スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド第二話感想

主人公の棒が一番の魅力です。

今回は仮面ライダークウガ編でした。先週の次回予告でディケイドと、黒クウガが戦っていたのは第一話冒頭の続きだったわけなのですが、ディケイドが強さがいまいちわかりません。

クウガのほうはドラゴン→ペガサス→タイタンと変身の無駄遣い。懐かしかったけどね。
ライジングフォーム無しで同程度の力じゃディケイドやばいね。これでゴウラムも出てきたら・・・。


次回はクウガとディケイドが手を組むっぽいけど、平成ライダーと衝突で1話、解決で1話の2話構成でやっていくのかな。そうすると初回+各平成ライダー×2=19話でだいたい良い感じですね。
でも、それだと数の多い龍騎は期待できなくなっちゃうな。

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : アニメ・コミック

仮面ライダーディケイド第一話感想

毎週出来るかは不明ですが今日から始まった仮面ライダーディケイドの感想をば。

明日はテストがあるし、サンデー・マガジンの感想もまだやれてない状況なのに何をやってるんだって話しなんですけどね。


さて今回のライダーは、クウガから始まり、アギト、龍騎、555、剣、響鬼、カブト、電王、キバと続く平成ライダー10周年記念の為に作られたもののようです。自分は世代的にちゃんとクウガから見てますし、その前のメタルヒーローシリーズも見てました。
ただ、クウガ~龍騎まではほとんど見たんですが、剣は見れなかった回が多く、響鬼、カブトは全くといっていいほど見れていませんが、電王はガンフォーム初変身回から見始めてその前のもネットで回収して全て見ました。キバは見逃したので全く見てません。


んで本編の感想。
始まっていきなり平成ライダー大集合で大戦争。それも主役だけではなくほかのライダーも登場していたのには驚きました。そのほかにもサイドバッシャーや、ゼロライナーの上にゾルダとマグナギガがいたりと一瞬の出来事でしたがこれだけでも見る価値はありました。

全員倒したというより倒れたあと一人生き残るディケイド。みんな自滅しただけでこいつ何もしてなくね?
から始まる今回の主人公は「まちがいない」とか言ってた芸人にしか見えないうえに演技が棒過ぎて・・・。そんな主人公がディケイドに変身したと思ったら、早速カブトに変身、555にも変身、ついでに響鬼にも変身してディケイド自体は特に何もしていません。一通り敵を倒し、他の世界への入り口を「偶然」発見し、移動。順番通りやるのかはわかりませんが、最初はクウガの世界からのようです。

アルティメットフォームと戦ったらディケイド勝てないだろ。でもオダギリジョーじゃないからな、どうなんだろ。

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。