スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンボル-JUMBOR- 第28工程「重機人間ユンボル③」の感想

前回最新話前に更新したはずなのに気づいたら1話遅れになってました。
あ、舞城王太郎×大暮維人のバイオーグトリニティ面白いです。わけわかんないところが。

jumbor28 (5)
あれがこんなゴロロみたいになっちゃうのか・・・ってのは次の話なので割愛。
でも次の話読む限りだとこんなシーンはななったんだろうなぁ。

jumbor28 (4)
オリジナルの個体から吸い出したデータがユンボルホーンにあってそれをユンボルで使っているわけだけど、
技術レベル的には全部吸い出して全部使ってるドカルト博士の方が、全部吸い出して感情を封印して使ってる
ガリレル博士よりも劣ってる可能性が微レ存。

jumbor28 (1)
結果的に感情を欠いているワイア様は工夫もできず、バルさんに負けてしまうわけだから頭脳的にはどカルト博士の方が上回っているんだよね。その点ガリレル博士には是非とも地獄の底から舞い戻った感じで技術で物を言わせた無感情の化け物を作ってもらって復讐しに来て欲しい。

今回は特に思いの強さ、感情で勝負する武井作品っぽさが出ててそんじょそこらの少年漫画よりも少年漫画しててジャンプの代わりにウルジャンを週刊にしてもいいんじゃないかと思ってしまいました。

jumbor28 (2)
容量のほとんどを質量限界に当てられたっていうのは、質量は最小限だが他の能力が高いユンボルも存在するってことだよね?マンキンで言うOSを一点集中型にして身体能力でカバーしてたラジムみたいな感じの。
質量限界MAXって厳密にはイメージとは違うけどハオ様タイプ?どっちかというと倒されても何度も復活したVSラキスト1戦目のマルコの方が合うか。これも違うけど。

jumbor28 (3)
ユデンの園掘削隊「J7」決定戦があるのか単純に結果7人残ってしまうのか。そもそもユデンの園計画自体をぶっ壊す展開もあり得るけど。でも現時点でドカルト製が12体でガリレル製が3体と偏りすぎだしまだまだ少ないのでどういう展開にしてもユンボルをもう少し増やしてほしいですね。

次回は決着&回想です。

速報!?ハヤテのごとく!36巻に教養講座CDが付いてくる!?※詳細追記

タイトル通り3/18(月)発売予定のハヤテのごとく!36巻に教養講座CDが付いてくるとか付いてこないとか。
【発売前商品】ハヤテのごとく! 36 教養講座CD付き限定版

ついに教養講座CDなる怪しいものに手を出したかってかそもそも何ぞこれ。
3期でこんな展開あったの?それとも4期がこんな展開なの?とにわかなので情報に疎いんですが、
なんにせよソースがコミックの発売予定でお馴染み太洋社様の予定表なんで確定ではないっす。


35巻目にして遂に購入特典御三家にメロンブックスが加わって四天王となった今、
アニメ4期と限定版商法で初週売上部数50万部待ったなしですね!

以下追記(2/1)

小学館もようやく情報を公開しまいた。
同時発売の限定版には、三千院ナギ先生の「結構儲かる! 投資入門」や、
桂ヒナギク先生の「テスト直前、簡単暗記法」など、おもしろコンテンツ多数収録の
ドラマCDが付いてくる!! 

関連:ハヤテのごとく! 36

つまり、あの面白さ大爆発だったハヤテのごとく!30巻限定版のドラマCDの再来ってことでしょうか。
これは発売日に緊急重版決定で、合算100万部間違いなしですね!

