スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!25巻の感想

ハヤテのごとく!特別編がすごすぎて生きるのが辛い。

表紙:単独というハヤテ初の試み。まぁ爽やかで良いのでは?
裏表紙:すっぽんぽんのマリアさんとロリクラウス。そこはロリゆっきゅんじゃないの?
背表紙:帝かぁ。ルカはまだ早いから誰だろ。

カバー裏・表紙:神様がヒロインのロケパンが収録されたハヤ前の宣伝ですが、ハヤ前まだ未読…。
カバー裏・裏表紙:正直最初は短編集が目当てだったけど、特別編の存在を知ってからどうでもよくってきたり…。
カバー裏・背表紙:うん、確かに黒歴史はときめもファンドくらいですもんね!

巻頭4コマ:宗谷君くらいはハヤテのこと友達だと思ってるさ・・・きっと・・・。
巻末4コマ:最近アテネのアホ毛成分が不足している。でも千桜さん成分を過剰摂取してるので無問題。

おまけページ:マキナが有能とかよりアテネが機械音痴なのかが気になる。
24巻扉:未だ正体を隠しっぱなしのルカ。どう絡むのか気になるけど千桜さん出れば無問題。

次回は秋発売予定らしいので、ストック的にハヤテのごとく!26巻は11/18(木)発売予定かな?
流石にもう同時に発売するようなものもないしね。
まぁ26巻と27巻の同時発売も無理じゃないかもしれないけど。

以下本編の感想
●第1話 オンリー ロンリー グローリー / 「THE END OF THE WORLD11 正義の味方」
サブタイはBUMP OF CHICKENの曲から。歌詞が本編の内容に合っていたので。結構お気に入りだったり。
●第2話 曲げられない男 / 「THE END OF THE WORLD FINAL 微笑みを君に」
サブタイは曲げられない女から。イクサが出てきたのでイクサ中心に考えた結果です。
●第3話 Time after time~風吹く街で~ / 「鐘の音は未来に響く」
サブタイは倉木麻衣のTime after time~花舞う街で~から。うん、なんでつけたか思い出せない。
●第4話 ワガママは男の罪 それを許さないのが女の罪 / 「木の芽風」
サブタイはチューリップの「虹とスニーカーの頃」から。古いねぇ。
●第5話 てめぇらずっと待ってたんだろ!? 前編 / 後編 / 「そして笑顔になる」
サブタイは上条さんの台詞から。1年ぶりに本編に光臨した女神こと千桜さんを見た俺の感想。
●第6話 会長はロバ耳様! / 「会長の耳はロバの耳!!」
サブタイは会長はメイド様!から。ちょっと無理やり感が強いけど、美咲会長が可愛いからいいや。
●第7話 家なき子 / 「長いシリーズも終わったし、この話から読むのもいいんじゃね?」
サブタイはドラマ「家なき子」をそのまんま。家の居住権がなくなっちゃったので。
●第8話 綾崎疾風の事情 / 「若い頃の僕らはりびんぐゲームでいずみちゃんの秘密を知りショックを受けたりもした」
サブタイは涼宮ハルヒの事情から。理由は不明。
●第9話 住めば都のゆかりこ荘 / 「どんな建物にもオッサンにも歴史はある」
サブタイは住めば都のコスモス荘から。実際に都でしたね。
●第10話 ねこねここねこ / 「メイド服を着るからメイドさんなのではない。メイドとしての能力があるからメイド服を着るのだ」
テイルズシリーズの称号から。猫祭りだったし。
●第11話 テルマエ・マリア / 「少年まんがのラブコメは風呂場で事件がよく起こる」
サブタイからテルマエ・ロマエから。テルマエは浴槽って意味らしいよ。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!24巻の感想

位置づけでは23巻の後になるんだけど、普通にトップページから読んだらこっちの方が上(先)に表示
されるんだよね。

表紙:繋がる表紙の相方。
それにしてもなぜ愛歌さんは水着だったのだろうか。
裏表紙:ヒナ(シルバーレッド)とハム(たひゅ~む)。
24巻で2人組みだとこの組み合わせか。
背表紙:23巻のマキナから順当にアテネ。
次はギルバートか?

カバー裏・表紙:人体練成は失敗し、次回へ続く・・・はず。
カバー裏・裏表紙:ハルさん一択なのは言うまでもない。
カバー裏・背表紙:なんというラブプラス。で、いいんだよね?

巻頭4コマ:沖縄旅行編フラグ?
巻末4コマ:まさかドーナツ軍曹ネタで来るとは。
セカンドドーナツがなんなのか激しく気になる。

おまけページ:ゆっきゅんまさかのEカップ。
となるとナギもあと20年くらいすればEカップになってる可能性が・・・!?

