スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀塩少年/ゼラチンボーイ Shot11:大事なもの

天下の週刊少年ジャンプで始まった「LOCK ON!」。
カメラ漫画かと思いきやジャンプっぽくてなかなか面白いと思う今日この頃。
そして今日やっと銀塩少年の感想が追いついた。

サンデー超移籍後一発目の第11話「大事なもの」の感想です。

好きだったミライに彼氏が出来てフラれるは、大事なカメラは壊れるはで、ボロボロの主人公マタタキ。
そのミライはマタタキのためを思い、テニスと付き合うことでマタタキから距離をとったのですが、
それを知ることになるのはいつになるのやら。

そんなマタタキのもとに今まで出てこなかった父親が海外から急遽帰国してきて登場。
壊れたカメラを接着剤で直し、お詫びと称し新見さんと2人っきりでデートさせたりとなかなか良い父親です。
で、新見さんは新見さんでミライとの修羅場はどうなったのかというと、あくまでマタタキは「幼馴染み」だと
言い張るミライに、新見さんはマタタキに思いを伝えることを告白。
そんな新見さんとのデート中に偶然デート中だったテニスとミライに遭遇。
テニスは「偶然ってあるもんだね」と言ってますが、テニスにとっては必然なんだろうか。
ますます怪しくなりましたが、マタタキはこれで結構ダメージを受ける。

健気に頑張る新見さんと別れ、全部親父のせいだとムシャクシャするマタタキ。
そんな時に部屋で父親が描いた自分と死んだ母親の絵を見つける。
マタタキが幼い頃に母親はなくなっているはずなのに、この絵ではちゃんと歳をとっていることに疑問を持つも、
確かに母さんは死んでしまったがずっと心の中にいると父親から教わり、マタタキも大事なものをずっと想い続け
ていくことを決意しました。
まだ未来写真が写した「ミライとテニスのハッピーエンド」は達成されてないので阻止することも可能でしょう。


しかし、マタタキには未来写真が写していた「自分(マタタキ)の死」という重要な未来がまだ残っています。
何故自分が死んだのか全くわからないため防ごうにも対策がたてられない状態で次号から新展開。
犯人は誰なのか、そもそも事故なのかなんなのか。
テニスが犯人という流れが最大のバッドエンドになるわけですが果たしてどうなるのか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。