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

【武井祭り】C83に行ってきました【巨大タペストリー】

コミケ何日目だよ(16日目)って感じですがC83に行ったって話。
いつものように3日目5時過ぎくらいに西に並び2時間程で全て買い終えるだけのお仕事でしたが、
そんなことはどうでもよくて、今回は何故かウルトラジャンプだけに掲載してあった武井祭りの
巨大タペストリーがメイン。

C83 (1)
C82の時はゆりかもめ国際展示場正門駅にポスター(全2種)が貼られまくってたけど、今回はビッグサイト内にどどんとビッグなタペストリーが吊るされてました。
関連:シャーマンキングFLOWERS 第5廻「帰ってきたおシャマなシャーマン」の感想

C83 (2)
TAKEIワールド・トライアングル!!!
なんか地味にじわじわくるね。そして明らかに正三角形ではない三作品の勢力図。

今回飾られていたのはビッグサイト内ですが、せめて東の123と456の間の通路とか東と西をつなぐ通路であれば
良かったんだけど、飾られていたのは西館の上。つまり企業ブースの外でした。
これには最初発見したときは、見つけた喜びとかすっ飛ばして、場所が悪すぎるだろ、と思わざる得ない。
てか企業ブース出て西館内からエスカレーターへ向かう途中にあるから広告対象がピンポイントすぎるだろ。
企業ブースで集英社や武井作品の何かがやってるわけでもないし、アニメ化発表されたとかならまだしも何もないのに企業から出て東や西に向かう人たちがこれを見ても効果は薄いでしょ。
せめて逆向きか両面にして西1、2からでも見れるようにすれば宣伝効果は上がったのに・・・。

次回C84もポスターないしタペストリーで広告出すなら国際展示場駅のホームから改札までのエスカレーターか東と西の連絡通路を確保できますようにってことでまた次回。

シャーマンキングFLOWERS 第10廻「節分」の感想

ここで話す前置きがないので今回も前置きなしでササッと感想へ。
SKF10 (7)
シャーマンキングFLOWERS 第10廻「節分」

中東の地でまだ0歳児くらいの幼い花を抱えてるって花はどこで生まれたんだろ。
アメリカのNYかパッチ村はありそうだけど、日本で生まれたのにすぐ海外に連れてったのは一番ないな。
SKF10 (6)SKF10 (5)
SKF10 (4)SKF10 (3)
SKF10 (2)
鬼は外

小鬼、鬼、中鬼、大鬼ときて闇鬼ですか。超鬼は進化の系統が違うのかね。
浄の力である無無明怪光線を無効化じゃなくて吸収にしたのは良かったと思う。天照山車の本体をひとひねりだし、ついでに葉羽もひとひねりにした鬼の力を今後うまく手懐けるような展開になるとは思えないけどこの設定をどう使っていくのか。そこら辺に注目していきたいね。

てか節分状態って。中東で銃弾を受けて吹っ飛び死んだ、と。そこまでは理解できる。で、神様ことハオ様が条件付きで蘇らせた、と。そこも理解できるが何故こんな力を与えることが蘇生する条件だったのか。
瀕死の際まで行くと鬼が出てくるってのは、抑えきれずにってことなのかね。てことはいつもは鬼を抑えてることになるけど、それを試練として与えることが蘇生条件って展開が無難になってくる。つまり修行という意味であれば辻褄が合うっちゃ合うのか。
そんでもう一点はアンナさんはどうなったのか。花を銃弾から庇ってたにもかかわらず全身が吹っ飛んだってことはアンナさんも吹っ飛んでるはずなんだがハオ様はアンナさんにも蘇生の条件を与えているのだろうか。
ただ花は巫力上がるからいいけど、アンナさん巫力上がってもあんまりメリットないしね。じゃあ殺す意味ないねってことで、奇跡的に花だけ死んだってことにしておこう。

もう一個考えられる展開はここで死んだアンナさんの中の鬼を全て花が引き継いで、綺麗なアンナさんになっちゃう展開。ドSっぷりが抜けてしおらしくなっちゃってたらどうしようね。まぁ冗談はさて置き地獄にいたあの大鬼が出てきたってのはアンナさんの鬼を引き継いだ(与えられた)って話はあながち間違ってないのかも。だからどうしたってレベルだけど。

