スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ユンボル復建】ユンボル-JUMBOR-[荒野の床暖房]の感想【祝再連載】

昨年の11月18日に発売したウルトラジャンプ11月号に、約2年半の時を経て読み切りという形で復活した
「重機人間ユンボル」改め「ユンボル-JUMBOR-」なんですが、そこから3ヶ月ぶりに再び読み切りという形で
ウルトラジャンプに戻ってきました。
ちなみにそのウルトラジャンプをCOMIC ZINで買うと購入特典として「ユンボル-JUMBOR-」のメッセージペーパー
が付いてきます。


今回も前回同様ジャンプ連載時から300年後のWORLD XAND 3339(ワールドザンド暦3339年)が舞台。
というか「荒野の床暖房」というサブタイトルが付いた時系列的にも前回の続き。
だから前回を読んでないと速攻で
マッドブルって何?
バルは何故起きた?
となる安心設計になってります。
そこら辺の設定云々は前回の感想を見えもらえればある程度はわかるハズ。
ユンボル復建~「ユンボル-JUMBOR-」の感想~(前回の感想)

ただ、前回と違って本編の前にジャンプ連載時の超あらすじが、バルやその他のユンボルたちの懐かし姿と
一緒に記念すべき1ページ目を飾っていました。
右からベッセルのハブサス、ベルトコンベアのチェン、ジェットヒータのペチカ、グラップルのバイス、
テレスコブームのクレン、ショベルのバル、ダイナマイトのキリ、シャックルのレンチ、ブレードのドーザ、
スプレッダのブロワ&ミキシアと、こうやって重機人間が並ぶのは圧巻ですね。
またバルが重機人間になってすぐという設定なのか、ドリルがまだドカルト博士だったためドリルの姿は無く
当然ボリングもいません。

てか一番下のクレーン車とかの雰囲気が「勇者警察ジェイデッカー」のEDに似てるんだけど気のせいか。


では本編に行きましょう。
前回の読切で炭坑の町スクリオをマッドブルから救ったわけなんですが、そのマッドブルを手なずけ当ても無く
重機人間と化け物重機の男2人で荒野をウロウロ。
そのうえ重機人間と言えど腹は減り、そのまま行くと燃料切れで仮死状態になるそうですが、マッドブルが一緒に
いるため目立ち過ぎてゆっくり寝ることは出来ません。
そんなバルの目の前にEM(アースムーバー)に乗るジーさんがある方向を指差し現れる。
指差す方向を向いている間にジーさんは消えてしまいましたが、「つかれた時にはよくある話だ」と、
とりあえず指差す先へ向かってみることに。

指差す先にあったのは地獄蒸し定食を名物とするドライブインオンドル食堂
腹が減っていたバルさんにとっては天国のような店ですが、最近肝心の蒸気がパタッと止んでしまい、
今は店をやって無いと言う店主のバーさん。
冷えた荒野にど真ん中にありながら蒸気が吹き出し、ヤシも育つ程の温かな場所で、昔はスクリオの炭坑へ
向かう工事戦士の台所として大いににぎわったそうですが、今では文字通り冷えこんでしまいましたが、
あの頃は良い時代だったと懐かしむバーさん。

ところがロクデナシの工事戦士(ジーさん)は遊びに行ったまま帰ってこない。
昔はそこそこ名の知れた工事戦士だったそうですが、世界が平和になり工事の仕事が無くなってからは
2人で店を始めるも、遊びに行くと2~3日帰ってこないのは当たり前で、遂に10年前から全く帰ってこなく
なってしまいました。

床下に何かがあることに気付いたバルさんは、オニギリのお礼にこの店に蒸気を取りもどすことを約束。
マッドブルに乗って床下から伸びるパイプを辿っていくと、その先に荒野の床暖房システムの正体を発見。
渓谷を通る強い風を使った風力発電で温泉を汲み、パイプを通して店のボイラーで再び加熱する、自然を
最大限に利用した半永久機関的床暖房を、あのジーさんが作ったそうです。
ところがガケくずれにより風が止まってしまったことで機能が停止し、それを知らせるためにジーさんが
バルさんの前に現れたのでした。
勿論ジーさんはとうの昔に死んでます。

死んでもなおバーさんを守るジーさんの心意気に心を打たれたバルさんはマッドブルと一緒に荒野の床暖房の
復旧工事に着工。
てかバルさんが「行くぜブル!!!」と言いマッドブルが吼え変形し、バルさんもテツグンテやカウンタビを
重機に変化させて、連載ではありませんでしたが、前回からULTIMOのようなスカウターを付け始めた時には
バルさんがマッドブルと甲縛式O.S.した!
のかと思い、かなりテンション上がったんですがそんなことはなく・・・。
でも合体はこの先連載が長期化すれば恐らく出てきてもおかしくはない設定だと信じてます。

