も考えられる。
そしてそれが原因で亡くなった、例えば一人娘をどこぞの馬の骨に取られた帝がアテネ(ミダス)を使って…
みたいな、少年サンデーなのに誰得(俺得)な展開ですが一応可能性としては、ね。

何れにせよ、白桜で腕を切ったのはウチでは珍しく無難にハヤテ兄なんじゃないかぁ、と。


さて黒椿。
白桜と対をなすなら当然こっちは不義をなすための王の剣で、いわば悪の最終兵器ってこになります。
そんなものを一体誰が何のために持っているのか。

アテネがマキナという盾を持っているということを考えると、姫神ではないにしろ何か大きな力を持つものが
いるということが十分に考えられ、そこら辺がHayate the combat butlerというサブタイトルに繋がってくる
のではないでしょうか。

と、この前の感想で書きましたが、姫神君の仕えてる主が姫神君に持たせてるんじゃないかなぁと。
個人的に姫神君には最後は正義でも今は悪でいて欲しいので。


まぁ誰が何を持っていようとバトル展開にならなければ、なんの関係もないんですけどね。
それにバトル展開になっちゃうとハルさんの出番なくなっちゃうし、バトル分はジャンプで補充できるしね。
とりあえず俺の中でハルさんが不足しているので、早く補充したい。
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど、ハヤテ兄ならすべて納得がいきますね。
とても深いところまで考えてらっしゃるのですごく納得がいきました。

個人的には咲夜が好きなんですけど、最近出番が少ない気が・・・
でも、ハルさんの方が少ないですからね。

No title

>銀竜さん

あるあr…ねぇよ!みたいな内容ですいません。
読み直したらところどころ表現がおかしくてすいません。
目に付いたところは修正したはずなのですいません。

>なるほど、ハヤテ兄ならすべて納得がいきますね。
>とても深いところまで考えてらっしゃるのですごく納得がいきました。

ただ、wikiによるとハヤテ兄は
季節が進めばいつかはハヤテ的に衝撃的な形で登場させる
らしいので、まぁ兄も王玉関連に係わっているのは衝撃だろうケド
人助けから正義のヒーローは思ってたほどのインパクトはないかなぁ、と。
それでも現状ではハヤテ兄が一番可能性が高い気がします。

>個人的には咲夜が好きなんですけど、最近出番が少ない気が・・・
>でも、ハルさんの方が少ないですからね。

最近…だと…!?
個人的に、アテネ編ラストはいつもの全員登場があると思っているので
それに期待してます。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。