スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子ULTIMO 第二十四幕「雀荘悪覧会」の感想

マエオキスルノモメンドクサイ・・・。

というわけでまずは悪童子サイドから。
ULT24 (9)ULT24.jpg
まさかMIZHOの正体が中二病の女子高生じゃないなんて・・・。
実は第一次世界大戦フランス陸軍第5准旅団アルプス猟兵のミッシェル・デュボア少尉で、包帯とかはただ単に
普通の女子高生の体で陸軍兵のトレーニングしたら骨折したとか武井先生凄すぎるだろ。
でもハートの眼帯とかケータイのストラップとかは元の女子高生の趣味なのかな?
てかMIZHOはダンスタンとミリューの能で最近ミッシェルが乗り移ったのか、それとも最初からミッシェルだった
のかで、話が変わってくるけど、やっぱり妄想中二病女子高生がいいよね。


ULT24 (8)
で、その童子の怠惰のパレス。
悪童子の中で一番謎キャラだったけど「モウタッテルノモメンドクサイ・・・」とか見事神キャラに昇華。
てかここまで色濃く怠惰が出るのってすごいよね。
他の悪童子はデジルの色欲とゴルグレオもまぁ傲慢だし、レイジも怒ってるといえば怒ってるか。
でもパレスの怠惰は群を抜きすぎだろ。


ULT24 (7)
で、そんな悪童子を束ねる総大将バイスさん。
ジャージなめんなとまさかのゲンバージャージですか!
ぜひとも商品化して欲しい一品ですね。


全員揃った悪童子の一方で善童子サイド。
ULT24 (2)ULT24 (6)
900年前の大和の部下だったヒョットコこと火男組組長こと所沢兵衛と達磨田さんの働きで善童子と殿を再集結中。
兵衛や達磨田もレグラとエコさんの猿刻で記憶を取り戻したわけですが、その理由が単純明快で

ULT24 (3)
殿の交代要員だから。
もしかしたら新童子の殿とかも考えてはいたけど、やっぱりそうでしたか。
詰まるところ善か悪かだから新しい童子はいらないんだよね、この時代には。
もし新童時がいるとなるとすれば、それは村山君がいた未来の時代だよね。

他に気になるところはじゃあ悪童子の殿の交代要員は?ってこと。
ULTIMO:0の設定を持ってくるのであれば京都のハゲ坊主とか意外といるんだよね。
それが悪童子かはわからんけど、坊主のクセにあくとはこれ如何に。

最後に今回のメイン。
ULT24 (5)ULT24 (4)
ようやく900年前の狭山さん似の少女が狭山さんであることが判明。
900年前も盗賊たちのアイドルだったとか流石狭山さん。
てか狭山さんに大和がメロメロなのはみんなに筒抜けなの?不憫すぎる・・・。

次回は今後のULTIMOの展開でかなり重要となる設定に迫る!
第二十五幕に続きます。

機巧童子ULTIMO 第二十三幕「愛鞭 雀舌斬」の感想

ULTIMOの感想が滞ったのにも深いわけがありまして・・・。

気を取り直して久しぶりの感想です。
現時点での設定とかは二十二幕で粗方書いてあるので今回はキャラへの感想がメイン。
つまり
ULT23 (2)ULT23 (3)
セルヴィスと大泉のおっちゃんが今回のメイン。

セルヴィスはずっとピンクか百歩譲って暖色系だとおもってから、青に驚いたのは俺だけじゃないはず。
あまりカラーが多くないのでまだちょっと慣れてないけど、単行本で表紙になったら慣れると思う。
逆に大泉のおっちゃんは予想通りというか凄く良い人としか表現できない。
要するに自己犠牲で強くなる善童子の殿の究極型が今のところ大泉のおっちゃんなのね。

ULT23 (4)
今月のセルヴィスを語る上でもう一つ忘れちゃいけないのが「男」だということ。
いや胸が無い=男っていうのもあれだし、そもそも童子に性別の観念があるのか謎だけど、この勇ましさは
善童子の中では一番男らしいと思う。

しかし、おっちゃんも負けておらず
ULT23 (5)「ICONになる際はあらかじめ服を脱いでおけば破けずに済みますよ」と、実に男らしい解決方法を大和にアドバイス。
狭山さんたちのICON化に胸が熱くなりますね。

ULT23 (6)そんな二人のICONがこの神雀(ゴッドセルヴィス)。
う~ん、雀っぽいところが見当たらない・・・。
なんともシンプルな感じだけど、本番はこれからだし大泉のおっちゃんは自分の責務を全うしてくれたからね。
次の殿とのICONではもっと雀っぽさが出ることを祈りましょう。

最後に。
ULT23.jpg
これってパッチの伝統工芸品だよね?
もしかしてMIZHOはアンナさんと同じ趣味嗜好なのかな?

