スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーマンキングFLOWERS 第7廻「喪失感」の感想

12月に機巧童子ULTIMO9巻とユンボル-JUMBOR-5巻が同時発売するそうです。
どちらも過去の収録ペースから考えると12月10日にそれぞれ新刊を買うと同じく12月19日発売予定のジャンプSQ19とウルトラジャンプ1月号に追いつくとか追いつかないとか。
関連:集英社新刊一覧 - 2012年12月

また先日当たった武井先生のサイン入り原画は大切に保管してあります。なかなか飾る勇気が出ないので箱から出る日が来るのだろうか。
関連:武井先生のサイン入り武井フェスティバル複製原画が当たりました!

以下本編の感想。
SKF7 (6)
シャーマンキングFLOWERS 第7廻「喪失感」

便所サンダルだった父・葉とは違い花は普通のサンダルですか。まぁ便所サンダル履いてヒソヒソ噂されるのとかそういうめんどくさいことを嫌ってるから便所サンダルはありえないか。でもズボンは父譲りの裾を捲くったものを履くという矛盾。てか葉羽は脚長過ぎませんか?

一方、主人そっちのけでバトルをおっぱじめる大凶と阿弥陀丸。
SKF7 (5)
まさか大凶がトカゲロウ以下の小物という衝撃に、久しぶりに阿弥陀丸がかっこよかったのにかすむという大事件が発生。てか最近BLEACHでこんなシーン見たね。


そして今月のメイン。
SKF7 (4)SKF7 (3)
まさか「ヤハべえ」と世界がリンクするとは。
関連:【武井宏之】ヤハべえの感想【新作読切】
主人公だった鴨川羊介も立派に成長してて「ヤハべえ」の時間軸が2012年7月11日だったことを考えると、フラワーズが2014年とすれば読切から2年後になるのか。成長期ってすごいなぁ。てか何気にヤハべえも大きくなってるね。
「あらゆる力を排除してかつ全てなかったことにする力ってのは今後武井作品に出てきそうな力だなと思った」とは書いたけどまさかこそのまま参戦してくるとは思わなかったなぁ。そんな力を持った羊介とヤハべえ参戦となるとフラワーオブメイズもいよいよ面白くなってきましたね。

とりあえず現時点で気になるのは2点。ひとつは奥にいる母親と思われる人物。読み切りでは一切登場しなかったけど、今回は少し意味深な描かれ方をしているので、ちょっと気になりますね。
2点目はもちろん今回フラワーズでの彼らの役割、立場について。「ヤハべえ」の内容を踏まえるとフラワーオブメイズに羊介とヤハべえが参戦してくることは確定でしょう。しかし花から阿弥陀丸を離したところで問題は山積みだしね。そもそもヤハべえを霊として、宇宙のオベリスクはカードを媒介としたOSとしてもって話だけど、正直霊じゃなくてもいいような気がする。だって今度の相手は宇宙なんだから宇宙人だったり地球外生命体だって出てくるだろうし。

ただシャーマンキングである以上、ヤハべえは作られたものだから、ゴーレムと同じ類で人工物に科学の力で巫力、霊力で動いてるって可能性が一番なのかなぁ。で、ヤハべえはゴーレムとは違い内蔵巫力ではなくて金の力を巫力、霊力に変えてて、あのカードはやっぱり媒介として使う感じになる展開?

裏麻倉家を動かしてた黒幕が羊介&ヤハべえだったって説だけど、今回のヤハべえの態度と羊介の感じからそんなめんどくさいことするくらいなら自分たちでやりそうだから、個人的に黒幕はないかなぁ。とりあえず今後に期待。

そして最後に一部で大人気のアルミちゃん。
SKF7 (2)SKF7 (1)
偶然にも花、葉羽と同じクラスに転入することで出番を増やす作戦に出たアルミちゃん。もともと他クラスより一人少なかったところにクラスメイトが一人亡くなったとしたら、転入生が二人来ても不思議じゃないね。髪型を変えての登場で、「BL」とか普通に言っちゃうのはさすが武井先生って感じ。これからしばらくは楽しい楽しい学園生活が中心になるのかね?そういうのはウルティモでやってほしいのだけど果たしてどうなるのか。
とりあえず次回はたま女将が帰ってきて再来月辺りからフラワーオブメイズの話が動いてくれると嬉しいです。

てなわけで次回は11月9日発売予定。
作者近況にて『今度「ユリイカ」誌上にて、あの「永野護」を西島大介・コヤマシゲト両氏と語ることになりました。楽しみです。』とあるように青土社のユリイカにて対談されるそうですが、エルガイムもZガンダムもファイブスター物語も正直わからないから困ったものです。発売は11月上旬になるそうなので、気になる人はお忘れなく。

武井先生のサイン入り武井フェスティバル複製原画が当たりました!