SKF10 (1)
福は内

OS状態のアルミちゃんのシルバーウイングがツインテールというよりかはおさげに見えて地味に好き。
てか花が死んだこともハオ様が蘇生し鬼の力を与えたことも知ってるのも気になるけど、ハオ様を「あいつ」呼ばわりしてることの方が気になる。500年前のハオ様の血を引いてるけど生まれた時点でハオ様が既にSKになってたわけだし実害はないのになぜあいつ呼ばわりしているのか。アルミちゃんにとってハオ様がどういう存在なのかが気になりますね。

そしてOSを豆鉄砲で破られた花。OSの破られ方でシャーマンへの負担が変わるのに瀕死の状態で且つ結構な破られ方してて最悪死ぬのに躊躇しなかったアルミちゃんはマジアンナさんの系譜(ドS)だね。まぁ普通に一般人いるし手加減してる場合じゃないからなんだけど。

SKF10 (8)
「次号、神が登場ッ!!?」ってもう今月ハオ様出ちゃってますやんっていう野暮なツッコミは置いておいて。
マンタリテでも大人ハオ様出てきたけど今のハオ様はどういうデザインなんだろうね。ここではまだSFから日が浅いし変わってないけど、やはり神様だし年取らないから周りが成長していく中一人だけあの頃のままになるのかね。

次回は2/9(土)発売で3連休の初日だしなるべく遅れずに感想かけるといいなぁ。

シャーマンキングFLOWERS 第9廻「ショッキングモール2014」の感想

前回に続き1話遅れの感想のため前置きなしでササッと感想へ。
SKF9 (11)
シャーマンキングFLOWERS 第9廻「ショッキングモール2014」
たま女将がすごい違和感。たまおのS.F期→ヤサグレ期→今回→たま女将なんだろうけどヤサグレ期からたま女将はつながるけどこれがあいだに入ってるとは到底思えない不思議。ヤサグレ期を踏まえると幼すぎるというか。
個人的に髪長いほうが好きってのが大きく影響してるのかもだけど。

SKF9 (9)SKF9 (4)
震電&雷電と謎の本体によるO.S天照山車。無無明怪光線や阿弥陀丸を石化したのは本体の力だろうけど、その力ってなんなんだろうね。無無明怪光線は「浄」の力だろうし、石化も五大元素の「土」に関係してたりと黒幕が麻倉関係者と思わせるミスリード的なようにも思える。ちょいと気になったのは石化したはずなのに消えるのは実体化したわけではないのかね。そこら辺つっこむのは野暮だけど。

SKF9 (8)
そして折りたたみ傘でOSしようとする葉羽。媒介は傘であればなんでもいいんだろうけど、何故傘にOSしてるのだろうか。替えがきくけどOSと関わりがあったほうが強いはずなんだけど大凶と関係があるのか?でも新選組っぽかったし落下傘とか関係なさそうだし。


SKF9 (10)SKF9 (6)
月詠鉾に貫かれた時とは違い、木刀で殴られ2階から落ちるという完全に物理ダメージのみで流石に瀕死のようで走馬灯のごとく回想へ。回想先では銃弾を浴びて死んだんだけど、これ銃と花の間に庇うようにしてアンナさんがいるってことはアンナさんも死んだんだよね?花が吹っ飛んだのにアンナさん無事ってのは流石に無理があるっていうかこれは次回の内容か。感想が遅れてることによる弊害だね。

SKF9 (1)SKF9 (7)
S・O・E!!!(スピリット オブ アース)
SOEがイケメンになってる・・・だと・・・。てかパッチは未だに五大精霊奪われたままなんですか・・・。
となるとほかの4人も五大精霊持ったままなのかね。でも一番使いそうにない葉がSOE持ってるってことは他もまだ持ってるんだろうね。でもホロホロは雨降らすのに使ってそうだけど、他は使う機会ないだろ。蓮は自家発電とか回線の高速化か?でも流石にリゼルグは犯人燃やすわけにはいかないし、そもそも刑務所にいたチョコラブは論外だろ。

