スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やおよろっ!81人目!!蚊ちゃん その7

追いついたのでゆっくり前置き。

なぜか金曜更新だったものが火曜更新に変わったらしい「やおよろっ!」なんですが、なつみん先生も
よくわからないそうです。
火曜更新になった理由が、火曜更新だった「アーティストアクロ」が終わったくらいしか思いつかない
んですが、てことは空いた金曜にまたサンデーから移籍してくるってこと?
でも別に「やおよろっ!」が移動する必要はないよなぁ。
それにサンデーコミックスって何かと木、金に発売することが多いから更新日と発売日が同じ日になる
なんて可能性もあるかもしれなかったのに、火曜のメリットが見つからない。

てか、前回の「80人目!!千葉ちゃん その2」で「81人目!!&82人目!!につづく」ってあったのに、今回の
本編は81人目!!だけなんだけど・・・。
クラサン編集部ェ・・・。

他にも最近はなくなりましたが更新スケジュールに「やおよろっ!」の名前が無かったり、その更新
スケジュールの日程で3/23が2つあったり(本当は3/19でその日は「やおよろっ!」の更新日)、せっかく
クラブサンデーが1周年を迎えたというのに・・・。

さて本編。
みんな大好き蚊ちゃんシリーズの最新話なんですが、蚊ちゃんのお姉ちゃんが登場。
いきなり耳を吸うあたり魔性の蚊っぽいです。
妹の蚊ちゃんのことが心配で様子を見に来たそうですが、必死な蚊ちゃんにニヤニヤ。
そんな姉に後押しと言うかお膳立てされてついに初夜を迎える2人。

蚊ちゃんだけでも十分な破壊力がありますが、ここに着てのお姉ちゃん登場は更なる長期化が期待できますね。
キャラもノリノリ系で展開しやすいだろうし。
それに蚊ちゃんの季節が待ってますしね。
初夜を迎えたあとのギクシャクっとした2人が簡単に想像でき、今からもう楽しみで楽しみでしょうがないです。

そして久しぶりに柱トークに冷中ちゃんと犬さん以外のキャラが登場。
それもなんとあの冷やし中華君。
と言っても冷やし中華君ですって言ってもらわなかったら、冷やし中華ちゃんなんですけどね。
てか2巻発売の時調子悪くておまけ同人誌手に入れられなかったんだけど、まだ残ってるとか、ないよね・・・。

さて次回は4/13(火)配信予定。

やおよろっ!80人目!!千葉ちゃん その2

遅れているので前置き無し。

今回の本編は、最近多くなってきた1話1キャラ方式。
また、いつもならシリーズものになる作品は「○○ちゃん その1」みたいなタイトルになるんですが、
なんと千葉ちゃんがシリーズものに昇格。
埼玉ちゃん降格ですか。

やっぱり埼玉ちゃんのキャラより、千葉ちゃんのキャラを求めてる人が多いということだろうか。
斯く言う自分も断然「千葉ちゃん>>越えられない壁>>埼玉ちゃん」なんですが。

で、中身。
浦安ちゃんと木更津ちゃんに待ち合わせ場所の渋谷で待っているときにドタキャンされた千葉ちゃん。
仕方なく一人で遊ぶことになったんだけど、ごくらっクマがなんかコアラにしか見えない。
てかごくらく→ヘブン状態ってことでヘブンなんだろうか。
でも何気に可愛いから困る。
やおよろっ!アニメ化の際は是非とも犬さんとごくらっクマのぬいぐるみを出して欲しい。

そんなこんなで一人でゲーセンを満喫していると東京ちゃんが登場。
勢いで隠れちゃった上に、埼玉ちゃんのせいで出て行くタイミングを逃すもごくらっクマをあげて
めでたしめでたしだったんですが、内容的に東京ちゃんよりも安定しているんじゃないだろうか。

この都道府県シリーズ、今後も千葉ちゃんに期待できそうです。


てかアメリカにいる従兄弟の美希ちゃんってなんか元ネタがあったっけ?
同じ様な名前は結構いるし(といっても直ぐには挙げれませんが)気にしすぎな気もしますが。

やおよろっ!78人目!!昭和ちゃん&79人目!!フランダースちゃん

なんかクラブサンデーの更新カレンダーが使いにくくなってしまいました。
具体的に言うとひとつ前の更新ですら過去扱いになってしまっているから、いちいちカレンダーを
指定しないといけないのがすっごくめんどくさい。

正直、金曜更新って未だになれないんですよね。
月→ジャンプ、水→マガジン、サンデーなので遅くとも木曜までには一週間が終わっちゃうんで、
金曜っていうのは気が抜けてるんですよ。

まぁ何が言いたいのかっていうと「やおよろっ!」の感想を忘れていました。

それでは本編その1昭和ちゃんから。
これは擬人化というかただ昭和っぽい人のようにも見えたんだけど、まぁいっか。
でも東京ちゃんや千葉ちゃんとかそこらへんを踏まえると、こっちも平成ちゃんや江戸ちゃんと絡める
流れのほうが良かったと思う。

なんかモンペに吹いた。

本編その2フランダースちゃん。
フランダースの犬の擬人化なんだけど、コミックマーケット(展示即売会)と絡めたのは面白かった。
ただ、フランダースちゃんが腐女子だったのは流れからして予想できたけど、アロアまで出てきて
ネロ×おじいさん本を買いあさってるところまでは無理でした。
そのおじいさんもラブプラスの愛花本でサークル参加してたとか・・・。

それにしてもセザンヌがジャンプの海賊マークに似てるんだが気のせいだろうか。

銀塩少年/ゼラチンボーイ Shot11:大事なもの

天下の週刊少年ジャンプで始まった「LOCK ON!」。
カメラ漫画かと思いきやジャンプっぽくてなかなか面白いと思う今日この頃。
そして今日やっと銀塩少年の感想が追いついた。