そして物語は悪童子集会と善童子の再集結へ。
第二十四幕へ続きます。

機巧童子ULTIMO 第二十二幕「色欲兎 超紐理論」の感想

今回は単行本最新刊とジャンプSQが同時発売だった今回は、ガルビス原液以上の濃さでしたね。
内容てんこ盛りだった第二十二幕の感想に参ります。

まずは前説代わりに本編通りに触れますか。
ULT22 (3)ULT22 (4)
降りしきる雨の中屋根無しの高級外車を怪しむ達磨田正美警部。
それをバリアの類の「能」と予想し、今回は見事能を無効化する色欲のデジルだったけど、デジルの「能」は
能だけじゃなく降ってくる雨(に濡れること)も無効化できるってこと?
だからダンスタンとミリューも屋根無しの車に乗っていたんだろうか。
それともこの雨自体が誰かの童子の「能」だったら・・・。

さて、こっからは本編の流れ無視で掻い摘んで掘り下げていきます。
今回は
1、殿&童子の状況
2、修羅と呼ばれるウルの過去
3、三つ巴模様の謎
4、鬼兎
5、セルヴィスかわいいよセルヴィス

1、殿&童子の状況
そんなわけで現在の善と悪の童子の状況一覧。
ULT22 (7)ULT22 (6)
良い感じで殿も童子もデフォルメされてて、是非ともマンキン完全版の人魂ピンズコレクションのようにして
欲しいと思ったのは俺だけじゃないはず。
シャーマンキング完全版 人魂ピンズコレクション~完~
「青の祓魔師」が次号重大発表ということなので、ウルティモの方もそろそろアニメ化があってもいいと思う。
そうすればピンズ商品化も夢じゃない。

話しを戻して殿と同時の状況確認。
個人的に気になるのは「ルネ邸で待機してるはずだが…?」の部分。
ルネ邸にいたのは大和を見張っていたからわかってるし、ルネ邸から出てきた大和を追跡してるから今はどこで
何してるのか定かじゃないのもわかるけど、わざわざルネ邸から単独行動してるかも?というのを臭わすのが
気になる、多分気にしすぎなだけだけど。


2、修羅と呼ばれるウルの過去
修羅と呼ばれたウルティモの正体がようやく見えてきました。
ULT22 (5)
まさか過去の時代で月光の君をウルティモが殺していたとは。
幼き「善」は「悪」に等しい

盗賊大和が悪とみなした貴族の娘である月光の君は、大和に連れ去られた後も消費を貪る貴族であることに
変わりなかったようで、それ故ウルティモは月光の君を殺した、と。
恐らく、幼いながらもただ殿である大和のために良かれと思ってやったことなのでしょう。

ただそれだけで修羅と呼ぶのはちょっとひっかかるので、この後にもまだ何かやらかしたのでしょう。
多分、過去のこの時代における善対悪童子の対決で敵の大将を倒すために敵味方問わず倒したとか。
当然ここら辺は重要になってくるので後で触れられるのを待ちましょう。


3、三つ巴模様の謎
以前の感想でも触れていましたが、三つ巴マークの謎がようやく判明。
機巧童子ULTIMO 第九幕「契ノ儀」の感想
ULT22 (11)
「能」対「能」の勝負において重要となる「童子」「能」「殿」の3つの要素を表していた三つ巴マーク。