SKF9 (5)
回想が終わって花覚醒。父ちゃんも母ちゃんもでっかい闇を抱えてるから花も闇を抱えてても良かったんだけどそうじゃなかったってのは次回のおはなし。
二重人格というかもう一人の花的な展開じゃなくてよかった。あとあんまり面影を感じなかったのは内緒。
てか次の話読んじゃってるから感想が書きづらい。

おまけ
SKF9 (3)SKF9 (2)
ステマが2コマもあったのに2コマとも見切れてるULTIMOェ・・・。さすが武井先生。

ユンボル-JUMBOR- 第27工程「重機人間ユンボル②」の感想

最新話前に更新したかったのでサクッと言いたいことだけ。

jumbor27 (1)
ユン・ボール!!!
やるなら先月号でやれよって話。
jumbor27 (4)
パイプ・フィニッシュ!!!
サンポールだけだったらアレだけど、パイプユニッシュならぬパイプフィニッシュはもうこれは確信犯でしょ。
てかなんでワイア様はトイレ掃除ネタ要因なの?

jumbor27 (7)jumbor27 (8)
jumbor27 (3)
G型には感情はもとより、ユンボルになる前の記憶もないことがほぼ確定しましたね。
結構大事な部分だけど、工事戦士としての工事力だけ抜き取って元の肉体に記憶が残されているのか、あるいは記憶等も一緒に抜き取ってあるけど、ユンボルホーンで記憶を抑えてるだけかで結構変わってくるよね。
記憶を抑えられてるだけだと簡単に仲間になりそうでそれは嫌なので、博識無口系キャラみたいに元の肉体にあるであろう記憶を取り戻しに行く流れがいいです。とりま今回は敵同士のまま終わって欲しい。


jumbor27 (5)
テツグンテED祭り。
バルさんの意味深な鉄パイプの位置も狙ってますよね。

jumbor27 (6)
ユンボルの戦闘シーンはそんじょそこらの少年漫画より少年漫画してて熱くなるんですが、今月のテツグンテEDなバルさんとワイアのこの見開きは震えましたね。やっぱ武井先生はうまい。

ワイアに対しテツグンテEDで劣勢なバルさんですが、それでもバルさんが勝つと言うドリル様。
ではどうやって勝つのか?そうです!
jumbor27 (2)
テツグンテは形状記憶合金ならぬ形状気力合金だから、
想い(気力)の力一つでどうにでもなるという少年漫画の王道展開ですよ!!

何で青年漫画雑誌でもブレずに少年漫画してるのに、少年漫画雑誌で打ち切られたのか理解に苦しむってところでまた次回。

シャーマンキングFLOWERS 第8廻「逃避行それは非行」の感想

気付いたら葉のフィギュアが発売してまして、シャーマンキングFLOWERS2巻も発売してまして、第9廻も公開してまして、めでたくこの感想も遅れまして。前置きはいいからササッと行きましょう。
関連:RIO:bone麻倉葉with甲縛式O.S白鵠 レビュー

SKF8 (6)
シャーマンキングFLOWERS 第8廻「逃避行それは非行」
果たして二代目竜さんの時代は来るのか?てか竜×竜とかすぐ逆カプ論争に・・・論争になるほど人口がいないか。

SKF8 (5)
フラワーオブメイズはFLOWER of MAIZEでした。直訳でトウモロコシの花。ことわざとか実はこんな意味があるみたいな感じなのか?cornじゃなくてmaizeなことに意味がるんだろうけど。
関連:シャーマンキングFLOWERS 第5廻「帰ってきたおシャマなシャーマン」の感想

てか中二男子たちのショッピングモールデートをずっと盗撮してる羊介ヤハべえ組はどういうポジションなのか。
本部の奴らも気になるけど日本の敵勢力に対し海外の敵勢力が意味するところはX-LAWSとかなんかね?てかガンダーラは日本の敵勢力に含まれないのか?羊介が動き出してるみたいだけどこれで裏朝倉家と組んでましたみたいな簡単な流れは避けて欲しいけど。

