スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーマンキングFLOWERS 第10廻「節分」の感想

ここで話す前置きがないので今回も前置きなしでササッと感想へ。
SKF10 (7)
シャーマンキングFLOWERS 第10廻「節分」

中東の地でまだ0歳児くらいの幼い花を抱えてるって花はどこで生まれたんだろ。
アメリカのNYかパッチ村はありそうだけど、日本で生まれたのにすぐ海外に連れてったのは一番ないな。
SKF10 (6)SKF10 (5)
SKF10 (4)SKF10 (3)
SKF10 (2)
鬼は外

小鬼、鬼、中鬼、大鬼ときて闇鬼ですか。超鬼は進化の系統が違うのかね。
浄の力である無無明怪光線を無効化じゃなくて吸収にしたのは良かったと思う。天照山車の本体をひとひねりだし、ついでに葉羽もひとひねりにした鬼の力を今後うまく手懐けるような展開になるとは思えないけどこの設定をどう使っていくのか。そこら辺に注目していきたいね。

てか節分状態って。中東で銃弾を受けて吹っ飛び死んだ、と。そこまでは理解できる。で、神様ことハオ様が条件付きで蘇らせた、と。そこも理解できるが何故こんな力を与えることが蘇生する条件だったのか。
瀕死の際まで行くと鬼が出てくるってのは、抑えきれずにってことなのかね。てことはいつもは鬼を抑えてることになるけど、それを試練として与えることが蘇生条件って展開が無難になってくる。つまり修行という意味であれば辻褄が合うっちゃ合うのか。
そんでもう一点はアンナさんはどうなったのか。花を銃弾から庇ってたにもかかわらず全身が吹っ飛んだってことはアンナさんも吹っ飛んでるはずなんだがハオ様はアンナさんにも蘇生の条件を与えているのだろうか。
ただ花は巫力上がるからいいけど、アンナさん巫力上がってもあんまりメリットないしね。じゃあ殺す意味ないねってことで、奇跡的に花だけ死んだってことにしておこう。

もう一個考えられる展開はここで死んだアンナさんの中の鬼を全て花が引き継いで、綺麗なアンナさんになっちゃう展開。ドSっぷりが抜けてしおらしくなっちゃってたらどうしようね。まぁ冗談はさて置き地獄にいたあの大鬼が出てきたってのはアンナさんの鬼を引き継いだ(与えられた)って話はあながち間違ってないのかも。だからどうしたってレベルだけど。

SKF10 (1)
福は内

OS状態のアルミちゃんのシルバーウイングがツインテールというよりかはおさげに見えて地味に好き。
てか花が死んだこともハオ様が蘇生し鬼の力を与えたことも知ってるのも気になるけど、ハオ様を「あいつ」呼ばわりしてることの方が気になる。500年前のハオ様の血を引いてるけど生まれた時点でハオ様が既にSKになってたわけだし実害はないのになぜあいつ呼ばわりしているのか。アルミちゃんにとってハオ様がどういう存在なのかが気になりますね。

そしてOSを豆鉄砲で破られた花。OSの破られ方でシャーマンへの負担が変わるのに瀕死の状態で且つ結構な破られ方してて最悪死ぬのに躊躇しなかったアルミちゃんはマジアンナさんの系譜(ドS)だね。まぁ普通に一般人いるし手加減してる場合じゃないからなんだけど。

SKF10 (8)
「次号、神が登場ッ!!?」ってもう今月ハオ様出ちゃってますやんっていう野暮なツッコミは置いておいて。
マンタリテでも大人ハオ様出てきたけど今のハオ様はどういうデザインなんだろうね。ここではまだSFから日が浅いし変わってないけど、やはり神様だし年取らないから周りが成長していく中一人だけあの頃のままになるのかね。