第1の要素:「童子」の総数値
「善」と「悪」のどちらかが強いかを決める百機回向がそもそもの話で、正しい結果を出すには「善」と「悪」の
総数が同じでなくてはならないのに、「善」側は大将ウルティモと六波羅蜜の7体に対して、「悪」側は大将
バイスと七つの大罪の8体と数が合いませんでした。
そのためまったく同じスペックのウルティモとバイスを除く、六波羅蜜と七つの大罪は6対7で戦力が同じになる
よう、1対1だと善側に分があるようになってるらしい。
でもそうなるとスペック一緒で「能」がある分ウルティモ(善側)に分があるような・・・。
てか悪側が連携苦手なのは自分勝手だからって理由らしいけど、第1部のあれみたいにそれを上手くまとめるのが
日高の役割じゃないのかよ・・・。
なんか日高が一気に小者になっちゃったなぁ・・・。

第2の要素:「能」の使用条件
つまりマンキンで言えばオーバーソウルで使う巫力の使用量ってこと。
ここで悪側の童子の「能」は単純ってのが利いてくるってことか。

例えば強欲のアバロの分裂は恐らく分裂に愛憎エネルギーを使い、分裂中も分裂を解除するか消えない限り
愛憎エネルギーは消費しっぱなしなのでしょう。
ジェラスも相手の心を読むという「能」の性質上ほぼ常に「能」を発動していなくてはいけないので、こちらも
愛憎エネルギー垂れ流し状態で燃費が非常に悪い。

それに対し善側は時空の操作、記憶の操作、感覚の操作など変えるという一点に愛憎エネルギーを消費する
だけで、消費する量は大きいけどトータルで見ると垂れ流しの悪側のほうか燃費が悪い、と。

しかも今回のエリアと時間を限定したセルヴィスのように、条件を限定すればするほど「能」は一点に集中し
より強く作用するらしいので、善側有利ですね。
てかこうしてみると「能」ってほんとオーバーソウルみたいだなぁと。
シャーマンと霊の組み合わせ、殿と童子の組み合わせ次第で無限の可能性があり、条件を限定して一点集中は
十祭司のラジムがプラチナムソードのOSでやってたことですよね。

第3の要素:殿からもらう愛憎エネルギー
ULT22 (8)
「善」の童子は殿からの愛をエネルギーとし、逆に「悪」の童子は殿の憎悪と欲をエネルギーとする。
今回のセルヴィス対デジルの勝敗の大きな分かれ目はデジルの殿スマ子がデジルのことを愛してしまったが故に
それが差となり負けてしまいました。

でも大和&ウルティモは特に顕著だけど殿からの愛ってより殿への愛の方が強いよね。
ほかの善側の殿と童子も人並み程度で、別段大きな愛はないような感じ。
それ以前に殿と殿の同士が愛し合っちゃたりしてるしね。
そこら辺はやっぱり前回の涙色のビジョンで見た松竹梅の方が童子と仲良さそう。


4、鬼兎
ULT22 (9)
ICON化しようとしたらセルヴィスにより止められたけど、気になるのはやはり
鬼兎が「オニウサギ」ではなく「オーガデジル」だと言う点。

現時点で判明しているだけでも、善側は全部ICONが神○(ゴッド○○○「童子の名前」)で統一されているのが
明らかで、一方悪側は鬼○(おに○○○「童子のモチーフ」)で統一されていたのに、ここに来てまさかの変化が。
入間×ジェラスのような土蜘蛛パターンならまだしもそれとはちょっと違うので、これは困った。
今までの悪側童子と違う点としてやっぱり大きいのは、殿であるスマ子がデジルを愛していた点。
つまり憎ではなく愛のエネルギーを送ったため、デジモン無印でスカルグレイモンに暗黒進化した感じかな。
それを正式な進化と勘違いしたまま今に至る・・・。
ちょっとこの妄想は厳しいな。

てかデジルの能の名前が「能殺」とかホント武井先生すごい。
バイスの無能もすごかったけど、これはそれを上回るからね。
となるとダンスタンは「全能」ってことだよね。
つまり、ダンスタン機巧童子フラグ・・・。
今からドキドキしてきた。


5、セルヴィスかわいいよセルヴィス
ULT22 (2)ULT22 (10)
今回は内容てんこ盛りの超原液な展開でしたが、なんといっても肝はセルヴィスの可愛さ。
まさかこうなるとは。
初めて出番があったころはボクっ娘だとか、女装っ娘だとかいってましたが、最近のブームにのって見事大逆転。