TKI-FES (1)
当たりました!
遡ることもう4ヶ月も前になるんですが、ウルトラジャンプの「ユンボル」、ジャンプ改の「シャーマンキングFLOWERS」、ジャンプSQ19の「機巧童子ULTIMO」の三作品が三誌それぞれで表紙を飾った武井フェスティバルが6月に開催されました。
その際に各誌で付いてる応募券で10名様×3誌に当たるのが↑の武井先生のサインが入ったつながる表紙の複製原画ということなんですが、最近忙しすぎてすっかり忘れてました。親に「ジャンプからなにかでっかいの届いてたぞ」と言われ、ジャンプは毎週買ってるけどアンケート出してないしなんのことかさっぱりでしたが、ジャンプはジャンプでもジャンプ改からだったという。

TKI-FES (2)
複製になるので大きさは実際の各誌をつなげた大きさと同じで、額縁に入ってる都合上さらに大きくなっている感じです。

正直忙しすぎて今もまだ興奮と混乱で状況がつかめてません。落ち着いた頃にきちんとした感想でも書きたいんですが、一言だけ
これからも武井信者として大事にしていきます。

ハヤテのごとく!34巻表紙公開!+特典まとめ

早売りの店でいつも余ってるはずのサンデーが売り切れてました。
アニメ化でハヤテワンチャンあるd・・・マギ人気すごいな。

ハヤテのごとく! 34 (少年サンデーコミックス)ハヤテのごとく! 34 (少年サンデーコミックス)
(2012/10/18)
畑 健二郎

商品詳細を見る


相変わらず季節感何それ?な表紙はナギと本編の方で無理くり出番を作ることに必死なハムのコンビ。

現時点での特典まとめ
<ゲーマーズ>
購入特典:少年サンデーコミックス ハヤテのごとく! 34巻【オリジナルB3ポスター】
このポスターは描き下ろしじゃないよね?

<とらのあな>
購入特典:ハヤテのごとく! 34 【購入特典】 特製イラストカード
フェア:「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」アニメ化記念フェア
またイラストカードですか。昔のようなメッセージペーパーはもうやらないのかなぁ・・・。
更に期間中だとしおりもつくとか。

<アニメイト>
購入特典:不明
フェア:ハヤテのごとく!~アヤサキ秋の●●まつり!~ フェア
1000円ごとにブロマイド1枚ってのはいいんだけど、絵柄はどうにかならなかったんだろうか。
アニメのフェアだから仕方がないっちゃないんだろうけど。

続報があれば追記します。

シャーマンキングFLOWERS 第6廻「カチコミ自宅」の感想

もう来週には7話だというのに、ようやくギリ今月の感想ですよ。
あと2,3週間で一段落するのでもうひとふんばりですね。

さくっと感想へ。
SKF6 (1)
シャーマンキングFLOWERS 第6廻「カチコミ自宅」

Tシャツにジーパンという超絶ラフスタイルで出かけたはずなのに、いつの間に着物に着替えて、それどころか春雨まで持ち出したのかなんてツッコミは野暮ってもんです。なんでたま女将が春雨持ってるのかについては、完全版の原色魂図鑑を読んでるか読んでないかでは違うよね。

SKF6 (7)
O・S「大天狗」
そしていきなり大天狗使って家襲うとはとか流石だわ。ところで今後コンチ&ポンチはOSされることはあるのだろうか。甲縛式OSとか攻守ともにコンチ&ポンチでなかなか良い線行くと思うんだけど。さらに大天狗も使えるんだし。


SKF6 (5)
ようやく初登場ながらも顔を隠して全てを明かさない麻倉葉嘘(あさくらようきょ)。
葉に嘘で「ようきょ」って親はどういった意図で付けたのか気になるけど、武井先生的には葉(は)と嘘(うろ)で
パウロになるようにつけたのだろうと思います。
関連:パウロ(Wikipedia)
今回のフラワーズは明らかにこういうネタ多いけど、マルコもやっぱり鍵を握ってくるのかね。マルコの再登場も近いのか!?
個人的には裏麻倉の父の名前がマタイ(大麻を逆にして麻大?)じゃなくてよかったです。
うちは絶賛マタイ・ミュンツァー推しです。
関連:シャーマンキングFLOWERS 第2廻「親戚が殺しに来た」の感想

SKF6 (4)
危うき妖!「祇園傀(ギオング)」!!!