中二男子のショッピングモールたこ焼きデートに興味はないのでそこらへんは割愛して、
気になった点だけピックアップ。
SKF8 (3)SKF8 (4)
夢のような上映ラインナップだな。
てかユンボール戦記いじりもいいけど武・・・HIRO先生のダンボール戦機はいつ単行本化されるのだろうか。
コロコロG自体が事実上の廃刊状態だから続編の望みは薄いとなると短編集的な何かに入れてもらはないと単独は難しいよね。マンキンリミックスもあるし短編集オナシャス!

SKF8 (7)SKF8 (1)
「神さえ金的する」
まさかそんなネタを使ってきますか。金的っていうか破裂してるよねあれは。
てか「神さえ惚れた」アンナさんの美しさを独り占めな葉は神超えですな。

SKF8 (9)
そしていつになったからスクールライフじゃなく、こういう展開になるんだろ。
そういった需要はないのかね。あんまりそういうの目当ての人が好む作品がジャンプ改にないって時点で供給しても無駄なんだろうけど武井作品に需要供給の概念はないから信じてればいつか来るだろう。

そして最後。
SKF8 (8)
石にされた阿弥陀丸。
もう最新話見ちゃってるからアレだけど、言われてみるとまぁそうだよなって内容になってます。でも石になった原因は判明してもどうやって石にしたのかまでは未判明。そこらへんは次回の感想で触れます。

遅れちゃった時の感想は大抵こんなもんなんでサラっと触れてまた次回。

RIO:bone麻倉葉with甲縛式O.S白鵠 レビュー

麻倉葉&白鵠 IN 三次元!
O.S RIO:bone 麻倉葉&白鵠!!

てなわけで麻倉葉&白鵠がついに具現化しました。
確か初公開が2011年7月24日のワンダーフェスティバル2011SUMMERだった気がするので、1年半弱ですか。
連載していたのがもっと前だったことを考えると実に長い道のりでしたね。

次は順番的には恐らくハオ様ですか。
次回のワンダーフェスティバル2013WINTERは2013年2月10日開催予定なんで、そこでまた動きがあるかもしれませんね、着色済みハオ様with甲縛式O.S黒雛とか、アンナさんも前鬼・後鬼初お披露目とか第4弾公開とか。

関連:葉with白鵠を見に行ってきた!(追加:ハオ様with黒雛、クレン)
関連:「ホビージャパン4月号」葉&白鵠とEM立体化まとめ+おまけ
関連:【予約開始直前!?】武井先生監修のRIO:bone麻倉葉&白鵠公開!+詳細も

RIOboneYOH (1)RIOboneYOH (5)
パッケージ
発売日:2012年11月30日 価格:8500円

RIOboneYOH (6)
葉、阿弥陀丸、春雨、フツノミタマの剣、O.S.白鵠、顔パーツ×3、両手パーツ×2、台座が付いてきます。

RIOboneYOH (4)RIOboneYOH (3)
台座もついてきますが白鵠を装着時でも自立しますよというアピール。
結構可動するのでバランスが取りやすいけど不安定っちゃ不安定。矛盾してるけどそこらへんは実際に買って確かめて欲しいです。

実際に触ってみての感想。
可動数、可動域が広いので、いろいろなポーズを取らせることができるので触ってるだけで楽しいです。
また触っているとより実感できるのですが、武井先生の監修もされたせいか細部も忠実に再現されていて、特に春雨の出来が想像以上にすごくて驚きました。

