スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子ULTIMO 第十四幕「愛山葵」の感想

同時発売だった単行本3巻の表紙が中庸のミリューだったのには驚きましたね。
表紙自体は少し前にネットで見て知ってたけど、ずっと嫉妬のジェラスだと思ってただけに
実際に見るまでは実感がわきませんでした。
でも1巻が善(ウルティモ)、2巻が悪(バイス)なのでジェラスだと3巻も悪になっちゃうんですよね。
でも殿でいったら1巻が大和、2巻がK、3巻がルネになるので違和感はないんですが、そもそも殿は
表紙にいませんからね。
善、悪ときて中庸の方が第1部が綺麗に収まるのか。
となると第2部からは表紙のデザインが変わるのか?
ここまで第2部で活躍した童子はいないので微妙ですが、7/2(金)発売予定の第4巻(第2部スタートの巻)
の情報待ちですね。


さて本編。
未来の世界で自分が殺してしまったエコさんと遂に再会した大和。
大和的には既にエコさんと知り合い、死なせてしまった上での再会ですが、エコさん的には
現代の大和とは初対面
全ては12世紀の大和がまだ盗賊をやっていた頃に行き着くんですが、契った時にウルティモは大和に対して
見せたのはK(入間)を倒して月光の君を救い出したところまで。
第五幕の感想でも書きましたが、
「修羅になる前に」というウルティモに対して「相変わらずそれのどこが「善」なのかわからない奴だ」という
ジェラス。
後に出てくるレグラもウルティモによって破壊された家などを見て「相変わらずっつーか こりゃまたハデに
やったもんだな」と言っています。
前世では修羅になっていた、或いはなったことがあると思うのですが、気になるのはウルティモが攻撃的だった
という点ですかね。

の部分を見せていないそうです。
第5幕「修羅月光塔」の感想
この辺りはずっと謎だったんですが、とりあえずもう一つ謎だった過去の盗賊団、あるいはその他のキャラと
現代の六波羅蜜ならびに七つの大罪のメンバーとの繋がりがあるようなので少しすっきりしました。
ただ入間のように死んで新たにルネが殿になったパターンもあるから全員が全員かお馴染みってワケには
いかないんだろうけど。

そんなエコさんとは、大和がウルティモに見せてもらえなかったその先、月光の君を救い出した後に知り合って
いたそうです。
その当時エコさんは江古寺で坊さんをやっている通称江古坊。
エコさん曰く「あん時のおめェもひどく落ち込んではいたものの」という恐らく月光の君を助けたにも関わらず、
その後で大和に何かあったようです。
恐らくそれがウルティモの修羅と関係してるんじゃないかなぁ、と。

そんなことが合ったから大和の事を知っていると大事なところには触れずに締めたエコさん。
また、入間やKが同じ時代に転生したことを知ってはいても、同じ時代に集められた理由、つまり
ミリューの能力が転生操作で、ダンスタンが全ての次元を操れることはまだ知らない様子。
しかし大盗賊団をまとめていた頭だったからこそ、大和が善童子のリーダーにふさわしいとエコさんは
考えていて、だからこそ第3の選択肢だって成しえると、大和に中トロ大トロも泣いて逃げ出す、
超トロを握り差し出す。
なんでも炙れば燃えちまう程脂が多くクセが強いため、そのため人によってはウマくもあるがマズくもある。
つまり良いか悪いかは人次第で、それは「善」と「悪」でも同じことで食ってみるまでその本質はわからない。

結局超トロの正体は大量のわさびをシャリとトロで綺麗にコーティングして隠したわさび寿司だったんですが、
つまりそういうこと。
「善」だから良い奴とは限らないし、「悪」だから悪い奴とは限らない。
敵を知り、己を知れば二度と同じ間違いを起こすことは無いと、善悪全ての殿と童子にぶちあたって来い、
ウルティモの時空操作の能力を使えば時間は無限にあるんだからと、大和はそれを聞いてすぐさまウルティモの
いる骨董屋国分堂へ。

ところがウルティモを手に入れるために一足早く国分堂に、あの入間とジェラスの姿が。
骨董屋主人の国分泰治(78)に1億でウルティモを売ってくれないかと、大和のときと同じ手段でウルティモを
手に入れようとします。
1億と聞いて心が揺れまくる泰治に大和が割って入る。
しかし既にウルティモは入間の射程圏内にいて、第五幕の時と同じように大和を殺そうとジェラスに命令。
しかしそこは嫉妬のジェラス。
自分がいるにもかかわらずウルティモを選ぶ殿に嫉妬を抱かないわけがなく、ジェラスが入間を一撃で殺そうと
するより先に、この展開を既に知っている大和が入間を間一髪のところで助ける。
心を読むのが能力なのに、自分が大和の心を読むより先に自分の心を読まれたことに驚くジェラス。
しかし大和も既に射程圏内。
大和もろとも入間を一撃で!ってところでウルティモ復活。
ウルティモの目の前にいた入間を助けたことによって、大和もウルティモの射程圏内に入ってました。

これでまた善側最強コンビが復活です。
流れ的にジェラスは仲間になってくれそうですが、果たしてどうやってルネを殿にするのか。


一方大和が去った江古寿司では、二階にいた武蔵とエコさんが会話中。
武蔵が凶作犯罪と戦う為に肉体を改造したノースアイランド州警察特別捜査班巡査だったこと、
ダンスタンが禁止されていた時空研究を完成させ過去に飛んだことで、武蔵がいた未来が消えたこと。
気になる言葉が多々ありましたがそこら辺はいずれ必要になった時にでも。
でも武蔵がサイボーグだったってのには驚きましたね。
てか武蔵の(機械の)手に書いてあるTENDER CORP.は何か関係してくるんだろうか。

今回は第3の選択肢メインで、あまり進んでないように感じますが、今回の話しで準備は出来たので、
次号からの展開が楽しみです。
これで全ての童子の能力までわかれば言うこと無しなんですが、果たしてどこまでいけるか。

気になる第十五幕が掲載される5月号は4/3(土)発売予定。
なんかジャンプSQ発売日がいつもバイトと被るんだけど、相性悪いんだろうか・・・。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。