子が子(ビグザレム)なら親も親(ギオング)ということで。ガンダムネタも解禁というか明からさまなパロも多くなったよね。週刊ジャンプってそういうの厳しかったのかな?
てかパロもそうだけど、ジオングもといギオングのグに傀儡を使ってるのがミソだよね。
結局、この葉嘘も(もちろん葉羽と路菓も)裏麻倉を裏で操ってる黒幕の操り人形でしかなかった意味が込められてそうで。

SKF6 (3)
修験の極みを!!!×3
こんな攻撃をいつもお仕置きで食らってて平気な花は流石というか。
てか決戦型O・Sって何?それが古いってのは昔はみんな使ってたタイプなんだろうけど、考えられるのは葉たちみたいに武器として形を変えるんじゃなくてX-LAWSの天使やガンダーラのような神みたいな霊が独立してる系のことを指してるのか?でも大天狗だって言うなれば決戦型だし・・・。まぁたま女将にはまだコンチ&ポンチがいるし大天狗だってもしかしたら春雨にOS出来るのかもしれないから、「私はその変身をあと二回残している」って意味で古いって言ったんだと信じたい。



一方まさか自宅がカチコミされてるとは露知らず、花のクラスにカチコミ(転校)をかけた葉羽。
SKF6 (6)
いつでも殺せるようにたって怪我してる上に花の方が強いと認めちゃってるのが何とも・・・。
その点蓮はきちんと自分が弱いと認めた上で強くなるにはどうしたらいいのかてところがあっていいライバルキャラだったなぁ。

まぁここよりも気になったのはクラス風景のシーン。
花が漫画やアニメでは王道かつ安定の窓側最後列ってのもそうだけど、それ以上に気になったのが
SKF6.jpg
花のクラスメイト一人亡くなってますやん・・・。
日本刀持って西東京のヤンキーを制圧しちゃうようなJK(たまお)がいるような地域だし一人くらい亡くなっててもおかしくはないけど。そして多分なくなった子の名前は竹山なんだろうけど。

てか花と遠い親戚の流れから「ですがあまり怖がらないで仲良くしてあげてください」ってのは花が既にやらかしてるからなのか、それともたまお(ルドセブ、セイラームも?)も含め麻倉一派がやらかしてるから?そりゃ友達できないわな。

SKF6 (2)
そして葉羽が怪我もしてるし黒幕からフラワーオブメイズが開戦するまで一時休戦となってしまって、殺りたい盛りの大凶ちゃんは阿弥陀丸と一戦交えたくてウズウズするも、結局うやむやになるんだろうな。てか霊どうしの戦いって阿弥陀丸と馬孫も刀と槍を交わすくらいはやったけど、あとは何かあったっけ?


次回は10/10(水)発売予定で、その頃には一つの山場は越えているので更新できるといいね。

ジョジョの奇妙な冒険25周年記念BOOKに武井先生の描いたJOJOが!

タイトルどおりで先日発売したウルトラジャンプ10月の特別付録「ジョジョ25周年記念BOOK」に、荒木先生と
同じく週刊少年ジャンプとウルトラジャンプで連載経験を持つ武井先生も寄稿されています。
TKIjojo.jpg
画像は武井先生の描いたジョジョの奇妙な冒険第6部ストーンオーシャンの主人公空条徐倫とストーン・フリー。
正直ジョジョは全くわからないので画像検索したんですが、きちんと武井先生らしいデザインになってますね。

さて今回のウルトラジャンプですが、発売日当日で既に売り切れる店も多くあったようで、秋葉原でも売り切れ続出状態で入手してない人は再販待ちするしかないみたいです。
関連:「ジョジョ25周年記念BOOK」付きのウルトラジャンプ10月号、発売3日目で売り切れ(アキバBolg)

ジャンプ改もマンキン0第1話の時は売り切れ続出で再販待ちの難民が数多くいましたが、ウルトラジャンプもついに再販待ちの難民を出してしまい、残るはジャンプSQ.19だけとなってしまいました。これはToLOVEるダークネスに頑張ってもらうしかなさそうだけど。


最近ブログが放置気味ですが、ツイッターも満足にできてないくらい忙しく、フラワーズの更新だけは欠かさずにやってきましたが今月はまだそれができてないことからお察しください。
あと2~3週間で落ち着いてブログを更新する余裕が出てくるはずなので、明日からまたもうひとふんばりしてきます。

速報!?ハヤテのごとく!34巻に日めくりカレンダーが付いてくる!?

