スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エア・ギア Trick:278の感想

上のほうにいたかと思えば、後ろの方の定位置に戻ってる。
一番最初に読みたいのに意外に探しにくいのがエア・ギア。

本編。
「王」とは頂くものではなく冠くもの
アイオーンが時の支配者と呼ばれながら王になれなかった理由だそうですが、普通に実力があっても
重力子(スピット・ファイア)には勝てないだろうってのは無し?
そんなわけで引き続きアイオーンのはなし。
今まではゴーゴンを人質にとられ、仕方なく爆弾仕掛けたり炎の玉璽盗ったりしてましたが、今回の襲撃は
Mr.かませ犬ことアレキサンダー・ロックが指摘するように、ゴーゴンを助ける為に空たちへの完全な裏切り行為。
自分のハッチの先にゴーゴンがいるからとそれをエサにアイオーンをおびき寄せ、隠し持っていた銃で・・・って
ところで華麗にアイオーンに銃を盗られる。
この時点で自分はほぼイキかけてましたが、ここに着てさらっと「私の戦レベルは262だぞ」とワシの波動球を
彷彿させるインフレ&かませ発言に完全にイッちゃいました。

おさらいしておくと、小烏丸はほんの数時間前に戦レベルが150~200程度のチーム相手にキリクの作戦の
おかげで何とか勝てたレベルです。
そのなかで一番高かった戦レベル205のウートガルザロキより50以上も上のアレキさんを炎の玉璽使わずに
ボッコボコにしたアイオーンは一体戦レベルいくつなんだよ、と。
でもアレキさんも走らせてもらえなかっただけで、不意討ちさえなければもしかしたら立場が逆だったかも
しれません。

そして後半はアギトVSアーサー。
鏡というだけのことはあり、こっちが攻撃すると相手と同じダメージを自分も受ける謎の攻撃を受け、
苦戦を強いられるアギト。
アキトのこっちが動かなければ相手は何も出来ないという助言により、相手の力を利用し何倍もの力にして返す
轟の王・ヨシツネ(ドントレスも)が走っていた「轢藍の道(オーヴァ・ロード)」だということが判明。
ほほぅ、轟か。
でも返すだけで別に同じ場所に傷を負わせるのは違うだろってのは、大暮ワールドの前には何の意味もない。

正体がやっとわかり、アーサーはやはり鏡だと、明後日の方向に牙を打つと、現れたのはCLAMP作品のこばと?
かと思うようなお嬢様のシャーロット。
履いてるA・Tも轟っぽくラム・ジェット用のタービンが付いてます。
なんか久しぶりにその道っぽいA・Tですね。

そんなわけでいらない子になってしまったアーサーは退場し、次週からアギトVSシャーロットがスタート。
「牙」対「轟」という、いままで困ったらなにかと全力の牙で切り裂いてきたアギトですが、それを取り込まれ
返してくる轟は完全に相性の悪い組み合わせですが、コレをどう突破するのか。

ちなみにエア・ギア29巻が7/16に発売決定。
休載が少ないせいか、3ヶ月なのに出るペースが早いと感じてしまう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。