スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第280話 必然は、英語で言うとネセサリー

今日は本編が長いから前置き無しで。
それに最近暑いしね。

ハヤテのごとく!第280話「It's DESTINY」の感想。
ちょっと今日はグダグダ長くなるので、繋ぎとか気にせず段落に分けていきます。
てかいつも繋ぎとか気にして無いけど。

1、千桜さんかわいいよ千桜さん
280 (2)280 (3)
今週も女神こと千桜さんが可愛かった件。
ナギと伊澄のマンガを読んで理解力が有頂天に達したようで、はてなマークが宙に浮いてます。
はてなマークにオレはなる!(どん!)

もう可愛過ぎて電車で読んでてニヤニヤが止まりませんでしたね。
あんまり電車内でニヤニヤしすぎて、そろそろ警察呼ばれるんじゃないかな。

で、今週のポイントはなんと言っても
280 (4)
千桜さんのエプロン姿!
もうやばいね。
できたらこのまま大人っぽく料理するところまでいってほしいです。(わからない人はみなみけ7巻を読もう)

2、16巻の表紙=ムラサキノヤカタ疑惑
これはとあるブログに↑のような短文コメントがあったんですよ。
短文って言うかこの一言だけだったんですが、なかなか目のつけどころがシャープだな、と。

確かに表紙の季節は夏で、時系列的にも今後こうなる可能性は十分にありえます。
しかし気になるのはウチでは千桜さんが可愛過ぎてスルーしましたが279話の神父さんの台詞。
「しかし君は…もうこの屋敷に戻るつもりがないんだな。」
「ただ、私はあの貧乏アパートでの暮らしを…短いバカンス気分で楽しむつもりだよ」


フラグ大好きな畑先生がこんな意味深な台詞を書いておいてスルーするはずがありません。
つまりこのアパートでの暮らしは一時的なものというわけです。
じゃあ一時的っていつまでよ?ってワケですが、バカンスという言葉から夏は越しそうですね。
以上のことから16巻の表紙がムラサキノヤカタである可能性はかなり高まりました。

しかし、仮にアパートから元の屋敷(あるいはアパート以外の家)に戻ったとしましょう。
そうなるとアパートの特徴である「都内で唯一の執事付きアパート」に矛盾が発生します。
ただ、屋敷に戻れる時点で帝との和解≒ナギの遺産相続問題がある程度解消されてるので、アパートで
家賃収入をする必要がなくなるので執事付じゃなくなるのは問題無いのですが、まさかこれだけのために、
(恐らく)ゆっきゅんの唯一の遺産を無下にするのはどうなの?って話し。
今後どういった展開になるかわかりませんが、喫茶どんぐりと違って舞台としては人が集まりにくいので
使いにくいし、千桜さんは家族の元に帰れますからね。
そうなると、流石に他のキャラは住まないと思うのでルカにあげるというか、貸し出すのが無難なのかな?

話しが大幅に逸れたので戻します。
神父さんの台詞でもう一つ気になる台詞があります。
「君が思っている以上に、あのお嬢様は…お金に祝福されている人間だからね…」
そして最近畑先生が使い始めた
「エンとユカリ」 
cf.)第277話サブタイ「エンもユカリもこの場所で」
BS vol.296より 「エンとユカリの熱い夏へ!!」

「えんもゆかりもない」なんて使い方をしますが、「縁」という字は「えん」と「ゆかり」と読めます。
なので文字で表す場合は「縁もゆかりも」あるいは「ゆかり」を「所縁」と書いたりします。
だからなんだって話しですが、もうちょっと続けるとその「エンも(と)ユカリ」という言葉をわざわざ
カタカナで書いてることに意味があるハズです。