諦めたとかではなく停滞してるだけのにわかだけど、今日が何の日かくらいちゃんと覚えてるわけで。
そんなわけでタイトル通り10/18(木)発売予定のハヤテのごとく!34巻に日めくりカレンダーが付いてくることが判明。こちらは33巻と違いハヤテのごとく!34巻限定版というお得意の限定版商法です。
関連:小学館発行カレンダー2012年10月

何故この時期に日めくりカレンダーなのか皆目見当もつかないけど、365日分全部描き下ろしましたってこともないだろうし、BSとかのイラスト使い回しが無難な気がするから出す意味なくね?流石に2012年8/16~のカレンダーというネタに走ったものでもないだろうし。
2004年12月24日からの原作日めくりカレンダーとかだったら神なんだろうけどね。

てなわけで千桜さん誕生日おめでとうございました。

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

【ホビージャパン10月号】Rio:boneハオ様&アンナさん詳細公開!

最近慢性的に忙しくてなかなか時間が取れないんですがこれは更新せざるを得ない内容だったので取り急ぎ。
なんかガンプラがついてくるとかでいつもより値段は高いは、付録分雑誌が厚いはでようやく本屋に行けたのに買うのをためらう感じだったけど全然気にならないくらいでしたね。

まずはRio:boneハオ様から。
HJ9 (4)
髪型とか変わったのかな?この前見たワンフェスからもう一ヶ月経ってるんですね。
関連:【ワンフェス2012夏レポ】ハオ様&アンナさんを見に行ってきた!

HJ9 (1)
手の換装パーツが初公開。拳を握った状態と開いた状態、さらに炎のエフェクト付きとなにげに豪華。

HJ9 (3)
気になるのは「ハオだけにポンチョや黒雛はぜひとも欲しい」という一文で、初お披露目だった前回のワンフェスではRio:boneハオ&黒雛だったのが、今回のワンフェスではRio:boneハオに変更されてた上に、黒雛がなかったことからもしかしたらハオ様単体の可能性も無きにしも非ずってところ。葉に白鵠が付いてハオに黒雛つかないなら正直出す意味がないとすら思ってしまう・・・。いざとなったら葉は2体買うのでハオWith白鵠とかやるしかないのかな。

続いてアンナさん。
HJ9 (2)
スカーフを頭に巻いたバージョン初公開。やっぱ印象変わるね。これに伴い髪型換装パーツも付属。

HJ9 (5)
付属品ごろごろしてるけどやっぱり気になるのが「超・占事略決などの他に前鬼、後鬼が付属予定」という一文。
値段的なことを考えるとサイズを小さくして(5cmくらい?)出すのが無難かなぁと思いつつも、値段なんか気にしないでガッツリ、それこそRio:bone前鬼、Rio:bone後鬼で単独で出せるくらいのボリュームで作って欲しいです。

取り急ぎなので以上。気が向いたら追記かつぶやくかも。

【武井宏之】ヤハべえの感想【新作読切】

巷では評判が良いように感じたんですが、意見そのものが少なかったですね。好調なジャンプSQ様のはずなんだけど、それでも読んでる人は少ないのか。スマホの人はQRコード読み込むとこの「ヤハべえ」のCGアニメが見れるそうなので見れる人はガラケーの自分の代わりにぜひ見て欲しいです。そして感想を・・・。
関連:武井先生の新作読み切り「ヤハべえ」まとめ

YHVH (1)
てかジャンプSQ.×TomoToon!SUPREME読切シリーズっていうのは、今後もジャンプSQに読切が載ってTomoToonでCG化されていくってことなのかね。まぁそれは武井先生ではない別の人なんだろうけど。