24巻扉:イクサがアテネを連れ出した後。
特に気になる点はないようだけど、ナンカ意味があるんだろうか。

以下本編の感想。
●第1話 あくまで執事ですから / 「夜に光る」
黒執事セバスチャンのセリフから。アテネとナギのどちらも助けるなんて力はないよって言う意味で。
●第2話 まずはそのふざけた王玉をぶち壊す! / 「ここから先の未来」
上条さんのセリフから。まさかナギが王玉壊すとは思ってもいなかった。
●第3話 ちょっとおひまをいただくニャン!! / 「Proof」
マリアさんのせりちょっとおひまをいただくニャン!!
●第4話 伊澄さんどいて!そいつ殺せない! / 「そして最後の対決」
有名なお兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!から。詳細はググろう!
●第5話 1000の言葉 / 「一つ目の言葉」
FFX-2挿入歌から。サビ重視。
●第6話 月光条例 / 「question at me」
同じサンデーで連載している月光条例から。化物が現実世界に出てきたので。
●第7話 願い事ひとつだけ / 「誰かが君を」
バーローEDから。そのままの意味ですよ。
●第8話 謝ろうと決めた日 / ●だれが切り落としたクックロビン / 「永遠のために君のために」
泣かないと決めた日、だれが殺したクックロビンから。どちらも響き重視。
●第9話 Climax Jump / 「~Fly High~」
仮面ライダー電王EDから。最後に向けてヒナの大ジャンプ的な意味。
●第10話 木の芽風 / 「ETERNAL WIND」
ハヤテEDから。歌詞重視。
●第11話 いちゃいちゃいちゃいちゃ / 「イチャイチャイチャイチャ」
今週のタイトルを受けて。イチャイチャはカタカナより韓国が起源らしい平仮名のいちゃいちゃの方が好き。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!23巻の感想

「23巻&24巻買いました」みたいな記事が落ち着いてきたのでこっそり更新。

表紙:言わずもがな繋がる表紙の片割れ。
アテネやヒナという主人公に匹敵するメイン級のキャラを据えることで、表紙間の差を埋めています。
そんなことより自分は白桜のなんともいえない色に驚いた。
裏表紙:咲夜&伊澄(魔力0状態)。
23巻から選ぶならこの二人が妥当なところだろうか。
背表紙:シャルナから全く関係性のないマキナへ。
てかシャルナと関係してるの文ぐらいしかいないか。

カバー裏・表紙:ナギの中の人繋がりでまさかの錬金ネタ。
使えた!!が何かシュールでよかった。
というかハルさんだって文武両道の完璧生徒会長になれるハズなんだけど。
会長はメイド様!(公式サイト)
カバー裏・裏表紙:美希ルートはゴメンなさい。
カバー裏・背表紙:なんという声オタ。

巻頭4コマ:使い捨ての道具は大抵使い切るけど、余ったらちゃんと貰って帰ります。
でも普通は撮影しないんじゃないかな。
巻末4コマ:これがカレーの弊害なのだろうか。

おまけページ:文の中の人ネタ引っ張るなぁ、というのが正直なところ。
出番がないと悩むクラウスですが、ちゃんと出番があるから頑張れ。
作者が乗り気じゃないけどね。

23巻扉:この巻で何気に一番重要なコマかもしれない。
23-2.jpg
何気ない買い物風景に見えるかもしれないけど、この500円で売られてる指輪は
どっからどうみてもアテネがハヤテに渡し、この長くなったアテネ編の引き金にもなった大切な指輪です。
23-1.jpg

この期に及んで似たようなものとかやるような畑先生ではないので100%あの指輪でしょう。
そして雰囲気、流れからして雪路がこの指輪を購入したことは言うまでもないでしょう。
これがどう絡んでくるのか、正直雪路はこっち(王族関連)側にいないほうが、良いと思うんですんなりとまでは
いかない(金銭的な意味で)までも誰かに譲られるでしょう。

以下本編の感想。
●第1話 生徒会長の二心 / 「君への想いを」
生徒会の一存2巻の生徒会の二心から。まぁそのままの意味ですよ。
●第2話 神達のみぞ知るセカイ / 「アイギスの盾」
神のみぞ知るセカイから。帝と女神(アテネ)の2人っきりの会話的な感じ。
●第3話 GIRLS NEXET DOOR / 「夜に想う」
GIRL NEXET DOORから。遂にアテネがドアを開けた的な感じだったと思う。
●第4話 スキのある男の子がスキというダジャレを言うのはダレジャ / 「スキだらけの寝顔に想う」
「スキのある女の子がスキというダジャレを言うのはダレジャ」から。そのままの展開だったので。
●第5話 愛は見返りを求めるものですよ / 「好きだけど 好きだから」
スパイラル~推理の絆~ひよののセリフから。これもそのままの展開だったから。
●第6話 花より王玉 / 「Love Me Tender」
花より団子から。再会云々より王玉を狙うアテネ(ミダス)をみて。
●第7話 絶対無敵ミダスンオー / 「最強vs無敵」
絶対無敵ライジンオーから。絶対無敵と言う響きと、ライジンオーのオーとミダス王の王的な感じ。
●第8話 とある迷子の八葉六式 / 「天涯の力」
とある魔術の禁書目録から。八葉六式はハンドソープと読みます。
●第9話 金のカミと銀のカミ / 「彼女の選択」
金の斧と銀の斧から。金髪のアテネと銀(白?)髪の伊澄さんという構図的な意味で。
●第10話 冷静と情熱のあいだ / 「究極の選択」
冷静と情熱のあいだから。冷静な咲夜と情熱の伊澄さんのあいだにいるハヤテを指して。
●第11話 アテネ買い出し紀行 / 「終わる日の始まり」
ヨコハマ買い出し紀行から。元ネタの意味より響きだけでつけてます。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!22巻感想