てかやっぱり気になるのは性別だよね。
基本的に童子は中性的な感じが多いけど基本男寄りだから、ここまで女寄りは珍しい。
だからこそ男の娘という道が開けたんだけど。
まぁそこら辺を追求するのは野暮ってモンなのでここら辺にしておきましょう。



というわけで第二十二幕の感想でした。
次回は12/4(土)発売予定。
現代のひょっとことご対面っぽいけど、達磨田警部もどんな役割を持っているのか?
そして狭山邸の面々は?
第2部終了(仮)まで後2話ですが、目が離せません。

機巧童子ULTIMO 第二十一幕「覚醒館」の感想

早いもので今日はUJ発売日で、ユンボルなんですよね。
最近はウルティモとユンボルで隔週なので油断してるとすぐこれだよ。

追記:11/4(木)に「機巧童子ULTIMO」5巻発売予定!


てなわけで取り急ぎ感想をば。
最近自分の中でストーリ流れを無視した部分部分の感想が意外と楽なスタイルだと気付いたので今回もそれで。
まぁ感想はその話を読んだという前提で見ると考えてるし、油断すると感想じゃなくてあらすじになっちゃうし。
で、今回主に触れるのは以下の4つ。
1、大和×ルネ&ジェラス
2、大泉のおっちゃん
3、七つの大罪 色欲のデジルの力です
4、狭山さん&松竹梅のビジョン

1、大和×ルネ&ジェラス
とりあえず掴みとして大和総受けの話から。
てか受けざるを得ない状況なだけで総攻めなのかもだけど、まぁいいか。

遂に自宅へと連れ込むことに成功したルネと、つい数時間?前に契ったばかりのジェラスのコンビの前で
あっという間にパンツ一丁にひん剥かれてしまう大和。
ジェラスは大和と契りたくて、ルネは大和が傍にいればいいという利害関係が完全に一致してる二人の前で
ウルティモもいない絶望的な状況の中で、レグラの猿刻(エングレイブ)により盗賊だった頃の大和に覚醒。

ここで気になるのは月光の君だったルネにはこのビジョンが届いてないということ。
契った時に過去のビジョンを見たから?と思ったけど、ジェラスの過去の殿は入間だしジェラスと契ったところ
で月光の君のビジョンは見れないだろう。
つまり月光の君として味方だった過去があっても、今現在悪の童子と契っている以上敵とみなすのか、そもそも
月光の君を大和がさらい、エコさんとであった後なにかがあったのか。
その何かにウルティモの暴走がかかわってるのかな。

ULT21 (6)
そんな二人の前に現れたのが、過去の時代で大和の盗賊グループにいた現達磨田警部。
このおっさんも猿刻によってビジョンを見た一人なのですが、やはりルネのビジョンが気になる。
ジェラスとの契りである程度見てたから耐性が付いて、そのうえで受け入れたのかもしれないけど。
そして覚醒中の大和に会わせたい人物とは一体誰なのだろうか。

2、大泉のおっちゃん
ULT21 (5)
今回の話の中で、なかなかのインパクトがあったのは大泉のおっちゃんでしょう。
誰もが既にやられたと考える中、颯爽と現れたかと思いきや、なんかスタイリッシュになってますやん。

よくこういうタイプは切れたりいざというときめっちゃ強いタイプみたいなことをむか~し書いた記憶があるけど
六波羅蜜の中でエコさんの次くらい、いや一番しっかりしてるんじゃないだろうか?
しかも実力も素でマチ、ヒロシ以上はありそうだし。
そしてうるさそうに見えたセルヴィスも空気を読んでか静かにしてるのにも驚き。
多分おっちゃんに怒られて静かにしてるんだろうけど。


ここで少し、重要な台詞が飛び出してるのでできるだけ触れ行きます。
まずは元々壊れてるというソピア。
この壊れてるというのは流れからするに大和が契る前、それこそ時間軸的にウルティモと出会う1話よりも前の
話と考えるのが妥当でしょう。
じゃあ一体それはいつどこで何故壊れたのか。
恐らく武蔵を未来から現代に移すにあたって、未来でダンスタンか誰かと一戦交えた結果壊れたと見るのが無難。
未来ではダンスタン、あるいは違う敵に対抗したのが武蔵1人だったのかいろいろ謎も出てきますが今回は割愛。