次回は2/9(土)発売で3連休の初日だしなるべく遅れずに感想かけるといいなぁ。

シャーマンキングFLOWERS 第9廻「ショッキングモール2014」の感想

前回に続き1話遅れの感想のため前置きなしでササッと感想へ。
SKF9 (11)
シャーマンキングFLOWERS 第9廻「ショッキングモール2014」
たま女将がすごい違和感。たまおのS.F期→ヤサグレ期→今回→たま女将なんだろうけどヤサグレ期からたま女将はつながるけどこれがあいだに入ってるとは到底思えない不思議。ヤサグレ期を踏まえると幼すぎるというか。
個人的に髪長いほうが好きってのが大きく影響してるのかもだけど。

SKF9 (9)SKF9 (4)
震電&雷電と謎の本体によるO.S天照山車。無無明怪光線や阿弥陀丸を石化したのは本体の力だろうけど、その力ってなんなんだろうね。無無明怪光線は「浄」の力だろうし、石化も五大元素の「土」に関係してたりと黒幕が麻倉関係者と思わせるミスリード的なようにも思える。ちょいと気になったのは石化したはずなのに消えるのは実体化したわけではないのかね。そこら辺つっこむのは野暮だけど。

SKF9 (8)
そして折りたたみ傘でOSしようとする葉羽。媒介は傘であればなんでもいいんだろうけど、何故傘にOSしてるのだろうか。替えがきくけどOSと関わりがあったほうが強いはずなんだけど大凶と関係があるのか?でも新選組っぽかったし落下傘とか関係なさそうだし。


SKF9 (10)SKF9 (6)
月詠鉾に貫かれた時とは違い、木刀で殴られ2階から落ちるという完全に物理ダメージのみで流石に瀕死のようで走馬灯のごとく回想へ。回想先では銃弾を浴びて死んだんだけど、これ銃と花の間に庇うようにしてアンナさんがいるってことはアンナさんも死んだんだよね?花が吹っ飛んだのにアンナさん無事ってのは流石に無理があるっていうかこれは次回の内容か。感想が遅れてることによる弊害だね。

SKF9 (1)SKF9 (7)
S・O・E!!!(スピリット オブ アース)
SOEがイケメンになってる・・・だと・・・。てかパッチは未だに五大精霊奪われたままなんですか・・・。
となるとほかの4人も五大精霊持ったままなのかね。でも一番使いそうにない葉がSOE持ってるってことは他もまだ持ってるんだろうね。でもホロホロは雨降らすのに使ってそうだけど、他は使う機会ないだろ。蓮は自家発電とか回線の高速化か?でも流石にリゼルグは犯人燃やすわけにはいかないし、そもそも刑務所にいたチョコラブは論外だろ。

SKF9 (5)
回想が終わって花覚醒。父ちゃんも母ちゃんもでっかい闇を抱えてるから花も闇を抱えてても良かったんだけどそうじゃなかったってのは次回のおはなし。
二重人格というかもう一人の花的な展開じゃなくてよかった。あとあんまり面影を感じなかったのは内緒。
てか次の話読んじゃってるから感想が書きづらい。

おまけ
SKF9 (3)SKF9 (2)
ステマが2コマもあったのに2コマとも見切れてるULTIMOェ・・・。さすが武井先生。

シャーマンキングFLOWERS 第8廻「逃避行それは非行」の感想

気付いたら葉のフィギュアが発売してまして、シャーマンキングFLOWERS2巻も発売してまして、第9廻も公開してまして、めでたくこの感想も遅れまして。前置きはいいからササッと行きましょう。
関連:RIO:bone麻倉葉with甲縛式O.S白鵠 レビュー

SKF8 (6)
シャーマンキングFLOWERS 第8廻「逃避行それは非行」
果たして二代目竜さんの時代は来るのか?てか竜×竜とかすぐ逆カプ論争に・・・論争になるほど人口がいないか。