無事岩をどかして、真実をバーさんに話し、地獄蒸し定食も食べることができめでたしめでたし。
と思いきや、
THE ENDとページの下に書いてあるにもかかわらず、もうちっとだけ続きが。
まぁ言ってしまえば今回の読み切りは夏からの連載ありきみたいなもんですからね。

荒野の床暖房システムのある渓谷に、マッドブルの足跡を見つける成長したドリルとクレンの姿が。
なんか一輪バイクみたいなのに乗ってますが、あれ?一流の工事戦士は掘って進んだ方が早いんじゃ…。
ともかく、ユンボルが復活したことがばれると中枢はやっきになって潰しにくるそうで、それだけは
絶対に防がなくてはならない。
何故なら
奴(バル)の工事は
まだ竣工してなどいないのだからな

と再連載決定の流れに続きます。

これはヤバイだろ常考。
思えばマンタリテのtheLastWords.で発覚した今年(2009年)後半のサプライズがウルトラジャンプ11月号に
掲載された時の読切「ユンボル-JUMBOR-」だったことから始まり、そこから3ヶ月というハイペースで2度目の
読切(それも扱い的には第2話)が掲載されて、遂に再連載。
シャーマンキング完全版 最終公式ガイドブック マンタリテの感想
ただ、連載がこれの続きとなると、マッドブル云々の読切読んでない人にとってもわかるような内容になるのか、
単行本に読切2本収録するからそれかって補完してね♪のような内容になるのか。
何れにせよ、長かったようで短かったわけですが、これでシャーマンキングに続きユンボルももれなく救われそう
です。

これでゆくゆくは花の時代もやってもらえるともれなく救われるんですけどね、俺が。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ユンボル復活までもう少しなので楽しみです。
ところでユンボル安全版ってどんなのでしょう?(てか知ってますか?)
ウルティモ4巻と発売日同じな上に、何だか値段が張りそうなんでキツイっす。。。
まだ完全版集めてる途中だし・・・。(しかも中二財力でまだ7巻)
ウルジャンも欲しいのですが、家族に引かれそうなので怖いです。。。

ではまたウルの更新で来ます!

追伸 とても今更ですが鬼破千代ってテリアモンに似てますね。

No title

>ラスカルさん

ユンボル再連載まであと2週間きりましたね。
安全版は1巻完結だったものを、恐らくですがウルジャンで掲載した読み切り
2本を収録し上下巻の2巻構成に改変したものになると思われます。
ちなみに価格は各490円なんで、ウルティモ4巻(460円)も一緒に買うとなると
なかなか大変ですね。
しかも追い討ちをかけるようにこの日はジャンプSQの発売日でもあるんで、
これだけで約2000円の出費です。

完全版7巻ですか。
完全版は値上がりする(した?)らしいので大変ですね。

ウルジャンは表紙次第ですね。
ヤンジャンのようにグラビアは無いものの、天上天下とか際どいものもたまに
ありますからね。
しかもその天上天下が恐らくユンボル2話目の掲載号の表紙になる予定。
月刊誌はなかなか立ち読みできる場所が少ないので、逆に500円で買うなら
1時間マン喫あたりでウルジャンを読むってっ手もあります。

鬼破千代のあの耳?のようなものと角?のようなものはテリアモンを彷彿させ
ますよね。

No title

わざわざありがとうございました!
結構普通の値段でホッとしました。(でもキツイ)

完全版値上がりに最近気が付きました。
ウチとても田舎なので、流行って無い本屋はまだ初版が残ってたりするんですよ。
1巻だけ1200円であれ?とか思ってたのですがww
1、23、26、27巻・マンタリテ以外初版が残ってて・・・。
ラストワーヅは嬉しいですが、状態が悪い本があったりするので複雑です。。。
でもどこ行っても(近くの本屋など)23巻が売れてるのは何故でしょう?表紙効果なのか??だったら流石ハオ様なのか。

表紙良ければとっとと読んで封印しておきましょうか・・・。
毎月買う余裕が無いんで一瞬で単行本派になると思われますw

また余談  一ヶ月前くらいに貰ったハムスターの名前がシャマシュです。

No title

>ラスカルさん

完全版(安全版)と言ってもウルジャンコミックスは大判じゃないので、値段は良心的ですね。
値上がりは、生産(増刷)するのにコストがどうとかそんな理由だったかな。
まぁ、探せば初版は結構あるのでラストワーズが封入されてる巻だけ頑張って書店で買うのが無難かと。

23巻は謎ですねぇ。
描き下ろしも無い普通の巻だった気がしますが、そこまでハオ様人気なのか。
腐女子的な意味で。

ウルジャン500円とはいえ毎月ですからね。
地味に大きい出費になりますし、単行本で一気に読むのも一つの読み方だと思います。
ただ、7/17発売のウルジャン8月号にはユンボル安全版のコミックスカバーが付きます。
でも書いてるのが武井先生ではなく天神英貴さんというイラストレーターなので、この号だけは実際に書店で見ることをオススメします。

ハムスターがシャマシュですか。
神レベルの強さに回し車が耐えられるかどうか。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。