そして次に狭山さん&松竹梅の殿としての起用。
これは今回のメインなので後で触れますが、武蔵の口ぶりからすると以前から考えられてたっぽいのが気になる。
それは今回みたいなもしもの時ようなのか、それとも彼女達の方が強いからなのか。
ダンスタンのシナリオ通りなら何故最初から彼女達に童子を送らなかったのか。


3、七つの大罪 色欲のデジルの力です
ULT21.jpg
某twitterでは「七つの大罪 色欲のデジルの力です」としかしゃべらないことでお馴染みのデジル。
今までの活躍ぶり(能のキャンセル、スロウの首をはねる)からこんなネタキャラ扱いされるようなことになる
なんて思いもしませんでしたが、今回の人間ver.及びその殿であるスマ子先生の貢ぎっぷりときたら。
相手が先生だろうとお構いなし、これが七つの大罪 色欲のデジルの力なんですね。

とまぁこれで終わってもいいんだけど、物足りないのでもう少し。
よくこういったパートナーや契約を結ぶもので重要なのが、片方が死んだ時の対処方法。
まぁ大抵死ぬ時は両方いっぺんに死ぬのでどうでもよかったりしますが、ウルティモに関して言えば、
殿が人間であり転生してると言えど契った相手が死んでも自分さえ動ければ問題ありません。
それどころか入間を見限ったジェラス、そして今回の「見限られたくなければ」というデジルの発言から、
契るという行為はそこまで重いものじゃないっぽい。
ただ一度契った以上殿には死んでもらうか、それ相応の何かがないと簡単には関係が切れないと思うけど。

こんな話題もこれから触れる狭山さん&松竹梅に関係してます。


4、狭山さん&松竹梅のビジョン
さて、今回の話の本題に参ります。
エコさんとレグラの神猿による猿刻。
命とひきかえに術者の記憶を任意に選出した対象へ上書き
同時にその件に関する全ての記憶を呼びさまさせる


つまり過去の記憶がビジョンとなり頭の中に流れてってこれまんまシャーマンキングのグレートスピリッツ
見たときのビジョンと同じじゃん。
ところで涙色のビジョンを見た後にも魚とバナナのスープが良いんだろうか。

これにより狭山さん&松竹梅が一般人側からこちら側の世界に引きずりこまれそうになり、慌てる了。
もう悪側はどうでもいいからビジョン見た狭山さんたちだけ触れていこう。


ULT21 (2)ULT21 (3)ULT21 (4)ULT21 (7)


それぞれが見たビジョンを見る限りだと、まずは松竹梅の松こと松本清瀬から。
清瀬が見たのは時代背景が大正?明治?頃の女学生時代の自分と、パルドネだよなぁ。
腐女子だしそういう意味では体の構造を松竹梅の中では一番知ってるだろうから、マンキン理論を引っ張って
くると、ゴーレムにやられた葉がやろうとした治癒を身体操作でってことなんだろうか。

そして次に松竹梅の竹こと大竹秋津。
彼女が見たのはスロウとゼロ戦?
清瀬もそうだけど戦争前後の時代だよね。
秋津は零戦のパイロットなのかなぁ。
そうなると運命操作で百発百中にできるよね。

で松竹梅最後の梅こと青梅ひばり。
寅さん?風のゴーグさんと、なんとも形容しにくい服装のちょっと大人なひばり。
ガンガン進んでく系のひばりだと、見守ってる系のゴーグさんが一番いいのかな。

そんでお待たせしました狭山さんのビジョン。
狭山さんの正体が実は大和盗賊団のあの女の子だったのは予想はできていたので驚きませんが、ただどの段階で
童子を所有していたのか。
考えられるのは月光の君奪還からエコさんに出会った後のまだ触れられていない部分、あるいは清瀬たちと同じ
戦争前後の時代でしょう。
そしてもう一つ大事なことはどの童子を所有していたのか?