SKF8 (5)
フラワーオブメイズはFLOWER of MAIZEでした。直訳でトウモロコシの花。ことわざとか実はこんな意味があるみたいな感じなのか?cornじゃなくてmaizeなことに意味がるんだろうけど。
関連:シャーマンキングFLOWERS 第5廻「帰ってきたおシャマなシャーマン」の感想

てか中二男子たちのショッピングモールデートをずっと盗撮してる羊介ヤハべえ組はどういうポジションなのか。
本部の奴らも気になるけど日本の敵勢力に対し海外の敵勢力が意味するところはX-LAWSとかなんかね?てかガンダーラは日本の敵勢力に含まれないのか?羊介が動き出してるみたいだけどこれで裏朝倉家と組んでましたみたいな簡単な流れは避けて欲しいけど。

中二男子のショッピングモールたこ焼きデートに興味はないのでそこらへんは割愛して、
気になった点だけピックアップ。
SKF8 (3)SKF8 (4)
夢のような上映ラインナップだな。
てかユンボール戦記いじりもいいけど武・・・HIRO先生のダンボール戦機はいつ単行本化されるのだろうか。
コロコロG自体が事実上の廃刊状態だから続編の望みは薄いとなると短編集的な何かに入れてもらはないと単独は難しいよね。マンキンリミックスもあるし短編集オナシャス!

SKF8 (7)SKF8 (1)
「神さえ金的する」
まさかそんなネタを使ってきますか。金的っていうか破裂してるよねあれは。
てか「神さえ惚れた」アンナさんの美しさを独り占めな葉は神超えですな。

SKF8 (9)
そしていつになったからスクールライフじゃなく、こういう展開になるんだろ。
そういった需要はないのかね。あんまりそういうの目当ての人が好む作品がジャンプ改にないって時点で供給しても無駄なんだろうけど武井作品に需要供給の概念はないから信じてればいつか来るだろう。

そして最後。
SKF8 (8)
石にされた阿弥陀丸。
もう最新話見ちゃってるからアレだけど、言われてみるとまぁそうだよなって内容になってます。でも石になった原因は判明してもどうやって石にしたのかまでは未判明。そこらへんは次回の感想で触れます。

遅れちゃった時の感想は大抵こんなもんなんでサラっと触れてまた次回。

シャーマンキングFLOWERS 第7廻「喪失感」の感想

12月に機巧童子ULTIMO9巻とユンボル-JUMBOR-5巻が同時発売するそうです。
どちらも過去の収録ペースから考えると12月10日にそれぞれ新刊を買うと同じく12月19日発売予定のジャンプSQ19とウルトラジャンプ1月号に追いつくとか追いつかないとか。
関連:集英社新刊一覧 - 2012年12月

また先日当たった武井先生のサイン入り原画は大切に保管してあります。なかなか飾る勇気が出ないので箱から出る日が来るのだろうか。
関連:武井先生のサイン入り武井フェスティバル複製原画が当たりました!

以下本編の感想。
SKF7 (6)
シャーマンキングFLOWERS 第7廻「喪失感」

便所サンダルだった父・葉とは違い花は普通のサンダルですか。まぁ便所サンダル履いてヒソヒソ噂されるのとかそういうめんどくさいことを嫌ってるから便所サンダルはありえないか。でもズボンは父譲りの裾を捲くったものを履くという矛盾。てか葉羽は脚長過ぎませんか?

