スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のマガジン27号の感想

エア・ギアの休みは重い。

「ダイヤのA」
前園先輩の時代が来るのだろうか。
この素振りしてる奴等から誰が新レギュラーに選ばれるのか激しく気になる。

そして未だ落ち込み気味の主人公。
対してライバル降谷は最大の弱点である体力のなさを克服する為にアレほど嫌いだった走り込みをする。
哲さん以上に語らずプレーで示す降谷から「僕が…このチームのエースになる」なんて台詞が出るってことは
本気と書いてマジと読むくらいの真剣さですね。

これに対し沢村がどうやって答えるのか?
立ち直ってもデッドボール恐怖症は克服できるのか?
そしてノリ先輩は?
気になることが山積みですが、少しずつ崩していってもらえればと思います。

「ベイビーステップ」
いくらシードと言えど荒谷みたいなタイプに「考えずにできたことを考えなきゃならなくなった」ってのは
非常に辛そうですね。
ようやく相手のサービスゲームを奪取し、2-0とリードしたエーちゃん。
この次のサービスゲームを取れると心理的にも相当優位に立て、リターンゲームで冒険できますからね。
これは良い流れだが、このまますんなりやられてくれる相手でもないからなぁ。

「GE」
ここのテニス部弱いとか誰得設定なんだろ。
晶先輩のパンチラ(正確にはアンスコだろうけど)とかここにきて何ゆえ晶先輩プッシュをするのか。

「ヤンキー君とメガネちゃん」
引っ張ってた「いっしょに殿大に行きたい」って所は先週見開きでやって締めるような展開のほうが良かったかも。

そして花さんが本格的に学力がやばくなってきました。
というか最初から無理だったけど。
それでも八王子曰く合格させる方法があるそうですが、みんなで殿大に「合格」することが目的なので
普通に考えれば指定校やAO推薦あたりでしょう。
推薦なら花さんがやってた生徒会長という役に意味が生まれてきますし、何より勉強しなくて良い。
ただ、花さんが自分ひとりだけ受験勉強しないという状況に賛成するかは別ですが。
恐らく断るでしょうから何か違う方法があるのか、あるいは説得させるのか。

「君のいる町」
夏越さんが可愛すぎて生きるのが辛い。

「A-BOUT!」
砂原ずるいなぁ。
てか朝桐って良く気絶するな。
でもピンピンしてるけど。
そしてハナノアナのメガネがご臨終っと。

「あひるの空」
やっぱ新入生入るんですか。
しかも(多分幼馴染み止まりの)彼女持ちですか。
マネージャーフラグか。

なんか空が一番したってポジションが一番落ち付いてて良いと思うんだけどなぁ。
チャッキーの退部もそうだけど、変わらなきゃダメなのか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。