上記のビジョンとそこに至るまでの流れを踏まえたベストメンバー的に考えれば、
大和×ウルティモ、エコさん×レグラ、武蔵×ソピア、清瀬×パルドネ、秋津×スロウ、ひばり×ゴーグとなり
余ってるのがセルヴィスなんだよね。
個人的には狭山さんには新童子(究極の愛の童子とか)がベストなんだけど、意外とミリューでも面白いかも。
でも、じゃあセルヴィスは?ってなるんだよなぁ。
達磨田警部が余ってるからセルヴィスは達磨田さんでいいか。
この際火男でも可。
まぁ実際達磨田さんたちは所有してたとしても未来の量産型童子だろうなぁ。


さて、状況は猿刻により一転しそうで、実は大和をはじめちゃんと動ける殿と童子のペアが大泉のおっちゃんと
セルヴィスだけの善に対し、狭山さんと松竹梅を人質にとったままの日高とオルグレオ、大和を追うスマ子と
デジル、そして恐らくいつでも準備OKな残りの7つの大罪組(ルネ&ジェラスを除く)という、依然悪いまま。
しかし悪の総大将バイスもエコさんの命がけの一撃を食らっているので無傷と言うわけにはいかないのかなぁ。
ここは無能の真価が問われる場面。


果たしてどこまでがダンスタンのシナリオ通りなのか!?
あと3話で第二部は無事に終わるのか!?
11/4(木)発売予定の次回へ続く。

機巧童子ULTIMO 第二十幕「恋ヶ滝 球児負越」の感想

狭山さんがスポーツ用品メーカーSYAMAの社長令嬢兼デザイナーで、そのイメージキャラクターである
プロゴルファーの日高了と親公認の仲とか、それが全部日高の策略だったとか
そんなことはどうでもいいんだよっ!
あーもう狭山さんショックで今回は要所要所を言及していくカタチでいきます。
ストーリーはジャンプSQ10月号読むか、あらすじやってるよそに行くか、単行本5巻の発売を待って下さい。

だから秋津ちゃん→ルネとか、マチさんの「わたしのヒロシ」発言とかは総スルー。
でも「アタシのヒロシ」ってことからマチ→ヒロシなのは明確で、更にマチさんは『28歳』なのでヒロシ(21)に
運命操作でヒロシ→マチにしてることも確定的に明らか。
泣ける・・・。

てなわけで今回主に触れるのは以下の4つ。
・日高了の「神の読み」&オルグレオの「剛炎」
・神猪の「心情操作」&神鹿の「運命操作」
・神猿の「記憶操作」
・バイスの「無能」

ストーリーの方は狭山さんショックがでかすぎてまとまらんのと、そこまで突飛な事は起こってないからね。
エコさんすぐ死んじゃうけど・・・。

1、日高了の「神の読み」&オルグレオの「剛炎」
まず日高の「神の読み」について。
本人曰く『優れた観察眼と考察力で100%の読みが出来る』と、特殊能力に分類するレベルではないのかな?
未来が読めるとかそういった類ではなく、過去~現在までの情報を元に未来を予想するって感じだろう。
ただそんなことを素でできるのは、頭が良いからってだけなのか、実は日高も未来から来たとか何かありそうな
気もしないわけでもない。

そしてオルグレオ。
ウルティモだろうがダンスタンだろうがいざって時にゃあ俺の「能」剛炎が全部燃やしつくしてやっからよ!!!
と、七つの大罪の傲慢らしい台詞ですが、単純にメラメラの実のように炎を自由に使えるとかそういった類では
ないのだろうか。
条件があるものの燃え尽きるまで消えない炎とかそういったものを予想しましたが、悪側の能は単純なんで
普通に炎を扱える系ととってしまっていいのかも。
てか、能の無効化に、分裂に今回の剛炎って、悪側の童子の能力は統一性が無いというかパッとしないなぁ。

2、神猪の「心情操作」&神鹿の「運命操作」
先に「運命操作」から。
前回バイスの否骨をモロにくらって死んだかと思われた神猪と神鹿でしたが、運命操作により自分達に幸運を
もたらして急所を全部回避したそうです。
幸、不幸の話だと同じ雑誌で連載中の「貧乏神が!」と同じような感じに受け取ればいいのかねぇ。
でもどうせなら全部回避すればいいじゃんって感じなんだけど、より強い幸運をもたらすには愛憎エネルギーが
多く必要ってことなのかな?
で、こっちには幸福をもたらし相手には不幸をあたえ否骨により弾かれた鉄骨が鬼面に命中。
うん、「貧乏神が!」でいいみたいだね。