サンデー超移籍後一発目の第11話「大事なもの」の感想です。

好きだったミライに彼氏が出来てフラれるは、大事なカメラは壊れるはで、ボロボロの主人公マタタキ。
そのミライはマタタキのためを思い、テニスと付き合うことでマタタキから距離をとったのですが、
それを知ることになるのはいつになるのやら。

そんなマタタキのもとに今まで出てこなかった父親が海外から急遽帰国してきて登場。
壊れたカメラを接着剤で直し、お詫びと称し新見さんと2人っきりでデートさせたりとなかなか良い父親です。
で、新見さんは新見さんでミライとの修羅場はどうなったのかというと、あくまでマタタキは「幼馴染み」だと
言い張るミライに、新見さんはマタタキに思いを伝えることを告白。
そんな新見さんとのデート中に偶然デート中だったテニスとミライに遭遇。
テニスは「偶然ってあるもんだね」と言ってますが、テニスにとっては必然なんだろうか。
ますます怪しくなりましたが、マタタキはこれで結構ダメージを受ける。

健気に頑張る新見さんと別れ、全部親父のせいだとムシャクシャするマタタキ。
そんな時に部屋で父親が描いた自分と死んだ母親の絵を見つける。
マタタキが幼い頃に母親はなくなっているはずなのに、この絵ではちゃんと歳をとっていることに疑問を持つも、
確かに母さんは死んでしまったがずっと心の中にいると父親から教わり、マタタキも大事なものをずっと想い続け
ていくことを決意しました。
まだ未来写真が写した「ミライとテニスのハッピーエンド」は達成されてないので阻止することも可能でしょう。


しかし、マタタキには未来写真が写していた「自分(マタタキ)の死」という重要な未来がまだ残っています。
何故自分が死んだのか全くわからないため防ごうにも対策がたてられない状態で次号から新展開。
犯人は誰なのか、そもそも事故なのかなんなのか。
テニスが犯人という流れが最大のバッドエンドになるわけですが果たしてどうなるのか。

銀塩少年/ゼラチンボーイ Shot09:答え&Shot10:もう二度と...&Shot10.5:特別編

追いつき感想後半戦。

第9話「答え」の感想。
必殺「紫色の朝日」で見事朝売新聞写真賞審査員特別賞を獲ったマタタキ。
賞も獲ったし、ためらうことは何もないと、告白することを決意し、ミライが海外から帰ってくるのを待つ
マタタキ。

で、遂にミライが帰国。
1ヶ月ぶりに空港で再会し、テンパってるマタタキが告白しようとするのを察したミライが「現像して欲しい」と
カメラを差し出し何とか阻止。
テニスはまだ帰ってこないし、写真を現像したら話しを聞いてもらえるので、チャンスはいくらでもあると
マタタキは少し冷静になる。
とりあえず現像してみると、何故かミライがずっと持っていたハズなのに、なんと今までの5枚の未来写真が
写っていて、さらにミライが海外で「紫色の朝日」をテニスと一緒に見ている写真も現れる。

混乱するも、ミライの為に獲った「紫色の朝日」をテニスと一緒に見ていたことに落ち込むマタタキ。
そんなところにミライがやってきて、まぁいろいろあった流れに任せて告白をしようとした寸でのところで
「幸田さん(テニス)と付き合うことにしたよ」と告白を阻止された挙句にフラれるという。
カメラを落としてしまいショックを隠しきれないマタタキは壊れたカメラを持って逃走し、雨の中一人で男泣き。

連載が始まった頃は1話1話迫りくる未来を何とか回避していく話しだと思っていたんですが、まさか
テニスと付き合うとは。
今後はどうやって展開させていくんだろうか。
気になりますね。


そしてそんな気になる第10話「もう二度と...」の感想。
前回雨の中外にいたせいで風邪を引いたマタタキ。
いつのまにか肉食化していた新見さんより先にミライがマタタキのもとへ駆けつけ看病することに。
そこでマタタキが賞を獲ったことを知り、その流れで過去に賞に出ようと言ったミライがなんだかんだで
熱出して倒れたからマタタキは賞に出なくなったという回想があり、そういうことがあって自分がそばにいると
マタタキをダメにするから、離れる意味も含めてテニスとくっついたのでした。

まぁそれよりも今回はテニスが写真部の部室に襲来したことが大事なわけで。
部外者なのにホイホイと勝手に部室に入り、未来写真の存在がテニスにバレる。
なんとか空気の読める鷹村とモモ先輩の2人によって、マタタキの知らない未来もあるという意味深な言葉を
残して去って行くテニス。
実際は部室で偶然見つけたミライとマタタキが2人で寄り添っている未来写真をこっそりパクッただけ
なんだけど、果たしてマタタキはこれに対しどう出るのか。

一方ミライのもとには新見さんが襲来。
「話したいことがあるの」と修羅場必死の展開はサンデー超に続きます。
まぁサンデー超に移ったからといっても、クラブサンデーにも掲載されるんですけどね。


と、その前に特別編の感想。
特別編といってもサンデー超移籍記念の話しなのでクラブサンデー(第10話)とサンデー超(第11話)を繋ぐので
第10.5話って感じでしょうか。

今回の話はマタタキ緊急救命会議と銘打った、対テニス対策もとい今までのおさらい。
写真部部室に勝手に入ったテニスが許せないから懲らしめてやろうというモモ先輩の我が儘なんですが、
サンデー超から入る人にとってはわかりやすくなっているハズ。

そして物語はサンデー超へ。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。