読んだ感想としてはきちんと読切してるなぁ、と。2話目に続きそうで、続くこともできるけど1話で完結してるし、キャラデザからあっさりとした内容に見えて実は奥が深かったりしてて。あとは最近キャラデザが変わったというか新しい方向に挑戦し始めた?のかなぁと感じました。現在連載中の3作品はあんまり新キャラ使う必要ないからね。マンキンFは出てきそうだけど。特に今回はモブっぽいし、コロコロとか低年齢層向けのデザインだよね。

YHVH (2)
主人公の鴨川羊介。
コロコロっぽい最大の要因。そして武井作品にしては珍しく主人公なのに全力でツッコむリアクションタイプ。最近まん太のようなキャラがいなくてちょっと寂しいです。

YHVH (7)
カメマグマ君とツル斗君。ドクガムシ君といいカメマグマ君といいこういうキャラデザ武井先生気に入ってるのかな?今回キャラのポジションがドラえもんと同じだしあまり深く読まなくてもそのキャラがわかりやすいデザインってのは大事だよね。そして安定の「よう羊介ェ~」ネタ。

YHVH (6)
そしてヒロインのかごめちゃん。一番出番少なかったけどしずかちゃんもそんなもんだしね。シャーマンキングフラワーズ0の葉編で葉のことを気にしてた女の子が成長したらこんな感じなのかな。

YHVH (3)
話のメインではないけど架空のカードゲーム「GOD HAND Q」はちょっと気になる。機巧童子ULTIMO風デュエルディスクを使うだけあって遊戯さん(アテム)も参加してたみたいだけど、子供も参加できるカードゲームの大会で賞金30万ってすごいよね。
確か人気絶頂期の頃はジャンプフェスタでもマンキンカードの対戦ブースがあったようななかったような記憶はあるんだけど、どうだったかな。てか大会とかあったんだろうか。

「各社でTCGのイラスト色々描いてます。チェックしてね。<武井>」と巻末コメントでありましたが、現在ヴァンガードで数枚描いてること以外知らないけど他でも既に描いてるんだろうか?自分が知ってる情報だと11月にヴァンガードの新しいパックが出るらしく、それが武井先生が描いてたカードと同じシリーズなのでそのことかなぁ?って感じなんですが、各社ってことは他のTCGでも描いてるってことだよね。ヴァイスシュバルツに武井作品(シャーマンキングフラワーズ?)が参戦!とかだったら喜んで散財するけどそれはないだろうし、遊戯王・・・もないか。あと武井先生が描きそうなカードゲームって何があるだろ。

でもまぁシャーマンキングカードゲームの復活が一番嬉しいんだけどね。
ゲームも1,2,3全部やったし、カードも相当集めたし、せっかく新シリーズが出たのにすぐ打ち切られたあの頃はまだ中学生だったなぁ・・・。
もし武井先生の描いたTCGのカードがわかったら教えてもらえると助かります。

YHVH (5)
宇宙のオベリスク
あらゆる力を排除してかつ全てなかったことにする力ってのは今後武井作品に出てきそうな力だなと思ったけど、そんなことはないんだろうね。


YHVH (4)
最後はヤハべえを自由にするため、家畜の柵を飛び越えたんだけど、結局オレ債による借金で搾取される側に戻った羊介。てか「あ、言っとくけど$な」のノリが好き。

まとめると、この「ヤハべえ」は武井宏之が描く「ドラえもん」なのかなぁ、と。一話だけで見るとのび太のように道具を頼って結局罰が当たるというか自業自得で終わる感じそうなんだけど、馬鹿なことやってるようで今回のように金がどうとか、支配されるとかそういった深いテーマに触れてるのも一緒だよね。まぁでもサクッとも読めるし、深くも読めて面白かったです。感想書きにくかったけど。

今回はTomoToonありきの作品っぽいけど、また読切読みたいですね。てかこの読切はどこかで収録されるのだろうか。ジャンプSQだと可能性があるのは同じジャンプコミックスのウルティモかユンボルだろうけど。武・・・HIRO先生のダンボール戦機外伝もそうだし、シャーマンキングリミックスもそろそろ何か単行本にまとめてもらえると、資料やふとした時に読みやすいので助かるんだけどね。まぁダン戦は出版社も違うから尚更難しいんだろうけど、と単行本に収録されることを願ってこの辺で。