一方、主人そっちのけでバトルをおっぱじめる大凶と阿弥陀丸。
SKF7 (5)
まさか大凶がトカゲロウ以下の小物という衝撃に、久しぶりに阿弥陀丸がかっこよかったのにかすむという大事件が発生。てか最近BLEACHでこんなシーン見たね。


そして今月のメイン。
SKF7 (4)SKF7 (3)
まさか「ヤハべえ」と世界がリンクするとは。
関連:【武井宏之】ヤハべえの感想【新作読切】
主人公だった鴨川羊介も立派に成長してて「ヤハべえ」の時間軸が2012年7月11日だったことを考えると、フラワーズが2014年とすれば読切から2年後になるのか。成長期ってすごいなぁ。てか何気にヤハべえも大きくなってるね。
「あらゆる力を排除してかつ全てなかったことにする力ってのは今後武井作品に出てきそうな力だなと思った」とは書いたけどまさかこそのまま参戦してくるとは思わなかったなぁ。そんな力を持った羊介とヤハべえ参戦となるとフラワーオブメイズもいよいよ面白くなってきましたね。

とりあえず現時点で気になるのは2点。ひとつは奥にいる母親と思われる人物。読み切りでは一切登場しなかったけど、今回は少し意味深な描かれ方をしているので、ちょっと気になりますね。
2点目はもちろん今回フラワーズでの彼らの役割、立場について。「ヤハべえ」の内容を踏まえるとフラワーオブメイズに羊介とヤハべえが参戦してくることは確定でしょう。しかし花から阿弥陀丸を離したところで問題は山積みだしね。そもそもヤハべえを霊として、宇宙のオベリスクはカードを媒介としたOSとしてもって話だけど、正直霊じゃなくてもいいような気がする。だって今度の相手は宇宙なんだから宇宙人だったり地球外生命体だって出てくるだろうし。

ただシャーマンキングである以上、ヤハべえは作られたものだから、ゴーレムと同じ類で人工物に科学の力で巫力、霊力で動いてるって可能性が一番なのかなぁ。で、ヤハべえはゴーレムとは違い内蔵巫力ではなくて金の力を巫力、霊力に変えてて、あのカードはやっぱり媒介として使う感じになる展開?

裏麻倉家を動かしてた黒幕が羊介&ヤハべえだったって説だけど、今回のヤハべえの態度と羊介の感じからそんなめんどくさいことするくらいなら自分たちでやりそうだから、個人的に黒幕はないかなぁ。とりあえず今後に期待。

そして最後に一部で大人気のアルミちゃん。
SKF7 (2)SKF7 (1)
偶然にも花、葉羽と同じクラスに転入することで出番を増やす作戦に出たアルミちゃん。もともと他クラスより一人少なかったところにクラスメイトが一人亡くなったとしたら、転入生が二人来ても不思議じゃないね。髪型を変えての登場で、「BL」とか普通に言っちゃうのはさすが武井先生って感じ。これからしばらくは楽しい楽しい学園生活が中心になるのかね?そういうのはウルティモでやってほしいのだけど果たしてどうなるのか。
とりあえず次回はたま女将が帰ってきて再来月辺りからフラワーオブメイズの話が動いてくれると嬉しいです。

てなわけで次回は11月9日発売予定。
作者近況にて『今度「ユリイカ」誌上にて、あの「永野護」を西島大介・コヤマシゲト両氏と語ることになりました。楽しみです。』とあるように青土社のユリイカにて対談されるそうですが、エルガイムもZガンダムもファイブスター物語も正直わからないから困ったものです。発売は11月上旬になるそうなので、気になる人はお忘れなく。

シャーマンキングFLOWERS 第6廻「カチコミ自宅」の感想

もう来週には7話だというのに、ようやくギリ今月の感想ですよ。
あと2,3週間で一段落するのでもうひとふんばりですね。

さくっと感想へ。
SKF6 (1)
シャーマンキングFLOWERS 第6廻「カチコミ自宅」

Tシャツにジーパンという超絶ラフスタイルで出かけたはずなのに、いつの間に着物に着替えて、それどころか春雨まで持ち出したのかなんてツッコミは野暮ってもんです。なんでたま女将が春雨持ってるのかについては、完全版の原色魂図鑑を読んでるか読んでないかでは違うよね。

