スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エア・ギア Trick:280の感想

「ワンスモア」なんて最後に聞いたのビリーズブートキャンプかも。
今週もシャーロット祭りは衰えを知ることもなく続きます。

本編。
「この世で最もバカで醜くてゴキブリのフンのそれに群がるシラミの価値もないバイ菌みたいな男は……?」
と問われたアギトは中指でシャーロット(男の娘)のアナルを奪う
あまりにもバカにされすぎて遂にリンドもキレ、怒りのパワーで戦レベルが112から302にアップ。
てか戦レベルってマンキンのオラクル・ベルみたいにあんな簡単に計れるんだっけ。

数時間前に旧スレイプニール戦で112だった戦レベルが急に302になったのはどうも、脳基移植者が原因らしい。
「重力子が肉体的に高い能力を与えられているのとは逆に、脳基移植者は精神に高い戦闘能力を与えられている」
でもこれって結局肉体の方がついていけないから重力子には劣るよね。
アギトなんかは特にそうだし。

そんなわけで戦レベル302になったアギトの全力全開牙がシャーロットに襲い掛かる、が相手は轟なので普通に
吸収され返される。
そもそもこれを撃たれるのが狙いだったと。
まんまと釣られたアギトは実は返されるのが狙いでした、と釣り返しでアーサーを盾に。
がっつりアギトの牙を受けたアーサーでしたが、なんとアーサー自身が轟の玉璽だったという超展開。

いや、いまさら人体改造されてても驚きはしないけどね。
現に眠りの森の蜷はA・Tスーツ?を操縦してたり、アイオーンもA・Tギプスつけてたり、空も義足だし。
てか蜷はもしかしたら轟系の道なんじゃないかなぁ、と個人的に思ったんですがどうだろう。
あの肩ビーム的に考えて牙でもあんなの撃てそうだけど、なんかヨシツネじゃなくドントレスの方の轟の方っぽい。
ヨシツネと違ってドントレスは牙みたいな強いやつは別に必要としないし。

さて、相性の悪い轟が2人になったアギト。
劣勢ってレベルじゃないけど、これは流石に助っ人フラグじゃないかな?
でも轟の弱点ってなんなんだろ。
荊か雷あたりな気がするけど、助っ人陣に雷系も荊系もいないからなぁ。
まさか轟雷の道(ブリッツェン・ロード)の梶君か!?
何気にAクラスライダーだし。
まぁ絶対にないだろうけど。

そんなわけで次号に続く。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一応助っ人というならリンゴが荊系ですが、リンゴ対シャーロットというのもあんまり予想できませんね……
牙と同じような物を飛ばすっていう無限の空ですから弱点としても微妙ですし……
もしその二つが弱点じゃないとしたら残るは石系とかですが(衝撃波とかが関係していないので弱点としてはかなりあるかも)それもキャラ的に絶対にないですしね……
 
単純に牙で何とか変態どもを切り刻んでやるぜ!ってな展開になると思ってみます。

最初はケータイで測っていたバトルレベルなのでもしかしたらバトルレベル測る専用の機械なのかもしれませんね、あの腕時計。

あと気になったのはシャーロットを轟の王と呼称していいのか?という点です。
オリジナルの轟のレガリアは現在柩の手にあるのでアレ(アーサー)が擬似玉璽的な物でも轟の王、って正々堂々と名乗られるのはなぁ……と思いました。
最もシャーロットは自分が王と一回でも言ったか?と否定的ですが。

No title

>ちけっつさん

リンゴ対シャーロット、というよりリンゴとアギトが共闘してるのがイメージできないんですよね。
個人的に轟の許容量を超える、と考えた時に牙と違って荊の棘ならそのまま貫いてくれそうな感じがしたんですが、牙も切り裂いちゃえば良いじゃん?って話しになっちゃうから難しいところ。
石も考えたんですが、ちょっと石はわからなさ過ぎて割愛しました。

シャーロットの轟の王の件ですが、確かに本編では一度も王とは名乗ってないんですよね。
でも王は、角とか水とかが出てくる前の頃は玉璽を持った8人のことを指してました。
しかし、極端に言えば道は一人一人違うので、皆それぞれが王だってことも描かれてました。
例として鵺の紫電の道と梶君の轟雷の道みたいに同じ雷でも用途が全然違ったりしますし。
また、最近ではブッチャの山塊の王もありますし、キリクも石の王を名乗っています。
キリクは厳密に言えばニケとは同じ石でも走っている道(大地の道と翡翠の道)が違うので、極論の自分の道では王ということなんでしょう。
その理論を使えば轟=轢藍の道とは限らないので、シャーロット(アーサー)なりの轟系の道を走っていればそれはもう轟の王なのです。
ってことだと思います。

まぁ玉璽持ってないのに王と名乗るのは少し気が引けますし、スピット・ファイアとアイオーンの燭の道のように、シャーロットとアーサーの2人で道を走っている可能性もあるので、2人で1つの王なのかもしれません。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。