そして吉凶禍福ならぬ吉享鹿福。
これも恐らく自分の幸運と相手の不幸を上げることで爪が全部命中するようになってる仕組みなのだろう。

次に「心情操作」について。
前回「インセプション」みたいな能力とかたいそれたこといったけど、どうもそんなことはなかった模様。
まだそうと決まったわけじゃないですが。
酷く怖がらせてやる気をなくしたりとかそういう感じなのかも?
でも猪閃をイノセンスと読ませる武井先生ならではのネーミングは良かった。
ただの体当たりだけどね。

3、神猿の「記憶操作」
まぁ記憶操作というより猿刻(エングレイブ)について。
『engrave:(心・記憶などに)刻み込む』
つまり、エコさんの意思と記憶、バイス(とK)に関する事全てを、明日からの世界を生きるすべての殿達の
心と記憶に刻み込んだと。
バイスがこんな性格でこんな能力があってみたいなのから、エコさんの思いなんかが、愛憎エネルギーを限界
まで使いすべての殿達に届けたわけなんですが、これでどうなるか。

4、バイスの「無能」
能が無いから無能というそのままの意味ですが、
「無能こそ究極の悪のパワー!何も生み出さずただひたすらに消費する!即ちそれぞ絶対的破壊力!!!」
引っかかってたのは『何も生み出さずただひたすらに消費する』ってところ。
この消費するってのは何を指しているのか?
普通に考えれば愛憎エネルギーだろうけど、Kの愛憎エネルギー消費したってしゃーないし・・・。
となると、ナルトの仙人モードや、武装錬金のヴィクターのライフドレインみたいな感じで周りにいる
殿の愛憎エネルギーを吸収というか消費するってことなのだろう。
それも一つの能っちゃ能だけど・・・。
この消費するってのは恐らくKの特性だよね。
ニートだし前世も無職だし。

で、無能。
バイス自体の多分特性が読み切り版にもあった破壊なんだよね。
それを踏まえたものにするならまず思いつくのが、能が無い代わりに身体能力が他の童子より高いっていう説。
でも多分能があってもなくてもバイスの身体能力は平均より上だったと思う。

そんで次に思いついたのがちょっと語弊があるけど相手の能が効かない(≠無効化)って説。
シャーマンキングで超・占事略決の禁人呪殺が信心深くない人には効果が薄いみたいな感じで、行き過ぎると
「とある魔術の禁書目録」の上条さんの幻想殺しみたいになっちゃうけど、そこまではいかない感じ。
現に今回神鹿の運命操作で否骨で弾いた鉄骨をくらってるけど・・・。
相手の能を信じない、つまり心情変えられても運命を変えられても認知しない、気にせずに「変えられてない」
と思えば相手の能は効いてない(間接的な破壊)のと一緒なので、そんな感じ。
「心が折れなきゃ死なない」というマンキンイズムですね。
セコイ能に頼るとかはそこらへんにかかってくるのかなぁ、と。

まぁ難しすぎてまだよくまとまってないので、他の能も含めもう少し情報を公開してほしいところです。


そんなわけでウルティモと離れたまんまの失意の大和は誘われるがままにルネ邸へ。
ムサシとソピアも負傷中だし、ヒロシは重傷でマチさんも戦える状態じゃないし、石神井先生は死んでるし。
残るは営業の大泉さんだけなんだが、果たしてどうなる善童子。

さて、次回は10月4日(月)発売。
今回の話が5巻に収録される分の最後だったので、武井先生が「面白くなる」といっていたULTIMO第3部は
第二十五幕からかな?
第1部が1~3巻で、第2部が4~6巻とキリも良いっちゃ良いし。
まぁ第3部も7~9巻でそのまま最終回なんてことだけはマジ勘弁ですが。
第2部完までにどうやって話を進め、どんな第3部になるのか今から楽しみです。

おまけ。
ちょっと前に発売した女性向けマンガ情報誌「ぱふ」で武井先生のユンボル特集が組まれました。
内容としては裏話なども入った武井先生(と脚本の御上先生と担当さん)のインタビューがメイン。
今月号のジャンプSQのモノガタリの武井特集をもっと豪華(10P)にした感じですね。
割合としてはユンボル5:マンキン完全版3:ウルティモ2でしたが武井作品ファンなら必見の内容です!
ぜひご一読を!
プロフィール

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。