白鵠の藍色の先っちょはなぜか磁石でくっつけるしようだったんですが、どうせなら白鵠のジョイントも磁石にしてくれればと思いました。てか背中の蓋取るの最初は結構怖いよね?
あと白鵠の羽の部分も結構割れ(折れ?)そうで怖い。出来がいいだけに隣の羽と結構当たるので左右に展開できたらベストだと思いました。
そして過去の写真やパッケージもそうですが、フツノミタマの剣を持たせられない点が辛い。恐らく付属パーツの親指部分を切ってフツノミタマの剣を持たせて針金的な何かで親指くっつければいいのかな?と思うけどてっきり春雨同様普通に持たせられるものとばかり思っていたのでこれはちょっと残念でした。
※付属の左手パーツをドライヤー等で温めれば持たせることは可能です。

RIOboneYOH (2)
現在連載中の主人公たちとの夢の共演。
センスがないのと写真撮るのが苦手なのでそこらへんには目をつぶってもらうとして、今まで飾られていただけだったので、手元に実物があると無限の可能性があるので実際どうしていいかわかりませんね。

ちょっと落ち着いたら画像を増やしていく予定です。

シャーマンキング完全版25巻表紙パロ(カバー有り/無し)
RIOboneYOH (8)RIOboneYOH (7)

相当近づけたと思ってるけど、やっぱり可動域は広いものの肩を内側に曲げるのは辛いです。
葉賢戦の大天狗を止めたときのアレや、無無明亦無にもどうにか近づけないか模索中なんで出来たら上げるかも?

【武井作品】12月10日はTakei祭り!まとめ【三冊同時発売】

今日発売のウルトラジャンプ12月号が最速な12月10日のTakei祭り!の取り急ぎまとめをば。
TakeiFes.jpg
来たる12月10日に「シャーマンキングFLOWERS」2巻、「機巧童子ULTIMO」9巻、「ユンボル-jumbor-」5巻が
同時発売するとのことで、今年の6月同様に
Takei祭り開催です!

「シャーマンキングFLOWERS」2巻
「機巧童子ULTIMO」9巻
「ユンボル-jumbor-」5巻
現時点で判明していることは上記3冊に付いてるであろう応募券的なものを3枚貼って応募すると、
抽選で100名に武井先生の直筆サイン入り特製色紙プレゼントという企画と、例によってJR秋葉原駅に連続駅張りポスターが、コミックマーケット83に超大型タペストリーが登場するとのこと。
今年の夏はゆりかもめの国際展示場正門駅内だったけど、ビックサイト内に貼られてたらクソやべえけど期待してもいいのかな。
参考:シャーマンキングFLOWERS 第5廻「帰ってきたおシャマなシャーマン」の感想

サインの方は描き下ろしでデザインもいい感じですね。
参考:武井先生のサイン入り武井フェスティバル複製原画が当たりました!

まだまだ様々なキャンペーンが展開予定とのこと。
三作品同時発売だとアニメイトとか有隣堂あたりで、購入特典付きそうだよね。1つ考えてたのは6月のTakei祭りの時の表紙をブックカバーにしたものだったんだけど、ユンボル5巻がまさにそれで残念。でもポストカードは十分に可能性あるよね。

おまけ。
ちなみにページ数等厳密に計算はしてませんが
8話まで収録(仮)される「シャーマンキングFLOWERS」2巻を買うと同日発売のジャンプ改に掲載予定の最新9話に追いつき、第38幕まで収録(仮)される「機巧童子ULTIMO」9巻を買うと12月19日発売のジャンプSQ19掲載の最新第39幕に追いつき、26工程まで収録(仮)される「ユンボル-JUMBOR-」5巻を買うと12月19日発売のウルトラジャンプ掲載の最新27工程に追いつくはず。
今後もTakei祭りが開催される可能性はありますが、次がいつになるかわからないので、本誌はになりたい人はこの機会に是非!!

ユンボル-JUMBOR- 第26工程「重機人間ユンボル①」の感想

今週は頑張って働いたし更新してもいいよねってことで久しぶりにユンボルの感想です。
更新が途絶えてるあいだにあったことといえばニッパが活躍してたり、武井先生のサイン入りTakei祭りの複製原画が当たったりと、1クール以上あったのでいろいろありましたね。
関連:武井先生のサイン入り武井フェスティバル複製原画が当たりました!