限定版を何とか手に入れたんですが、帯とバーコードや書籍コードが印刷されてないこと以外
通常版と同じなのは、12巻のときと同じですかね。
ちなみにWHFでハヤテのごとく!第255話の最後ページの複製原画に畑先生のサインがついたものが
一人に当たる抽選をやっています。
興味のある方、アテネファンは何が何でも当てましょう。

さて22巻の感想。

表紙:リアル季節に合わせた正月チックな表紙。
美希の表情はあれとして、ヒナが何故強気な表情をしているのかが気になる。

裏表紙:まさかの草津組のお二人ですか。

背表紙:特にサプライズも無くシャルナ。
文の方をまったく見ずに向ける目線の先に誰がいるんだろ。

カバー裏・表紙:まさかの2巻連続でハルさん。それも白衣で。
スキがあるけどツッコミもこなせて一般人の感覚を持つハルさんは、波乱万丈で個性的なキャラたちを
まとめあげてかつ進行役もできる貴重な存在だと思う。
でもこういったポジションは本編ではやりにくいだろうから、やっぱりカバー裏やおまけ、4コマでの
出番がメインになる運命なのか・・・。

カバー裏・裏表紙:ハーレムエンドは許さない。

カバー裏・背表紙:Sっぽいアテネはなんかいいね。
どうみてもMより、こういうタイプの方がいじめたい気持ちになります。

巻頭4コマ:伊澄さん・・・。

巻末4コマ:箸休め的な感じでインド編が見たくなってきました。
ワタルたちのベガス編でも可。

おまけページ:前回に続き何かを失ってしまう話し。
ベガスの話しってことはこのおまけページは既にGW明けと言うことですか。

次回は同時発売であっても、そうでなくてもとりあえず4月発売予定。
新学期の時期ですね。
夏か秋クールで3期発表とかがありそうですがどうなんだろう。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

ハヤテのごとく!22巻本編の感想

書き終わり次第どんどん更新していくつもりですがどこまで持つか。

第1話「いつも何度でも」
ハヤテのごとく!第229話 時をかける帽子
タイトルは普通に「時をかける少女」。

第2話「そういう風にできている」
ハヤテのごとく!第230話君が酒豪でヘタレが俺で
タイトルは「キミが主で執事が俺で」。
「べるぜバブ」とか「けいおん!」とか、まぁいろいろあったよね。

第3話「Beyond the Bounds」
ハヤテのごとく!第231話 町でうわさの女神の子
タイトルは「町でうわさの天狗の子」
まさかヒナの口からアテネのことが出てくるとは。

第4話「Beautiful World」
ハヤテのごとく!第232話 ハヤテゲリヲン新劇場版:序
タイトルは原作タイトルつながりだったと思う。

第5話「Dearest」
ハヤテのごとく!第233話 再会の才
再会したって意味で、「うえきの法則」から。
いい作品でした。

第6話「千年経っても覚えている」
ハヤテのごとく!第234話 彼女彼女の事情
タイトルはカレカノから。
アテネとヒナにはそれぞれ事情があるんだよ。

第7話「月の欠けた空に」
ハヤテのごとく!第235話 びっくりするほどユートピア!
タイトルはびっくりから連想して出てきたこれが頭から離れなかったから。

第8話「一を聞いて十を知らない」
ハヤテのごとく!第236話 言語による情報伝達には限界がある
ハヤテのごとく!の十八番である勘違い。
もうちょっとスムーズに勘違いさせて欲しいです。

第9話「そして再び夜が来て」
ハヤテのごとく!第237話 生徒会長の一存
タイトルは「生徒会の一存」から。

第10話「言葉にならない」
ハヤテのごとく!第238話 君に届け
タイトルはヒナの心情的に考えてそのままつけました。

第11話「Silky heart」
ハヤテのごとく!第239話 こういうときどんな顔をすればいいかわからないの
タイトルはヒナの心情的に考えて・・・。


まとめ。
結局22巻が発売しても終わる気配がしなかったエンドレスミコノスその3。
ハルさんの出番もないしね。
ミコノス編と一緒に作品が終わっても、俺は怒らないかもしれない。

限定版、そして同時発売と燃えに燃えている原作コミックス。
23巻(第240話~第250話まで収録)と24巻(第251話~第261話まで収録)の同時発売日は4月らしいので
恐らく4月16日(金)と思われます。
ただ、今回も1月18日(月)だと思っていたら何故か16日(土)に繰り上げられたので、4月17日(土)の可能性もあります。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。