スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 この読んだマンガがすごい!

20081213085815


タイトル:けいおん! 1巻
作者:かきふらい
出版社:芳文社/掲載誌:まんがタイムきらら
ジャンル:学校・音楽・萌え・4コマ


あらすじ:廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした、ギター担当の天然・唯、ベース担当の恥ずかしがり屋のツンデレ・澪、ドラムス担当のトラブルメーカー・律、キーボード担当のお嬢様・紬のゆる~い4コマもの。

感想:音楽初心者で、軽音=クラウザーさんな主人公が入部し、なんとか廃部を免れた軽音部。音楽室でお菓子食べたり、とりあえず海で合宿してみたり、音楽室でお茶したり、学祭でライブやったり、クリスマスパーティーしたりと、基本的にはほのぼのした感じの日常パートがメインで、音楽パートはオマケだったりする。

キャラクターの絵と性格がちゃんと描きわけられていて、時間もちゃんと経過し季節毎のイベントもあるためマンネリにならない。
絵も可愛らしく、控えめ程度にお色気あり。自分は萌え4コママンガっぽい絵が好きなのでそれも含めて良い作品でした。

過去を振り返って 11月編

11月に買ったマンガはここでは46冊、撮り忘れ、買い忘れを含めると50冊ちょっとです。
そんな感じで今回のTOP5もとい選ばれし5作品。


『シャーマンキング 完全版』 17・18巻
今回は内容も良かったけどそれ以上に「仏ゾーン」のさっちゃん=サティさまという図式がほぼ確定したことが大きいですね。ほかにも仏ゾーンキャラが出てきたのも良かったです。


『GIRL FRIENDS』 2巻
百合ヤバイよね。続きが気になりすぎて死ぬんじゃないかな。
自分の中で好きな百合TOP3に入ってます。


『未来日記』 7巻 『未来日記モザイク』
究極の愛の力を見せてもらいました。
雪輝の父の登場と母の死によって話しがさらに加速していった今回は番外編と同時発売。
やっぱり番外編っておもしろいよね。


『とある魔術の禁書目録』 3巻
自分は以前、スパイラル・アライヴのためにガンガンを買っていたのでその流れで、ミサカがやられるところまでは読んでました。小説は読んでいないので、続きが気になって気になって。ミサカは一方通行のレベルアップのために生まれてきたということがわかり、2万通りの方法で殺されるそうです。2万通りってどんなだよ。


『荒川アンダーザブリッジ』 8巻
表紙からして周りのマンガとの空気が違いました。
今回ニノさんの出番が少なかった気がしたけど、浴衣姿が良かったから問題なし。


番外編 『ハヤテのごとく!③ めざせ情熱クリエーター 三千院ナギの流儀』
これに関しては過去の感想で言いたいことは言ったので、ここで特に言うことはないです。
もし次回があるなら夏コミで同人誌を出してほしいです。

ひぐらしコンプリートBOX

20081116192900
20081116192858
20081116192856
20081116192854
20081116193422
目明し編の4巻と罪滅し編の4巻の全プレであるひぐらし解答編収納BOXが先週の風邪でダウンしてたときに届きました。

画像は上から側面、裏面、側面、上面、収納した様子になります。
収納されてるのがBAMBOOBLADEとWORKINGなのは、近くにあったからです。

過去を振り返って 10月編

来月分の購入予定やるんだったらこういうのもやろうかなと。
ネタがないんじゃないんです。
まだジャンプが読めてないのです。


10月に買ったマンガはここでは48冊ですが、撮り忘れがあったり、買い忘れがあったりで実際は50冊ちょっとでした。
そんなこんなで10月分の私的TOP5というより選ばれし5作品。

『シャーマンキング 完全版』 15・16巻
マタムネ編完全収録。
この話は何度読んでも泣いてしまうのでマンキンの中で1番好きな話です。 
完全版書き下ろしの話では、葉は阿弥陀丸とマタムネとS・O・Eを使うことになるのだろうか。
あのまま続いてればマタムネは使われたと思うんですが、個人的に今回は使われない気がしまくります。
仮に使われても、トリプルオーバーソウル?は避けてほしいです。
無いとは思いますが。
5大精霊は別の形で使ってほしいというのもあるし、もしそうなった場合葉は、媒介が春雨とフツノミタマノツルギと首飾りの3つに持霊が阿弥陀丸とマタムネとS・O・Eの3体なので、S・O・Eはどうするんだということに。まぁ金属と石だから大丈夫って事かもしれませんが。どうなるんでしょ。

次回は通常版21巻と同じスタートになるので蓮復活、ホロホロVSブロッケン、チョコラブVSゴーレムあたりですね。


『ハヤテのごとく』 17巻
アーたん編もといハルさんの出会い編を収録した待ちに待った17巻。
感想のほうは過去の記事を参考にということで。
次回は1月発売らしく、多分また金曜日だと思うので学校前に秋葉原コースですね。


『華麗なる食卓』 30巻
カレーなんて飾りですみたいなエロマンガもとい普通のカレーマンガ。
今回は華屋敷とうがっちの試合。今回のテーマが粉ものだったので両チームとも自分たちの持ち味が出せていていい試合だった上に勝敗の理由も他の試合より単純でよかったと思います。

『マンガ家さんとアシスタントさんと』 1巻
『ドージンワーク』 6巻
ヒロユキ先生作品を2つ。

ドージンワークは6巻だけど番外編。
しずちゃんの壊れてく様子が面白い。
今回で本当にドージンワークは終わり。
初めて冬コミに参加する前に読んだ作品のひとつでした。

マンガ家さんとアシスタントさんとはヤンガンとガンガンのW連載作品。
タイトル通りマンガ家さんとアシスタントさん、そこに担当や他のマンガ家さんが出たりする話。
ヒロユキ先生の書く服が好きなので挙げてみました。
ちなみに同じジャンルのジャンプのバクマンとは全く違います。



とまぁこんな感じで来月からもやっていけたらいいかなと思っています。


プロフィール

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。