シャーマンキングFLOWERS 第5廻「帰ってきたおシャマなシャーマン」の感想

シャーマンキングFLOWERS1巻発売記念で前置き多めでお送りします。

SKF5 (10)SKF5 (11)
先日発売されたマンキンフラワーズ1巻。4話まで収録されているので、今月のジャンプ改9月号に追いつく上に、かけ替えカバーが付いてくるという良心設計な一冊になっていて、単行本派の人もこれを機に本誌派になってみてはいかがでしょうか?
また、噂によるとアニメイトさんで購入特典が付くとかつかないとかって話を聞いたんですが、喜び勇んで買いに行ったのに特典が付いてなかったのは店舗によって差があるのか、たまたまハズレを引いたのか。もし購入特典ついてたよ!って方がいたら情報もらえるとありがたいです。

前置きその2は先日行ったコミケのあとの話。
SKF5 (8)SKF5 (9)
お盆期間中にゆりかもめの国際展示場正門駅内に全2種26枚のポスターが貼られているということで、コミケついでに見てきましたって話。改札からホームへ向かう階段、エスカレータの壁に貼ってあり、階段の方で人の流れが切れるのを待ちながら撮ってきました。何故国際展示場正門駅だったのか、欲をいえばりんかい線の国際展示場駅、もっと言っちゃえばビックサイト内に貼ってくれても良かったんじゃ?と思うけど、まぁ広告費とか大人の事情があるんだろうね。渋谷とか秋葉原で大々的にやったばっかだし。
それでもコミケ参加者の反応は良かったと思います。ただワンフェスの時も思ったけど、マンキンフラワーズが連載中のことを世間では全然知られてないんだなぁと実感。それどころかマンキン打ち切り(ユンボル打ち切り)で止まってる人が大半っぽい?のでもっと布教・宣伝活動を頑張っていきたいですね。たいていセルフステマで終わっちゃうけど。

さて本編の感想へ。
SKF5 (7)シャーマンキングFLOWERS 第5廻「帰ってきたおシャマなシャーマン」

おシャマなシャーマンといえばアンナさんですね。懐かしい。てか初登場からいきなり単独で表紙飾るとは思わなかったけど、アンナブランドは伊達じゃないってことだね。

表紙&巻頭カラーということでカラーが判明したものがちょいちょいあって満足。
白鵠とは対照的?というか鬼兜は想像通り赤ですか。柄の部分がクチバシ?のようになっていて、武装錬金のサンライトハートのように開いて突進力が強化されたりするのかね。
そして、ちゃっかり登場してるO・S明星山鉾(ビグザレム)。紫に黄色ってすっごいEMっぽい。


SKF5 (6)
前回貫かれた花だけど、無意識に相手のOSを無効化していたらしい。そこら辺はさすが麻倉の血ですね。SOSと同じ力を葉羽が、無無明亦無を路菓姉さんが持ってって花は何もないかと思いきや二つともきちんと持ってるっぽいので一安心。てか最近の武井先生は隙あらば竹山いじりしてる印象。

SKF5 (2)
我が名はアルミ・ニウムバーチ

アンナ三って本名はアルミちゃんなのね。
てか、シルバがアンナさんから名前をもらったみたいな設定があったようななかったような・・・。
シルバの娘だからアルミニウムなのには納得がいくけど、結局相手は誰なんだよって話なんですが、ちょっとバーチに引っかかったので調べてみたらシルバーバーチというなかなか興味深いものが引っかかりました。
関連:シルバーバーチ(Wikipedia)


SKF5 (1)
S.F.は誰かがそれを解明するために始めたとしたら?

ちょっと順番が前後するけど、シャーマンファイトを始めた人物ってのがシルバと関係してるのかな?となると無難にシルバの相手もラザホーになるし、そう考えるとあのガッチャマンっぽいOSにも宇宙人っぽい意匠が感じられる気がしてくる不思議。


SKF5 (3)
フラワーオブメイズ
地上の神が決定した今シャーマンは天へと挑む更なる力をつけねばなない

FLOWER of MAZE であれば迷路の花?だけど、FLOWER of May´sであれば5月の花という意味になります。だからどうしたって話だけど。地上編が終わったから宇宙編ってすっごい週刊少年ジャンプっぽい展開に、ジャンプ改でこの展開は大丈夫なのかちょっと不安はある。

そしてそもそも地上の神を決めた今なぜ天へと挑まなければならないのか?ここでいう地上というのは地球のことで天というのは宇宙という解釈でいいんだよね?となるとグレイソーサーのような宇宙人が相手になってくるのか?それ以前に地球の神を決めたのに他者が力をつける必要があるのか?
グレートスピリッツを持霊にした全知全霊の王であるシャーマンキングですら敵わないのであれば、シャーマンといえど人間である花達が力をつけようと大して力になれないんじゃ?って話にはならないのかなど疑問は付きませんが、宇宙編が始まるようです。