SKF6 (7)
O・S「大天狗」
そしていきなり大天狗使って家襲うとはとか流石だわ。ところで今後コンチ&ポンチはOSされることはあるのだろうか。甲縛式OSとか攻守ともにコンチ&ポンチでなかなか良い線行くと思うんだけど。さらに大天狗も使えるんだし。


SKF6 (5)
ようやく初登場ながらも顔を隠して全てを明かさない麻倉葉嘘(あさくらようきょ)。
葉に嘘で「ようきょ」って親はどういった意図で付けたのか気になるけど、武井先生的には葉(は)と嘘(うろ)で
パウロになるようにつけたのだろうと思います。
関連:パウロ(Wikipedia)
今回のフラワーズは明らかにこういうネタ多いけど、マルコもやっぱり鍵を握ってくるのかね。マルコの再登場も近いのか!?
個人的には裏麻倉の父の名前がマタイ(大麻を逆にして麻大?)じゃなくてよかったです。
うちは絶賛マタイ・ミュンツァー推しです。
関連:シャーマンキングFLOWERS 第2廻「親戚が殺しに来た」の感想

SKF6 (4)
危うき妖!「祇園傀(ギオング)」!!!

子が子(ビグザレム)なら親も親(ギオング)ということで。ガンダムネタも解禁というか明からさまなパロも多くなったよね。週刊ジャンプってそういうの厳しかったのかな?
てかパロもそうだけど、ジオングもといギオングのグに傀儡を使ってるのがミソだよね。
結局、この葉嘘も(もちろん葉羽と路菓も)裏麻倉を裏で操ってる黒幕の操り人形でしかなかった意味が込められてそうで。

SKF6 (3)
修験の極みを!!!×3
こんな攻撃をいつもお仕置きで食らってて平気な花は流石というか。
てか決戦型O・Sって何?それが古いってのは昔はみんな使ってたタイプなんだろうけど、考えられるのは葉たちみたいに武器として形を変えるんじゃなくてX-LAWSの天使やガンダーラのような神みたいな霊が独立してる系のことを指してるのか?でも大天狗だって言うなれば決戦型だし・・・。まぁたま女将にはまだコンチ&ポンチがいるし大天狗だってもしかしたら春雨にOS出来るのかもしれないから、「私はその変身をあと二回残している」って意味で古いって言ったんだと信じたい。



一方まさか自宅がカチコミされてるとは露知らず、花のクラスにカチコミ(転校)をかけた葉羽。
SKF6 (6)
いつでも殺せるようにたって怪我してる上に花の方が強いと認めちゃってるのが何とも・・・。
その点蓮はきちんと自分が弱いと認めた上で強くなるにはどうしたらいいのかてところがあっていいライバルキャラだったなぁ。

まぁここよりも気になったのはクラス風景のシーン。
花が漫画やアニメでは王道かつ安定の窓側最後列ってのもそうだけど、それ以上に気になったのが
SKF6.jpg
花のクラスメイト一人亡くなってますやん・・・。
日本刀持って西東京のヤンキーを制圧しちゃうようなJK(たまお)がいるような地域だし一人くらい亡くなっててもおかしくはないけど。そして多分なくなった子の名前は竹山なんだろうけど。

てか花と遠い親戚の流れから「ですがあまり怖がらないで仲良くしてあげてください」ってのは花が既にやらかしてるからなのか、それともたまお(ルドセブ、セイラームも?)も含め麻倉一派がやらかしてるから?そりゃ友達できないわな。

SKF6 (2)
そして葉羽が怪我もしてるし黒幕からフラワーオブメイズが開戦するまで一時休戦となってしまって、殺りたい盛りの大凶ちゃんは阿弥陀丸と一戦交えたくてウズウズするも、結局うやむやになるんだろうな。てか霊どうしの戦いって阿弥陀丸と馬孫も刀と槍を交わすくらいはやったけど、あとは何かあったっけ?


次回は10/10(水)発売予定で、その頃には一つの山場は越えているので更新できるといいね。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。