まず「エン」ですが、このシリーズでは特に重要視されている「お金」、つまり「円」を意味していて、
次に「ユカリ」というのは紫色を意味し、紫といえばこのムラサキノヤカタもそうですが、その持ち主で
あったゆっきゅんこと三千院紫子を意味していると考えます。
つまり円(お金)も紫子(ゆっきゅん)もこの場所で、円(お金)も紫子(ゆっきゅん)の熱い夏という意味にも
なり、この夏の舞台はムラサキノヤカタであることになります。
で、神父さんの言った「お金に祝福されている」というのはゆっきゅんの力的なもののことでしょう。

しかし、解せない点もいくつかあります。
まず、表紙に文がいる点。
歴代の生徒会長という一言で片付きますが、なら別にムラサキノヤカタじゃなくても良いのでは?
そうなると文とルカに繋がりを持たせるのが一番になりますが、これはルカは文と同い年フラグなのかな?

そして2点目。
これはちょっと意見としては弱いですが、16巻表紙=ムラサキノヤカタ説の否定的意見としてですが
疑心暗鬼過ぎないか?
弱い理由としては、1話の表紙でロイヤルガーデン出してたり、22巻の扉でミダスが腕を切られてたりと
現実になるパターンもありますが、何でもかんでも本編に関係するわけではないだろうってこと。
まぁ14巻の表紙はいつか訪れる話しで問題ないだろうし、23巻扉の雪路と指輪も恐らく・・・。

長々グダグダ書きましたが、結論から言うと16巻の表紙はムラサキノヤカタでも良いんじゃないかな。
だって今回の16巻表紙=ムラサキノヤカタ説と16巻の表紙の通りの展開になるのは全く関係ありませんし。
16巻の表紙というのは一種のパラレルワールド的なものだからね。
てか、そんなことよりも22巻の表紙も舞台ムラサキノヤカタじゃね?(疑心暗鬼)


3、ルカについて
280 (5)
ついに動き始めるルカが絡む物語。
ルカはサークルでのペンネームとかだと思ってたんですが本名ですか、そうですか。
このカラーを見る限りだとナギと身長がさほど変わらないので、高2グループではないと思っていたのですが、
280 (6)
なんと凛々しい立ち姿。
これ見た瞬間、「もしかしてまた高2ですか?」と思いましたが、千桜さんの
「プロのマンガ家になりたいって言ってた人に会ったなぁ~って…」
という台詞からもしかしたら年上の可能性も少なからず出てきました。
いや、ただ千桜さんがルカを「人」って言ってただけなんだけどね。
普通ルカがナギくらいの年齢(年下)なら「言ってた子」って言うだろうけど、でも「可愛くて物凄い人の
サポートのようなことをするのが好き」な千桜さんが努力家と形容したってことは年下でも敬意をこめた
ってことも考えられるので年下の可能性もある。

個人的には高1グループに入ってくれるのが、今後文やシャルナを物語りに絡ませやすくなり、ゆくゆくは
文が生徒会長、シャルナが副会長、ルカが書記になる展開
もできるんじゃないかなぁって思いました。

もうちっとだけ続くんじゃってことで、ルカ編その2。
ルカが1億5千万の借金持ちであり、不幸体質であることも判明した今回。
正直これについては賛否両論あるような気がする、てか期待してるんですがどうでしょ?


最後に。
この画像は意外に汎用性が高いと思うんだが
280.jpg
どうよ!?
関連記事

テーマ : ハヤテのごとく!!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!第280話「It's DESTINY」の感想

サンデー3000号おめでとう!!! そして今週のハヤテは巻頭カラーです。 そしてサンデー情報。ハヤテキャラがねんどろいどになるそうです。 ...

第280話「It's DESTINY」

こんばんは。けんむろです。 今日は水曜日。 早速ハヤテ感想にいく前に、週間サンデー3000号おめでとうございます。 サンデーはわたくしの...

原作第280話~It's DESTINY~

色々なDESTINY。 サンデー3000号をハヤテがカラーで飾る! 第280話「It's DESTINY」 まあ、実質的な夏休みが始まったところで、 センター...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。