でも力をつけなきゃいけないのになんか地上という大きい枠組内で戦う雰囲気だよね。
また選ばれたメンツしか行けない場所ってことなのか、なんなのか。
次の戦いが終わる頃には世の中のルールがひっくり返るっていうのはシャーマンファイトを始めた張本人が絡んでくるんだろうけど、ルール変えて何がしたいんだろ。

今回アンナ三が都合良くやってきたのも、恐らく裏麻倉家が本家を失脚させようとしているのもこのフラワーオブメイズが関係してるっぽいし、花組やたま女将など一部の人たちはこのフラワーオブメイズを知ってるという設定。てか花組が伝説の十二使徒ってハオ組の面々はそんな呼ばれ方してたのか、ってよりも麻倉葉王の部下の末裔が花組っぽい言い方だよね。てことはほかの面々もそうなのかね。そして花組がアンナ三の存在を知ってるってのも気になる。

SKF5 (4)
アンナ三が花の許嫁ってことは葉とアンナさんも当然このフラワーオブメイズの存在を知ってるはず。となるとホロホロや連たち五人の戦士にX-LAWS、ガンダーラあたりも知っててもおかしくないよね。でも葉も蓮も息子に持霊貸しちゃってるし、流石に五大精霊で戦うとなると、ホロホロがコロロで戦えなくなるし気になるネタは山ほどある。
なんだかんだで最初に書いたポスターとかで興味持ってジャンプ改で読んだ読者にとっては結構興味持てる回だったんじゃ?と思うんだけどうだろ。まぁこれで付いていけなかったら、打ち切りで止まったままのほうがいいのかもしれないね。

まとめ。
今回のフラワーオブメイズは現シャーマンキングであるハオ様に、花も言ってるように期待できない上に、このままだと人間が滅ぼされてしまうので最後の手段としてシャーマンキングすらも上回る天に挑んでルールを変えようってことなのかなぁってのが自分の妄想した結果です。そこに葉や裏麻倉家、ハオ様がどう絡んでくるかはもうちょっと情報が欲しいところだけど、方向性はちょっと見えてきたかな?


最後に。
SKF5 (5)
アンナ三は人並みに?胸がペタンコなのを気にしてるようですが、アンナさんは気にしてたんだろうか?
ペタンコなのを気にしちゃうアンナさんの薄い本が読みたいです。でも葉が巨乳好きって方が想像できんわな。

次号ジャンプ改10月号は9月10日(月)発売予定。次回は京都でナゾ解明かな?ヤハべえやユンボル、ウルティモの感想が遅れてるのでなんとか消化したいと思ってはいます。


おまけ。
JT「マイルドセブン」 → 「メビウス」 へ名称変更 ( ゚д゚)…  ( ゚д゚)    ( ゚д゚ )
ルドセブが・・・。こりゃ改名するしかないね。
※マイルドセブンはルドセブの元ネタ(由来)です。

速報!?ハヤテのごとく!33巻に描き下ろしキラクリアしおりが付いてくる!

タイトル通り9/18(火)発売予定のハヤテのごとく!33巻に描き下ろしキラクリアしおりが付いてくることが判明。
関連:ハヤテのごとく! 33(小学館コミックス)

アニメ放送開始記念! 描き下ろしキラクリアしおりを初版全冊に挟み込み!
また、畑先生描き下ろしのおまけしおりは初版限定となりますので、お早めにお求めください。


初回限定版で表紙が違うとかじゃなくて、いつかの11巻のようにただ初版限定で栞が封入されてるっぽいね。
明記されてないけ雰囲気的に数種類あってランダム封入だと思われる。
詳細が判明したらまた書きます。

P.S. 3ヶ月弱ぶりのハヤテ記事ですが、別に読んでないとかではなく単純に社会人になり忙しくなったのと、それ以上に優先すべきことが増えただけです。ちゃんと毎週サンデー読んでるしね。
こんなブログですがほそぼそとやっていくのでよろしくお願いします。
プロフィール

イトケン

Author:イトケン
少年誌系と4コマ系が好きな学生のブログプロフィール
リンク、トラバ、コメ気軽にどうぞ。

ついったー

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。