早速本編の感想に入ります。
jumbor26 (4)ユンボル3G クランプのワイア
このUJでユンボルが始まった時から待ち望んでいた展開の一つが「重機人間ユンボル」では登場しなかった新キャラならぬ新ユンボルなんですが、ようやく叶いました。本当は前回が初登場だったんだけど、更新してないし本格的に登場するのは今回だしいいよね。


jumbor26 (5)
伝説のバル・クロウ組の一人で究極の足場ニストのトビー・マクワイア。彼を含めバル・クロウ組はゲンバー大王に拉致られて研究施設送りになってたのね。ロシン・ノシュクロ研究所にバルとニッパ、ボリングさんが収容され、サカニアにあるドーマ強化人間研究所にはハッパーさんが収容されていて、恐らくマクワイアと最後のバル・クロウ組のロックボルもこちらに収容されていた可能性は高い。個人的にロックボルはユンボル、EM、オーガ以外に関係のあるポジションでの登場がいいなぁと思うけど、ユンボル枠がバルとワイア、EM枠がニッパとボリング、オーガ枠がハッパーさんとなっているので、この構図から行くとゲンバー側のオーガ枠なのかなぁ。しかも五大博士の一人の新型オーガマスターみたいな。なんにせよ期待は膨らみますね。


話を戻して。
ユンボルは以前から出ていましたがそれは全Dr.ドカルトが作ったもので、今回のワイアはDr.ガリレルによって作られたもので、気になるのは当然D型とG型の違い。
jumbor26 (3)jumbor26 (1)
ドカルト博士に反対し同じ五大博士の一人であるガリレル博士が作ったのがG型で、姫に言わせればドカルト博士と比べれば人道的らしい。そもそも人間が頭にネジ打ち込まれて手と足が合金になってる時点で人道的も何もあったもんじゃないと思うけど・・・。

ここで引っかかったのはワイアの「技は血に刻まれる」というセリフ。そしてハリー・キャハン先生の「・・・しかしいくらユンボルとなったとはいえ今のワイア様は・・・せめてDナンバーでも与えてもらえばよかったもののなぁ・・・」というセリフ。また、ユンボルとなったバルさんは仕方ないとして、同じバル・クロウ組のニッパやハッパーさんにも気付かないところを見ると、ここから導かれるのは生前の記憶や工事力などを引き継いでいるD型に対し、いっそのこと記憶をなくし生前の工事力のみを抽出したほうが今のバルさんみたいに苦しまなくて済むという考え方からなのか、工事力のみが抽出されたG型という結論になる。生前の記憶を持ったままユンボルとしてゲンバーの下で生きていくより、記憶をなくした方がいいという考え方をすれば人道的と取れなくもない。
ただバルさん同様もとの肉体は研究所にあるはずだからこのワイアの中にマクワイアがいないだけで戻る可能性はあると思う。

もうひとつ気になるのは3Gというからには1Gと2Gがいてそのうちのどちらかに顎を砕かれたわけなんだけど、そいつらは今どうしてるんだろ。恐らくガリレル博士に反抗したってことはゲンバー側にいるとも限らんから今後味方になってくれる展開も十分考えられる。

jumbor26 (2)
テツグンテ3GCL01「ハードクランプ」CODE:ハイオーダー パイプオブチーフ
太陽の御柱(サン・ポール)!!!
正直俺のショベルの方がスゲー名前の必殺技な感じがするけど、それは置いといて次号からワイアVSレジスタンスな展開。ニッパーはこの前活躍したし、バルさんは万全じゃないしで活躍的にまだ地味なハッパーさんあたりに活躍してもらってなんとかこの場を切り抜けて欲しい。ただ逃げれたとしてワイアが仲間になりそうかって言ったらそれはまた別だけど。

そんな次回は11月19日発売予定。あの大暮先生がUJに帰ってくるそうなので今後のUJに胸が熱くなりますね。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。